プロミスの返済を助けてくれるカードローン・クレジットカードとは? ポイントは低金利とスピード融資

プロミスのフリーキャッシングとカードローン

フリーキャッシングは20歳以上69歳以下ならばアルバイトやパートでも借り入れ申請ができる

プロミスのローンの中でも借り入れ申請のハードルが低いのがフリーキャッシングになります。借り入れ申請には年齢制限が20歳以上69歳以下で、それをクリアすれば学生・アルバイト・パートの方でも申し込めるのがフリーキャッシングの長所となっています。

フリーキャッシングの利用限度額は最大500万円で借り入れ申請の際に必要な書類は本人確認のために運転免許証か、パスポートまたは健康保険証と住民票、返済能力確認のために前年分の確定申告書と青色申告決算書か収支内訳書が必要とされます。加えて、フリーキャッシングは借入額が50万円か他社との借り入れを合わせて100万円を超えた場合には源泉徴収票・確定申告書・給与明細書の内の1枚の提出を求められます。

メールアドレスの登録・Web明細の利用で利息が30日分無料になるのもフリーキャッシングの利点です。年率は実質年率4.5%〜17.8%となって、遅延利率は20.0%(実質年率)、返済日は5日、15日、25日、末日から希望で選ぶことができます。借り入れ金額の使い道は生計費のみが原則ですが事業主ならば事業目的も可能です。応用性の高さと借り入れハードルの低さがフリーキャッシングのメリットといえます。

プロミスには自営業者や個人事業主が利用できる自営者カードローンがある

プロミスのローンには自営業者や個人事業主のみが利用できるカードローンの自営者カードローンもあります。借り入れ申請をするには本人証明に運転免許証か、パスポートまたは健康保険証と住民票の提出が求められ、返済能力の審査のために前年分の確定申告書と青色申告決算書か収支内訳書が必要です。

自営業者や個人事業主のカードローンなので申請者が事業主などであることを確認するために営業許可証・受注書・発注書・納品書・請求書・領収書・報酬明細なども提出する必要があります。

自営者カードローンの利用限度額は最大300万円で年率は6.3%〜17.8%、遅延利率は20.0%で返済日は5日、15日、25日、末日から希望で選ぶことができます。借り入れの際に申告する資金の使い方は事業関連のもののみとなっています。

フリーキャッシングと自営者カードローンのまとめ

フリーキャッシングのまとめ

  • 年齢が20歳以上69歳以下ならば学生・アルバイト・パートの方でも申請可能
  • 運転免許証か、それがない場合はパスポートまたは健康保険証と住民票が必要書類
  • 前年分の確定申告書と青色申告決算書か収支内訳書も必要書類
  • 利用限度額が最大500万円
  • 借入額が50万円か他社との借り入れを合わせて100万円を超えるならば源泉徴収票・確定申告書・給与明細書の内の1枚も提出
  • メールアドレスの登録とPCやスマートフォンで利用歴を確認できるWeb明細の利用で利息が30日分無料
  • 実質年率4.5%〜17.8%
  • 遅延利率は20.0%(実質年率)
  • 返済日は5日、15日、25日、末日から選べる
  • 借り入れの際に必要な資金の使い道に関しては原則的に生計費で事業主は事業関係も可能

自営者カードローンのまとめ

  • 自営業者や個人事業主のみが利用できる
  • 運転免許証か、それがない場合はパスポートまたは健康保険証と住民票が必要書類
  • 前年分の確定申告書と青色申告決算書か収支内訳書も必要書類
  • 申請者が事業主であることを証明する営業許可証・受注書・発注書・納品書・請求書・領収書・報酬明細なども提出の必要あり
  • 利用限度額は最大300万円
  • 年率は6.3%〜17.8%
  • 遅延利率は20.0%で返済日は5日、15日、25日、末日から選べる
  • 資金の使い方は事業関連のみ

プロミスのローンは年率が最大17.8%と高いのがデメリット

プロミスのローンはフリーキャッシングも自営者カードローンも実質年率4.5%〜17.8%とかなり高い年率のため、返済に一度でもつまずくと年率によって返済額が増えていってしまう危険性があります。

もしもプロミスの借り入れ額を返済するのに困っている時は、年率が最大14.0%と低いみずほ銀行カードローンとインターネット経由で自動契約機むじんくんを使えば即日発行の借り入れができるクレジットカードのACマスターカードが返済の助けになってくれます。

みずほ銀行カードローンは利用限度額が最大800万円の上に年率も最大で年14.0%と使いやすい!

プロミスの年率は最大で17.8%ですが、みずほ銀行カードローンな年率が年2.0%から年14.0%のため、他のカードローンと比べても年率が低いのが利点となります。利用限度額も最大800万円と高く設定されているので、みずほ銀行カードローンで借り入れをしてプロミスの返済に用いれば、年率によって返済額が膨らむのを防ぐことができます。それだけでなく、みずほ銀行カードローンは借り入れ中ならばみずほ銀行ATMの手数料が無料でコンビニATMの手数料が月に4回まで無料となる嬉しいメリットもあります。
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

ACマスターカードのまとめ

  • 年会費無料
  • ポイントプログラム無し
  • クレジットカード利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円
  • 年率10.0%〜14.6%
  • ショッピング利用でキャッシュバック0.25%
  • 残高と次回の返済期日と利用可能額の確認
  • ネットや電話で24時間いつでも借り入れ申請可能
  • キャッシュバック0.25%
  • ペイジーを利用して24時間いつでも返済可能
  • 会員サイトで明細書の確認と自宅送付拒否を設定できる
  • 利用限度額の変更可能
  • ご利用明細の郵送が無い
  • 自動契約機のむじんくんで即日発行可能
  • カードローンは前回返済日の翌日から数えて35日後が次の返済日
  • クレジットは毎月20日が締めの翌月の6日までに利用した分を全額返済すれば手数料無料
  • 毎月20日締めの翌月6日までに返済ができなかった場合は7日から35日後が返済締め切り

プロミスのローンは年率が最大17.8%と高いので返済には年率の低いみずほ銀行カードローンや即日借り入れが可能なACマスターカードを使おう

プロミスのローンは20歳以上ならばアルバイトやパートでも借り入れができるフリーキャッシングも自営業者や個人事業主専用の自営者カードローンも最大の実質年率が17.8%と高く設定されているので、返済が大変になることがあります。

プロミスのローンの返済に苦しんでいる時は、年率が最大でも14.0%と低く設定されているみずほ銀行カードローンとインターネット経由での申し込みならば自動契約機むじんくんで最短30分の即日発行ができて、すぐに借り入れが可能なACマスターカードがおすすめとなります。

みずほ銀行カードローンもプロミスのローンも年率がプロミスのローンよりも低いので年率の低さが欲しいならばみずほ銀行カードローン、即座に借りて返済したいならばACマスターカードを使うのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ