北洋銀行デビットカードを解説!審査落ちの場合どうすればいいのか対策を紹介します

北洋銀行デビットカードを解説!審査落ちの場合どうすればいいのか対策を紹介します トップ画像

北洋銀行のデビットカードは口座から現金をおろさず使える便利なカードなので、発行してみたい方は多いのではないでしょうか。

北洋銀行のデビットカードにも発行する際に気を付けるポイントが当然あります。

例えば、発行までに時間がかかったり、利用時間や利用可能店舗にも制限があり、そもそも誰でも気軽に発行できるわけではなく、口座開設とデビットカードの申し込みには審査があります。

そこで本記事では、カードの詳しい概要はもちろん、審査が不安でこれから申込みしたい方にチェックしてほしい対策、すでに審査に落ちてしまった方に向けた別の選択肢についても紹介します。

この記事でわかること

・北洋銀行デビットカードの6つのポイント
・北洋銀行デビットカードは発行する際に注意すべきポイントも複数ある
・北洋銀行デビットカードの審査落ちの場合の対応策

北洋銀行の審査が不安で発行期間が気になる方に

北洋銀行のデビットカードの審査が不安な方、2週間程度の長めの発行期間が気になる方におすすめ2枚。
北洋銀行デビットカードは利用可能時間や店舗に制限がありますが、下記のどちらのカードもいつでもどこでも使いやすい年会費無料のカードです。

  ACマスターカード
ACマスターカード
三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
年会費 永年無料 永年無料
申込み資格 成人以上
アルバイト・パートの方もOK
発行可能か3秒で診断
満18歳以上の方(高校生は除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
アルバイト・パートの方もOK
発行期間 最短即日 最短5分(カード番号)
カードは最短翌営業日発行
申込先 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら

北洋銀行のデビットカードはどんなカード?6つのポイントを解説!

北洋銀行のデビットカードはどんなカード?6つのポイントを解説!

デビットカードとはカードでの支払いと同時に銀行口座から引き落としがされる仕組みのカードのことを指し、現金払いのようにカードを使うことができると人気があります。

創立100年を超える北海道の北洋銀行は、堅実な経営が道内でも高いシェアを誇っており、2015年から北洋-JCBデビットというデビットカードも取り扱い始めました。

北洋-JCBデビットについて

北洋-JCBデビットのお申し込みは下記の2つの方法がありますが、いずれも北洋銀行の口座開設が必要となります。

@北洋銀行の本支店窓口で申し込み
※口座をお持ちでない場合、お申込みと同時に口座の開設が必要
Aインターネットで申し込み
※北洋銀行の普通預金(総合口座含む)のキャッシュカードが必要

北洋銀行の普通預金口座を持っていれば、15歳以上(中学生は対象外)からインターネット上で発行を申し込むことが可能です。

年会費
初年度 無料
2年目以降 550円(税込)
※以下の場合は年会費無料
@有効期限月の翌月1日時点で満23歳以下の方
A1年間のご利用金額が10万円以上

年会費については初年度なら無料で、翌年度以降は550円(税込)が必要となりますが、条件を満たせば無料となります。

北洋銀行デビットカードの6つのポイント

北洋銀行デビットカードには大まかに以下の6つのポイントがあるので、それぞれ詳しくみていきましょう。

  • 現金の代わりに支払いができる
  • OkiDokiポイントプログラムでポイントが貯まる
  • 利用確認のメールが届く
  • 使いすぎを防止できる
  • 海外でも引き出し可能
  • 旅行時の傷害保険が使える

現金の代わりに支払いができる

財布に現金が入ってなくてもATMを探したり、並ぶ必要がないのがデビットカードの便利なところです。

全国のJCB加盟店(一部除く)で利用でき、買い物をする際はカードを提示して「JCBカードの1回払い」と伝え、暗証番号の入力またはサインをすることで即時引き落としの支払いができます。

OkiDokiポイントプログラムでポイントが貯まる

北洋-JCBデビットカードは、毎月の支払い金額が1,000円(税込)→1ポイントが貯まるOkiDokiポイントプログラムが用意されています。

貯めたポイントは下記のように様々な交換方法があります。

  • 家具、家電などの景品
  • お食事券、JCBギフトカード等商品券との交換
  • キャッシュバック
  • JAL、ANAマイルやWAON、nanacoなどポイント移行

生活費をデビットカードで支払うようにすることで、今まではただの支払いだったものをポイントへ還元することで、魅力的な商品やサービスを受けることができるでしょう。

利用確認のメールが届く

利用する度にメールが届くので、不正使用などにもすぐ対応でき、安心して利用することができます。(一部、カード利用通知が届かない店があります。)

ただし、利用明細の書面は郵送されないので、インターネットでMyJCBを確認する必要があります。

使いすぎを防止できる

即時引き落としのため、原則、登録している北洋銀行の預金口座の残高の範囲内の利用となり、使いすぎを予防することができます。

また、1回辺りと1日辺りの設定額を決めることもできます。(初期設定は50万円です。)

海外でも引き出し可能

海外渡航先で北洋-JCBデビットカードを使って、JCBCirrusのマークがあるATMやキャッシュディスペンサーから現地通貨を引き出すことができます。

為替レートについては、JCB指定金融機関が指定した基準レートにJCBが指定した料率(1.6%)と当行が指定した料率(3.0%)を加算した料率(4.6%)を乗じた上で円換算されます。

※一部ATM・CDにおいて、別途現地金融機関所定の使用料がかかる場合があります。

旅行時の傷害保険が使える

事前に旅行費用などを北洋-JCBデビットカードで支払っていると、旅行時の傷害保険が付帯され、旅行中の事故や病気、ケガに対して適用されます。


傷害による死亡・後遺傷害 国内・海外旅行ともに最高3,000万円
傷害による治療費用 海外旅行のみ100万円限度
疾病による治療費用 海外旅行のみ100万円限度
賠償責任 海外旅行のみ最高2,000万円限度
携行品の損害 海外旅行のみ1旅行につき20万円限度
(年間100万円限度、1事故3,000円の自己負担となります)
救援者費用等 海外旅行のみ100万円限度

海外では日本の健康保険は使えないため、いざという時のために保険が付いているのはたいへん便利です。

北洋銀行のデビットカードの注意点!いつでもすぐには使えない

北洋銀行のデビットカードの注意点!いつでもすぐには使えない

北洋銀行のデビットカードを発行する前に、確認しておきたい注意点が大まかに4つあります。

北洋-JCBデビットの注意点
@申し込みから発行まで2〜3週間はかかる
A口座開設とカード発行に審査がある
B発行できても、利用できない時間がある
C加盟店でも使えない店舗がある

インターネットで申し込みをしてから、2〜3週間でカードが郵送されることになるため、すぐに使いたいという人は注意しましょう。

また、北洋銀行の口座を持っていない人は窓口で申し込む必要があります。

さらには、北洋銀行の口座開設とJCBのデビットカードは、申し込み時に審査が必要となり、申し込み情報によっては、審査に落ちてしまいます。

その他の注意点として、いつでもどこでも使えるわけではない点があります。


上記のように、基本的に24時間利用可能とはなっていますが、日替わり処理で一時的に利用できない時間が生まれたり、システムメンテナンスの時間は利用できません。

また、JCBの加盟店で利用できる北洋-JCBデビットカードですが、一部利用できない店舗もあります。

利用できない加盟店

・登録型加盟店(カード番号を登録し継続的に利用額をお支払いいただく加盟店)
 例)公共料金、携帯電話、新聞、インターネットサービスプロバイダなど
・高速道路通行料金、機内・車内販売
・全てのガソリンスタンド
・一部のタクシー、レンタカー、ホテル


その他、ご利用いただけない加盟店

・toto(スポーツ振興くじ)
・三井住友海上あいおい生命
・SOMPOひまわり生命保険
・QVCジャパン
・スクロール
・ジュピターショップチャンネル
・ダスキン
・ワコール
・e+(イープラス)
・ローソンチケット
・一般社団法人民事法務協会

公共料金や携帯電話などカードを登録して継続的に利用額を支払う登録型加盟店やガソリンスタンド、高速道路や車内・機内販売、一部のタクシーやホテル、イープラス・ローソンチケットなどでは使用できません。

急ぎでほしい方や審査が不安な方、いつでもどこでも使える方がいいと思っている人は、即日で発行できるクレジットカードも検討してみるといいでしょう。

北洋銀行デビットカードの審査に落ちる原因と対策を解説

北洋銀行デビットカードの審査に落ちる原因とは?

北洋銀行のデビットカードを発行するには、まず北洋銀行の口座を開設する必要があります。

そして、口座の開設には申し込み理由を求められたり、申込者の情報を追加で提示する場合もあり、審査が必要となるため、申し込めば誰でも受理されるわけではありません。


北洋銀行の口座が開設できても、デビットカードの発行にも、北洋銀行ならびに保証会社となる「株式会社ジェーシービー」が審査を行うため、結果によっては発行が断られてしまうこともあります。

では、北洋銀行の口座開設やデビットカードの発行の際に審査に落ちてしまうのは何が要因なのでしょうか?

結論からいうと、申込者を信用できるかどうかが大きく影響してきます。

審査の具体的な基準は公表されていませんが、審査に落ちやすくなる要因というのはいくつか存在しており、主な要因としては以下のようなものが挙げられます。

  • 信用情報に傷がある(延滞や踏み倒し)
  • 口座開設目的が不明瞭
  • 入力事項に虚偽(不備)がある

口座の開設やデビットカードの発行も信用のもと、受理されるため、上記に該当する場合は犯罪や不正防止の観点で審査に落ちやすくなってしまいます。

審査に通過しやすくなるためには、上記の要因で改善できる点は改善してから審査に臨みましょう

北洋銀行デビットカードの審査に落ちた場合

北洋銀行の口座開設やデビットカードの発行では、審査に落ちてしまうことも十分に考えられます。

すでに審査に落ちてしまった方で、どうしても口座開設やデビットカードを発行したいという方は、再申し込みすることも可能です。

ただし、審査に落ちてしまったのはなぜか、口座開設やデビットカード発行の目的はなにか、本当に必要かどうか今一度考えたうえで、再申し込みを検討することが重要です。

チェック!
@北洋銀行の審査が不安
Aデビットカード発行は時間がかかるのが気になる
Bいつでもどこでも使えるカードがいい

ちなみに、上記に当てはまるという方は、クレジットカードの発行を検討してみるのも一つの手段としておすすめです。

今回は上記の北洋銀行デビットカードの3つの気になる点を考慮した2枚のカードを紹介します。

券面
年会費
初年度無料
2年目以降550円(税込)
※条件達成で無料
永年無料
永年無料
申し込み資格
北洋銀行の普通預金口座をお持ちの15歳以上
(中学生は対象外)
成人以上
アルバイト、パートの方も可
満18歳以上の方
(高校生は除く)
アルバイト、パートの方も可
発行期間
2週間
最短即日
最短5分(カード番号)
カードは最短翌営業日発行
ポイント還元率
0.5%
0.25%(キャッシュバック)
0.5%~
それぞれの強み
デビットカード+旅行傷害保険+海外引き出し可能
審査が独自基準で柔軟
最短5分で利用可能+どこでも使える

審査が不安な方におすすめ

審査に不安があるという方には、発行可能か3秒で診断でき、最短で即日発行も可能なACマスターカードがおすすめです。

なぜ審査が不安な方におすすめか、それは一般的な審査とは異なり、独自の基準で審査を行っているためであり、幅広い方が審査に通る可能性があります。

また、年齢・年収・他社のお借入状況の3項目を記入するだけで審査の通過可能性が分かります。

ACマスターカード
ACマスターカード

詳細ページボタン 申込みボタン

どこでも使えるクレジットカードがすぐに欲しい

すぐにいつでもどこでも使えるカードが欲しいという方には、カード番号が最短5分で発行される三井住友カード(NL)がおすすめです。

カード番号は最短5分で発行され、カードは最短で翌営業日には発行されます。

ちなみに、カード番号が発行されることでカードが届く前から、インターネットショッピングや、全国のコンビニやスーパーなどiDマークのあるお店でタッチ決済が可能になります。

申し込みから最短5分で、すぐにお買い物も可能、国際ブランドも世界TOPシェアのVISAなので、支払い場所が限定されないかという心配はご無用です。

三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)

詳細ページボタン 申込みボタン

北洋銀行には今一度目的を確認してから申し込もう

北洋銀行には今一度目的を確認してから申し込もう

北洋銀行のデビットカードの発行に審査が必要となり、結果によっては申込を断られてしまう場合もあります。

口座の開設やデビットカードを発行する際には今一度、目的は何か、信用情報や記述に傷や誤りがないか確認して、改善できる箇所は改善してから申し込みに臨みましょう。

北洋銀行のデビットカードは魅力的なカードですが、いくつかの注意点もあるため、気になる方は、今回紹介した2枚のクレジットカードの発行を検討してみるのもおすすめです。

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


Pick Upコラム




クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

監修ファイナンシャルプランナー紹介


ページの先頭へ