リボ払い専用カードの賢い使い方

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


リボ払い専用クレジットカードとは

リボ払い専用クレジットカードとは、カード決済した分をカード所有者が決めた
支払い金額で返済していくカードのことを言います。

例えば、カード申込み時にリボ払い金額を定額コースで5000円とした場合は、 ショッピングで3万円のお買物をした金額を月々5000円+手数料ずつ
返済していくということになります。

ショッピングを楽しんで、ポイントも貯めて、いろんな特典を使いこなして、でも支払いは無理をせずにコツコツと返していきたい。
そんな方々に愛用されているのがリボ払い専用カードなのです。

JCB EITカード


JCB EITカード

・定額コース
5000円以上から千円単位で返済金額を指定できるコース
・全額コース
利用分を支払日に全て返済するコース
・残高スライドコース
10万円以下は1万円(標準コース)、2万円(短期コース)
10万円超20万円以下は2万円(標準コース)4万円(短期コース)
20万円超10万円ごと1万円加算(標準コース)
2万円加算(短期コース)

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード


三井住友VISAカード

・リボ払い
通常のリボ払い。カード利用時に「リボ払い」と申し込む必要があり。
・後からリボ
「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」をインターネット、または電話にてリボ払いへ変更
・マイ・ペイすリボ
ショッピング1回払いの利用分を自動でリボ払いにする払い方
※元金定額コース
支払金額の下限は5,000円から。
設定金額に上乗せして支払いをすること可能

ACマスターカード


ACマスターカード

定率リボルビング方式
・30万円以下の場合
借入残高の4.2%以上
・30万円超、100万円以下の場合
借入残高の3.0%以上
・100万円超の場合
借入金額の3.0%以上
借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上
借入金額の1.5%以上


リボ払い専用カードといっても

JCB EITカードは定額コース、全額コース、 残高スライドコースがあり(リボ払い専用型)、三井住友VISAカードは通常の一回払いをリボに変更したり、リボのみに変えられたり柔軟です。

ACマスターカードは支払い方法が一つのみのシンプルなリボ専用クレジットカードとなっています。



リボ払い専用クレカの利点と欠点

リボ払い専用カードには利点と欠点があります。
欠点を少しでもカバーしたいと考えるなら、リボ払い専用カードであっても 自分のライフスタイルで選ぶことやちょっとした工夫をするということが キーポイントとなってきます。そのキーポイントはこちらを読んだあとで確認していきましょう。

リボ払い専用カードの利点(メリット)と欠点(デメリット)


利点
・「1回払い」と言ってカード決済しても支払いはリボ払いになっている
「○回払いで」というのはカッコが悪いとか、見栄を張りたい方には便利です。

・無理のない返済ができる
自分で返済額を決めることもでき、利用額によっては低額の支払いとなるため返済計画を立てやすい。

・JCBEITの全額コースを選べば、実質1回払いと変わらず手数料がかからないで返済できる。
・オリコカードUpty iDのようにリボ払いの支払い金額にプラス増額払いができる
・年会費無料
・ポイントボーナス、電子マネーなど付帯サービスに魅力がある
・JCBEITは18歳以上であれば学生でも申込みが可能

欠点
・リボ払い専用のため、返済が長く続く場合がある
・金利、手数料がかかる

クレジットカードといえば、ポイントアップや割引、優待などの付帯サービスが魅力的です。
その付帯サービスを思う存分に生かすためにも、上記に書いた欠点はカードを上手に活用することでクリアにしていきましょう。

上手に利用すればリボ払いは怖くない

JCBEITやACマスターカードを『リボ払い専用』と見て疎遠していませんか。

リボ払いは一定金額にプラス手数料(金利)がかかり、何だか損をしている気分になりがち。

でも上記の2種類のカードは「リボ払い専用」だからこその『』をしない

支払い方法も存在しています。(先ほど書いた※キーポイントはここからです)

JCBEITとACマスターカードで仮に10万円のショッピングをして月々1万円づつ返済していく設定にした場合、手数料の合計で7,000円前後なので最終的には107,000円前後の支払いとなります。

今回の例は10万円で月々1万円の返済と仮定しましたが、もっと多く金額を使用したり月々の返済額を低く設定すると、もっと手数料が上乗せされることとなります。

このように手数料が加算されることを考えると少しリボ払いを使うことをためらってしまいますよね。

しかし、JCBEITやACマスターカードが使いたいけど手数料が気になる!という方は支払い方法を変更することで、実質1回払いとして返済をすることが可能です。

その方法とは、JCBEITの場合は「全額コース」選択し、ACマスターカードは月々の返済額を上限金額と一緒にするというものです。このように設定をすることで、リボ専用のクレジットカードなのにもかかわらず常に1回払いで支払うことが可能となります。

変更手順に関しては、JCBEITとACマスターカードともに会員専用のページやサポートデスクに電話で返済額の変更を申し込めば反映されます。


リボ払いが選ばれる理由


リボ払いは利用した代金を定額払いにする支払い方法です。 特にリボ専用カードなどは一見使いにくそうなイメージがありますが、それなのになぜ人気があるのでしょうか。

それは、リボ払いをすることで『特典がある』からです。 ポイントが魅力的なクレジットカードがひしめくなか、リボ払いはポイントが貯まりやすい設定となっているものが多く、長期的に見てお得になることがあるからです。

リボ払い専用のカードではない三井住友VISAカードはマイ・ペイすリボの設定をすることでワールドプレゼントポイントが2倍にアップしたり、年会費が無料または半額になる特典が付与されます。

リボ専用カードを利用している場合はリボ払いという手数料が加算されるデメリットを一回払いに設定するなどの対策をとることで、付帯しているサービスの良さを活かすことができます。

このほかにも、リボ専用カードは一般カードよりもカードデザインに凝ったものが多いというのも理由に当てはまります。 みんなと同じというよりも、自分らしさを表現したいという時代の流れもあるのかもしれません。

リボ払いカードは使い方をひとひねりすれば、使いやすい1枚となる代物です。 今後のパートナーとして受け入れてみてはいかがでしょうか。

即日クレジットカードがほしいならACマスターカード


クレジットカードを申し込みの際に審査期間が気になる人は多いでしょう。

もしも急ぎでクレジットカードが欲しいと考えているなら、今回ご紹介した3枚の中でACマスターカードが一番オススメです。

JCB EITは申込みから1週間~2週間が目安、三井住友VISAカードも審査期間は早いですが3営業日程度時間がかかります。

しかし、ACマスターカードは申込みをしてその日にカード発行が可能なので「カードが欲しい!申し込もう!」と思いついた数時間後にはすでにクレジットカードを使える状態になっているのです。

時間に余裕がある方は自分の使い方にあったクレジットカードをじっくり選ぶ形で大丈夫ですが、急ぎで用意をしたいという方はACマスターカードを選びましょう。

年会費 タイプ リボ払い
最低金額
手数料 旅行保険 おすすめポイント
無料 リボ払い
専用型
5000円 15.00% 海外旅行
保険(自動)
最高2000万円
●海外旅行へ急きょ行くことになった
(スピード発行対応)
●海外旅行保険料金をなんとかしたい
●自分らしいデザインカードがほしい
●ポイントを貯めたい
●特典の多いカードがほしい
1,250円+税
※「マイ●ペイすリボ」登録+年1回以上の利用で翌年度年会費無料
自由支払型 5,000円 15.00% 海外旅行保険最高2,000万円 ●ポイントの還元率が良い
●実績を積めばゴールドカードも手に入る
●カードのステータス性が高い
無料 リボ払い専用型 借入金額の
4.2%以上
14.60% - ●審査に通りやすい
●即日審査&即日発行可能
●カードフェイスからアコムのカードとわかりにくい


オススメは
コレ!





  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj





おすすめのクレジットカード







クレジットカードの選び方