ACマスターカードの3秒診断で落ちても本審査に通過する理由

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


クレジットカードには主に、外資系、銀行系、信販系、流通系、消費者金融系の5種類の発行元があります。クレジットカードは後払いになるため審査に落ちることはあり、審査に落ちることを不安に思う方もいらっしゃると思います。

ここでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ・アコムが発行している「ACマスターカード」の他のクレジットカード会社にはない、仮審査に近いサービスについてチェックしていきましょう。

クレジットカードの審査がことごとく否決! ACマスターカードなら事前確認OK

ACマスターカードはキャッシング機能のついたマスターカードなので、加盟店であれば海外でも使用できます。

そんなACマスターカードにも通常のクレジットカード同様に、審査がありますが、ACマスターカードが特殊なのは、本審査の前に仮審査に近いものが受けられる点です。

その仮診断を「3秒診断」と言います。

クレジットカードの審査になかなか通らない方にとっては、発行可能かどうかを知るための材料のひとつになるので不安な方は利用してみましょう。

3秒診断とは?

「3秒診断」とは文字通り、3秒で審査の結果を受けられるシンプルな診断システムのことです。

利用の手順としては、アコムのサイトにアクセスし、3秒診断を選択します。すると専用ページに移動します。ページには3秒診断に必要な情報を入力するフォームがあり、「年齢」、「年収(総支給額)」、「カードローン他社お借入れ状況」、この3項目を入力すると借入れ可能か否かを知ることができます。

ただし、3秒診断はあくまでも目安です。3秒診断に落ちたからと言って、本審査でも落ちるとは限りませんし、その反対にも同じことが言えます。3秒診断とは言っても、正確ではなく、ある一定の基準に従って判断しているに過ぎないことを認識しておいてください。

3秒診断の判断基準

3秒診断のフォームに必要事項を入力し、診断を行うと、主に以下の4パターンの結果が表示されます。

「お借入れできる可能性が高いです。」

「お客さまのご入力情報ではお借入れ可能の判断ができませんでした。」

「申し訳ございませんが、お客さまご本人にご収入がない場合はお借入れができません。」

「20歳未満のお客さまはお借入れができません・70歳以上のお客さまはお申込みができません。」

これらの結果を表示させる基準になっているのは、「年齢」と「年収」と「他社借入れ合計金額」です。

そもそも、ACマスターカードの申込み資格には、「20歳以上69歳までの安定した収入と返済能力を有する方」と書かれています。該当しない年齢だった場合は、上記の4番目の結果が表示されることになります。

また、利用者本人に収入がないときは、3番目の結果になります。

年収とカードローン他社の借入れ状況も大きなポイントになります。例えば、年収300万円の方が、すでに他社のカードローンで100万円以上を借入れている場合、3秒診断では「お客さまのご入力情報ではお借入れ可能の判断ができませんでした。」という結果が表示されます。

なぜこうなるのかというと、「貸金業者は利用者の年収の3分の1までしか貸すことができない」と法律で定められているからです。

つまり、3秒診断で「お借入れできる可能性が高いです。」という結果を出すためには、年齢が20歳以上69歳以下で、収入があり、他社のカードローンで借入れしている場合は年収の3分の1以内におさまっていれば問題ないということです。

これらの基準を知ったうえで、本審査に向けて足りないものを確認するためにも、3秒診断を利用してみると良いでしょう。本審査に不安を覚えている方に、ぜひ使っておきたいサービスになります。

3秒診断に落ちても申込みに挑戦してみる2つの理由

3秒診断はあくまでも一定の基準に従って、機械的に行われるものです。そのため、3秒診断に落ちても、本審査に通ることはあります。3秒診断がうまくいかなかったとしても、肩を落とす必要はありません。

ここでは、3秒診断に落ちても本審査を目指せる理由について確認していきましょう

①「カードローン他社お借入れ状況」に対象外のローンを入れている場合

3秒診断で記入する「カードローン他社お借入れ状況」に、審査対象外のローンまで含めてしまっていることがあります。ここに記入すべきなのは、消費者金融やクレジットカード会社での借入れ金額で、クレジットカードのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどは対象に含まれていませんので注意しておきましょう。

これらのローンを3秒診断のときに加算してしまい、結果的に「お客さまのご入力情報ではお借入れ可能の判断ができませんでした。」という結果が表示されるのです。

機械は年収の3分の1以上の借入れをしているかどうかで、判断していますから、ローンの金額を不必要に加算して記載していると、良い結果が表示されない仕組みになっています。

本審査のときは対象外のローンは含まれませんので、通る可能性は十分にあると考えられます。

②3秒診断の審査基準は少ない

本来、クレジットカードの審査を行う際は、「在籍確認」や「信用情報」なども判断材料となります。しかしながら、3秒診断では信用情報が調べられることも、在籍確認の電話が鳴ることもありません。本審査になれば、これらは確実に行われるでしょう。

3秒診断で、もし良い結果が得られなかったとしても、在籍確認がしっかりとれたり、安定した収入であることが判明したりすれば、信用が得られ、本審査に通ることも難しくはありません。

ACマスターカードの申込み資格から見る審査基準

ACマスターカードの申込み資格は「20歳以上69歳までの安定した収入と返済能力を有する方で、アコム(株)の基準を満たす方」です。それ以外に、明記されている資格は特にありません。他のクレジットカードは電話連絡が可能な方、年収200万円以上などの条件があるので、その点で見ると、ACマスターカードは、他のクレジットカードよりも審査を通りやすいと言えます。

とはいえ、審査が行われること自体は変わりませんので、ここでは、申込み資格を分析し、本審査の審査基準を明らかにしていきます。

「安定した収入」とは?

「安定した収入」という部分には疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。何を基準に、「安定した収入」が判断されるのか説明します。

まず、ACマスターカードはパートやアルバイトの方でも発行されるクレジットカードです。比較的多くの方が利用できるようになっていますが、全く収入のない方は審査を通過することはできません。では、パートやアルバイトなどにも就いていない無職の方には申込む資格がないかと言えば、そうではありません。

例えば、内職で収入を得ていたり、クラウドソーシングで収入を得ていたり、FXで収入を得ていたりするなど、定職に就いているわけではないけれども、一定の収入がある方は申込むことができます。

つまり、「安定した収入」とは言いつつも、実際は「収入があるか、ないか」が判断基準になっているのです。安定していなくても、毎月収入がある時点で資格を満たしていることになりますので、非常に間口の広い申込み資格のクレジットカードだと言えるでしょう。

「アコム(株)の基準を満たす方」とは?

「アコム(株)の基準を満たす方」は、非常に抽象的な基準ですが、ここに含まれる基準とは何か見ていきましょう。

まず、「在籍確認」が基準に当てはまります。必ずしも行われるとは限りませんが、勤務年数が短い場合、クレジットカードを初めて利用する場合などに、行われる可能性があります。勤務先にかかってくることが基本ですが、利用者のプライバシーを守るために担当者の個人名で連絡してくれます。

在籍確認は審査において最終確認に近い工程ですので、審査通過に近づいていると判断されると良いでしょう。

ちなみに、基準に関連して、電話連絡がしっかりできるかどうかは重要なポイントです。信用度を上げるためにも、連絡先は複数記入しておき、いつでも連絡がとれるようにしましょう。

具体的には、携帯電話の番号はもちろん、固定電話の番号、勤務先の電話番号の3種類を記載しておくと信用度が上がります。

固定電話につながるということは、住居があり、その住居にかかる費用をきちんと支払っていることの証明になります。

勤務先につながるということは、仕事をしており、一定の安定した収入があることの証明になります。

このように連絡先を複数記入することで、本審査に通る確率を上げることができます。

また「住居種類」や「入居年月」もひとつの基準になっています。きちんとローンを払い続けられる能力があるかを見られています。

そのため「家賃・住宅ローン」についても聞かれることがあります。もし、あまりにも高額なローンを組んでいる場合は、審査に落とされることはなくても、クレジットカードで利用できる限度額を低くされることはあります。

クレジットカードの審査で良い結果をもらえなかった方にも選ばれている1枚

審査基準を紐解いていくと、クレジットカードはさまざまな基準で審査が行われていることが分かります。

しかし、他のクレジットカードと比べて、ACマスターカードは、パートやアルバイト、内職や投資などでも、収入があれば最低限の審査基準をクリアできますので、比較的に申込みやすいクレジットカードといえます。

また、最短30分で審査の連絡を受けることもできますし、ネット申込み後に自動契約機に行けば、その日にカードを受け取ることも可能です。

パートやアルバイトでも申し込めるACマスターカードは、いままでクレジットカードの審査に通らなかった方にもおすすめです。

クレジットカードのグレードを上げたいと思っている方も、まずは、実績を得るのもひとつの方法です。

本審査の審査基準を踏まえて、3秒診断などを活用しながら、ACマスターカードの取得を目指しましょう。


オススメは
コレ!


クレジットカード名

ACマスターカード
口座開設





クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club