楽天銀行ベーシックデビットカードが新登場! 他の楽天銀行のデビットカードと何が違う?


楽天銀行ベーシックデビットカードが登場

楽天銀行のデビットカードはポイント還元率がクレジットカードと同じく1%と高還元率になっており、加えてクレジットカードと違って利用すると即時引き落としという仕組みなことから発行する上での審査もクレジットカードより基準が厳しくありません。

楽天銀行のデビットカードは国際ブランドをVISAとJCBから選べるようになっており、VISAブランドのデビットカードは長らく有料のバージョンしかありませんでした。

しかし、楽天銀行ベーシックデビットカードの登場によって、VISAブランドだとしても年会費無料の楽天銀行デビットカードを獲得できるようになりました。

楽天銀行ベーシックデビットカードについて

16歳以上の方が発行できる楽天銀行ベーシックデビットカードは国際ブランドがVISAとJCBの二種類があり、どちらも年会費無料でショッピングをすることが可能となっています。デビットカードのデメリットとして特典が少ないというものがありますが、楽天銀行ベーシックデビットカードは年会費無料デビットカードでありながら、楽天カードの強力な特徴である還元率1%をしっかり継承しています。

また盗難紛失補償があるため、カードを紛失・盗難したことで受けた損害を、届出日から30日前・届出日・届出日から30日以降の合計91日間の損害について年間最大100万円を補償してもらえます。

楽天銀行ベーシックデビットカードのメリット・デメリット

メリット3選

① 支払日を気にしなくていい

クレジットカードは毎月の利用額を決定する締め日と実際に支払う支払日というものがあります。これによって、うっかり多く使いすぎた日は、支払日に引き落とし残高から多額のお金が引き落とされる準備をしなければなりません。

もしも支払日に残高が不足していたという場合には、遅延や滞納扱いとなってしまい、信用情報機関に記録されてしまいます。信用情報機関は全カード会社が参考にするカード利用歴を記録したもので、もしも欲しいクレジットカードができたという場合、遅延や延滞の履歴が足を引っ張ってしまうこともあるでしょう。

しかし、デビットカードである楽天銀行ベーシックデビットカードならば、ショッピングにてカード払いした瞬間に引き落とし先銀行口座から、利用額が引き落とされるので、支払日に備える必要がありません。もしも残高がなかった場合にも、ただ支払いができないだけでマイナスの履歴もつかないので、残高不足だとしても安心です。

② 審査を心配しなくていい

クレジットカードを発行しようとすると、カード会社による審査を受ける必要があります。カード会社が求める申込者像とは、支払いをきちんとできて、優れた顧客になってくれるという方です。

支払いを延滞・遅延してしまったという方は、新規クレジットカード発行は審査に落ちてしまう可能性があります。それ以外にも、クレジットカードそのものを一切利用したことがないという方、またはブラックリスト入りをしてしまってから5年が経過してまっさらな状態になった方は、カード会社が申込者を審査する材料が不足しかねません。

現金ではなくカードで決済をしたいが、クレジットカードを発行できそうになかったり、クレジットカードを利用したという記録が無い方は、デビットカードを発行しましょう。

③ 楽天ペイに登録できる

なお、楽天銀行にはQRコードをスマホに表示して店舗に読み取ってもらったり、店舗が表示したQRコードをスマホで読み取ることで決済するスマホ決済サービスの楽天ペイがあります。この楽天ペイを利用すると楽天ポイントが還元率0.5%で貯まりますが、楽天カードを登録した上で利用するとカード分の還元率1.0%+楽天ペイ分の還元率0.5%→1.5%にアップします。

これは楽天銀行ベーシックデビットカードのVISAブランドでも登録して利用することができますので、ぜひとも楽天ペイに登録しましょう。

ただし、楽天銀行ベーシックデビットカードはJCBブランドですと楽天ペイに登録できませんので注意しましょう。

デメリット3選

① 特典が弱い

楽天銀行ベーシックデビットカードはデビットカードであり、ポイント還元率1.0%ですが、逆に言えばそれしか特典と呼べるものがありません。クレジットカードならば、万が一に備えた旅行傷害保険やショッピング保険、還元率倍増特典などがありますが、デビットカードはそういったものがありません。

② 家族カードがない

楽天カードならば家族カードがありますが、楽天銀行のデビットカードには家族カードがありません。家族カードは両親や配偶者、子供などの家族に持たせられるカードのことで、家族カードで決済したショッピングにて楽天ポイントを獲得できます。そして、ゲットしたポイントは本会員カード分と合算できるため、全員で楽天カードを使うと楽天ポイントを多くゲットできます。

しかし、楽天銀行ベーシックデビットカードは家族カードが発行できないので、家族に家族カードを持たせてポイント合算……という手段は使えません。

③ 効率性を考えるとブランドが実質VISA1択

楽天銀行ベーシックデビットカードは国際ブランドをVISAとJCBからチョイスできます。ただし、2019年5月現在はキャッシュレス決済が普及している時代です。そのため、楽天銀行が提供するスマホ決済サービスの楽天ペイの重要性が高く、楽天ペイにVISAブランドの楽天銀行ベーシックデビットカードを登録すれば還元率が1.5%です。

従って、楽天銀行ベーシックデビットカードを発行する場合は実質的にVISAブランド1択となるでしょう。VISAブランドは提携店舗が国内外に多いので、問題ないと思われますが、念のために普段使っている店舗が対応しているか確認しておきましょう。

楽天銀行のデビットカードを比較

楽天銀行のデビットカードには、楽天銀行ベーシックデビットカードをランクアップさせた楽天銀行シルバーデビットカード、楽天銀行ゴールドデビットカードといったものがあります。楽天銀行ゴールドデビットカードは名前の通り、金色のゴールドカードで、通常のデビットカードと同じくゆるい審査基準にて発行してもらえます。

なお、これらのハイランクなデビットカードは国際ブランドがVISAに統一されているので、JCBブランドを使いたい方は気をつけましょう。

楽天銀行シルバーデビットカード

楽天銀行シルバーデビットカードは年会費が2,000円+税別で、楽天銀行ベーシックデビットカードと違ってショッピング保険が付帯されます。ショッピング保険は海外にて商品をカード払いした場合、購入日から60日以内に破損や故障をしてしまったらば自己負担額5,000円の年間最高30万円の補償があります。

楽天銀行ゴールドデビットカード

楽天銀行ゴールドデビットカードの年会費は5,000円+税別で、楽天銀行シルバーデビットカードのショッピング保険に加えて、交通費用をカード払いで支払った場合、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が最高1,000万円補償されます。

VISAゴールド優遇

楽天銀行シルバーデビットカードも楽天銀行ゴールドデビットカードもVISAゴールド優遇という特典が付帯されます。VUSAグローバル・カスタマー・アシスタンス・サービスにて24時間の電話相談ができ、カード再発行も頼めます。VISAゴールド国際クロークにて、手荷物やコートを預ける料金が15%OFFとなり、VISAゴールド空港宅配にて手荷物宅配がスーツケース1個500円まで値引きされ、2個目からは15%OFFとなります。

  楽天銀行ベーシックデビットカード 楽天銀行シルバーデビットカード 楽天銀行ゴールドデビットカード
年会費 無料 2,000円+税 5,000円+税
国際ブランド VISA/JCB VISA VISA
ポイントプログラム
還元率1.0% 1.0% 1.0%
補償 盗難紛失補償 ・盗難紛失補償
・ショッピング保険
・盗難紛失補償
・ショッピング保険
・国内外旅行傷害保険利用付帯
VISAゴールド優遇
なし あり あり

楽天銀行ベーシックデビットカードがおすすめの人とは?

楽天銀行ベーシックデビットカードは年会費が無料でVISAとJCBのブランドから選べるようになっています。また、デビットカードは利用者に支払能力がなくとも、決済と引き落としが同時なので、クレジットカードが作れない方でも審査を通って発行できます。

楽天銀行ベーシックデビットカードは、年会費を払いたくなく、保険関係や特典などは気にせず、楽天ヘビーユーザーながらも楽天カードの審査に落ちてしまった方におすすめです。

楽天カードの発行も検討しておこう

また、楽天銀行ベーシックデビットカードは年会費が無料ですが、楽天カードも同じく年会費が無料です。加えて、海外旅行傷害保険を利用するにはデビットカードならば楽天銀行ゴールドデビットカードにて年会費5,000円+税別が必要ですが、楽天カードならば年会費無料で利用できます。

そのため、クレジットカードの利用に抵抗がなく、クレジットカードの審査を通る見込みがあるという方は、楽天カードをチョイスしてみましょう。

楽天カードのまとめ

カードスペック

  • 年会費無料

ポイントプログラム

  • ポイントプログラムは楽天ポイント
  • ポイント還元率1%
  • 楽天トラベル利用で還元率2倍
  • 楽天市場利用で還元率4倍
  • 楽天ダイニング利用で還元率2倍
  • 加盟店の利用で還元率3倍にアップ
  • スーパーポイントアッププログラムにて楽天ブックスで月1回1,000円以上の買い物で還元率+1倍、楽天市場利用で+3倍、楽天市場アプリで月1回以上買い物利用すると+1倍、楽天モバイル利用で+1倍で合計還元率7倍

補償や特典

  • 海外ATMから現地通貨を引き落とせる
  • 海外旅行傷害保険最大2,000万円
  • カードの紛失・盗難にも無料発行
  • 空港と自宅間の手荷物宅配を往復300円OFF
  • 提携海外レンタカーの利用が10%OFF
  • 携帯・WiFiルーターのレンタルが15%OFF
  • 成田・羽田空港近くのサンパーキングエリアの駐車料金が特別価格
  • 渡航先のお土産を自宅に宅配する海外お土産宅配サービス
  • 空港のカウンターで防寒具のコートなどを一時的に預かって保管

ポイント進呈ルールの変更について

2022年4月1日(金)より、一部サービスについて、楽天ポイントの進呈ルール(進呈対象金額)が下記のとおり変更されます。

  • 変更前:消費税をポイント進呈対象金額に含む
  • 変更後:消費税をポイント進呈対象金額に含まない

楽天市場の変更点

対象サービス 変更タイミング ポイント付与の対象金額
変更前 変更後
通常購入 2022年4月1日(金)00:00
以降の注文
1商品ごとの税込購入金額 1商品ごとの税抜購入金額
定期購入
頒布会
予約購入
2022年4月1日(金)00:00
以降に確定された注文
注文確定時の税込購入金額 注文確定時の税抜購入金額

その他変更となる対象サービス

変更後のポイント進呈ルールについては、各サービスごとに条件等が異なる為、各サービスサイトをご確認ください。
※条件達成など固定値でのポイント進呈を行っているケースについては、ポイント進呈ルールの変更はございません。

楽天トラベル 楽天西友ネットスーパー 楽天イーグルス 楽天エナジー(楽天でんき・楽天ガス)
Vacation STAY 楽天Car 楽天コレクション Rakuten Super English
RAXY 楽天ぐるなびデリバリー 楽天チケット 楽天全国スーパー(3月1日追加)
J-LEAGUE ONLINE STORE 楽天ぐるなびテイクアウト 楽天モバイル(ドコモ回線・au回線) ヴィッセル神戸(3月1日追加)
楽天マガジン 楽天ビューティ 楽天シニア

※楽天ポイントカードでは、ごく一部の加盟店を除きポイント進呈対象金額に変更はございません。

SPU内訳
達成条件※1,2 倍率
楽天モバイル契約 +1
月に2,000円以上楽天モバイルでキャリア決済 +0.5
楽天ひかり加入 +1
楽天カードを利用して楽天市場で買い物 +2
楽天カード(プレミアム)を利用して楽天市場で買い物 +2
楽天銀行口座から楽天カード利用分を引き落とし +1
楽天証券で当月合計3万円以上のポイント投資(投資信託)※4 +0.5倍
楽天証券で当月合計3万円以上のポイント投資(米国株式 円貨決済)※米株積立および買付手数料無料海外ETF除く※4 +1
楽天ウォレットの暗号資産現物取引で月に合計3万円以上購入(ポイント交換含む) +0.5
楽天トラベルを月1回5,000円以上予約&利用 +1
楽天市場アプリでの買い物 +0.5
楽天ブックスで月1回1注文1,000円以上の買い物 +0.5
楽天Koboで電子書籍を月1回1注文1,000円以上の買い物 +0.5
Rakuten Pashaのトクダネで当月に300ポイント以上獲得し、「きょうのレシートキャンペーン」にて審査通過レシート10枚以上達成 +0.5
Rakuten Fashionアプリで月1回以上の買い物 +0.5
楽天ビューティーで月1回3,000円以上の利用 +0.5
合計倍率

※1 2022年4月以降、【楽天カードおよび楽天プレミアムカード 特典分】【楽天銀行+楽天カード】【楽天の保険+楽天カード】は、1注文ごとの楽天カード決済額(消費税・送料・ラッピング料除く)がポイント付与対象となります。
※2 2022年4月以降、【楽天モバイル】【楽天モバイルキャリア決済】【楽天ひかり】【楽天証券】【楽天ウォレット】【楽天トラベル】【楽天市場アプリ】【楽天ブックス】【楽天Kobo】【Rakuten Pasha】【Rakuten Fashion アプリ】【楽天ビューティ】は1商品ごとの税抜購入金額(クーポン利用 ※3)がポイント付与対象となります。
※3 2022年4月以降、SPUは全サービス一律、クーポン利用後の金額に対してポイントを付与いたします。
※4 楽天ポイントコースとマネーブリッジの設定が必要です。

選ぶなら利用目的に合ったデビットカード

楽天銀行のデビットカードは楽天銀行ベーシックデビットカードにて年会費無料でデビットカードを所持できます。国際ブランドはVISAとJCBで、JCBにはパンダデザインのものもあります。

楽天銀行ベーシックデビットカードは盗難補償があり、さらにランクを上げた楽天銀行シルバーデビットカードはショッピング保険が上乗せされて、楽天銀行ゴールドデビットカードは利用付帯の国内外旅行傷害保険が上乗せされます。

加えて、VISAゴールド優遇という空港関連の優待サービスが、楽天銀行シルバーデビットカードや楽天銀行ゴールドデビットカードが対象です。

楽天銀行のデビットカードのVISAブランドは、楽天ペイに登録すると楽天ポイントの総還元率が1.5%になります。年会費無料で楽天銀行のデビットカードが欲しいという方は、基本ならば楽天銀行ベーシックカード、ショッピング保険が欲しいならば楽天銀行シルバーデビットカード、国内外旅行傷害保険が欲しい方は楽天銀行ゴールドデビットカードを発行しましょう。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介