ゴールドカード研究Lab
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開業したての個人事業主・フリーランスでも審査に通過してアメックスを発行できる理由


実績がない個人事業主・フリーランスの方でも作れる

アメックスビジネスは実績がなくても作れる法人カードです。現在入会キャンペーンで初年度無料!

申込み資格 20歳以上で法人各のある代表者または個人事業主
年会費 初年度無料
12,000円+税
利用限度額 個別設定
付帯サービス 空港ラウンジ無料利用
四半期管理レポート
ビジネスコンサルテイング
ビジネス情報調査代行サービス

詳細ページボタン 申込みボタン

アメックスの法人カードは審査に優しい?

個人事業主・フリーランスとして活動を始めたらまずは仕事用のクレジットカードを作ろうと考えるでしょう。

しかし、法人カードは個人用の一般的なクレジットカードとは異なり、会社や個人事業主としての実績も含めて審査をすることが多く、開業を直後の方にはハードルの高いクレジットカードです。

中には法人カードを作ることを諦めてしまい、個人用のクレジットカードを仕事用として使う方もいますが、その前に一度アメックスの法人カード「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」を検討してみましょう。

アメックスといえばステータスカードとして世界中から指示をされているクレジットカードなので、審査は厳しいという印象があるかもしれませんが、法人カードは開業して間もない方でも作ることが可能です。

そもそも法人カードは主に個人用クレジットカードと何が違うのか

クレジットカードには個人用と企業向け(法人・フリーランスなど)と種類が分かれています。

基本的な使い方は個人用のクレジットカードも法人カードも同じですが、法人カードの方はよりビジネスを意識したサービスや支払い方法が選べることが特徴的です。

  アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード
(個人用カード)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
(法人カード)
契約者 個人 法人・個人事業主
引き落とし方法 個人口座 法人口座と個人口座から選択
支払い方法 一括・分割・リボなど 一括が基本
その他サービス 一般的な付帯サービスのみ ビジネス向けの専門サービスが追加

個人事業主・フリーランスをする方に法人カードが何故必要なのか


法人カードという名前から「個人事業主・フリーランスをしている方には作ることができないのではないか」、あるいは「必要のないクレジットカードなのではないか」と思ってしまうかもしれませんが、決してそうではありません。

むしろ、法人カードは個人事業主・フリーランスや副業をしている方にとって作った方がいいクレジットカードと言えます。

個人用のクレジットカードのように年会費がかかってしまうクレジットカードが多いですが、それでも作り価値がある法人カードの魅力を5つ紹介します。

法人カードを作るべき理由

1:個人用と分けることで経費の管理がしやすくなる

法人カードを作るメリットとして代表的なものが決済を分けて経費の管理がしやすくなることです。

例えば、個人用のクレジットカードで個人の買い物と仕事で発生する買い物を一緒にしてしまうと、経費精算をする際に利用履歴を洗い直して再計算する必要性が出てきます。

フリーランス・副業をしている方は一人で活動をしている方がほとんどなので、経費の再計算という作業に時間を多く取られてしまうとその間仕事をすることができなくなってしまいます。

そうなると収入に大きな影響を及ぼしてしまうので、できる限り最初の時点で決済方法を分けることが重要になります。

また、個人用のクレジットカードを使用していると税務署から指摘を受ける可能性もあります。

法人カードであれば事業の支払いを専門として作られたクレジットカードなので、指摘を受けることはありませんが、個人用のクレジットカードだと内容によっては疑われてしまうこともありえます。

その際にきっちりと証拠を提示することができれば問題ありませんが、説明が不十分のが場合は経費として認めてもらえませんので、もし仕事用で1枚追加でクレジットカードを作ろうと思っていても安易に個人用クレジットカードに申し込まないで、法人カードを申し込むようにしましょう。

2:支払いを先延ばしすることができるので資金繰りが楽になる

フリーランス・副業で活動をしている方の中には「特に法人用のクレジットカードを作るまでも無いから基本銀行振り込みや現金でやり取りしている」という方もいるでしょう。

確かにそのようなやり方でも運用は十分可能なのですが、手元に資金がなかった場合は急に仕入れなどが必要になると対応できなくなる可能性も出てきます。

しかし、法人カードを持っていると、その時に発生する支出を今現在ではなく1ヶ月後以降へ先延ばしすることができるので「急に現金を用意しなくてはいけない!」という事態になっても即時支払をすることが可能となります。

3:個人用のクレジットカードと比べてカードの利用限度額が多く設定される

個人用のクレジットカードは一般カードなら平均して60万〜100万が利用限度額として設定されることが多いですが、法人カードは事業で使うことを前提としているため利用限度額が数百万〜1,000万円とかなり高額に設定されることが多いです。

仮に個人用のクレジットカードで200万〜300万と利用限度額を設定されていたとしても、個人用の買い物と仕事での決済が合わさると支払いが重なったタイミングで限度額に達してしまい支払いができないという状況になりかねません。

利用限度額の大きい法人カードと個人用クレジットカードを切り離して使うことは仕事を継続的に続けていく上でのリスクヘッジにも繋がるのです。

4:法人カードのみのサポートを受けることができる

クレジットカードにはそれぞれカード毎に様々なサービスが付帯されていますが、それは法人カードも例外ではありません。

法人カードには個人用カードでは使えないビジネスサポートを目的としたサービスが多く付帯されています。

例えば領収書を管理して経費精算をサポートするシステムや福利厚生サービス、手厚い保険、クラウド会計ソフトの無料利用権などがあります。

個人用カードでは使うことができないビジネスサポートを利用できることを考えると、法人カードはただの決済用クレジットカードではなく、業務を円滑にするためのツールとも言えるでしょう。

5:ポイントを効率的に貯めることができる

支払いを現金や銀行振り込みではなくクレジットカードで支払うことでポイントを貯めることが可能です。

貯めたポイントはカードによって様々な用途に使うことができるので、積極的に法人カードで支払うことが結果的に節約に繋がることとなるのです。

この際に理由3で述べたように個人用のクレジットカードと共有してしまうと利用限度額の問題が起きてしまうため、仕事で発生する支払いでポイントを貯めたいと思った場合は必ず法人カードで決済するようにしましょう。

副業をしている方は年間の収入20万円を超えたら必ず法人カードを持とう

働き方改革の一環で副業や兼業が推進されていることもあり、実際に副業を始めてみた方もいるでしょう。

最初はお小遣い稼ぎのつもりで始めた副業が想像以上の収入を生み出してくれるようになるということも珍しくありません。

この時、副業での収入が年間20万円を超えたら法人カードを作ること検討してください。

その理由としては収入が20万円を超えた場合確定申告が必ず必要になるからです。

ただし、副業をするにあたって発生した経費などを差し引きして20万円以下となれば申告は必要ありません。

つまり月平均17,000円前後稼いでいる方はちゃんと経費管理がされていないと、自分はまだ純利益が20万円を超えていないと誤認識をして脱税扱いになってしまうという可能性も0ではありません。

年間20万円というラインは副業に対してある程度時間を割くことですんなりと到達してしまう金額なので、「副業だから特に経費の計算はしなくても大丈夫」と安易に考えず、法人カードでしっかりと支払いの履歴を分けることが大切です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの審査について


フリーランスになったばかりの方は「実績がない自分は法人カードを作れないだろう」と思い、個人用カードで申し込む方もいますが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは起業をした直後の方でも作ることができるクレジットカードとして非常に人気があります。

どうして起業した直後、フリーランス・副業として活動をした直後でも作ることができるのかというと、アメックスは独自の審査基準によって個人事業主としての実績だけではなく、個人の今までの支払い実績も含めて合否を出すからです。

そのため個人で利用しているクレジットカードで今まで支払いの延滞をしてしまったり、金融事故を起こした過去がない限り審査に通過する可能性は十分あります。

申込みをするための最低条件は「20歳以上であること」と「法人各のある代表者または個人事業主であること」の2点です。

フリーランスや副業の方は個人事業主に当てはまりますので申し込むことに何も問題はありません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードが個人事業主・フリーランスにおすすめの理由

法人カードはどのクレジットカード会社も出しているということではないので、選択肢は少なくなりますが、その中でも特におすすめなクレジットカードがアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードです。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

詳細ページボタン 申込みボタン

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのメリット

1:付帯サービスの多さとビジネスサービスの充実

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは本家アメリカン・エキスプレス・カードのサービス内容をそのまま受け継いだだけではなく、更に四半期管理レポート、利用代金明細書のPDF・CSVファイルへの書き出しなどの経費の使い道を簡単に確認することができます。

クラウド会計ソフト「freee」へアメックスで利用した情報を自動で取り込むこともできるなど最新の経理業務も利用することができます。

また、中小企業経営者・個人事業主の会員向けに経営コンサルタントを紹介するビジネス・コンサルティング・サービスや、ビジネス情報調査代行サービスなど経営の円滑化だけではなく、更に事業が成長するようなサポートも充実しているのがアメックスが他のカードより秀でている点です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードなら帝国ホテルの会員限定のラウンジ利用の権利や、高級レストランの食費を割引できるサービスなどが付与されるので、打ち合わせや会食などをする方にとって強い味方にもなるはずです。

2:ポイント還元率

アメリカン・エキスプレス・カードは最大還元率が1%なので、利用した金額を効率的にポイントとして貯めることが可能です。

3:入会キャンペーンで初年度が無料

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードとアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは現在入会キャンペーンで初年度の年会費が無料!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードなら31,000円+税がそのままお得になります。

法人カードを作る際に年会費が気になる方もいると思いますが、初年度の年会費が無料であればイニシャルコストを気にすることなく利用開始をすることができます。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

詳細ページボタン 申込みボタン

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

詳細ページボタン 申込みボタン

法人カードの年会費は経費扱いになるので有料の方がお得

年会費が高いとなかなか申し込むのに勇気がいると思いますが、法人カードに関しては年会費が経費として扱えるので、無料カードで決済のみなど最低限の利用方法だけよりは有料のカードでサービスを幅広く受ける方が総合的にみてお得となります。

経費として計上できるということは年会費分の利益を圧縮し、節税に繋がるということを抑えておきましょう。

しかし、有料の法人カードを発行して利用すれば年会費分だけ節税になり、豊富なサービスも同時に受けることができるので非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。


また、同じ有料のクレジットカードでも個人用のクレジットカードでは経費として扱われないため、個人事業主・フリーランスや副業をしている方が法人カードを作らないことはデメリットこそあれメリットは何もないのです。


まずは
これ!

初年度年会費無料で持てるビジネスカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは設立直後の企業でも持つことのできる人気のビジネスカードです。個人用カードの特典はもちろん、法人用のサービスも追加されているので仕事で使うならビジネスカードを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

人気コラム

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ