七十七銀行のJCBデビットカードに申込みをするよりも審査に通りやすいクレジットカードの方がおすすめな理由

七十七銀行のデビットカードは2種類あって15歳以上なら年齢基準を満たせる

七十七銀行が発行するデビットカードの77デビットカードはJ-debitとJCBの2種類があり、J-Debitの場合は年会費が無料となり、JCBの場合は77JCBデビットカードで、年会費は1,350円+税別の発行初年度は年会費が無料で年間カード利用額が10万円以上かカード契約者が23歳未満かNTTドコモやau、SoftBankといった携帯電話料金の支払セットの1つをすることで翌年の年会費も無料になります。

七十七銀行の77デビットカードはJ-DebitならばJ-Debit加盟店でのカード払いに使用でき、JCBならばJCB加盟店で使用することができます。

デビットカードはショッピングの支払いに使用すれば口座から即座に代金を引き落とすことが出来るようになっており、クレジット機能のカードをショッピング払いするのと違って返済日や口座残高を気にする必要なく利用することができます。デビットカードはカード発行申請の際に受ける審査にて収入が基準になりにくいので、15歳以上の方ならばカード発行の基準を満たせます。

77JCBデビットカードのポイントプログラムはOki Dokiポイント

七十七銀行が発行している77Oki Dokiポイントになり、還元率は1,000円につき1ポイント貯まる0.1%です。Oki DokiポイントはOki Dokiランドを経由してネットショッピングをするとポイント還元率が最大20倍まで上昇させられます。

カード払いで貯まったOki Dokiポイントはキャッシュバックサービスがあり、500ポイント以上と交換なら1ポイント→3円、1,000ポイント以上ならば4.5円の還元ができます。

ポイントはギフト券や他のポイントプログラムにマイルとも交換できます。

200ポイント→スターバックスカードに1,000円チャージ、dポイント、Tポイント、auWallet、楽天スーパーポイントには1ポイント→4ポイント換算でポイント移行できますし、。amazonに1ポイント3.5円で利用できます。

ANAマイル、ANAスカイコイン、JALマイル、デルタマイルには1ポイント→3マイルで移行できるので、様々な使い方ができます。

七十七銀行の77デビットカードのまとめ


  • J-debitとJCBの2種類
  • カード発行基準は中学生以外の15歳以上
  • J-Debitの場合は年会費無料
  • 77JCBデビットカードの年会費は1,350円+税別でカード発行初年度は年会費無料
  • 77JCBデビットカードは年間カード利用額が10万円以上かカード契約者が23歳未満かNTTドコモやau、SoftBankといった携帯電話料金の支払セットの1つで翌年の年会費無料
  • J-DebitはJ-Debit加盟店でカード払い可能
  • 77JCBデビットカードのポイントプログラムはOki Dokiポイント
  • Oki Dokiポイントの還元率は0.1%
  • Oki Dokiランドを経由してのネットショッピングで還元率最大20倍
  • 1ポイント→3円か4.5円のキャッシュバックサービス
  • 200ポイント→スターバックスカードに1,000円チャージ
  • dポイント、Tポイント、auWallet、楽天スーパーポイントは1ポイント→4ポイント換算でポイント移行
  • ANAマイル、ANAスカイコイン、JALマイル、デルタマイルは1ポイント→3マイルで移行可能
  • amazonの利用に1ポイント→3.5円で支払い可能

七十七銀行のデビットカードはJ-DebitとJCBの2種類で前者はJ-Debit加盟店、後者はJCB加盟店での支払いができ、J-Debitならば年会費が無料でJCBならば年会費が1,350円+税別の上に、年間10万円以上のカード払いだけで年会費無料条件を満たせて、ポイントプログラムのOki Dokiポイントを利用できます。。

もしも七十七銀行のデビットカードの審査が不安ならばACマスターカードを申請しよう

七十七銀行の77デビットカードはJ-DebitとJCBの2種類があり、中学生以外の15歳以上がカード発行条件であることから、難しい審査を受ける必要がありませんが、それでも審査が不安という方はデビットカードではなくて、クレジットカードでアルバイト先の電話番号を記入するだけで収入関係の発行基準を満たせるACマスターカードが有効です。

ACマスターカードについて

ACマスターカードは消費者金融会社アコムが発行しているクレジットカードで、年会費が無料な上に、デビットカードでは利用できないクレジット機能によってカードローンも含めた最大800万円が利用限度額となります。ACマスターカードによってデビットカードでは口座から即引き落としというシステムの関係からできない高額商品の購入が可能となります。

ACマスターカードのまとめ


  • 年会費無料
  • ポイントプログラム無し
  • クレジットカード利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円
  • 年率10.0%〜14.6%
  • ショッピング利用でキャッシュバック0.25%
  • 残高と次回の返済期日と利用可能額の確認
  • ネットや電話で24時間いつでも借り入れ申請可能
  • キャッシュバック0.25%
  • ペイジーを利用して24時間いつでも返済可能
  • 会員サイトで明細書の確認と自宅送付拒否を設定できる
  • 利用限度額の変更可能
  • 利用明細の郵送が無い
  • 自動契約機のむじんくんで即日発行可能
  • カードローンは前回返済日の翌日から数えて35日後が次の返済日
  • クレジットは毎月20日が締めの翌月の6日までに利用した分を全額返済すれば手数料無料
  • 毎月20日締めの翌月6日までに返済ができなかった場合は7日から35日後が返済締め切り

七十七銀行のデビットカードは2種類あって年会費も発行条件もお手頃だが発行審査が不安なら高額ショッピングに使えるACマスターカードが便利

七十七銀行が発行する77デビットカードはJ-DebitとJCBの2種類があり、前者がJ-Debit加盟店でのカード払いに対応して、後者はJCB加盟店でのカード払いに対応しています。J-Debitの方は年会費が無料ですが、JCBならば年会費が1,350円+税別かかるようになっています。しかしJCBの方も年会費無料条件が年間10万円以上のカード払いや携帯電話支払いセットなどを行うだけで満たせるようになっています。

おまけに77JCBデビットカードはポイントプログラムが還元率0.1%のOki Dokiポイントを利用できるようになっていて、獲得したポイントをキャッシュバックサービスや他のポイント・マイルに移行できるので利便性が高くなっています。

七十七銀行の77デビットカードはJ-DebitとJCBの両方が発行条件は中学生以外の15歳以上で難しい審査を受ける必要がないので、自分に適した方を発行することができるようになっています。

しかし、77デビットカードはJ-DebitもJCBも審査を受けることにはなるので、不安な方はアルバイト先やパート先の電話番号を記入するだけでカード発行条件を満たせるACマスターカードが選択肢の1つとして適切です。

ACマスターカードは年会費が無料でクレジット機能の利用限度額はカードローンと合わせて最大800万円なことからデビットカードではできない高額の買い物にも対応しています。そのことから、もしも七十七銀行のデビットカードの発行に不安がある方は審査を通りやすくてクレジット機能も使えるACマスターカードがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ