JALの陸マイラーに選ばれているリクルートカードのポイントをJALマイルへ移行する方法

JALの陸マイラーがリクルートカードを選ぶ理由

リクルートカードは、普段の買い物はもちろん、どんな支払いをしてもポイントが付き、1.2%の高い還元率が魅力のクレジットカードです。クレジットカードのポイントは、通常なら提携店を利用したときにだけ高還元率が適用され、それ以外のカード利用では還元率が下がることが多いですが、リクルートカードは提携店を気にしなくても良く、いつでも1.2%の還元率でポイントを貯められるのが魅力となっています。

言い換えれば、最低でも1.2%のポイント還元率ということになり、ポイントをたくさん貯めるための細かいルールを、いちいち気にしなくても良いカードです。貯めたポイントはPontaポイントに交換でき、Pontaポイントを経由してJALマイルに交換できることからJALマイラーにも選ばれている1枚なのです。

JALマイルは貯めにくいという方もいますが、リクルートカードとPontaポイントを上手く使えば、日常生活の中でもマイルを貯めやすくなります。JALの陸マイラーの中には、リクルートカードをメインカードにする方もいて、マイルを貯めやすいほかに、リクルートカードが年会費無料で利用できることも関係しています。

リクルートカードについて知っておこう

リクルートカードは、発行手数料や年会費が一切かかりません。

よく年会費無料の条件に年間50万円以上というものもありますが、リクルートカードの場合は利用に関係なく、年会費は永年無料で利用できます。

国際ブランドはMastercard・VISA・JCBの3つから選択でき、付帯する損害保険も充実しています。


  • 旅行損害保険・・・海外:最高2,000万円、国内:最高1,000万円まで補償
  • ショッピング保険・・・海外・国内合わせて年間200万円まで補償

家族カードの発行も年会費も永年無料で、本会員と同じサービスを利用できます。

ETCカードも利用でき、通行料金に対しても1.2%のポイントが還元されます。VISAとMastercardを選択している方は、初回発行手数料が1,000円かかりますが、JCBの方は無料で発行できます。もちろんETCカードの利用も年会費は無料です。

本会員・家族会員・ETCカードで獲得したポイントは、本会員のカードに合算できます。1人ではなかなか貯まらないと感じていた方も、合算すればJALマイルに交換しやすくなるでしょう。

高還元率を生かして大量にPontaポイントを貯める方法

リクルートポイントと、Pontaポイントは、等価で交換できます。

JALマイルに交換するにはPontaポイントが必要なので、まずはリクルートポイントを多く貯めることが必要です。リクルートポイントを多く貯めるには、日常のコンビニ・スーパーでの買い物のほかに、さまざまな支払いをリクルートカード払いにすれば定期的にコツコツ貯められます。日常で利用できるものは、水道光熱費などの公共料金、携帯・スマホ利用代金が挙げられます。生活する上での出費で、カード払いができるものはすべてリクルートカードで支払うことも良い方法でしょう。それ以外の方法では、リクルートのネットサービスを利用することがおすすめです。

リクルートは、さまざまなネットサービスを展開しており、代表的なものでは旅行関係のじゃらん、クーポンサイトのポンパレ・ホットペッパーがあります。それぞれのネットサービスを利用するときに、リクルートカードでの支払いにするだけで、最大で20%還元のポイントを獲得できます。

リクルートの3つのネットサービス>


  • じゃらん・・・じゃらんnetで予約後、サービスの利用で2%還元、リクルートカードでの支払いで上乗せ1.2%、合計で3.2%還元になります。サービス利用による2%還元は、10%還元プランもあります。
  • ポンパレ・・・ポンパレモールでクーポンを購入または買い物をすると3%以上の還元、リクルートカードでの支払いで上乗せ1.2%還元、合計で4.2%還元になります。商品の中には20%還元商品もあり、その場合は21.2%還元になります。
  • ホットペッパー・・・サービスの利用で2%還元、リクルートカードでの支払いで上乗せ1.2%、合計で3.2%還元が基本です。ホットペッパーグルメなら、ネット予約&来店で、予約人数×50Pが貯まります。さらに宴会などの支払いもリクルートカードでの支払いなら、1.2%還元でポイントがもらえます。

友達同士の飲み会や職場での食事会なども、ホットペッパーグルメの活用がおすすめです。幹事として予約・来店をするだけでも人数分のポイントが貯まるほか、支払いを一括してリクルートカードにしておけば、ポイントの独り占めができます。さらに家族カードのポイント合算を含めれば、より一層のポイントが貯まる計算です。

たくさん貯まったポイントはPontaWebを介してPontaポイントに交換していきましょう。

PontaWebの活用でJALマイル交換もスムーズ

リクルートポイントをPontaポイントに交換するには、PontaWebの利用が必要となります。

PontaWebは、主にPontaポイントを扱う企業や提携店の紹介・ポイント交換をするサイトで、リクルートIDの使用もできます。リクルートIDがない方は、PontaWebに無料登録をするだけですぐに利用できます。

リクルートカードの公式サイトから、Pontaポイントへの交換リンクをたどると、PontaWebのポイント交換画面が表示されます。全ポイント一括でPontaポイントに交換でき、即時反映されるのでとても簡単に交換できます。ですが、各種キャンペーンや期間限定のリクルートポイントは、交換できないので注意しておきましょう。

PontaポイントからJALマイルへの交換は、PontaWebのポイント交換ページから行います。Pontaポイント→他のポイントのカテゴリーにある、JALマイレージバンクを選択して交換します。1Pontaポイントが0.5マイルなので、交換レートは2Pontaポイント(1マイル)からとなりますので、交換したいポイント数を選んで、画面に添った操作のみで完了させましょう。

交換申し込みからおよそ1週間程度で、JALマイレージバンクに反映されます。

マイルを使う予定があるときは、少し余裕をもって交換申し込みをしておく方がベターでしょう。少しだけマイルが足りないときも1マイルから臨機応変に活用でき、Pontaポイントそのものが足りない場合でも、PontaWebから提携ショップを利用してすぐにポイントを貯められます。

リクルートカードとPontaWebの併用もおすすめ

JALマイルを優先的に貯めるには、リクルートカードとPontaWebの併用がおすすめです。普段の支払いはリクルートカードを利用してリクルートポイントを貯めて、PontaWebでは各種提携店を利用してコツコツポイントを貯めてから、JALマイルに交換する方法が良い方法です。

PontaWebでは、無料のゲームやアンケートへの回答でもポイントをゲットでき、効率的にポイントが貯まるキャンペーンも開催しています。うまく利用すれば買い物をしなくてもPontaポイントを貯められるので、リクルートカードとダブル使い方が理想的です。両方のポイントは等価で交換できるので、どちらを多く貯めてもJALマイル交換が楽しみになります。

ポイントを貯められるPontaカードを複数お持ちの方は、Pontaカスタマーセンター(0120-0-76682)に連絡することで合算できます。少しのPontaポイントも効率的に無駄なく活用できるほか、1つのカードまたはIDに集約させる方が整理しやすくなります。合算により想像以上にまとまったポイント数になることもあるので、ぜひまとめてみてください。

これからPontaポイントを貯めたいという方は、Pontaカードをコンビニやスタンドなどの店頭で入手するか、PontaWebで申し込みを行うか、Ponta公式アプリの利用もおすすめです。公式アプリは国内外で利用できるので、日常生活以外の旅行中や出張中でも便利に活用できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ