クレジットカード登録なしでモバイルSuicaを年会費無料で使う方法

クレジットカード不要のモバイルSuicaとは

山手線や電車の利用にSuicaは便利ですが、カードタイプですと失くしてしまう可能性が常にあります。そこで便利なのがカードではなく携帯電話のようなモバイルでSuicaの機能を使うことができるのがモバイルSuicaですが、こちらの利用にはクレジットカードの登録が必要となります。

もしもクレジットカードを登録せずにモバイルSuicaを利用したいという方には小学生以外の12歳以上が申し込めるイージーモバイルSuicaが適しています。

イージーモバイルSuicaは年会費が無料ですし、通常のモバイルSuicaと同じく、電車やバスの乗車にSuica提携店での支払いにも使うことができることから、誰でも手軽に使うことができるスグレモノです。

イージーモバイルSuicaの欠点

年会費が無料で登録も小学生以外の12歳以上という誰でも利用できるのがイージーモバイルSuicaの強みですが、イージーモバイルSuicaは他のモバイルSuicaのようなクレジットカードを用いたチャージができないという欠点があります。

イージーモバイルSuicaに可能なチャージ方法は携帯電話の利用料金と合算して支払うNTTドコモの「ドコモ ケータイ払い」やauの「auかんたん決済」といったケータイ払いに提携コンビニで現金チャージとインターネット銀行でのチャージに対応していますが、12歳以上がチャージできることから機能の自由度が下がっているのがイージーモバイルSuicaの欠点です。

ビューカードがあればモバイルSuicaも使える!

クレジットカードの登録なく利用できるイージーモバイルSuicaの使い心地があまり良くないと感じたら、年会費477円+税別のビュースイカカードを発行することでモバイルSuicaを使用できるようになります。

年会費は利用明細書を郵送で確認するのではなく、WEBで確認することで600ポイントゲットできるので、実質的には簡単に無料になりますし、ビュースイカカードでモバイルSuicaに登録するとモバイルSuicaの年会費1,030円が当面無料になります。

ビュースイカカードには国内旅行傷害保険が最大1,000万円で海外旅行傷害保険が最大500万円となり、定期券の購入をモバイルSuicaで済ませた上でビュースイカカードと定期券を一つにすることが出来、「モバイルSuica特急券」の購入も可能になります。

定期券や特急券の紛失は一大事ですがビュースイカカードの発行でモバイルSuicaに定期券と特急券の機能を持たせることで紛失の悩みが消えます。他にもビュースイカカードによってイージーモバイルSuicaではできなかったモバイルSuicaのオートチャージができるようになり、設定残高以下になると自動的にチャージをしてくれます。

ビュースイカカードのポイントプログラム

ビュースイカカードのポイントプログラムは公共料金やショッピングに使うと1,000円ごとに2ポイント貯まる還元率0.2%が基本となり、乗車券・定期券・回数券・特急券をみどりの窓口やびゅうプラザや券売機で購入するか、オートチャージを含めたSuicaチャージをすることで還元率が3倍になりますし、他にもエネオスサービスステーションとENEOSでんきへのカード払いで還元率が2倍に上げられます。

そして貯まったポイントは1ポイント→2.5円換算でSuicaにチャージしたり、商品と交換することが可能となります。

ビュースイカカードのまとめ

  • 年会費477円+税別
  • モバイルSuicaを使用可能
  • ビュースイカカード発行でモバイルSuica年会費が当面無料
  • 利用明細書WEB登録で600ポイントゲットできるので
  • Suicaオートチャージ対応
  • ポイントプログラムはビューサンクスポイント
  • ポイント還元率0.2%
  • 乗車券、定期券、回数券、特急券の購入、オートチャージを含めたSuicaチャージで還元率が3倍
  • エネオスサービスステーションとENEOSでんきへのカード払いで還元率2倍
  • 1ポイント→2.5円換算でSuicaにチャージしたり商品と交換するのが可能
  • 国内旅行傷害保険が最大1,000万円で海外旅行傷害保険が最大500万円

年会費477円+税別と安い上にビューサンクスポイントの還元率をSuica利用で簡単に3倍まで上げられるビュースイカカードはモバイルSuicaでもポイント獲得対象になることから、SuicaやモバイルSuicaの利用頻度が高い方にうってつけのカードと言えます。貯まったビューサンクスポイントを1ポイント→2.5円と高い倍率でSuicaチャージできるのも魅力です。

JCBカードwはamazonに現金換算できる

もしもモバイルSuicaに登録するカードでビューカード以外のクレジットカードを希望する方にはJCBカードwがおすすめとなります。

ブラックカラーのカードなことからデザインがスタイリッシュな上に年会費が無料でカード払いすることでポイントプログラムのOki Dokiポイントの還元率が2倍になり、獲得したポイントを1ポイント→3.5円換算でamazonのショッピングに利用できます。

ビュースイカカードのビューサンクスポイントは1ポイント→2.5円でSuicaへのチャージになりますので、より広範囲な目的で使用できるamazonへの現金換算倍率が高いJCBカードwは有効なクレジットカードであると言えます。

JCBカードWのまとめ

  • 年会費無料
  • 家族カード年会費無料
  • ポイントプログラムはOki Dokiポイント
  • 還元率0.1%
  • カード払いで還元率が常に2倍
  • JCB ORIGINAL SERIESパートナーの優待店でカード払いすることでポイントボーナス
  • Oki Dokiランド経由のショッピングで還元率最大20倍
  • 1,050ポイント→JCBギフトカード5,000円分と交換
  • 2,800ポイントで東京ディズニーリゾートのパークチケット2枚と交換
  • 1ポイント→3.5円換算でamazonの支払いに利用可能
  • 海外旅行傷害保険最大2,000万円
  • ショッピングガード保険年間最大100万円

クレジットカードいらずのイージーモバイルSuicaとオートチャージなどの多機能なビュースイカカードと現金換算倍率が高いJCBカードw

モバイルSuicaはクレジットカードの登録が必要ですがイージーモバイルSuicaならば小学生位以外の12歳以上ならば登録が可能となっており、年会費も無料です。しかし、イージーモバイルSuicaはオートチャージができず、機能が制限されてしまいます。

そこで年会費477円+税別とお手頃なビュースイカカードならばモバイルSuicaを利用できますし、ポイント還元率がSuica利用で簡単に3倍まで上げられてオートチャージや定期券機能の付与もできます。貯めたポイントは1ポイント→2.5円という高い倍率でSuicaにチャージできます。

ビュースイカカード以外でモバイルSuicaに登録できるカードならばJCBカードwがデザインも良く、Suica利用などで獲得したポイントを1ポイント→3.5円換算でamazonのショッピングに使用することが可能です。

クレジットカードを登録したくない方にはイージーモバイルSuica、オートチャージ機能や定期券に特急券などの機能を持たせるならばビュースイカカード、Suica利用で獲得したポイントを高還元率でamazonに使いたい方はJCBカードwがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ