ビュースイカカードの審査難易度は? 通勤通学に利用すればポイントは3倍

通勤通学にかかる費用を利用してポイントを貯めたいと思ったことはありませんか。

片道数百円の切符も定期で購入すると金額も大きいものになってしまいますので、ポイントを貯める・使うを効率よく利用した方がいいと言えるでしょう。

ビュースイカカードなら日々の生活のクレジットカードとしても使え、通勤通学の費用でポイントを倍にして貯めていくことができます。



ビュースイカカードとは

ビュースイカカードは、Suica・定期券・クレジットカードの3つの機能が一緒になったカードで現在注目を集めているカードなのです。

通常のクレジットカードの買い物でもポイントが貯まり、定期の購入などをすればポイントが倍となって貯まって行く得なカード内容となっています。

その他、保険サービスなども充実していて便利なシステムが満載のカードなので効率よくビュースイカカードを使っていく方法を見ていきましょう。

ビュースイカカードは通勤通学に使うと常に3倍のポイントが得られる!その他注目しておきたいシステムとは

ビュースイカカードのSuica・定期券・クレジットカードが一緒になったカードというところも魅力的ですが、他にも注目すべきシステムが満載です。

では実際にどんな機能があるのか、ビュースイカカードの魅力的な点を確認していきましょう。


<オートチャージ付き>


オートチャージは設定金額以下にSuicaの残高がなってしまうと改札機にカードをいつも通りタッチするだけで金額が自動的にチャージされるという優れたシステムなのです。

Suicaの残高がなくなる度に自分でチャージをするのはおっくうですが、ビュースイカカードを持っていればその悩みから解放されます。


<ポイントシステム>


ビュースイカカードの基本のポイントシステムは1,000円→2ポイントとなっていて、2ポイント→5円で使っていくことができます。

Suicaの利用に関することだけでなく、買い物などでもポイントを貯めていくことができるので使い勝手はとてもいいカードなのです。

さらにオートチャージや定期券の購入をすればポイントは3倍になって貯まるようになっています。


〜チャージ・定期券の購入でポイントが3倍になって貯まる〜


Suicaの機能が付いているビュースイカカードならではのポイントシステムと言えるのがオートチャージや定期券の購入でポイントが3倍になって貯まるということです。

3倍のポイントを貯められるはJR東日本みどりの窓口で手続きをした際のみとなりますので注意しましょう。

通常のポイントは1,000円→2ポイントですが、定期券やオートチャージ利用なら1,000円→6ポイントで貯まって行きます。

通勤通学でSuicaを利用している方はビュースイカカードを発行して得にポイントを貯めていきましょう。


<ポイントの使い道>


貯まったポイントはSuica(電子マネー)に交換が可能なので便利です。

Suicaへのポイント移行は1ポイント→2.5円となっています。

Suicaはファミリーレストランやコンビニで利用でき、もちろん電車や新幹線の運賃として使うこともできるので使える場はとても多く日々の生活の助けになります。

その他にもSuicaのペンギングッズや提携ポイント(JALマイル・ビックポイント)に交換が可能です。

商品券やクーポンへの交換も可能で、グリーン車利用券などは魅力的でしょう。

ポイントの使い道はたくさんあるので効率よくポイントを使っていけば、得にカードを使いこなして行けます。


<ポイント有効期限>


ポイントの有効期限は獲得した年度の翌年の1月までとなっているので、貯まったポイントは早めに使った方が良いでしょう。

ポイントは4月1日から翌年3月31日までを1年とし、年単位で計算されます。

このようにビュースイカカードには魅力的なシステムが満載なのです。

ビュースイカカードの審査難易度や申込資格について

魅力的なビュースイカカードですが、審査難易度や基本情報はどのようになっているのでしょうか。

年会費などを確認し、審査難易度について見ていきましょう。


<ビュースイカカードの基本情報>



〜年会費〜


ビュースイカカードの年会費は本人・家族会員共に477円(税別)となっています。

年会費は発生してしまいますが、それ以上に得なポイントシステムや機能が満載なので損はないと言えるでしょう。

また家族で合算してポイントを貯めていくこともできるので、家族で使うならより多くポイントを貯めていくことも可能です。


〜カード会社〜


カード会社は国際ブランドのVISA・JCB・マスターとから選べるので安心です。


〜利用限度枠〜


利用限度枠は10万円〜80万円までとなっています。

利用限度枠は審査時に決まり、カードが届く際に金額の知らせも来ます。


〜支払い方法〜


支払い方法は1回・ボーナス1一括・分割・ボーナス併用・リボ払いと多数用意されています。


〜付帯機能〜


Suicaのみとなっています。 ETCカードの同時申込は可能です。

〜旅行傷害保険〜



―国内―


死亡 1,000万円
後遺障害 40万円〜1,000万円
入院 1日につき3,000円(事故発生から7日目を過ぎても病院で治療を受けている場合のみ1日目から適応されます)
手術 入院保険金日額の10倍または5倍(事故発生から7日目を過ぎても病院で治療を受けている場合のみ1日目から適応されます)
通院 通院→1日につき2,000円(事故発生から7日目を過ぎても病院で治療を受けている場合のみ1日目から適応されます)

国内の保険はカード決算を行った時のみ付帯されます。


―海外―


死亡 500万円
後遺障害 20万円〜500万円
治療費用 傷害治療50万円限度
治療費用 疾病治療費50万円限度

海外の保険は自動付帯になるのでカード決算をしなくても適応されます。


〜注意事項〜


支払い口座は会員本人と同じ名義でないとできませんので注意しましょう。


〜入会条件〜


18歳以上で電話連絡が可能な日本国内に住んでいる方が対象となります。

未成年の方は親権者の同意があれば申込可能ですが、高校生は申し込めません。

家族会員は本会員の方と生計を共にしている配偶者の方・両親・子供と申込が可能ですが家族会員希望であったとしても高校生は申込めませんので注意しましょう。

以上がビュースイカカードの基本情報となります。

続いて審査難易度についてですが、ビュースイカカードは多くの方に使ってもらえるように作られたカードなのでカード初心者の方やカード審査に不安のある方でも申し込みやすいカードです。

通勤通学でSuicaを使っているのなら、ポイントシステムだけに着眼したとしても発行価値のあるカードと言えるでしょう。

通勤通学に適しているカードを探しているのならビュースイカカード

JRで通勤通学の定期を購入しているのなら、ビュースイカカードは発行した方が良いカードと言えるでしょう。

定期を購入していなかったとしても交通費はかさむものなのでそのままにしておくのはもったいないことです。

ビュースイカカードを発行し定期の購入やオートチャージを利用すればポイントは3倍になって付いていき、貯まったポイントはSuica(電子マネー)として使うこともできるので、そのまま交通費に充当することもできるのです。

その他にもマイルへのポイント交換などもあり、貯まったポイントの活用方法を幅広く選べるようになっているは魅力的と言えるでしょう。

Suicaに関する買い物でなくても普通のクレジットカードとして利用できポイントも貯まるので活用甲斐があります。

発行率も高く、日々の交通費で得にポイントが貯まるクレジットカードとして多くの方の支持を集めているのがビュースイカカードなのです。

まずは
これ!

「ビュー・スイカ」カード改札で止められないオートチャージが魅力的。利用明細をネットにするだけで年会費以上のポイントが貯まります。家族カードも発行可能でご家族のご利用代金を1つの口座にまとめることも可能です。

Suica定期券や乗車券・回数券・特急券を購入するとポイントが3倍もらえます。

年会費(税別) 利用可能枠 発行期間 ポイント
477円 10〜60万円 最短1週間

JRE POINT

入会資格 還元率 家族カード ETCカード
日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方 0.5%〜1.5% 477円 477円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ