みずほ銀行カードローンの解約方法と注意点! 大きな金額が必要なら800万円まで借りられる即日発行カードがおすすめ

みずほ銀行カードローンを解約したいと考えていてもなかなか忙しい、もしかしてまた利用することがあるかもしれないと踏み出せずにいませんか。

しかし、完済しており、今のところ利用する予定がないのであれば、解約したほうが優良顧客として履歴が残り、これからローン、クレジットカード、再度のカードローン契約においても有利となりますので、解約しておくと良いでしょう。

ただみずほ銀行カードローンを解約するには必要なものを揃えて解約手続きをしなくてはなりません。

解約に何が必要なのか確認しましょう。

みずほ銀行カードローン解約の際の注意点

みずほ銀行カードローンの解約は契約をした店頭にて行っています。

契約した店以外で解約する予定なら、取引状況の確認を行うので時間を要する場合があるので注意が必要です。

<解約にあたって必要な3つのもの>

1 契約中のカード

2 返済用普通預金口座の取引印鑑

3 本人確認書類(運転免許証・各種健康保険証)

以上3つは必ず必要となります。

また返済分が残っている場合は元金、貸越利息共に一括支払いとなりますので解約の前にいくら必要なのか確認しておきましょう。

みずほ銀行カードローン解約後の注意点またその後に適しているカードとは

みずほ銀行カードローン解約後は、再度みずほ銀行カードローンで借り入れをする際の審査が厳しくなってしまう場合がありますので解約の際には本当に解約してもよいカードなのか考えてから解約の手続きを行いましょう。

ではみずほ銀行カードローン解約後に新たなクレジットカードやカードローン発行を考えているなら、ACマスターカードがおすすめです。

ACマスターカード利用限度額は最大800万円までと多く、カードローン機能としても申し分ないシステムとなっています。

そしてACマスターカードの最大の魅力と言ってもいいのがクレジット機能とカードローン機能が一緒になっているということです。

クレジットとカードローンへの利用限度額は自分で割り振りが可能なので便利で効率よく使えます。

クレジットカードとしても世界中で使えるので利用者の生活を支えてくれる優れたカードなのです。

大きな金額が必要ならACマスターカード

ACマスターカードは年会費無料で即日発行が可能な優れたカードです。

カードローン機能に加え日々の生活にも役立つクレジット機能が搭載されたカードで、クレジットとしての利用限度額は最高300万円クレジットとカードローンを合わせた時の利用限度額は最高800万円までとなっています。

合わせることで金額を多く設けることができるので、借り入れ目的でACマスターカードを発行したとしても申し分なく使え、さらにクレジット機能で買い物もできるのです。

手数料率・実質年率は10.0%〜14.6%となっています。

発行方法は、ネット申し込み後自動契約機のむじんくんでいつでもその場ですぐ発行、もしくは郵送があります。急いでいる方はネット申し込み後の契約機発行が良いでしょう。

クレジットカードとしても世界中のマスターカード加盟店で利用できるので安心です。

利用明細の郵送も基本は行ってなくホームページ上での確認となりますので、自分のプライバシーを守ることもでき、郵送希望の方は職場、自宅と選択も可能なので便利です。

クレジットの支払い方法も自由に選択でき、リボ払いにもとからなってはいますが、自分の収入状況によって一括で支払うことも可能でその際の連絡も一切必要ありません。

店頭などで支払い方法を聞かれた場合などは1回と答えてください。

自分が利用した金額を覚えておくのが苦手だという方にもネットで最大3ヶ月分の利用状況を確認できるシステムをとっているので、どのくらい利用したか分からなくなることはありません。

ネットショッピングやスマホ代、タクシー代コンビニあらゆる場で使うことができる活躍の場が多い優れたクレジットカードなのでどんどん使っていきましょう。

続いて、クレジット利用分の支払い方法ですが、締日は毎月20日となっていて、初回の支払いは翌月7日から35日以内に設定されています。

しかし7日になってしまうと手数料が発生してしまうため、6日までに支払った方が良いでしょう。

手数料は1日目→40円、10日目→400円、30日目→1,200円です。

2回目以降の支払いは前回支払った日から35日以内とずれ込みますので前回支払った自分の日取りを覚えておくと安心です。

支払日を覚えておくことが苦手な方には支払い期限が35日間も設けられているので手数料が発生したとしても延滞扱いにはならず自分のクレジットカード利用履歴に傷がつくこともないので安心のシステムとなっています。

支払い前は日取りをよく確認してきちんと使っていくことを心がけましょう。

カードローンを利用する際も、返済は前回支払った日にちから35日以内とずれ込んできます。

また支払日を給料日などの都合から自分で設定したい方には毎月指定というシステムもとっていて、カードローンの方も設定できますので利用しましょう。

最後に利用限度額や組み立てについてですが、ACマスターカードはカードローンとしての極度限度額、クレジットしての利用限度額どちらか高い方に利用限度額を設定でき、定まった限度額の割り振りは(組み立て)は自由に設定できます。

自分の利用したい状況に合わせて割り振りができるので無駄なく利用限度額を設定できるので効率的です。

ACマスターカードは利用者のことを考えて作った良心的なカードなので機能が良く発行率も高いので人気があります。

幅広い方に使ってもらえるよう工夫を凝らしたカードなのです。

今持っているカード解約を解約して新しいカードを探している方へ

今回カードローンカード手放したのはどんな理由からでしょうか。

給料日から離れた日に支払日が設定されていて苦しいと感じていたり、支払日をついつい忘れてしまう、もっと利用限度額を増やしたかったなど理由は様々でしょう。

納得いかないカードを持っていると利用も少なくなり不満も貯まり解約を考えてしまうものです。

しかしACマスターカードならそんな悩みを解決してくれます。

給料日と離れた日にちに支払日が設定されていて苦しくいたのなら毎月指定でカードローン・クレジット共に自分の好きな日取りに支払日を設定できますし、支払日を忘れがちなのであればこちらもカードローン・クレジット共に支払い期限が35日以内に設定されているので安心です。

そして少し現金が足りなくてもクレジット機能があるのでちょっとした買い物ならわざわざ借り入れをしなくても買い物ができます。

またACマスターカードを支払い期限や返済期限を守ってきちんと使いこなせていけば自分の信用を高めることにも繋がるので新しいカードの発行前の審査にも役立ってきます。

ACマスターカードには、ポイントが付くシステムなどはありませんが、ショッピング利用で0.25%のキャッシュバックがあるので、ポイントの利用をあまりしない方にも便利です。

またACマスターカードは全国的に有名な銀行の三菱UFJフィナンシャルグループと国際ブランドのマスターカードからなるカードなのでバックサポートも安心です。

利用者のニーズに応えられるよう工夫を凝らし作られたカードなので、幅広い方に支持され多くの方の満足を得ているカード内容となっています。

利用限度額も多く設定されているので借り入れが目的でカードを発行されたとしても満足に使っていくことができるでしょう。

次のカードを探しているのなら発行率が高く機能性に優れているACマスターカードがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ