北都銀行のブライトワンカードの審査を通過する可能性を少しでも上げる対策とポイントを貯めるお得な使い方について


ブライトワンカードは北都銀行が発行しているキャッシュ・クレジット・デビットが1つになったカード

北都銀行が発行しているクレジットカードがブライトワンカードです。キャッシュ・クレジット・デビットが一枚に纏まっており、デビット機能によってカード払いを済ませても即座に口座から代金が引き落とされるので、クレジットのような残高返済に迷う必要がなくなります。

ブライトワンカードは年間のカード払いの利用費が10万円を超えるか携帯電話料金をカード払いすると年会費が無料となるので、後者を登録すれば年会費が実質的に永年無料となります。

北都銀行ATMの時間外手数料を月3回キャッシュバックしてもらえるサービスもあるので、緊急の用事で深夜にお金を下ろしても損が出にくくなっています。

ブライトワンカードのポイントプログラムは「Vポイント」

画像元:http://www.hokutobank.co.jp/bright/privilege.htm

ポイントプログラムはVポイントで200円ごとに1ポイントの還元率0.1%、ポイント有効期限は2年間となっていますが、ブライトワンカードは北都銀行との取引でもポイントが貯まる特典があります。

年金受取、給与振込、住宅ローン、投資信託、定期預金、通信料金の支払いなどさまざまな取引でポイントを獲得できます。

年間利用額次第でポイントボーナスがある!

そしてVポイントにはポイントボーナス制度があり、年間に年間カード払いに使った費用が年間50万円以上なら翌年50万円利用で50ポイントの10万円ごとに10ポイント、100万円以上なら50万円利用で75ポイントの10万円ごとに15ポイント、300万円以上で50万円ごとに150ポイントの10万円ごとに30ポイントが加算される仕組みです。

これ以外にもamazon、Yahoo! ショッピング、楽天市場、一休.comを利用するとポイントが最大20倍のキャンペーンを利用できます。貯まったVポイントはWaonポイントに移行でき、1ポイント→5Waonポイントとなります。

他にもANAマイル、nanacoポイント、楽天Edy、Suicaポイント、楽天スーパーポイント、dポイント、auWalletポイントプログラム、Pontaポイント、TポイントにVポイントの移行が対応されており、1ポイントにつき3円のキャッシュバックサービスもあります。

ブライトワンカードのキャッシングサービスについて

北都銀行ブライトワンカードは1回払い、2回払い、リボ払い、分割払いの選択ができます。一括の方は利用可能額が最大で30万円となっており利率が15.0%で返済期間が23~56日となっています。リボ払いも年率は15.0%ですが利用可能額が最大で50万円となっていて、遅延損害金は20.0%です。

北都銀行ブライトワンカードのまとめ

ブライトワンカードの審査基準

ブライトワンカードの発行申し込み資格は北都銀行の普通預金口座を持つ満20歳以上の有職者となっており、専業主婦(夫)の方は年収欄を0円とする必要があります。ブライトワンカードは北都銀行が発行している地域密着型のカードであるため、信販系や消費者金融会社が発行しているカードよりも審査が厳しいものとなっています。

このことから北都銀行ブライトワンカードの審査に受かるにはしっかりした年収であるのはもちろんのこと、良好なクレジット利用歴であることが重要です。

クレジット利用歴は他の会社が発行しているクレジットカードの利用歴でも他会社が閲覧できるようになっており、請求すれば誰でも自分のカードの利用歴を確認できます。クレジット利用の返済を滞納することがないように気をつけましょう。

クレジット利用歴を蓄積するにはACマスターカードがおすすめ

クレジット利用歴を良好なものにするには、当然ですがクレジットカードを使う必要があります。そこで適しているのが年会費無料で消費者金融会社のアコムが発行しているACマスターカードです。発行申請の条件が20歳以上となっており、申し込みページも職場の連絡先のみとなっていることから、アルバイトやパートでもお勤めがあれば申し込むことができます。

ACマスターカードはポイントプログラムこそありませんが、カード利用限度額がカードローン付きで最高800万円と高いことから、今すぐに借り入れをしたいという方にもおすすめできるカードです。

ACマスターカードのまとめ

Vポイントなら三井住友カードが強い

三井住友カードは補償が充実

北都銀行ブライトワンカードと同じVポイントが目的のカードならば三井住友カードがあります。年会費は1,375円(税込)で最高2,000万円の旅行傷害保険、ショッピング補償も年間最高100万円が付帯されています。

三井住友カードのVポイントはリボ払いで利用可能額は最大80万円で支払い方法は1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いとなっており、年率は12.00~14.75%となっています。

三井住友カードのVポイントもブライトワンカードと同じくポイントボーナス制度を持っており、カード利用が年間50万円以上なら翌年50万円利用で50ポイントの10万円ごとに10ポイント、100万円以上なら50万円利用で75ポイントの10万円ごとに15ポイント、300万円以上で50万円ごとに150ポイントの10万円ごとに30ポイントがゲットできます。amazon、Yahoo! ショッピング、楽天市場、一休.comでポイント20倍のキャンペーンもあります。

「マイ・ペイすリボ」を利用すればポイント2倍!

「マイ・ペイすリボ」はあらかじめ定めた毎月の支払額を超えた金額をリボ払いにして支払うサービスです。そして毎月の支払額はその月の経済状況によって柔軟に変えて手数料と一緒に支払うことができます。年に1回以上の利用で年会費が無料か半額になります。支払いに手数料が発生する月はポイント2倍になります。

※2021年2月年会費お支払い分からは「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いが必要となります。

三井住友カードのまとめ

北都銀行ブライトワンカードにはない、「マイ・ペイすリボ」の利用でのポイント2倍ボーナスがあるのが三井住友カードの強みです。

北都銀行ブライトワンカードと三井住友カードならば後者がポイントでお得

北都銀行ブライトワンカードはVポイントというポイントプログラムを持っており、北斗銀行発行カードなことから北都銀行との取引でポイントをゲットできるボーナスがあります。

しかし、北都銀行ブライトワンカードは銀行発行カードなことから発行申し込みの際の審査が厳しく、年収やクレジット利用歴も重視されます。そこで不安ならば発行が容易で年会費も無料なACマスターカードを発行して、クレジット利用歴を育てましょう。

そして北都銀行ブライトワンカードはVポイントをポイントプログラムにしていますが、ポイントの貯まり方ならば「マイ・ペイすリボ」を利用するだけでポイントが2倍になる三井住友カードの方が貯まりやすさは上です。

北都銀行ブライトワンカードの発行の難しさが問題ならばACマスターカード、ポイントプログラムの貯まりやすさを重視するならば三井住友カードを発行しましょう。


迷ったら
ココ!


クレジットカード名

ACマスターカード
口座開設





クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club