zozocardの解約は9〜18時に電話するのみ! 滞納に苦しんだ学生でも支払いが楽になるカード活用を紹介

ZOZO TOWNファンにはおしゃれなカードデザインのZOZOCARDがおすすめ!

ファッションブランドのZOZOTOWNのショッピングを利用することが多くて、クレジットカードにもおしゃれさを求める方には年会費無料でカードデザインが多数に取り揃えてあるZOZOCARDがおすすめです。

年会費が無料のZOZOCARDはETCカードの年会費も無料で、カードを紛失・盗難となっても届出日から前後60日間の合計121日間に渡っての不正利用による損害を負担してもらえます。

ZOZOCARDはZOZO TOWNでのショッピングにてポイント還元率が2倍となり、それ以外でのショッピングでの還元率1%となります。

ZOZOCARDのポイントプログラムはZOZOポイント

年会費無料のZOZOCARDですが、ファッションブランドZOZO TOWNにてショッピングすると基本ポイント還元率が100円につき1ポイントもらえる1%ですがカード払いすると還元率2倍となって還元率2%となり、ZOZO TOWN以外でのショッピングでもポイント還元率が1%になります。

ZOZO TOWNのショッピングはZOZO ID、mixi IDでポイントが獲得でき、Yahoo!JAPAN IDではショッピングできてもポイント獲得ができず、ZOZOCARDで支払うにもmixiIDではポイント還元率が1%のままとなるので、必ずZOZOIDを使ってカード払いするようにしましょう。

ZOZOポイントのポイント有効期限はショッピングでゲットしたポイントならポイント獲得月から1年となっており、ZOZO TOWNでの買取サービスにてZOZOポイント買取を指定した買取査定とZOZOフリマでゲットしたポイントは有効期限が180日となっています。

ショッピングなどで貯めたポイントは1ポイント→1円でショッピングに使用することができます。ZOZO TOWNでのショッピングにて基本ポイント還元率が2%と大変に高くできるので有用なポイントプログラムなのがZOZOポイントです。

ZOZO CARDに付帯される豊富なサービス

ZOZOCARDには海外旅行の際に役立つサービスが充実しています。日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージー ランドドル、カナダドルという7カ国の7通貨を入金できるキャッシュパスポートという海外専用プリペイドカードや海外にてさまざまなことを相談できるポケットワールドデスク、トヨタレンタリース・ニッポンレンタカー・日産レンタカー・オリックスカー・タイムズカーレンタルの基本利用料金が5%OFFになるレンタカー割引きサービスに、パッケージツアー最大8%OFFのポケットカードトラベルセンター、「海外おみやげ宅配サービス」をカード払いすると全品10%OFFとなります。

買い物・移動・相談・旅行・お土産とどれもおトクに利用できるのがZOZO CARDの海外サービスの強みです。

ZOZOCARDにはオプションサービスもついており、年会費1,800円+税別のポケット・サポート・サービスは24時間365日の年中無休でレッカー牽引・落輪引き上げ、故障時緊急修理、帰宅と宿泊費用、修理後お届けと車のサービスに加えて、ハウスサポートサービスにて水回りの応急処置、鍵開け、引越し業者紹介、ホームセキュリティ紹介、スペアキー作成業者紹介、ハウスクリーニング紹介のサービスがあります。

ライフサポートサービスで病気の際の電話相談に夜間・休日受付医療機関の紹介、人間ドック施設紹介、介護関連業者紹介などのサービスもあります。

オプションサービスならば年会費を700円+税別に抑えるとカーライフホッとラインによってスペアタイヤ交換、バッテリー上がり、カギ開け、ガス欠といった緊急トラブルに加えて冷却水の補充、ボルト締め付け、各種バルブやヒューズ交換、サイドブレーキの因着、各種オイル漏れの点検・補充、レッカー・落輪引き上げ、帰宅・宿泊費用に修理者運送のサービスも付帯されます。

どれもオプションサービスは年会費の高いポケット・サポート・サービスならば車関係に加えて住宅トラブルや医療関係のサービスも受けられますし、年会費の安いカーライフホッとラインならば車関係のトラブルの保証が充実します。

ZOZO CARDのクレジット機能とキャッシング機能

ZOZO CARDのクレジット機能は1回払い・ボーナス一括払い・ボーナス2回払い・分割払い・リボ払いとあり、ボーナス2回払いの年率は5.03%から13.39%で分割払いは36回払いまで対応しての年率15.00%、リボ払いの年率は15.00%となっており、利用限度額は最大200万円です。

キャッシング機能は利用限度額が最大150万円で1括払いとリボ払いがあり、リボ払いは59回払いまで対応の年率14.95%から17.95%となっています。

ZOZO CARDのまとめ

・年会費無料

・カードデザイン豊富

・ETCカード年会費無料

・ポイントプログラムはZOZOポイント

・基本ポイント還元率1%

・ZOZO TOWNをカード払いすると還元率2%、それ以外のカード払いでも1%

・ZOZO IDならばカード払いでポイント還元率アップ、mixi IDとYahoo!JAPAN IDはそうならない

・1ポイント→1円でショッピング利用可能

・キャッシュパスポート、提携レンタカー5%OFF、電話相談のポケットワールドデスク、パッケージツアー最大8%OFFのポケットカードトラベルセンター、「海外おみやげ宅配サービス」はカード払いで全品10%OFFと海外関係サービス充実

・年会費1,800円+税別のポケット・サポート・サービスでカーライフ、ハウス関係、医療関係の保障充実

・年会費700円+税別のカーライフホッとラインでカーライフの保証

・クレジット機能は1回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、分割払い、リボ払い

・クレジット機能の利用限度額は最大200万円

・ボーナス2回払いの年率5.03%〜13.39%、分割払いは36回払いまで対応して年率15.00%、リボ払いの年率は15.00%

・キャッシング機能は利用限度額が最大150万円で1括払いとリボ払い

・リボ払いは59回払いまで対応の年率14.95%〜17.95%

・カード盗難、紛失での不正利用による損害は最大121日間に渡って補償

ZOZO CARDはカードデザインが多種多様でポイント還元率も高く、海外旅行のサービスも充実していることから若年層向けのクレジットカードと言えます。

ZOZO CARDはZOZO TOWNから遠ざかったらば解約しよう

ZOZO TOWNのファッションを着ることがなくなった場合はZOZO CARDを解約するのがおすすめです。解約したい時は9:00〜18:00まで営業しているポケットカードお客様センターに電話することで解約できます。

しかしZOZO CARDを解約するとZOZOポイントはともかくとしてショッピング利用も不可能となってしまう欠点があります。もしそうなったらば学生であるうちに三井住友デビュープラスカードを発行しましょう。

三井住友デビュープラスカードの利点

・年会費1,250円+税別

・高校生以外の18~25歳までがカード発行条件

・発行初年度は年会費無料

・年に1度のカード利用で年会費無料

・クレジット機能は1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払い

・分割払いは24回払いまでで年率12.00~14.75%、リボ払いは年率15.0%

・分割払いとリボ払いで購入した商品は年間最大100万円のショッピング補償

・満26歳で三井住友VISAプライムゴールドカードに自動的にランクアップ

18歳以上から25歳までならば発行できる三井住友デビュープラスカードは年会費がかかりますが、年に1度の利用で年会費が無料になり、クレジット機能も分割払いからリボ払いまであってショッピング補償が付帯されるメリットがあります。満26歳になれば三井住友VISAプライムゴールドカードに自動でランクアップするのも魅力です。

ZOZO TOWNファンはZOZO CARDの解約後は学生でも申し込める三井住友デビュープラスカード

カードデザインが多種多様でファッショナブルなものが多く、年会費が無料なことに加えてポイント還元率の高さや豊富な海外旅行関連サービスが付くZOZO CARDはファッションブランドZOZO TOWNが好きな若い人に適したクレジットカードです。

もしもZOZO TOWNのブランドを利用することがなくなったのであれば、18歳以上から25歳までが発行できる三井住友デビュープラスカードを発行しましょう。年に1度の利用で年会費無料条件が満たせますし、26歳になれば三井住友VISAプライムゴールドカードに自動でランクアップできます。

ZOZO TOWNのファンならばZOZO CARDを利用して、そうじゃなくなったのであれば三井住友デビュープラスカードを発行するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ