クレジットカードで残高不足を起こすと信用情報に傷がつく?不安な方に読んで欲しいリカバリー方法

クレジットカードで残高不足を起こすと信用情報に傷がつく?不安な方に読んで欲しいリカバリー方法 トップ画像

クレジットカードの支払いが残高不足で引き落とせず、信用情報の影響が気になる」「ペナルティがあるの?」と、クレジットカードの残高不足を実際に起こしてしまったとき、どうしていいのか焦ってしまいますよね。

不安な時でも落ち着いて対処できるように、クレジットカード残高不足による信用情報の影響はもちろん、リカバリー方法についても詳しく解説していきますのでご安心下さい。

この記事でわかること

・1回目でも延滞してしまうと情報は記録される
・どうしても残高不足になる場合の対処法は2つ
・延滞を繰り返すとペナルティは重くなる
・信用情報の傷は約5年で消える

クレジットカードの延滞による信用情報への影響とは?

クレジットカードの延滞による信用情報への影響とは?

クレジットカードの引き落としが口座の残高不足でできなかった場合、少なからず信用情報に悪影響が及びます。

そして、延滞の回数や期間、その後の対応によって信用情報への影響の度合は変わっていくのです。

たとえ1回目でも延滞してしまうと情報は記録される

1回目の延滞でも延滞したという情報はクレジットカード会社に記録されます。

また、1回目だからと対処を怠たり、延滞の期間が長くなればなるほど事故情報が残るので、信用情報への悪影響は増加していきます。

1回目の延滞であっても、リスクを念頭に置き、油断せずに対処することが信用情報への悪影響を抑えるためには重要です。

信用情報を守るには早めの対処と繰り返さないことが大切

クレジットカードの引き落とし時の残高不足を起こしてしまっても、信用情報を守るには早めの対処と繰り返さないことが大切です。

カード会社への連絡や支払いなどで素早く対処し、延滞を繰り返さないようにあらかじめ口座残高の確認や利用額を確認しておくなどの対応が、信用情報へ傷をつけないことに繋がります。

1回目の延滞であれば、落ち着いて早めに対処することで、カードが強制解約されてしまうというリスクも回避できるでしょう。

延滞が続いてしまうとペナルティは重くなっていく

延滞が続いてしまうとペナルティは重くなっていく

残高不足による未払いを起こしたのが数年に1回や2回と少ないかつ、すぐに対処できた場合は信用情報への悪影響は少ないでしょう。

ただし、何度も繰り返し未払いを起こしてしまったり滞納したままの場合にはペナルティーが重くなってしまうでしょう。

未払いが続くとどうなる?

未払いが続くとどうなるのか下記にまとめてみました。

未払いが続くとどうなるのか

未払いを起こしてしまい、そのままにしておくとカードの利用が停止され、そのうちカード会社からのメールや電話での連絡や書面での催促状が届きます。

また未払いの場合は多くのカード会社によっては遅延損害金という延滞の利息金が発生し、遅延損害金は返済が遅れるほど金額は増加してしまうためできるだけ早く返済するようにしましょう。

そして、延滞が続いてしまうことでカードの強制解約や新規契約が結びずらくなり、最終的には訴訟を起こされ一括での返済を求められるなど徐々にペナルティは重くなっていきます。

事故情報が消えるまでに5年程度かかる

ペナルティーの内容は、「カードの利用停止」「ローンを組むことができない」「残高を一括で払う羽目になる」「ブラックリストに載る」などで、最終的には自分の信用がゼロに等しくなると考えてください。

そして、1回目であっても信用情報機関に自分の良くない利用履歴が残ってしまうと5年は消えないと言われています。

そのため未払いの場合は早めに対処することや、すでに未払いからしばらく経っているという方も、信用情報が今以上に悪化しないように傷を少しでも低減することが大切です。

支払い口座が残高不足の時にリカバリーする方法

未払いが発生してしまった場合はすぐに対処できることがベターですが、未払いから時間が経過してしまっているという方も、今以上に信用情報に傷をつけないためのリカバリー方法があるので詳しく解説していきます。

支払い口座が残高不足の際にまずやるべきこと

引き落とし時に支払い口座が残高不足だと分かった場合や事前に分かっていた場合でも、まずはクレジットカード会社に連絡して相談しましょう。

カード会社に連絡することで、日を改めて引き落としがされたり、払い込み用紙が届くなどの支払いの指示がされます。

また場合によってはすぐにはどうしても残高が足りないという場合もあるでしょう。

そんな場合でも早めにカード会社に連絡して、事情や返済予定を伝えることで、分割や定額払いなど支払い方法の変更が承諾されるケースもあるのです。

返せなくとも状況をきちんと伝えている方の方が、信用の度合いは高くなります。

返済額がないのにカード会社へ連絡をするのには勇気が入りますが、自分の信用を少しでも守る為にもカード会社への連絡は怠らないでください。

まずはカード会社に相談!
早めに相談することで支払い方法の変更が承諾される場合もあります。

再振替はいつ行われる?

再振替のタイミングはカードや銀行によってバラバラ

再振替の日時はカード会社や金融期間によって異なってきます。

一例として、下記の画像は三井住友カードをゆうちょ銀行の口座から引き落としで登録していた場合です。

三井住友カードをゆうちょ銀行の口座から引き落としで登録していた場合

あくまで目安となりカード会社によって異なりますが、再振替までの日数は翌日から10日後あたりというケースが多いです。

また、クレジットカードによっては「再振替サービス」という指定の口座を登録した場合に自動で再引き落としされるサービスがあるので、使っているカードが対応しているか確認してみるといいでしょう。

再振替の場合の延滞料金

再振替の場合も、遅延損害金として遅れてしまった分利息が発生します。

遅延損害金 = ご利用代金 × 遅延損害金年率 ÷ 365日※ × 遅延日数

遅延損害金年率は14.6%であるケースが多いので、今回は10万円の利用を10日延滞した場合のシュミレーションをしてみます。

10万円の利用を10日延滞した場合
100,000×0.146(14.6%)÷365×10= 400

上記のケースの場合、10日間で400円の遅延損害金が発生し、1日当たり40円の延滞利息が追加されていくことになります。

金額でみるとそこまでではないと思う方もいるかと思いますが、延滞利息とともに信用情報への悪影響も膨らんでいくことを忘れないようにして、早めに返済しましょう。

どうしても残高が足りない場合でもこれ以上信用情報を傷つけないためには?

では、残高不足を起こしても連絡をして入金できる方は入金を済ませればそれで問題は解決しますが、手元にお金がなく入金できない方も中にいるはずです。

そこで解決策の1つとして、カードローンの利用をおすすめします。

お金を借りるということに抵抗があるという方もいるかと思いますが、カードローンの返済は自分のペースに応じたあらかじめの変更が効きます。

しかし、クレジットカードの未払い分は既に遅れてしまっているため、今以上に延滞利息が膨らむことや信用情報の傷を防ぐには未払いの返済を優先すべきです。

今は手元にお金がなくても、近いうちにお金が入ってくるという目途が経っている方は、即日のカードローンを利用して早めに未払い分の返済を行うのも1つの手でしょう。

ACマスターカードは独自の審査で幅広い方が即日発行できる

ACマスターカードは土日祝日を含め、最短即日でカードを受け取れ、発行後にすぐキャッシング利用をすることで未払いに素早く対応が可能です。

また、そもそも発行審査が不安という方は3秒診断をしてみましょう。

年齢と年収、カードローン他社お借入状況の3項目を記入するだけで審査に通過する可能性が分かります。

その他のACマスターカードのメリットとしては、クレジットカードとしても利用ができるため、利用実績を積み信用情報を回復させて他のカードを発行するということも可能です。


SMBCモビットならWEB完結かつ最短3分の振込が可能

SMBCモビットも最短でその日のうちにカードローンを利用できるため、未払いに素早く対応が可能です。

また、SMBCモビットは「WEB完結」で申込みをすることで勤め先への電話連絡や郵送物の送付がなくなります。

家族や会社の人に知られたくないという方も多いかと思いますが、そのニーズを満たした配慮がなされているのです。

「WEB完結」なら必要書類はスマホのカメラで撮影した写真を提出し、銀行口座への振り込みもスマホで行えます。


未払いの再発防止のために

今回1回目の未払いを起こしてしまったという方も2回目の未払いを起こさないためには、日ごろから再発防止策を立てておくことも効果的かもしれません。

具体的な策としては以下のようなものが挙げられます。

  • アプリを利用して支払金額を素早く確認
  • 支払い可能な金額へ調整(支払い方法の変更)
  • 支払いと給料の受け取りを同じ口座にする

今ではクレジットカードを管理するアプリも多く存在しているので活用してみるのも1つの手でしょう。

例えば「楽天カードアプリ」なら楽天カードの利用額や明細、支払金額の調整、家計簿機能が1つのアプリで可能です。

1回目の未払いを起こしてしまったがすぐに対処できたという方も、2回目の未払いを引き起こさないように再発防止策を打っておきましょう。

クレジットカードで残高不足を起こしたら信用情報に傷がつく前に対処しよう

クレジットカードで残高不足を起こしたら信用情報に傷がつく前に対処しよう

クレジットカードは先に支払いをしてくれるカードですが、支払った額は後に自分で返さなくてはならないということを忘れてはいけません。

クレジットカードの残高不足が起こってしまった時は、1回目や2回目であっても油断せずに、早めに対処することが信用情報を守ることになります。

未払いをそのままにしておくと信用情報への傷とペナルティはどんどん重くなってしまうため、今は手元にお金がなくても、すぐにお金が入る目途が立っているという方はカードローンを利用し、信用情報への傷を低減するのも解決策の1つです。

クレジットカードは便利なものですが、この機会に今一度使い方を見直してみるのも重要かもしれません。

アコムACマスターカード

年会費

無料

還元率

-

発行期間

最短即日

審査時間

最短30分

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

カード発行3秒診断可能!
インターネット申込をすると来店は不要です!クレジットカードの審査が不安な方はコチラもチェック。
※ショッピングとカードローンのご利用合計の上限は800万円までとなります
カード発行3秒診断可能!
インターネット申込をすると来店は不要です!クレジットカードの審査が不安な方はコチラもチェック。
※ショッピングとカードローンのご利用合計の上限は800万円までとなります
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 - -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
- 最短即日 10万円~300万円 ※300万円はショッピング枠ご利用時の限度額

年会費

無料

金利

3.0%~18.0%

利用可能額

最大800万円

モビットバナー
最短で即日融資にも対応
SMBCモビットは最短で即日融資にも対応可能なので急ぎでカードローンを借りたいと思っている方におすすめのカードローンです。
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込可能
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

WEB完結申し込み
申し込み方法でWEB完結を選ぶことで職場への電話連絡をなくすことが可能です。 また、郵送物の送付も止めることができますので、家族にもバレることなく契約をすることが可能です。

実質年率 限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最高800万円 10秒簡易審査
担保・保証人 来店 入会金・手数料
不要 一切不要 無料


Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介