年金受給者がクレジットカード審査を通過するための方法と注意点

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


年金受給者の方はクレジットカードを発行しやすいか否か

定年退職などをした方は自由な時間も増えたことで、趣味や旅行を存分に楽しみたいという方も多いことでしょう。

しかし、長期旅行などで財布に多額の現金を入れておくのはどうしても不安が伴いますし、財布を紛失してしまった時の異ダメージも大きくなります。そこでクレジットカードを持ち歩けば紛失した時もすぐに電話連絡をすれば利用停止申請ができますし、預金を引き落とすために銀行やATMに行く必要がなくなるので体力面も軽減されます。

クレジットカードを持っておらず、定年退職をして年金受給者となった方で新たにクレジットカードを発行できるのか気になってはいませんか。

年金受給者の方はクレジットカードを発行しにくい?

クレジットカードを発行申請をする上で、年金受給者の方はいろいろと制限が多いというのが現状となります。何故かと言うと、年金は金額に関わらず、収入と見なされないからです。つまりは毎月7万円の年金を受け取っている方も毎月30万円以上の年金を受け取っている方も分類上はどちらも無収入となります。

これは生活保護受給者の方も同じ扱いになってしまうので注意しましょう。

クレジットカード発行申請をした際に受ける審査では安定した継続収入が鍵となることが多いので、年金受給者の方は無収入として、審査が通りづらくなります。

また、年金受給者の方がクレジットカードを発行する上では年齢も見逃せない問題となってしまいます。クレジットカードは発行条件において安定した継続収入以外に年齢制限を課していることがあります。多くの場合、下限は高校生以外の18歳か20歳以上となっていますが、上限は65歳以下となります。年齢制限によってクレジットカードの選択肢が少なくなります。

年金受給者が発行申請するのにおすすめのクレジットカード

楽天カードはスーパーポイントアッププログラムで還元率最大11%

楽天カードは年会費無料のクレジットカードで、発行申請をする上でも審査基準を満たしやすいことで人気のクレジットカードです。ポイントプログラムの楽天スーパーポイントはポイント還元率1%となかなかに高く、加えてスーパーポイントアッププログラムという楽天カードと楽天市場をメインに必要とする還元率上昇キャンペーンにてポイント還元率を10倍以上に上げられます。海外旅行での特典や補償が多いのもメリットです。

viasoカードはETC利用で携帯電話料金やプロバイダー料金のカード払いがおトク

VIASOカードは年会費と家族カードの年会費が無料になるクレジットカードです。ETCカードの発行には1,000円+税別かかりますが、高速道路のETC支払いや携帯電話にプロバイダー料金の支払いなどをすると還元率2倍になるサービスがあります。どれも利用頻度が高いものとなりますので、積極的に活用していきましょう。他には海外旅行傷害保険が最高2,000万円かかるので、旅行時に安心できるという特徴もあります。

jcb eitはリボ払い専門で高額ショッピングがしやすい

JCB EITは年会費無料のリボ払いに特化したクレジットカードです。カード利用のすべてがリボ払いになるという変則的なクレジットカードですが、利用可能額が最大200万円と大変に高く設定されており、リボ払いの初回支払は手数料無料ですので、実質的に手数料無料のリボ払いが可能ですし、支払額も自由に設定できます。リボ払いは高額のショッピングで利用することが多いので、年金受給者の方でも発行できるJCB EITは高い利便性を持っていると言えるでしょう。

また、Oki Dokiポイントの還元率が通常の2倍となっていて、海外旅行傷害保険最高2,000万円が自動付帯されますし、ショッピングガード保険が購入日から90日以内ならば年間最大100万円の補償があります。そして、「JCBでe安心」によってネットショッピングを不正利用された際は損害額が補償されます。


楽天カード VIASOカード JCB EIT
年会費 無料 無料 無料
主なメリット ・ポイントプログラムは楽天スーパーポイント
・ポイント還元率1%
・スーパーポイントアッププログラムにて楽天カードで楽天市場を利用で還元率上昇して合計還元率最大11%にできる
・海外旅行傷害保険最大2,000万円
・カードの紛失や盗難にて無料発行
・海外旅行において多くの割引サービス

・ETC対応の高速道路や一般有料道路の通行料金にETC、NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの携帯電話にYahoo! BB、@nifty、OCN、au one net、BIGLOBE、ODNのプロバイダー料金の支払いで還元率2倍
・海外旅行傷害保険が最大2,000万円
・ショッピングパートナー保険サービスはカード払いで購入した商品が90日以内に破損や故障となれば年間最大100万円の補償
・NICOSネットセーフティサービスによってカード不正利用の損害を補償
・カード利用すべてがリボ払い
・毎月の手数料の初回分無料
・海外旅行傷害保険最高2,000万円自動付帯
・ショッピングガード保険によってカード払いで購入した商品は購入日から90日以内ならば年間最大100万円補償
・ネットショッピング関連の補償サービスな「JCBでe安心」ではネットショッピング不正利用の損害補償

年金受給者の方にはポイント還元率の楽天カード、ETC利用がおトクなVIASOカード、リボ払い専門のJCB eitがおすすめ

年金受給者の方は定年退職して貯蓄がたくさんあったり、年金を毎月しっかりとした額をもらっていても分類上で無収入にされてしまいます。これとクレジットカードには年齢制限があることから年金受給者はクレジットカードを発行しにくいということになります。

年金受給者の方でも発行しやすくて有効なクレジットカードが楽天カード、VIASOカード、JCB eitの3枚になります。楽天カードは発行基準を満たしやすくてポイントプログラムの楽天スーパーポイントを楽天カードと楽天市場を利用するスーパーポイントアッププログラムにて還元率を最大11倍にできます。

VIASOカードは年会費無料で家族カードの年会費も無料となり、ETCカードの利用や携帯電話にプロバイダーの支払いでポイント還元率2倍になることから車移動に適したクレジットカードです。

JCB eitも年会費と家族カードの年会費が無料でリボ払いに特化したカードなことから利用限度額が高く設定されていますし、初回支払い月は手数料が無料なので実質一回払いも可能です。おまけに支払額も柔軟に設定できるので、高額ショッピングをしたい方に便利なクレジットカードです。

年金受給者の方はポイント還元率を高くできて発行もしやすい楽天カードの、車移動がおトクになるVIASOカード、リボ払い専門カードで高額ショッピングをしやすいJCB eitから自分に適したカードを発行するようにしましょう。



クレジットカードの選び方