アメックス・プラチナ・ビジネスカードはゴールドと比べ年会費が4倍!本当に価値のあるカードなのか経営者目線で解説

アメックスビジネスプラチナカードとは?

アメックスビジネスプラチナカードは最高峰ステータスのカード


年会費130,000円+税という圧倒的な年会費の高さを持つアメックスビジネスプラチナカードは、法人向けカードの中でも最高峰のステータス性を持つカードです。

従業員向けに発行する追加カードは4枚まで無料。5枚目以降は12,000円+税で発行できます。

追加カードは利用額を本会員の利用額と合計しての一括支払いとなることから決済が単純化されて、利用明細には追加カードと本カードの利用額が区分されるので経費状況をスムーズに把握できる利点があります。

アメックスビジネスプラチナカードを手に入れる方法

アメックスビジネスプラチナカードは通常申込みで手に入れることができます。 以前までインビテーションが必要でしたが、2019年4月8日から自己申し込みが可能になりました。

法人事業主だけでなく、個人事業主の方も申し込みは可能で、オンライン上または電話でも申込みができます。

申し込みには、以下が最低条件になっています。

  • 年齢が20歳以上(パート・アルバイトは不可)
  • 個人事業主または法人の代表者

基本的に審査基準は非公開となっていますが、安定した収入があり、返済能力があることを審査されるのは他と同様にあると考えられます。 また、法人カードなので、事業主として明確な住所や固定電話の有無などもチェックされます。 さらに、会社の信用情報だけでなく、契約者個人の信用情報もチェックされ、基本的な条件を満たしているかもチェックされると考えておいた方がいいでしょう。

アメックスビジネスプラチナカードのメリット

アメックスビジネスプラチナカードの年会費は一見高く思われますが、サービスは年会費以上のものを返してくれると言われています。

そのサービスの中で、特に注目してほしいのは旅行に関するサービス。特に、保険とトラベルサービスに関してはすばらしいものばかりです。

充実した保険

アメックスビジネスプラチナカードは海外旅行傷害保険が最高1億円国内旅行傷害保険が最高5,000万円となり、万が一の際は日本語を話せる現地医師の紹介に救急車の斡旋、病院の紹介と手配にキャッシュレスサービスと、小さな事故から大きな事故まで手厚くカバーします。

ショッピング安心保険はカード払いで購入した商品が購入日から120日以内に破損・盗難となれば年間最大300万円まで負担してもらえて、リターン・プロテクションによって国内外の加盟店でカード払いして購入した商品の返品を受け付けられなかったらば購入日から90日以内だった場合、全額負担してもらえます。

それ以外にも、会社経営する上で起きたら手痛い損失になる事件をカバーする保険が充実しています。

  • ビジネス・ワランティ・プラス:カード払いで購入した商品が購入日から3年以内は自然故障と火災や水漏れに盗難といった偶発事故による損害を補償
  • カー・ピッキング・プロテクション:会社が所有する自動車全ての車内で起きた盗難や破損による損害額を補償
  • キャンセル・プロテクション:カード本会員や会員から1親等以内の親族に同行予定者が入院といった突発的な緊急事態に陥っていてコンサートなどのチケットを購入済みだった場合はキャンセル費用を負担

アメックスビジネスプラチナカードの豊富な旅行特典

アメックスビジネスプラチナカードは旅行を充実させるトラベルサービスが豊富にあります。

ホテル関係の特典

ホテル関係の特典では「ホテル・メンバーシップ」があります。世界に5,900以上の宿泊施設があるヒルトン・ホテルズ・ワールドワイドにて使える「ヒルトン・オーナーズ」ゴールド会員資格を無条件で手に入ることをはじめ、通常年間登録料や数十泊が必要になるホテルグループの上級メンバーシップまたはVIPプログラムに無条件で登録できます。

ラウンジ関係の特典

ラウンジ関係の特典で特に注目してほしいのが「プライオリティ・パス」です。国内外1,300ヶ所以上にあるVIPラウンジで飲み物や軽食、会議室やシャワールームなどのサービスを受けられます。会員カード所持者だけでなく、同伴者1名まで無料利用が可能です。

他にも、デルタ航空の専用ラウンジである「デルタスカイクラブ」を本会員と追加カード所持者が無料で利用できたり、国内外の主要空港の有料ラウンジを本会員と追加カード所持者、同伴者1名までが無料で利用できます。

その他空港関係の特典

空港でのサービスも充実しています。以下はその一例です。

  • エアポート送迎サービス:出発時と帰国時に、提携タクシー会社(MKグループ)を通して指定の時間に空港と希望する場所間の送迎をしてもらえる。
  • 手荷物無料宅配サービス:海外旅行の出発と帰国の際にスーツケース1個を無料で配送。2個以上も優待料金で配送。

ライフスタイルタイプのアメックスビジネスプラチナカードの特典

アメックスビジネスプラチナカードは、レジャー関連の施設の利用をクオリティアップさせる特典も豊富にあります。

例えば、ギフトに何を選ぶかについては「ビジネス・プラチナ・ギフト・サポート」で相談でき、国内のコンサートやスポーツ、イベントなどのジャンルのチケットを先駆け先行予約できたり、 席の優遇や貸切公演に出演者との特別懇談といった体験キャンペーンもあったりします。

食関係の特典

  • ダイニング・アクセス:提携レストランのディナーかランチを2〜4名で予約すると1名分の料金が無料になる。
  • ダイニング・イベント:グルメ業界で活躍する小山薫堂による食文化学習イベント。
  • ファイン・ダイニング:国内外のレストランの紹介から予約まで頼める。

スポーツ関係の特典

  • プリファードゴルフ:年会費無料で登録が可能。提携ホテルの宿泊でホテルが契約するゴルフコースのプレー代が1ラウンド1名分が無料になる。
  • プレミア・ゴルフ・アクセス:会員制のゴルフクラブを平日のみ同伴者も含めてビジター料金で利用できる。
  • スポーツクラブ・アクセス:会員制のスポーツクラブの入会金・年会費が無料で同伴者1名までビジター料金で利用できる。

他にも特典は多数あります。プラチナカードならではの質の良いサービスが満載となって、アメックスビジネスプラチナカードに詰まっています。 年会費以上の特典がきっと帰ってくるので、ぜひ特典の内容だけでもチェックしてみてください。

アメックスビジネスプラチナカードのデメリット

アメックスビジネスプラチナカードの一番のデメリットはやはり年会費です。

多様なメリットを持った法人向けカードですが、年会費が13万円+税とかなり高額のため、維持のしにくさがあります。

特典をあまり利用しない、という場合はセゾンプラチナビジネスアメックスカード、あるいは、ひとつ下のランクであるアメックスビジネスビジネスゴールドカードを検討してみてください。 どちらも年会費が4分の1未満の上に、アメックスビジネスプラチナカードよりも申し込みしやすく、特典も充実していて、ステータス性も高いカードです。

それぞれどのようなカードか、この後ご紹介します。

アメックスビジネスプラチナカードとセゾンプラチナビジネスアメックスとの違い


セゾンプラチナビジネスアメックスは(株)クレディセゾンが発行する提携カードです。 プロパーカードと異なりメタル製のカードではありませんが、プロパーカードと酷似したデザインで高級な雰囲気を醸し出しています。

そして最大のメリットは年会費が20,000円と安いこと。さらに、年間200万円以上の利用で次年度半額になる優待が受けられます。

空港ラウンジサービス「プライオリティ・パス」の無料利用や、コンシェルジュサービス、手荷物宅配サービスなど、アメックスのサービスと同様の特典も複数受けられます。 海外保険、国内旅行保険に関しても同額(海外最大1億、国内5,000万円)が自動付帯します。

アメックスビジネスプラチナカード
アメックスビジネスプラチナカード
年会費 130,000円+税 20,000円+税
追加カード 12,000円+税※4枚まで無料 3,000円+税※最大4枚まで
ETCカード
500円+税 無料※最大5枚まで
ポイント
100円=1P有効期限3年間 1,000円=1P※有効期限なし

サービスもプロパーカードに負けず充実しているセゾンプラチナビジネスアメックスカードですが、追加カードが4枚までしか作れないというデメリットがあるため、 法人の場合社員全員には配布できないという問題があります。

ただし、提携カードはプロパーに比べ比較的審査に通りやすいなどのメリットもあるため、条件に合っていればぜひ検討してみてください。

アメックスビジネスプラチナカードと個人用アメックスプラチナカードとの違い

次に、個人用のアメックスプラチナカードとの違いをご紹介します。 法人カードはそもそも個人事業主や法人を対象としたクレジットカードです。そのため、ビジネス向けの優待特典が付帯されています。

  • アメリカン・エキスプレス JALオンライン:24時間365日、JALの国内線航空券をオンライン予約・発券までできるサービス。割引運賃「eビジネス」の利用が可。
  • ビジネス・プラチナ・ギフト・サポート:プラチナ・セレクタリーというコンシェルジュに依頼して、上質なギフトの手配を電話一本で行ってくれるサービス。

個人用のカードは家族用の追加カードの発行ができますが、法人カードは社員に配布できる追加カードを発行できます。

また、複数カードがあっても、法人カードなら経理処理を一括して処理できます。立て替え処理する必要がなく、会社の法人口座より一括して引き落としができてラクです。 さらには、経費管理をオンライン上での明細書確認ができる経費管理サポートもあるため、経費処理が簡単になります。

会社の業務効率化を選ぶなら、断然ビジネスプラチナを選ぶのがおすすめです。

アメックスビジネスプラチナカードとアメックスビジネスゴールドの比較

続いて、アメックスビジネスプラチナカードとアメックスビジネスゴールドを比較します。 プラチナのひとつ下のランクであるゴールドカードは、年会費が4分の1未満の31,000円+税。さらに、アメックスビジネスプラチナカードよりも申し込みしやすく、特典もプラチナに劣らず満載です。

アメックスビジネスプラチナカード
アメックスビジネスプラチナカード
年会費 130,000円+税 31,000円+税初年度無料
追加カード 12,000円+税※4枚まで無料 12,000円+税
ETCカード
500円+税 500円+税
ポイント
100円=1P有効期限3年間 100円=1P有効期限3年間

アメックスビジネスゴールドカードはメタル製のカードではありません。 そのため、存在感のある金属性のカードにこだわりがある方は、迷わずプラチナを選びましょう。

また、アメックスビジネスプラチナカードしか受けられないサービスもあります。 

  • プラチナ・セレクタリー・サービス:「宿泊施設や航空券、贈り物の手配をしてほしい」という方へ、第2の秘書のように動いてくれるコンシェルジュサービスです。
  • パーソナル・インポート・サービス:海外でしか入手できない商品を、探索および発注までしてくれ、会員の手元に届くまで手続きをしてくれるサービスです。
  • プライオリティ・パス:世界中の空港のVIPラウンジを無料で利用できるサービス。

プラチナ会員の強みは、派遣のコールセンタースタッフではなく、アメックス社員による対応を受けられるところにあります。

一方で、アメックスビジネスゴールドカードでも多様なサービスが受けられます。

  • ゴールド・デスク:宿泊施設や航空券の手配を手数料1,200円+税で代行してくれるサービス。
  • 手荷物無料宅配サービス:海外旅行の際、国内の主要空港でスーツケースを1つ無料配送できる。
  • 空港ラウンジサービス:国内28カ所、海外1カ所の空港ラウンジを無料(会員+同伴者一名まで無料)で利用できるサービス。

有能なコンシェルジュサービスが欲しいならアメックスビジネスプラチナカードがおすすめですが、アメックスビジネスゴールドカードでも十分満足のいくサービスが受けられます。 年会費や必要なサービスを比較し、ご自身の条件に合ったカードを選んでみてください。

審査が不安な方はアメックスビジネスグリーン・アメックスビジネスゴールドから始めよう

アメックスビジネスプラチナカードは非常に魅力的なカードで直接申し込みができますが、元々インビテーションが必要だったカードなだけに、審査のハードルも高めに敷かれていると考えられます。

そのため、まずある程度ステータスやサービスが欲しいという方はアメックスビジネスゴールドカードを選んでみてはいかがでしょうか。

会社を立ち上げたばかりという方や個人事業主の方は、グリーンから始めて、利用実績を積むのが確実です。 法人カードなら利用金額も多くなるため、自然とインビテーションがもらいやすくなるはずです。

審査が不安な方は、まずはアメックスビジネスグリーン・アメックスビジネスゴールドから始めてみてください。

アメックスビジネスグリーンの詳細はこちら
アメックスビジネスゴールドの詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ