仮想通貨をクレジットカードで購入するメリットとデメリットについて解説

仮想通貨をクレジットカードで購入することのメリット・デメリットにおすすめの取引所

近年、世界的な注目が高まっている仮想通貨は多くの場合は振り込みによる支払いを受付していますが、徐々にクレジットカードで支払い対応をしている取引所も増えてきています。

クレジットカードの方が手早く、簡単に支払いができるので対応する取引所が増加していくと思われますが、現在は国内でクレジットカードでの支払いに対応した大手取引所はbitFlyer・zaif・coincheckの3つとなっています。

仮想通貨をクレジットカードで支払うことのメリット

仮想通貨をクレジットカード払いで購入することのメリットはまず、手軽なことがあげられます。仮想通貨購入は今でも銀行などに振り込んで購入するという方も多く、そうでなくとも、夜中に慌ててコンビニまで行って支払うということもよくあります。

しかし、クレジットカードで仮想通貨を購入するようにすれば、時間や場所に左右されない取引ができるようになりますし、仮想通貨を購入する時にカード払いすることでカードに付帯したポイントプログラムによるポイントゲットもできます。

このことから、ポイントを貯めたいか場所と時間の制限から自由になりたい方にはクレジットカードによる仮想通貨の購入はプラスに働きます。

仮想通貨をクレジットカードで支払うことのデメリット

仮想通貨をクレジットカードを用いて購入することに対してのデメリットは、手数料の高さがあげられます。仮想通貨はまだ歴史の浅いシステムなことから、クレジットカード会社も手数料をどのように課すのか決めかねている点が多く見受けられます。気づけばクレジットカードで仮想通貨を購入する際に莫大な手数料を請求されるということになる可能性もありますので、手数料に関しては常に注意しましょう。

仮想通貨をクレジットカードで購入するならばbitFlyerかzaif

現在、クレジットカードによる仮想通貨購入に対応している大手取引所はbitflyer・zaif・coincheckの3つとなっていますがcoincheckは先日に起きたNEM流出事件の影響で最悪の場合は取引所閉鎖の可能性もあり、油断できない状況です。

なので大手取引所ではbitflyerとzaifの2つに絞って注目するのが得策です。

bitflyerは大手ならではの充実したサービス

bitflyerは国内最大手の仮想通貨取引所として高い評価を得た定番どころです。

bitflyerはサービスとしてクラウドファンディングの「fundFlyer」や仮想通貨関連情報メディアの「BTC News」を提供していますし、ビットコイン送付が1秒でできる「bitwire」などもあり、多くの業種を取り仕切っている総合プラットフォームです。

bitflyerはセキュリティチェックが厳しく、万が一にも不正出金をされて損害を受けた場合には年間最大500万円を補償してもらうことができます。「bitwire ショップ」によって提携店ではビットコインを使ったショッピングもできます。

zaifは手数料のやすさと信用取引関連のサービスが強い

zaifはビットコインを購入する際の手数料は他と比べて安いというのが大きな特徴の大手取引所です。「zaifcoin積立」というサービスを使えば毎月、決まった額のビットコインを自動で購入し、長期的な仮想通貨資産の運用をすることができます。

zaifならばビットコインを使った信用取引や「ビットコインAirFX」という期限到来による決済がない上にほぼ現物価格でレバレッジ最大25倍での取引が可能となっています。

クレジットカードによる仮想通貨購入には三井住友VISAデビューカードプラスかACマスターカード

仮想通貨をクレジットカードで購入するのに対応している大手取引所のbitflyerとzaifは受け付けクレジットカードがVISAとMasterCardのみとなっています。クレジットカードの発行には時間がかかる場合もあり、審査を通るかどうか厳しいということもあります。

その点、VISAとMasterCardのクレジットカードならば三井住友VISAデビューカードプラスとACマスターカードは安心して発行できますし、使い勝手も良いものです。

三井住友VISAデビューカードプラスは還元率常時2倍

三井住友VISAデビューカードプラスは発行条件が高校生以外の18歳以上25歳以下となっていて、年に1回のカード利用をすれば年会費が無料になるので実質的に年会費無料のクレジットカードです。

ポイントプログラムのワールドプレゼントポイントは還元率が常時2倍の0.2%ですし、カード所有者が26歳になると自動的に三井住友VISAデビューカードプラスから三井住友VISAプライムゴールドカードへアップグレードされます。

インターネット経由でカード発行申請をしたら最短3営業日内の発行もしてもらえますので、カードが届くまでやきもきする必要もありません。

三井住友VISAデビュープラスカードのまとめ

・年会費1,250円+税別

・高校生以外の18~25歳までがカード発行条件

・年に1度のカード利用で年会費無料

・ポイントプログラムはワールドプレゼント

・ポイント還元率0.2%

・1ポイント→3円換算でキャッシュバックサービス

・1ポイント→dポイント、楽天スーパーポイントに5ポイントで移行可能

・1ポイント→4.5Tポイントで移行可能

・1ポイント→nanaco、waon、3ポイントで移行可能

・1ポイント→楽天Edy3円分でチャージ可能

・1ポイント→5ANAマイルで移行可能

・満26歳で三井住友VISAプライムゴールドカードに自動的にランクアップ

ACマスターカードは発行基準を満たしやすい

MasterCardのクレジットカードならば常時年会費無料でインターネット経由で発行申請をすれば自動契約機むじんくんで最短30分の即日発行ができるACマスターカードが適しています。

ポイントプログラムはありませんが、その代わりにショッピング利用で0.25%のキャッシュバックサービスがあり、加えてクレジット利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円となるため、高額な取引にも対応していますし、インターネットや電話によって24時間いつでも借り入れ申請ができます。

クレジットカードを発行する際に受ける審査は不安なものですが、消費者金融会社アコムが発行するACマスターカードは年収関連は仕事先の電話番号を記入するだけで審査基準を満たせるようにもなっています。

ACマスターカードのまとめ

・年会費無料

・ポイントプログラム無し

・クレジットカード利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円

・年率10.0%〜14.6%

・ショッピング利用でキャッシュバック0.25%

・残高と次回の返済期日と利用可能額の確認

・ネットや電話で24時間いつでも借り入れ申請可能

・キャッシュバック0.25%

・ペイジーを利用して24時間いつでも返済可能

・会員サイトで明細書の確認と自宅送付拒否を設定できる

・利用限度額の変更可能

・利用明細の郵送が無い

・自動契約機のむじんくんで即日発行可能

・カードローンは前回返済日の翌日から数えて35日後が次の返済日

・クレジットは毎月20日が締めの翌月の6日までに利用した分を全額返済すれば手数料無料

・毎月20日締めの翌月6日までに返済ができなかった場合は7日から35日後が返済締め切り

サービスのbitflyerと手数料の安さのzaifで使用クレジットカードは三井住友VISAデビューカードプラスとACマスターカード

今、大変にホットな仮想通貨は銀行やコンビニなどで振り込んで購入する以外にもクレジットカードで家にいながら決済して購入するサービスもあります。ポイントも貯まるので気軽さもあって便利です。しかし、クレジットカードで仮想通貨を購入するのは手数料が高いというデメリットもありますので、急ぎで仮想通貨が欲しい時だけ買うのも有効な手です。

クレジットカードでの仮想通貨購入はbitflyerとzaifがおすすめです。bitflyerはサービスが充実していて、zaifは「zaifcoin積立」で毎月、仮想通貨を自動購入できる積立サービスに信用取引が充実しています。

仮想通貨購入のクレジットカードにはVISAならば三井住友VISAデビューカードプラスはポイントサービスが強力ですし、MasterCardならば審査基準を満たしやすくてインターネット経由の発行なら即日発行ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ