つくばBANK CARDゴールドの審査に通過して年会費を半額にする方法。更に年会費が安いゴールドカードもご紹介

クレジットカードの中でもゴールドカードといえば自分自身に対する自信にもつながりますし、ステータスカードとしてもどこへ出しても恥ずかしくないクレジットカードとなります。筑波銀行の発行しているつくばBANK CARD GOLDは筑波銀行の発行している最上級のクレジットカードで、当然審査も厳しく誰でも持つことができない憧れのステータスカードだと言えます。

つくばBANK CARD GOLDとは


つくばBANK CARD GOLDの基本スペック

申し込み資格 満30歳以上で、年収3百万円以上の方
※初年度年会費無料

国際ブランド

VISA
年会費 10,000円+税
※初年度年会費無料
海外旅行保険 1,000万円(自動付帯)
+4,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 500万円(自動付帯)
+2,500万円(利用付帯)

つくばBANK CARD GOLDは国際ブランドであるVISAと提携して発行しているクレジットカードで、申し込み資格も「満30歳以上で、年収3百万円以上の方 となっていることからハイレベルなクレジットカードだと言えますし、年会費についても10,000円と高額なクレジットカードですが、条件を満たせば年会費が最大5,000円割引になります。

つくばBANK CARD GOLDを半額にする条件

@「マイ・ペイすリボ」のお申し込みおよびご利用で次年度年会費(10,000円)が半額
A年間100万円以上300万円未満のショッピング利用で、次年度年会費を2,000円割引
B年間300万円以上のショッピング利用で、次年度年会費を5,000円割引
しかしもう少し身近なクレジットカードを持ちたいという方には三井住友VISAゴールドカードをおすすめします。

おすすめのクレジットカードとは


三井住友VISAゴールドカード

  三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
申し込み資格 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。
国際ブランド VISA
年会費 10,000円+税
※初年度年会費無料
海外旅行保険 5,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 5,000万円(利用付帯)

三井住友VISAゴールドカードもつくばBANK CARD GOLDと同様のスペックではありますが、カードの明細書を紙媒体ではなくwebでの閲覧に切り替えることでマイナス1,000円、さらにマイ・ペイすリボというリボ払いに登録すると更にマイナス4,000円の割引になるので、web明細とマイ・ペイすリボを合わせると年会費が4,000円で持つことが出来るクレジットカードとなっています。

ただし、三井住友VISAゴールドカードもつくばBANK CARD GOLDも年齢は30歳以上が申し込み条件となっていることから、まだ30歳に満たない方はこれからゴールドカードへの道を拓いていくためのクレジットカードをおすすめします。

ゴールドカードへの道とは

ゴールドカードはステータスカードであるからこそ間口も狭く、クレジットカードを申し込むにはハードルが高いアイテムです。しかし少しずつでもクレジット=信用を積み重ねていくことによって、ゴールドカードを持つことは夢ではありません。

クレジットカードの審査では、収入や居住形態は勿論ですが、申し込み者のクレジットカードやローン、携帯電話などの利用実績=クレジットヒストリーがとても重要になります。ただ過去に延滞や未納、さらにはブラックリスト入りしてしまった方は、クレジットヒストリーは最長5年間保管されているため、5年程度は基本的にクレジットカードやローンなどを利用することが出来ず、もちろんクレジットヒストリーを重ねることも不可能になってしまいます。

クレジットヒストリーとはその名前の通りクレジットの履歴、利用履歴のようなもので、クレジットカードについても個別にカード取得から利用履歴などの歴史が刻まれています。例えば面接などで履歴書を出すように、クレジットカードではクレジットヒストリーを見て判断材料の1つにされます。

履歴に問題があればマイナスになりますし、これまで全く履歴が無い方であればこれまでの利用履歴がわからないためにどう判断してよいか分からず、信用に足りるかどうか判断しかねられてしまい審査落ちしてしまう可能性が高くなってしまいます。しかしこれまできちんとクレジットカードを利用し、支払いを行ってきたという実績があれば、クレジットカード会社から信用に足りると判断されます。

そのためクレジットカードをこれから持つ方にとっては当たり前のことですが、クレジットヒストリーが無い方はクレジットヒストリーを作っていく必要があります。ただなんとなくで申し込むのではなく、クレジットカードの審査が比較的穏やかなクレジットカードを選ぶか、これまでクレジットカードを持ったことが無いという若い方は、若者向けのクレジットカードに申し込むことがマストだと言えます。

ゴールドカードへの道@「三井住友VISAデビュープラスカード


三井住友VISAデビュープラスカードの基本スペック

  三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAデビュープラス
申し込み資格 満18歳?25歳までの方(高校生は除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
国際ブランド VISA
年会費 1,250円+税
※初年度年会費無料

三井住友VISAデビュープラスカードは年会費が本来1,250円+税かかりますが、初年度は年会費が無料で、翌年度以降も年1回以上のご利用があれば年会費が無料になるクレジットカードです。若い年齢の方をターゲット層にしているため、初めて持つクレジットカードとしても最適ですし、何よりも三井住友VISAゴールドカードを発行している三井住友VISAから発行されているクレジットカードなので、クレジットカードの実績作りにはもってこいのクレジットカードです。

三井住友VISAは日本で初めてVISAと提携してクレジットカードを発行した歴史あるカード会社であり、その会社が発行している若者向けの間口の広がったクレジットカードなので、これからゴールドカードを持ちたいという方に向いています。

ゴールドカードへの道A「ACマスターカード」


ACマスターカードの基本スペック

  アコムACマスターカード
ACマスターカード
年会費 無料
申し込み資格 満20歳以上で、安定した収入と返済能力を有する方
所定の基準を満たす方
ポイント なし
リボ払いの利率 10.0%〜14.6%
ローンの利息 3.0%〜18.0%
特長 リボ払い専用
利用額から0.25%がキャッシュバック
最短即日発行
ローン機能付き

ACマスターカードは消費者金融であるアコムと国際ブランドであるMasterCardが提携して発行しているクレジットカードで、独自の審査基準を設けていることもあり、比較的穏やかなクレジットカードなので、審査に不安があるという方に向いています。

ただし、ACマスターカードは一般的なクレジットカードとは少し異なり、リボルビング払い専用のクレジットカードになっています。リボルビング払い、通称リボ払いはあらかじめ設定した一定の金額を毎月支払ってクレジットカード決済した代金を支払い・返済していくという仕組みになっています。

リボ払いは初回の支払いには利息がかかりませんが、2回目以降の支払いからは利息が掛かってしまうので、余分な利息を支払わないためにも出来るだけ一括払いのように使いたいところです。毎月のリボ払いの設定金額は自分自身で変えることが可能なので、リボ払いの設定額=利用上限額にしておけば一括払いのクレジットカードとして使うことも出来ますし、どうしても支払いが苦しい月には設定金額を落としておき、支払いに余裕がある月には多めに繰り上げ返済するなど、リボ払いを計画的に使っていきましょう。

クレジットカードやローンを組む際には必ずクレジットヒストリーはチェックされますし、とても重要なポイントであるからこそしっかり押さえておきたいポイントでもあります。ステータスカードには自信が無いという方は、まずはそれよりも審査の穏やかなACマスターカードのようなクレジットカードでクレジットヒストリーを作ったり、初めてクレジットカードを持つ方は三井住友VISAデビュープラスカードに申し込みを行い、信用を積んでいって本来持ちたかったカードに申し込みをしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ