千葉銀行のJCBデビットカードは審査がないのに審査落ち?急ぎの時は口座不要で即日利用可能なカードで乗り切ろう

千葉銀行のJCBデビットカードはお得な特典がたくさん

千葉銀行が発行しているJCBデビットカードは、スタイリッシュなデザインが印象的ですが、大きな特長は便利な特典がたくさんついていることです。

葉銀行のJCBデビットカードへ加入することで具体的にどんな特典が受けられるのでしょうか。

基本的なサービス概要

まず始めにカードの基本的なサービス内容から確認していきましょう。千葉銀行のJCBデビットカードには、一般カードとゴールドカードの二種類があります。

  一般カード ゴールドカード
ブランド JCB JCB
種類 キャッシュカード一体型と単体型があり キャッシュカード一体型と単体型があり
加入対象 中学生を除く15歳以上の方で、千葉銀行の口座を保有していること 20歳以上の方で、千葉銀行の口座を保有していること
年会費 初年度無料
・2年目以降は1,350円
※家族会員は初年度無料で次年度以降は1枚につき432円
10,800円
※家族会員は1名無料で2人目からは1枚につき1,080円
有効期限 5年 5年
利用限度額 1日につき最大200万円までの範囲で変更可能 1日につき最大200万円までの範囲で変更可能
海外利用 ・ATM利用1回につき108円
・為替レート3%
・ATM利用1回につき108円
・為替レート3%
その他サービス 旅行傷害保険:国内外付帯
ショッピングガード保険:海外のみ付帯
ご利用明細はMyJCBで確認可能
旅行傷害保険:国内外付帯
ショッピングガード保険:国内外付帯
空港ラウンジ利用
ご利用明細はMyJCBで確認可能

JCB加盟店であれば国内外問わず利用できることはもちろん、旅行傷害保険やショッピングガード保険など、クレジットカードと同じような特典が受けられます。

また、海外では決済利用の他にATMでの入出金も可能なため、口座残高がない場合でもすぐにお金を補充しカードを使用することが可能です。

使えば使うほどお得な特典とは

千葉銀行のJCBデビットカードならではの特典は他にもあります。ひとつ目は、ちばぎんポイントサービス『ひまわり宣言』です。

キャッシュカード一体型のみのサービスとなりますが、千葉銀行が会員として承認した日の翌々月1日から翌年の「クレジットカード年間ご利用額」の適用期間が始まるまでATM手数料は無料となります。一定期間とはなりますが、ATM手数料の負担に懸念があった方も安心して利用することが可能です。

お得な特典は他にもあります。それは、利用金額1,000円につき1ポイントの「OkiDokiポイント」がたまることです。

貯まったポイントはキャッシュバック、またはマイルやギフトカードなどと交換できます。

また、ららぽーとや三井アウトレットパークなどの「ちばぎんパートナー」店舗で決済利用するとポイント付与率は最大3倍の特典や料金割引が受けられるため、上手に活用しながら賢くポイントを貯めていきましょう。

思わぬ落とし穴!? 審査がないのに“審査落ち”がある?

実は千葉銀行のJCBデビットカードは発行審査が原則ありませんが、“審査落ち”の可能性があります。一体なぜでしょうか。

理由は、発行可否の判断を千葉銀行ではなくJCBが行っているためです。具体的な判断基準は公表されていませんが、過去に多重申込みや千葉銀行に多額の延滞をした履歴がある場合、原則デビットカードの利用はできません。

そのため、千葉銀行JCBデビットカードの規約や広告などには、「審査なしで利用できる」との記述がないのです。

もし、多重申込みや多額の延滞履歴がある場合は、どうすればいいのでしょうか。

審査に自信がないもしくは急ぎでお金が必要な方におすすめの対処法

過去に多重申込みや多額返済などの履歴がある方で、すぐに現金が必要な場合はどうすればいいのでしょうか。

おすすめはACマスターカードの申込みです。過去に多額の返済履歴がある方でも申込みが可能なため、審査に自信がない方も安心です。

ACマスターカードのサービス概要

ACマスターカードは、年会費・入会費が無料で申込みから最短30分で利用できるという利便性の高さが魅力のクレジットカードです。

さらに、カードローン機能も備わっているため、急な出費で現金が必要なときも安心です。

年会費・入会費 無料
利用限度額 10〜300万円
利用明細の確認方法 web明細もしくは紙明細の選択可能
手数料・実質年率 10.0%〜14.6%
支払い方法 35日ごとの支払い
ポイント付与サービス なし
その他 ・カードローン機能つき
・cirrusマークがあるATMなら海外でもキャッシング利用可能

利用金額に応じてポイントが付与されるなどの特典はありませんが、ACマスターカードでクレジットヒストリーを積めば、他のカード申込みでの審査が通りやすくなります。持っていて損はない一枚でしょう。

金利の低さで選ぶならみずほ銀行カードローンがおすすめ!

ACマスターカードは、カードローン付きクレジットカードのため、カード・現金利用を問わず利用できます。しかし、利用金額に対してかかる金利はみずほ銀行カードローンより高いというデメリットがあります。

  ACマスターカード みずほ銀行カードローン
金利 10.0%〜14.6% 年2.0%〜14.0%
利用額の上限 最大ご利用限度額800万円
※クレジットとカードローンのご利用合計額
10〜800万円
支払い方法 35日ごとの支払い 毎月10日に口座引落し
最短利用開始日 申込みから30分後 -

とはいえ、支払い方法や利用開始までの最短期間で見るとACマスターカードの方が利便性は高いですから、あなたがメリットに感じる方を選ぶといいでしょう。

急ぎの時はACマスターカードまたはみずほ銀行カードローンを申込もう

千葉銀行のJCBデビットカードは、多重申込みや多額返済などの履歴がある場合、カードの発行自体が認められないケースがあります。また申込みから発行までに2週間程度かかるというデメリットもあるため、急ぎでカードが欲しい方にはおすすめできません。

万が一、急ぎでお金が必要となったときはぜひ、口座開設が不要で最短30分で発行可能でカードローンがついているACマスターカードを候補に入れておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ