「アメックスビジネスプラチナカードの特典を総まとめ!個人カードや法人ゴールドと比較し高年会費の価値があるのか解説

eyecatch

高い利用限度額が希望ならば、このカード!

入会特典で初年度年会費が無料!
サービスも充実で納得の一枚!

年会費 初年度 入会特典で無料
2年目以降 31,000円+税
ETCカード 500円+税
※新規発行手数料無料
入会資格 1.年齢が25才以上の方
2.日本国内に定住所をお持ちの方
3.日本国内で定職、定収入をお持ちの方
4.他のクレジットやローン等のお支払いがある場合、延滞無くお支払いの方
旅行傷害保険 海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
利用
可能枠
個別設定

事業主にアメックス・ビジネス・ゴールドカードがオススメな理由

ステータスシンボルとして名高いアメックスカードですが、@プラチナ、Aゴールド、Bグリーンの順にランクがあり、個人用、法人用(ビジネスカード)に分かれています。 収入に応じてランクの高いカードを所有するのが一般的ですが、法人の方は、以下の4つの観点から、まずはアメックス・ビジネス・ゴールドカードに加入すべきでしょう。

オススメ理由@キャッシュフローが良くなる!

個人カードやグリーンカードと比べて、クレジットの利用限度額が大きいからです。 事業が軌道に乗り始めた頃は、取引先との会食、出張など何かと出費が重なるものですが、収益化するまでには時間がかかります。 アメックス・ビジネス・ゴールドカードのような利用限度額の大きいクレジットカードがあれば、突然の出費に対応できるので安心です。 また、資金繰りで苦労する心配も減るので、事業に集中でき、仕事の生産性も上がるでしょう。

オススメ理由A低金利で資金調達することができる!

事業資金の融資は銀行から受けることが一般的です。 銀行から融資が受けられないと別の手段で調達することになりますが、一般的にカードローンや消費者金融は、銀行と比べ、金利が高いため、事業資金としては適しません。 一方で、アメックスカードのカードローンは、入会から3ヶ月以内は年利1.0%で借りることができるので、事業資金を調達する上でもアメックスのビジネスカードは優れています。

オススメ理由B個人カードとの年会費との差は微々たるものである

アメックス・ビジネス・ゴールドカード(個人用)の年会費は、29,000円+税なのに対して、アメックス・ビジネス・ゴールドカードの年会費は31,000円+税です。 その差は2,000円ですが、個人用の年会費に2,000円程度を上乗せするだけで、法人用カードが取得できることを考えればそれほど高くないでしょう。 また、アメックス・ビジネス・ゴールドカードの年会費は経費として計上できます。

オススメ理由C経費管理がしやすい

アメックス・ビジネス・ゴールドカードが提供する経費管理のサポートでは、業種や会計ごとに分けた経費の使い道がわかるので、不要な経費の洗い出しや、各従業員の経費報告書の照合が容易になります。

経営者はアメックス・ビジネス・プラチナカードに加入するのがお得?


アメックス・ビジネス・ゴールドカードを利用すると、アメックス・ビジネス・プラチナカードの案内が届くこともあります。 アメックス・ビジネス・プラチナカードは、アメックス・ビジネス・ゴールドカードと比べ、10万円近くも年会費が高く設定されていまが、法人の方は高い年会費を払ってでも、アメックス・ビジネス・プラチナカードに加入する価値があります。

加入価値@信頼性が高くなるから

取引先や外部の方に対して信頼性が高まります。 所有する層も限られるので、持っているだけで、自社のブランド力の向上や、経営状態の良さを印象付けることができます。 特に、お互いをよく知らない相手と取引する時には、印象が物を言いますが、取引先からの信頼を得るためにはアメックス・ビジネス・プラチナカードは最適です。 面識の浅い取引先との打ち合わせの際には、会員限定のホテルラウンジなどを使用すると良いでしょう。

加入価値A無料で最大4枚のカードを追加できる

アメックス・ビジネス・プラチナカードでは、無料で4枚のアメックス・ビジネス・プラチナカードを追加で発行できます。 出張や取引先との会食の頻度が高くなるほど、自社の従業員が対応する機会が増えると思いますが、追加分のカードを従業員に所有してもらえれば後日生産もなくなり、領収書紛失といったトラブルもなくなります。

加入価値Bビジネスコンサルティングを受けることができる

アメックス・ビジネス・プラチナカードの加入者は電話を通じて、専門家からビジネスコンサルが受けられます。 経営でぶち当たっているが、経営を相談できる方がいない、または従業員へ心配をかけたくないと思うあまり、周囲に相談できない方もいるでしょう。 そんな時に、ビジネスのコンサルタントへ相談できるのは、心強いことでしょう。

アメックス・ビジネス・プラチナカードに加入するためには?


以上が、アメックス・ビジネス・プラチナカードへ加入するメリットですが、アメックス・ビジネス・プラチナカードは招待制ですので、誰でも加入できるわけではありません。

アメックス・ビジネス・ゴールドカードで実績を作ることが近道

アメックス・ビジネス・プラチナカードの招待を受けるためには、アメックスからの信頼を得なければならず、プラチナ会員を希望する方は、カードの利用実績を作ることが一般的です。

<目安>

年間200万円以上のカード支払いがある 毎月カードを利用している(事業決算の割合が高い) カード代金の支払いに延滞がない

あくまで目安となりますが、上記の条件を満たす利用実績を作ると招待が受けやすいでしょう。しかし、アメックス側は、招待について明確な指標を設けているわけではありません。

一般的によく言われる基準を紹介したに過ぎないので、あくまで参考程度にお考えください。 また、利用実績と共にカードの利用限度額が増えていくので、アメックス・ビジネス・プラチナカードを目指してカードを使用することは、経営者にとってプラスに働きます。

出張を快適に過ごすための特典が付いている


また、アメックス・ビジネス・プラチナカードには、その他、出張先などで活用できる便利な特典が沢山あります。

VIPラウンジが無料である

アメックス・ビジネス・プラチナカードでは、出張など飛行機を利用する頻度の高い方に向けて、プライオリティ・パスが用意されています。 搭乗口付近のVIPラウンジを回数無制限で利用できる特典で、無線LAN、ドリンク、軽食、アルコールの飲み放題付きのラウンジや、マッサージ機付きのラウンジもあり、移動中の疲れを緩和させてくれるでしょう。

高級ホテルの上級会員資格が付帯されている

アメックス・ビジネス・プラチナカードがあれば、高級ホテルへ宿泊する際に、上級階級資格が付帯されます。 部屋のグレードアップや、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、朝食無料などのオプションが付帯される資格です。 旅行では、ホテルの近くに着いたのに、荷物を抱えたままチェックインまで時間を潰さなければならないシチュエーションがよくあります。 アーリーチェックインが付帯されることで、通常より早くチェックインができるため、その分、ホテルでくつろぐことができます。

アメックス・ビジネス・プラチナカードを取得して自社の生産性を上げよう!


アメックス・ビジネス・プラチナカードがあれば、取引先からの信頼が得やすく、資金調達が容易になるので、事業に専念しやすくなります。 また、移動時間が長いと疲労は蓄積されますが、出張先での仕事のパフォーマンスを維持するためにも、体力は温存したいところです。 現地での商談を成功させるためにも、アメックス・ビジネス・プラチナカードを活用して、移動中や滞在地での時間を快適に過ごしませんか。 アメックス・ビジネス・プラチナカードへの加入には、アメックス・ビジネス・ゴールドカードへの加入が必要ですので、興味ある方は、アメックス・ビジネス・ゴールドカードへの加入を検討してみましょう。

チェック!

日常のステータスを手に入れるならこの1枚

アメックス・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード20歳以上の個人事業主、法人代表者が対象で設立初年度からでも利用できます。 会議や接待の際に利用することで、ビジネス相手に与える印象が変わるかもしれません。ビジネスでの利用で魅力たっぷり! ポイントサービス、空港サービスなど、ゴールドカードならではの上質なサービスを受けることができます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ