年会費15万のANAアメックスプラチナカードとは! 50%のボーナスマイルが付与される最強旅行カードの入手方法


旅行カードの中でもトップクラスに君臨
ANAアメリカン・エキスプレス カードは年会費が旅行系カードの定番

ANAアメックスの入会特典でマイルを大量ゲット!

現在ANAアメックスはキャンペーンを行っており、最大を獲得することができます!

カードご利用ボーナス獲得条件 獲得ポイント
合計 相当


があれば国内外の往復航空券に交換できるほどなので、まとまった買い物の予定がある方はこのタイミングでANAアメックスを検討するのもおすすめです。

またANAアメックスは通常のアメックスにはない継続ボーナスという制度があり、毎年更新するだけで1,000マイルを獲得することができます。

年会費は7,700円(税込)かかりますが、1,000マイルは本来10万円分利用した際に獲得できるマイルなので年会費分以上の価値があるコストパフォーマンスに優れたクレジットカードと言えるでしょう。



年会費15万円+税別のANAアメックスプラチナカードはANAマイルを毎年1万マイル自動ゲット

アメックスカードは旅行と空港関連の特典が多く、貯めたポイントをマイルと交換しやすくもあるという旅行カードの中でもトップクラスに君臨しているクレジットカードです。

その中でも堂々トップの旅行系カードの頂点とされているのがANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードになります。

ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードは年会費が150,000円+税別という旅行系カードの王者とされるだけあってかなりの金額が設定され、 入会時に10,000マイル、1年経過の継続毎にさらに10,000マイルが随時加算されていくという凄まじいマイル加算率が特長です。

通常のアメックスカードならばこれを貯めるのに必要なのはどれだけ頑張っても約100万円が必要なのもあり、この10,000マイルだけでも元が十分過ぎるほどに取れていると見ても過言ではないでしょう。

他にもANAの国内線空港ラウンジを無料利用が可能で、国内外1,000ヶ所以上の空港のラウンジが無料利用可能になるプライオリティ・パスが本来は年会費が99ドルのところを年会費無料で利用でき、本来は1回27ドルで空港ラウンジが利用できるところを年2回まで無料利用が可能になります。

マイルや空港特典以外にもANAアメックスプラチナカードは補償も強い

加えて補償も国内外の旅行傷害保険が最高1億円の自動付帯で、フライトの遅延や手荷物の到着遅延に紛失等で生じた費用を宿泊費も食事代も含めて補償する航空便遅延費用補償もあります。

また、トラベル補償以外にもショッピング補償も完備されているのが ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードです。

ショッピング・プロテクションでは国内外問わずカード払いした 商品が購入日から90日以内に起きた破損や盗難を年間最高500万円まで補償してもらえますし、 オンライン・プロテクションはネット上の不正使用による損害を全額補償し、 リターン・プロテクションならばカード払いで購入した商品の返品を購入日から90日以内に返品しようとしても購入点が受け付けなければ年間最高15万円の補償を受けられます。

キャンセル・プロテクションでは同伴者の事情も含めて突発的な仕事の用事に病気や怪我でフライトをキャンセルしなくてはいけなくなると年間最高50万円の保証を受けられます。トラベル補償もショッピング補償もANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードでバッチリ対応可能です。

ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードのマイル

ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードは入会時に10,000マイルを貰えて1年経過ごとに10,000マイルも貰えますが、それ以外のマイル獲得率も非常に高くなっています。

搭乗ボーナスで獲得マイルが50%加算され、マイル期限も本来は有料のメンバーシップ・リワード・プラスに登録しなければならないところを初めから無期限状態になっています。

ショッピング利用での還元率は1%ですが、本来はこちらも有料なANAマイル交換コースと同じ交換倍率ですので1マイル→1ANAマイルで交換可能です。

ANAマイルが欲しいならばANAアメックスゴールドカードとANAアメックスカードも

ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードはANAマイルを貯める上で文句なしの頂点と言って良いアメックスカードですが、年会費150,000縁+税別というのはかなりの負担となりかねません。そこで、それよりも年会費をいくらか落としたANAアメックスゴールドカードとANAアメックスカードを検討して賢く使っていくのが良い方法です。

ANAアメックスゴールドカード

年会費31,000円+税別とANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードと比べると年会費が約5分の1になったのがANAアメックスゴールドカードです。

ANAグループでのカード利用は還元率が2倍になりますし、ポイントの有効期限も無期限でANAグループのフライトにてボーナスマイルが25%加算されます。ANAマイルとの交換倍率も1マイル→1ANAマイルですので、通常のアメックスカードと違って有効期限やANAマイルの交換倍率アップのために有料プランへの登録は不要となっています。

ANAアメックスカード

ANAアメックスカードはANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードよりも年会費が大幅に下がっての年会費7,000円+税別です。

アメックスカードはANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードやANAアメックスゴールドカードと違って参加費6,000円+税別の「ポイント移行コース」に登録することでポイント有効期限が無期限となり、フライトでゲットできるボーナスマイルが獲得マイルの10%となっています。

「ポイント移行コース」に登録済みでしたら、1ポイント→1ANAマイルでの移行にもバッチリ対応です。

莫大な年会費にとにかくANAマイルが貯まるANAアメックスプラチナカード、少しランクを下げるANAアメックスゴールドカード、フラットでANAマイルを貯めやすいANAアメックスカード

旅行と空港特典のクレジットカードとして知られるアメックスカードの中でもさらに頂点にあるとされているのがANA アメックスプラチナカードです。

年会費15万円という凄まじい高額設定ですが、そのリターンに何もせずとも毎年10,000マイルが入ってくるという太っ腹設定でボーナスポイントも高額と、貯めにくいANAマイルを楽々貯められる怪物カードです。

しかし、年会費15万円というのが負担になるという方は年会費約5分の1でもボーナスマイルやボーナスポイントが豊富なANAアメックスゴールドカードか、年会費数千円まで安くて、ANAマイル交換効率を最大限にするには有料コース登録が必要なANAアメックスカードがおすすめです。

ANAマイルをとにかく貯めたい方はANAアメックスプラチナカード、年会費を抑えたい上でANAマイルを貯めたい方はANAアメックスゴールドカード、年会費が安くてもANAマイルを貯めたい方はANAアメックスカードを発行しましょう。


おすすめは
こちら!

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト