JALマイルとANAマイルはどちらがお得なの?入会で最大69,500マイルを手に入れる方法

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


JALマイルとANAマイル貯めるならどちらがお得なのでしょうか。
今まで貯めていた方、これから貯めようとしている方、多くの方が疑問に感じていることだと思います。

現在、どの航空会社でも行われているマイレージサービスは、各カードごとに 入会キャンペーンを行っており、JALマイルとANAマイルでキャンペーンマイルを手に入れることだってできてしまうのです。

一般的に、飛行機などに頻繁に乗って貯まるJALマイル、普段の生活でカード決済をしながら貯めるANAマイルと言われていますが、実はそうではありません。

特にANAマイルは、普段の生活だけでなく飛行機に乗っても貯まる仕組みがあるのです。

どちらのマイルが自分にとって貯めやすく、そして使いやすいのか比較しながら見ていきましょう。





キャンペーンから見るJALとANAのマイル獲得

ANAカードやJALカードなどの航空系カードに申込をするとき、入会キャンペーンを利用しなければ損だと入会のチャンスを伺ってはいませんか。

1枚を選ぶ上で、今すぐマイルを貯めたい!一番マイルがもらえるカードを選びたいとチャンスを伺っている方は いま一番マイル数の獲得が多いカードがチャンスです!

今ならJAL13,600マイル&ANA47,500マイルプレゼントキャンペーン中!
※現在はキャンペーン内容が変更されています。





ANAカードとJALカードの入会キャンペーンを比較

キャンペーン 年会費 マイル還元 移行手数料 移行上限 マイル期限
2,000マイル
プレゼント
初年度無料
(次年度2,160円)
1000円=1P=
5mile
無料 上限なし 3年間
1000円=1P=
10mile
年間6,000円
(税抜)
上限なし 3年間
10,000マイル
プレゼント
80,000円(税別) 100円=1P=
1.5マイル
無料 上限なし 7年間
35,000マイル
プレゼント
7,000円(税別) 100円=1P=
1マイル
年間6,000円
(税抜)
上限なし 3年間
13,600マイル
プレゼント
2,160円(税込) 100円=1P=
1マイル
3,000円 上限なし 3年間

JALカードは最高で2,100マイルしかもらえませんが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは最大で35,000マイルもらえるため、JALカードと16倍以上のマイル差になります。






JALマイルとANAマイルの違いを比較



違いはボーナスマイル

JALは毎年の初回のみ搭乗でフライトボーナスが付与されます。

一方ANAにもフライトボーナスマイルがあります。 しかもANAは搭乗ごとに10~25%のボーナスマイルが付くのです。そしてさらに、毎年のクレジットカード継続によってANAマイルが得られるため、飛行機に乗らなくても毎年1000マイルが貯まります。

カードフェイス
ボーナスマイル 年会費 マイル有効期限 飛行機利用 ショッピング利用 ポイント交換 電子マネー利用 共通ポイント交換  
搭乗で毎回マイルが付与される
(10~25%)

・毎年、カードの継続利用を
することで、 1000マイル
が付与
される
・一般 2,000円(税抜)
・ANAAMEX 7,000円
(税抜)
・一般5年 (ポイント2年
+マイル36ヶ月)
・ANAAMEX 実質無期限

海外旅行メイン
ならANAマイル
の方がお得
クレジットカード
ポイントをANA
マイルに交換できる
高還元レートで
できるルートがある
楽天Edyや
iDへのチャージ
Tポイントや
楽天ポイント
・搭乗でマイルが付与される
(10~25%)※初回のみ
2,000円(税抜) 36ヶ月 国内線メイン
ならJALマイルの
方がお得
クレジットカード
利用で直接マイルが
貯まる。
高還元の交換先
はなし
WAONへのチャージ Pontaポイントや
dポイント

マイルの使いやすさを比較

特定航空券をマイルと交換する場合、 国内線であれば大きな差はありませんが、国際線によっては大きな違いがでてきます。

JALはワンワールドアライアンスに加盟をしていますが、ANAはスターアライアンスに加盟しています。
ANAが加盟しているスターアライアンスの方が加盟航空会社が多いので結果的に国際線の数に影響がでてきます。

結果的に、年に数回程度のフライトや国際線を多く利用する方はANAマイルの方が貯めやすく使いやすいでしょう。





継続利用で毎年10万円分の価値が生み出されるANAカード



ANAカードの、毎年継続的に利用をすると貰える1,000ボーナスマイルはカード利用額換算すると10万円分の価値があり、マイレージに自動で加算されるのでマイル移行などはありません。 持っているだけで毎年10万円分のマイル価値を生み出すカードなのです。

さらに電子マネー「iD」が付いているためコンビニや自動販売機などの小額決済にもワンタッチで決済ができます。

少額決済分も小銭を使わず、無駄なくマイルを貯めることが出来るので日常生活でも使いやすいカードです。





JAL・ANA絶対に持つべきカードを比較!

入会キャンペーン後も日常的にカードを利用して効率良くマイルが貯まるカードを見ていきましょう。

カードフェイス
年会費 マイル還元率 移行手数料 マイル期限  
初年度無料
次年度以降
2,000円(税抜)
1000円= 1P= 5マイル 無料 最大5年間
※ポイント2年+
マイル3年
1000円= 1P= 10マイル 年間6,000円
(税抜)
7,000円(税抜) 100円= 1マイル 年間6,000円(税抜) 実質無期限
※ポイントが
無期限
2,000円(税抜) 200円= 1マイル 無料 3年間
100円= 1マイル ショッピングマイル
・プレミアム(年会費
3,240円/税込)入会

JAL・ANAともに年会費は初年度年会費無料で次年度以降は2,000円(税抜)かかりますが、ANAカードの場合は、WEB明細サービスやマイ・ペイすリボへの登録+年1回以上の利用で751円(税抜)まで年会費を下げることができます。

また、JAL普通カードはカード決済で直接マイルが貯まり、ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,240円/税込)入会することでマイルの還元率を1%にすることができますが、マイルの有効期限は3年間です。

ANA VISA nimocaカードは、マイルの移行手数料を年間6,000円(税抜)支払うことでマイルの還元率を1%にできますが、移行手数料は毎年支払う必要はありません。

ANAカードは、カード利用で三井住友のワールドプレゼントポイントが貯まり、マイルに移行するという手順をとるので、マイルの有効期限3年間の他に、ポイントの有効期限が2年間と合わせて最大で5年間マイルの有効期限が伸びることになります。

ポイントの有効期限が切れるギリギリにマイル移行手数料を支払い移行することで、2年に1回の交換になり、実質2年に1度のマイル移行になるので移行手数料は年間3,000円(税抜)になります。

ポイントが貯まりマイルに移行するので自分の好きなタイミングでマイルを貯めることが出来るので、マイル失効の可能性がJAL普通カードよりも低くなります。





毎日のお買い物でもマイルを貯めたいなら「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは還元率も1.0%と高く、100円につき1ポイントが貯まり、ANAグループでのカード利用で通常の1.5倍のポイントを貯めることができます。

貯まったポイントはカード利用後の支払代金に充当、多彩なアイテムとの交換、1,000ポイント単位でANAマイルに移行するなど使い道は多様です。

ポイントをマイルに移行する際に「ポイント移行コース」(年会費6,000円+税)に登録が必要になり、登録後はポイントの有効期限が無期限になるのでお好きなタイミングでANAマイルに移行することができます。年間の移行可能ポイント数の制限はありません。

マイルは貯めたポイントを移行するだけでなく、ANAカードマイルプラス加盟店でのカード利用やANAグループ便の利用でボーナスマイルを貯めることができます。

さらに、入会時には1,000ボーナスポイント、翌年度以降も毎年カードを継続するたびに1,000ボーナスポイントがプレゼントされるのでボーナスポイントだけでもたくさんのマイルを貯めることが可能です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードはマイルの貯まりやすさだけでなく、空港でのサービスやトラベルサービスも充実していて、空港内店舗「ANA FESTA」でのお買い物の際にカードを提示すると5%OFF、ANA国内線やANA・エアーJAPAN国際線での機内販売が10%OFFになるなどお得に商品を購入することができます。

また、アメリカン・エキスプレスが提供する国内外29空港のラウンジでは同伴者1名まで無料で利用できるので、搭乗するまでの待ち時間を快適な空間で過ごせます。

海外旅行傷害保険も最高3,000万円と手厚く設定されており、万が一の病気や自己にあってしまった場合にも補償が受けられるので安心です。

マイルも貯まりやすく付帯サービスも手厚くなっているANAアメリカン・エキスプレス・カードは、毎日のお買い物だけでなく海外出張や旅行のお供として持っていっても便利に使える1枚です。





ANAアメックスの入会特典で大量のマイルをゲット!

ANAアメックスは最大で35,000マイル相当を獲得できるということもあり、入会特典が非常にお得なクレジットカードです。

カードご利用ボーナス獲得条件 獲得ポイント
入会ボーナスマイル 1,000マイル
ご入会後3ヶ月以内に1万円のカードご利用 500ポイント
ご入会後3ヶ月以内に30万円のカードご利用 4,000ポイント
ご入会後3ヶ月以内に70万円のカードご利用 22,500ポイント
70万円のカードご利用 7,000ポイント
合計 35,000マイル相当

35,000マイルまであればハワイの往復航空券に交換できるほどなので、まとまった買い物の予定がある方はこのタイミングでANAアメックスを検討するのもおすすめです。

またANAアメックスは通常のアメックスにはない継続ボーナスという制度があり、毎年更新するだけで1,000マイルを獲得することができます。

年会費は7,000円+税かかりますが、1,000マイルは本来10万円分利用した際に獲得できるマイルなので年会費分以上の価値があるコストパフォーマンスに優れたクレジットカードと言えるでしょう。




おすすめは
この1枚!


ANA VISA Suicaカード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード





クレジットカードの選び方