プライオリティ・パスとダイナースクラブラウンジを徹底比較。本当にコストパフォーマンスが良いのはどっち?


空港ラウンジに注目するとアメックスゴールドカードとダイナースクラブカードはどちらがおトクか

海外旅行において、面倒になるのがフライトまでの待ち時間です。

空港は人でごった返していますし、荷物を持ち運ぶにも大変です。なにより、慣れない大荷物で物を紛失してしまったり、盗まれることもあります。そういったことから精神的に疲れてしまうという方も多いのではないでしょうか。

そんなときこそ、のんびりくつろげる空港ラウンジにてフライトまで待つというのが有効です。

空港ラウンジの中でも上級ラウンジと言われるのが「プライオリティ・パス」と「ダイナースクラブラウンジ」です。

ただ空間を提供するだけでなく、軽食や無料Wi-Fi、スパなど、搭乗までの待ち時間を有意義に使えます。

世界に広がるプライオリティ・パス

世界1,300か所以上にラウンジがあり、ヨーロッパやアフリカ、中東など様々な国の空港に点在しています。

そのため、海外旅行でまず困るということはないでしょう。その代わり、日本では4空港しか利用できないため、国内旅行には不向きです。

最近は有料のクレジットカードの特典として付帯することが増えてきたため、需要の高い空港では混雑していて入室拒否されるというケースもあるようなので、利用時には注意しなければいけません。

ダイナースクラブカードのダイナース空港ラウンジ

ダイナース空港ラウンジは、ダーナスクラブカードの本会員と家族カード会員が無料で利用できます。

ダイナース空港ラウンジの数はプライオリティ・パスの提携空港ラウンジに比べると少ないですが、国内に32空港もあるので国内旅行時にも利用できます

主に国内外の主要都市にあるので、利用可能空港ラウンジに困ることはめったになく、加えてダイナース空港ラウンジは1年の利用可能回数が無制限です。

ラウンジ特典が付帯されるカードも比較しよう
どちらも優れたサービスを提供していますが、実際にサービス付帯されるクレジットカードも比較してみましょう。

アメックスゴールドカードとプライオリティ・パス

アメックスゴールドカードについて


アメックスゴールドカード

アメックスゴールドカードは年会費29,000円(税別)です。家族カードの年会費は1枚目が無料2枚目以降は年会費12,000円(税別)かかります。

アメックスゴールドカードのプライオリティ・パスとは

プライオリティ・パスのスタンダード会員に年会費無料で登録できます。本来ならば99米ドル(日本円で約11,000円)かかります。

ラウンジ利用料金も、本来1回32米ドルのところ、年間2回まで無料になるのでお得です。

家族カード会員も本会員と同サービスを受けられます。

手厚い高額な保険の数々

アメックスゴールドカードの保険に関しては、国内外の旅行傷害保険が最高1億円も補償されます。

旅行保険の他にも、トラベルやショッピングなど様々な場面でのトラブル時に手厚い補償をしてくれます。

  • 航空便遅延費用補償
    フライトの遅延によって生じた費用と手荷物受取の遅れによって生じた費用を補償
  • キャンセル・プロテクション
    突発的な事情でフライトをキャンセルすると年間最高10万円まで補償
  • オンライン・プロテクション
    ネット上のカードの不正利用を負担してもらえます
  • リターン・プロテクション
    購入日から90日以内に返品を受け付けてもられなかったらば購入額を補償
  • ショッピング・プロテクション
    購入日から90日以内なら年間最高500万円の補償

その他にもある豪華な特典について

その他の特典では、「ゴールド・ダイニング」によって、国内外約200店舗のレストランを2名以上のコースを予約すると1名分の料金が無料となったり、国内外400店舗以上の提携レストランの料金が20%OFFとなったりしますし、ボトルワインのサービスもあります。

また、タイムズカープラスをアメックスウェブサイト経由で申し込むとカード発行料1,500円(税別)が無料で、国内提携空港は自宅と空港間にて手荷物1個が往復無料宅配となります。

本サイトからアメックスゴールドにお申込みで最大獲得!

アメックスゴールドに申し込み、入会後、ご利用金額に応じて最大まで獲得することができます。

AbNXS[h Ly[oi[

カードご利用ボーナス獲得条件 獲得ポイント
合計

は入会特典を利用しないで貯めようと思うと、本来は相当な金額利用が必要となります。

そしてをマイルへ交換すると海外旅行の往復分をカバーすることができます。

アメックスは通常の還元率も100円=1ポイントと還元率も良いため、使えば使うほどお得になるクレジットカードと言えるでしょう。

年会費へのポイント充当

2021年11月1日~2022年10月31日の期間中、カード年会費にポイント充当する場合は、1ポイント=1.5円の特別レートで充当できます。

2022年10月31日以降も、1ポイント=1.0円レートで年会費にポイント充当できます。

※カード年会費が計上されてから約30日間(カード年会費計上月締日から翌月請求締日まで)充当可能です。

※メンバーシップ・リワード・プラスに登録しているカード会員が対象です。

ポイントボーナスの入会特典で申し込む

ダイナースクラブカードとダイナース空港ラウンジ

ダイナースクラブカードについて


ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードは年会費が22,000円(税別)で家族カードの年会費が5,000円(税別)と、アメックスゴールドカードよりも総じて低い年会費設定となっています。

ただし、家族カードの年会費無料サービスなどはありませんので、本会員カードと家族カード1枚発行するケースでは年会費はあまり変わらなくなります

旅行保険は最高1億円もの補償

ダイナースクラブカードの補償は国内外旅行傷害保険が最高1億円です。

ショッピングリカバリーでは、カード払いで購入した商品が購入日から90日以内に破損してしまったらば年間最高500万円の補償を受けられます。

グルメ関連の特典が豊富

ダイナースクラブカードの起源に関係して、とりわけグルメ面の特典には充実したサービスが揃っています。

まず、ごひいき予約では、なかなか予約が取れない人気店などの予約キャンセル時に優先的に知らせてもらえます。

また、エグゼクティブ ダイニングでは2名以上のコース予約で1名分の料金が無料になるだけでなく6名以上のコース予約で2名分の料金が無料となります。

そしてごほうび予約はおひとりさまからのグルメサービスで、厳選されたお店で優待価格のコースを楽しむことができます。イートインだけでなく一部テイクアウトも用意されているため、ご自宅で楽しみたいという方も利用できる利用者に寄り添ったサービスです。

トラベル関連も多くの特典あり

トラベル面での特典もたくさんの特典が用意されています。

  • トラベルデスク
    提携宿泊施設が優待価格で利用可&ご旅行に関する手配・相談を電話一本で案内
  • 手荷物宅配サービス
    海外からの帰国時には手荷物1個を対象空港から指定の場所へ無料宅配
  • 空港送迎タクシー・サービス
    海外旅行の際のタクシー送迎サービスを片道分無料
  • 空港前泊ホテルサービス
    1度での購入パッケージ料金が50万円以上ならば2名までの部屋を1部屋用意
  • 空港パーキングサービス
    提携空港の指定パーキングエリアにて駐車料金が旅行期間中は無料、サンパーキング優待にて提携店の駐車料金が30%OFF
  • 空港特急列車サービス
    対象空港まではJRか私鉄特急列車が2区間分まで無料
  • レンタカー優待
    提携レンタカー会社の利用料金割引
  • グローバルWiFi優待
    グローバルWiFiのレンタル料金が20%OFFに割引
  • JALエービーシーご優待
    手荷物の帰国時宅配だけでなく出国時宅配と往復宅配も割引価格&携帯電話レンタル料金が10日間無料&国際線での手荷物一時預かり料金が15%OFF

ダイナースクラブカードは初年度年会費無料のキャンペーンを実施中!

ダイナースクラブカードは新規入会で本会員・家族会員ともに初年度の年会費が無料になるキャンペーンを実施中です。




初めてハイステータスなカードを持ってみたいという方や、年会費に見合ったサービスが受けられるのか試してみたい方にも、必見のキャンペーンとなっています。

また、本キャンペーンから家族カードを同時に申し込むと、家族カードの年会費も初年度無料となります。

こちらのキャンペーンは対象のWebページから2022年10月3日~2023年1月31日までにお申し込みをした方だけが対象となりますのでお見逃しなく!

入会キャンペーンへ申し込む

トラベル関連と補償はアメックスゴールドカードと空港ラウンジ含めたリーズナブルさのダイナースクラブカード

ステータスカードの選び方

アメックスゴールドカードとダイナースクラブカードは基本年会費がダイナースクラブカードの方が低く、年会費を少しでも抑えたい方におすすめです。

特典面においてはどちらも非常に高クオリティとなっており、どちらを選ぶか悩ましいところですが、それぞれの秀でた部分に注目して選んでみましょう。

航空便遅延費用補償やリターン・プロテクション、キャンセル・プロテクションなどがあり、補償に関してはアメックスゴールドカードの方が手厚く、グルメ関連のサービスではダイナースクラブカードの方が豪華という特徴があります。

上級ラウンジ特典はダイナース空港ラウンジがおすすめ

空港ラウンジにおいてはアメックスゴールドカードについてくるのがプライオリティ・パスで、ダイナースクラブカードには、ダイナース空港ラウンジの無料利用がつきます。

プライオリティ・パス無料付帯は金額においてはかなりのおトクさですが1年に2回までしか利用できない上、近年付帯しているクレジットカードが多く、混雑状況が気になるところ。

その一方でダイナース空港ラウンジは提携空港ラウンジがプライオリティ・パスと比べると少ないですが国内の空港ラウンジ数は圧倒的に多く、1年においての利用可能回数が無制限で、ダイナースクラブカード会員限定のラウンジとなっているので混雑状況も事前確認で回避できます。

今回のおすすめポイント

アメックスゴールドカードはトラベル関連の特典やあらゆる保険に秀でていますが、グルメ関連の特典や空港ラウンジを重視するならダイナースクラブカードのサービスに注目してみてください。

年会費のリーズナブルさはダイナースクラブカードの方が上ですが、どちらもハイステータスさは負けていないため、自分に合った1枚を選んでみてください。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介