任意整理後にクレヒスを作りやすい審査の甘いクレジットカード

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


クレヒスが悪いと起きる恐ろしいこと

「クレヒス」とはクレカやローンの利用歴のこと

クレヒスとはクレジットカードヒストリーを略したもので、クレジットカードやローンの利用履歴のことです。

例えば、クレジットカードを頻繁に利用した上で返済が遅れることが多い利用者は悪いクレヒスが残りますし、クレジットカードを頻繁に利用して、返済も十分にできている利用者は良いクレヒスが残ります。

クレジットカード等と契約し、利用を始めた時から、個人信用情報機関に登録されます。

  • 契約した日時と期間
  • 一番最近の請求額
  • 2年間分の入金状況といったさまざまなデータ

といった内容が、発行したクレジットカードの数や発生したローン契約の分だけ、登録と更新がされていきます。

クレヒスが悪いとどんなことが起こるか

発行会社によって登録、更新されるクレヒスは全クレジット発行会社が共同で閲覧することができる情報になります。

個人信用情報機関に優良なクレヒスがたまればたまるほど、新たなクレジットカードを発行してもらう上での審査が通りやすくなり、カード発行も簡単になります。しかし、その反対に、返済を滞納させてしまったりすると悪いクレヒスがたまるようになり、クレジットカードを新規発行することが難しくなります。

一度でも残したクレヒスは、最悪5年間残るため、長い間クレジットカード新規発行において大きなデメリットが課せられるようになってしまうため、注意しましょう。

ポイント!

閲覧に費用がかかってしまいますが、信用情報機関に登録されたクレヒスはクレジットカード発行会社が閲覧自由となっているだけでなく、消費者側も自由に閲覧ができます
パソコン、スマートフォン、郵送、窓口でクレヒス開示要求ができるので、現在のクレヒスの状態が気になる方は迷うことなく要求してみましょう。

任意整理とは

「任意整理」は返済額を減額させることができる

任意整理」とはクレジットカードなどでローンやクレジットを利用し、返済が不可能か非常に困難となった場合、裁判所を経由せずに利用者と司法書士が返済しやすい方法や金額について交渉をし、クレジット利用者が返済容易になる条件を合意によって成立させる手続きのことを言います。これによってクレジット利用者は返済しなければいけない額を軽減することができます。

自己破産との違い

クレジットカードの新規発行が最高で約10年もの間できなくなる「自己破産」ほど、厳しい選択ではありません。

「任意整理」は自己破産に比べて、利用頻度が高い手続きとなっています。返済を滞納し、年率で返済額が上昇しきってしまった場合は、将来的に生じる年率をカットして返済額を減らすことができますし、利息制限法によって返済額そのものの減額も期待できます。

任意整理の手順

  • 任意整理の相談と手続きの説明
  • 返済をストップさせる受任通知と債権調査
  • 取引履歴に基づいた利息制限法による返済額の再計算
  • クレジット会社との和解交渉
  • 和解契約書の受取とサイン
  • 記述された日時から返済の再スタート

以上が任意整理の手順です。続いて、具体的な例も知っておきましょう。

例)クレジットカード利用者の場合は毎月の返済額を抑えられる

クレジットカード利用による返済では利息の付かない翌月一括払いが人気です。しかし、この翌月一括払いを過信してあまりに多額の利用をしてしまうと、給料の大部分がクレジットカードの返済に引かれてしまい、生活費をクレジットカードでしのぎ、その返済によって来月の給料が大幅減額されるというループ状態になる危険性があります。

このようなケースから抜け出したい場合でも、返済を任意整理することで止められます。返済総額に変化はなくとも、毎月の返済額を減額することで、これ以上のクレジット利用を防ぐという効果が期待できるのです。

任意整理後にクレヒスの建て直しをするならばACマスターカードがおすすめ

任意整理のデメリット

任意整理にはデメリットも多くあります。あくまで「自己破産よりはマシ」ということを念頭に入れておきましょう。

1.最短5年間クレジットカード新規発行ができない

任意整理を行ってから約5年から8年間という期間に渡って借り入れもクレジットカード新規発行もできなくなります。例えクレヒスから情報が消えたとしても、それ以降も任意整理の対象となったクレジットカード会社が持つ独自の情報からは消えないため、対象のクレジットカード企業または関連企業からクレジットカードの新規発行ができなくなるので注意が必要です。

2.返済額の減少効果は低め

それに自己破産や個人再生に比べて返済額の減少効果はさほど高くなく、将来的に生じる年率をカットするのが限界といった厳しさもあります。

3.任意整理に応じないクレジット会社もある

近年では任意整理手続きに応じないクレジットカード会社も出てたのも難点です。

任意整理後のクレヒス作りはどうすべきか

任意整理後はクレヒスがとても悪い状態になり、最低で5年間はクレジットカードの新規発行ができなくなります。そんな状況でクレヒスを回復するにはどうすべきかというと、個人信用情報機関に記載されるクレヒスを少しでも改善していく必要があります。

最短でも5年間に渡る任意整理の後で、クレヒスを1からやり直したい場合は、新たなクレジットカードを発行するのがおすすめです。任意整理をした後では、返済額を減少させた会社のカードは発行できないので、それ以外ということになります。

ACマスターカードでやり直そう

ACマスターカードはアコムが発行しているカードなので、任意整理の対象にアコムが含まれていると、発行は不可能です。しかし、もしもアコムを任意整理の対象にしていないのであれば、発行の際の年会費もかからないACマスターカードはクレヒス再建に適しています。

年会費 無料
国際ブランド Mastercard
利用可能枠 10万円~300万円
※カードローンとショッピングのご利用合計の上限は800万円までとなります。
発行企業 最短即日
カードの詳細ページを見る

ACマスターカードはカード利用限度額が最高800万円と高めに設定されており、年率も最低10.0%となっているので、非常に借りやすい金額となっています。。

インターネット経由で申し込みをすませれば、自動契約機(むじんくん)によって即日発行ができますので、「すぐにクレジットカードがほしい」という方にもピッタリです。

利用額に応じたキャッシュバック制度

ポイントプログラムはありませんが、キャッシュバック0.25%というおトクな特典を受けられます。

審査のポイント

申し込み欄に仕事先の記入があっても年収の記入がないことから、アルバイトやパートをしていれば発行の可能性が高いです。

また、消費者金融会社が発行していることから、銀行系のクレジットカードと比べると審査は厳しくなく、ローンもできるクレジットカードだからこそ、ACマスターカードがおすすめです。

ACマスターカードのまとめ

  • 入会費と年会費無料
  • ポイントプログラム無し
  • カードローンとクレジット利用限度額が合計で最高800万円
  • 年率10.0%~14.6%(※ショッピング利用時)
  • キャッシュバック0.25%
  • カードローンの返済期日が35日後
  • クレジットの返済期日が20日締めの翌月6日返済
  • クレジットは返済期日を過ぎたり、全額を払えなければリボルビング残高が手数料に
  • ご利用明細の郵送が無い
  • 自動契約機(むじんくん)を通せば即日発行可能

任意整理後のクレヒス再建はACマスターカードがおすすめ

任意整理とはカード借り入れをした人が返済困難となった場合、返済額を減らしてもらう手続きのことです。デメリットは自己破産よりは優しいですが、それでも任意整理後最高8年間はカード発行も借り入れもできなくなります。

任意整理後にクレジットカードの利用歴を回復させたい場合は消費者金融会社が発行していて年会費も無料なACマスターカードがおすすめです。


まずは
これ!


アコムACマスターカード

年会費

無料

還元率

0.25%

発行期間

最短即日

審査時間

最短30分

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

カード発行3秒診断可能!
インターネット申込をすると来店は不要です!クレジットカードの審査が不安な方はコチラもチェック。
※ショッピングとカードローンのご利用合計の上限は800万円までとなります

最大800万円まである利用限度額
ACマスターカードはショッピング300万、カードローン500万で合計800万円分までの限度額があります。一般的なクレジットカードと比べても上限金額はかなり高い部類となります。

利用金額の0.25%をキャッシュバック
ACマスターカードは利用した金額の0.25%をキャッシュバックするシステムとなっています。
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 - -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
- 最短即日 10万円~300万円 ※300万円はショッピング枠ご利用時の限度額
カードの詳細ページを見る




クレジットカードの選び方

関連サイト