クレジットカードの審査は手取りではなく総支給額の記載! それでも不安なら年収を重視しないカードに申し込もう

eyecatch

審査が不安な方・急いでいる方はこちら

審査の通りやすさで圧倒的人気のあるACマスターカード。最短即日で発行可能です。

申込資格 20歳〜69歳の安定した収入のある方(アルバイト・パート含む)
年会費 無料
即日発行 30分以内で発行可能
お試し!3秒診断はこちら
利用可能枠 最高800万円
(内訳)
ショッピング枠最大300万
カードローン枠最大500万

クレジットカードの審査は年収面では源泉徴収票が主な審査基準になる


クレジットカードを新規で発行するのは緊張するという方がたくさんいます。

これまでのクレジット利用歴において特に問題がなく、所有している不動産や物件に資産価値のあるものといった資産にも自信があったとしても日々の年収といった収入の安定性というのは客観的視点が持ちにくいだけに厄介です。

しかし、注意点を覚えておけば年収面でのクレジットカードによる審査基準を満たしやすくなります。

審査における収入は源泉徴収を含めた総支給額になる

盲点となりがちですが、クレジットカードにおける年収欄は銀行口座に振り込まれる収入だけでは不十分です。

クレジットカードの審査会社がチェックする年収は収入+源泉徴収+税金+年金の総支給額となるので、発行申請書にて記入する年収はあらかじめ会社が源泉徴収と税金、年金、保険などが総支給額から引かれた手取りではなく、総合の支給額になります。

手取りと総支給額は1ヶ月単位ならば大きな違いには見えないかもしれませんが、年間を通した収入である年収として考えれば非常に大きな差が発生するという方が多いでしょう。

また、審査基準における年収は総支給額ですが、これは手取りを受け取る際に引かれた源泉徴収や税金、保険などを上乗せするだけではなく、ボーナスも加えて年収欄に記入できます。

これらの知識がない場合とある場合ではボーナスも含むと発行申請に記入する年収欄に少なくとも100万円以上の差が出てきます。

重複申し込みを避けて勤続年数や居住年数も正確に書く

クレジットカードを確実に発行したい場合は、他のクレジットカードと平行して申し込むのは信用を損ねる結果となります。

クレジットカードに付帯されるクレジット機能は返済能力があると認められたことで使えるものですので、一度に2枚も3枚も発行申請をすると、申請者はそれだけお金に困っている→貸しても返済されるかわからないと判断されます。

このことから、一度に発行申請をするクレジットカードは必ず1枚にしましょう。事前に使わないクレジットカードを解約するのも有効です。

年収と同じくらいに重要なのが申請書に記入する勤続年数と現在住んでいる持ち家などの居住年数です。勤続年数と総支給額によって申請者の経済状況と将来における収入の変動がわかりやすくなりますし、居住年数では担保にできる資産の価値を判断しやすくなります。

カード会社は審査する際に源泉徴収票と課税証明書を主な参考にするので、嘘を記入することは絶対に避けましょう。

審査を通るか不安な方はACマスターカードを発行しよう

クレジットカードはクレジット機能があることから、発行申請による審査を通るには年収が重要な基準となります。

手取りをではなく、課税や源泉徴収とボーナスなどを含めた総支給額を記入することで審査が通りやすくなりますが、それでも不安な方には消費者金融会社アコムが発行するクレジットカードのACマスターカードを発行しましょう。

ACマスターカードは年会費が無料で利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円と大変に高く設定されているのが長所です。年率も10.0%から14.6%のリボ払い返済となっているので、ACマスターカードは抑えめの年率で発行基準を満たしやすく高額のクレジット利用ができるというのが特徴となっています。

ACマスターカードはクレジットカードでありながらもポイントプログラムはありませんが、ショッピングにカード利用をすると0.25%のキャッシュバックが入ります。

ACマスターカードは申請書に記入する年収関係が職場の電話番号のみ!

ACマスターカードは消費者金融会社のアコムが発行しているクレジットカードなことから、年収関係の審査基準を満たしやすいカードです。年収や勤続年数には不安が……という方でもACマスターカードならば申請書にアルバイトやパート先も含めた職場の電話番号を記入するだけで収入関連の審査項目の記述が終了します。

そして、ACマスターカードはインターネット経由で申請書を記入して発行申請すると自動契約機むじんくんでカードを受け取るならば最短30分の即日発行ができるので、緊急でクレジットカードが欲しいという方にも適しています。

ACマスターカードのメリットをまとめて確認

年会費無料

・ポイントプログラム無し

・クレジットカード利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円

・年率10.0%〜14.6%

・ショッピング利用でキャッシュバック0.25%

・残高と次回の返済期日と利用可能額の確認

・ネットや電話で24時間いつでも借り入れ申請可能

・キャッシュバック0.25%

・ペイジーを利用して24時間いつでも返済可能

・会員サイトで明細書の確認と自宅送付拒否を設定できる

・利用限度額の変更可能

・利用明細の郵送が無い

・自動契約機のむじんくんで即日発行可能

・カードローンは前回返済日の翌日から数えて35日後が次の返済日

・クレジットは毎月20日が締めの翌月の6日までに利用した分を全額返済すれば手数料無料

・毎月20日締めの翌月6日までに返済ができなかった場合は7日から35日後が返済締め切り

クレジットカード発行申請には手取りではなくボーナスも含めた総支給額を記入しよう! 不安ならACマスターカード


クレジットカードの新規発行申請は審査を受ける必要があり、不安がつきものです。申し込む上で重要なのは年収欄に記入するのは毎月、会社から振り込まれる給与という手取りではなく、きちんと課税や年金、源泉徴収の分とボーナスも足した総支給額を記入することにあります。

年収欄に記入するのが手取りから総支給額に変えるだけで金額は最低でも100万円は変わるということが多く、クレジットカード会社も課税証明書や源泉徴収票をチェックするので、忘れないようにしましょう。重複申し込みを避けるのと勤続年数、居住年数を正確に記載するのも重要です。

もしもクレジットカードの新規発行が不安ならば消費者金融会社アコムが発行するACマスターカードを申請すれば年収関係は職場の電話番号を書くのみとなり、クレジット機能もカードローンを含めれば利用限度額が最大800万円と高いのでおすすめです。

クレジットカードの新規発行申請には年収を総支給額で書き、どうしても不安なのであればACマスターカードを発行するのが優れたプランとなります。

まずは
これ!


ACマスターカードはは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

年会費 ETCカード 発行時間 カード
ブランド
無料 - 最短30分 MasterCard
ショッピング
手数料
ローン利息 利用可能枠 ポイント
14.6% 3.0〜18.0% 最大800万円 なし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ