クレジットカードのショッピング枠がなくても借入審査が通る3つの方法

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

クレジットカードは手元に現金がなくても後払いができる支払い方法として生活に根付いているものです。 生活費から医療費、旅行代や多くの出費までクレジットカードの限度額までであれば、商品を購入することができます。 また、クレジットカードは言わゆる商品を購入することができるショッピングと現金を借入することができるキャッシングという2つの機能があります。

キャッシングで借入をすることで使用用途が自由な現金を手に入れることができ、必要な場合は活用すると良いでしょう。

しかし、一般的にキャッシングを利用する場合は借入審査が必要で、ショッピング枠よりも審査は厳しいものになっています。

ショッピング枠を限度額まで使ってしまうと審査に通りにくくなってしまうことがありますが、利用限度額が0円に近い状態でも借入審査が通る方法を見ていきましょう。

ショッピング枠を使ってしまうとキャッシング枠の審査をだしても残高が増えない

キャッシング枠を利用する際に、審査に通る必要があるため利用したい限度額を設定します。

この場合、ショッピング枠50万円に対しキャッシング枠40万円を申請したと仮定します。

審査に通った場合、ショッピング枠50万円とキャッシング枠(内)40万円が利用可能となります。

一般的に、ショッピング枠の利用額の中にキャッシング枠の利用額が設定されていることが多く、ショッピング枠を使い果たしてしまうとキャッシング枠はゼロになってしまいます。

つまり、ショッピング利用額50万円+キャッシング利用額40万円=合計利用額90万円というわけではありません。

(例).ショッピング枠50万円、キャッシング枠40万円 ショッピング利用額30万円
   ⇒残利用額 ショッピング枠20万円 キャッシング枠10万円

ショッピング枠を使い果たしてしまっている方には、いくらキャッシング枠の審査に通っても利用ができないのです。

借入審査を通す3つの方法

その1:ショッピング枠分を返済するか増額を検討する

使ってしまった利用額分を返済し、それと同時にキャッシング枠の審査を行います。

ショッピング枠の利用額も回復していることで数字上の見栄えが良くなるとともに、しっかりと返済ができる利用者だとクレジットカード会社に認識をされます。

または、ショッピング枠の増額を申請する際に同時にキャッシング枠も増額させます。

同時にショッピング枠と同時にキャッシング枠を増額させることで、一時的な利用額が増えることで増枠した分だけさらにクレジットカードを利用できるようになります。

しかし、キャッシング枠の審査はあくまでもショッピング枠の合計額に入ってしまうため多額の利用額は期待できませんし、ショッピング枠を使ってしまえば残った利用額が減ってしまうことを考えなくてはなりません。

その2:現金が手に入るカードローンを利用する

クレジットカードのキャッシング枠の審査が難しければ、カードローンの利用を検討しましょう。

クレジットカードの利用額が限度額いっぱいになってしまっても、クレジットカードとカードローンは審査基準が違うため、カードローンの審査には比較的通りやすいのが特徴です。

また、カードローンは限度額が高いものが多く、一度に多くの金額を借入することができるのでまとまったお金が手に入ります。

その3:クレジットカードの審査と同時にキャッシング枠がついてくるクレジットカー

ドを利用する

クレジットカードの審査をする時に、キャッシング枠を同時に申請してしまうと審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

審査落ちを避けるためにキャッシング枠を0円にして後から借入申請を行う方が多いです。

この場合、審査に通る可能性は高くなりますが、ショッピング枠を使ってしまっているとキャッシング枠が小さくなってしまいます。

しかし、キャッシング枠も同時に申請が出せ、限度額が最高800万円と気にすることがなくなるクレジットカードがACマスターカードというおすすめな1枚があります。

カード詳細や審査の受かりやすさなどを後ほど見ていきましょう。

ショッピング枠を使い果たしてしまっているならカードローンのSMBCモビットがおすすめ

SMBCモビットの審査は、クレジットカードの利用額がいくらであろうと影響がでないのでいつでも借入ができます。

また、金利が安く3.0%~18.0%とクレジットカードのキャッシングとは比較にならないほど低金利です。

SMBCモビット
実質年率 借入限度額 審査時間 融資
3.0%~18.0% 最高800万円 10秒簡易審査 当日融資
※14:50までの振り込み手続き完了で、当日振り込みが可能

SMBCモビットをおすすめすべき3つの特徴

その1:10秒簡易審査で審査合否の目安になる

SMBCモビットですが、必ずしも審査に通るとは限りません。やはり、落ちてしまう方は少なからずいます。

しかし、SMBCモビットでは審査の前に10秒簡易審査という簡単な情報を入力するだけで審査の合否をだしてくれるものがあります。

あくまでも目安とはなりますが、高確率で審査の合否に繋がることから10秒簡易審査を受けた上で申し込むことで時間を無駄にせず申し込むことができます。

その2:WEBで審査と申し込みが完結

通常の申し込みから審査の流れであれば、申し込みから審査結果が最短30分、契約から利用までの流れを通る必要があります。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

書類等の送付など煩わしい手間がかかってしまいますが、SMBCモビットではWEBで完結する制度があります。

電話連絡や書類等の送付がいらず、申し込みから審査結果、契約、利用までネット上で全て完結し、手続き完了後即日融資が可能となります。

※平日9:00~14:30までに申し込み完了の場合

その3:満20歳以上69歳以下であればアルバイトやパート、主婦など誰でも申し込みが可能

SMBCモビットは満20歳以上69歳以下の方であればだれでも申し込みが可能でアルバイトやパート、自営業の方、主婦や学生でも一定の収入があれば申し込むことができます。

誰でも簡単に申し込みができることからSMBCモビットは使い勝手が良く、いざという時に役立つおすすめな1枚です。
※安定した収入がある方

クレジットカードのショッピング枠も利用したい方はACマスタカードがおすすめ

ACマスターカードの3つのポイント

・ショッピング枠とカードローン枠を同時申し込みができる
・審査基準が他のクレジットカードとは違う

ACマスターカード
年会費 永久無料
一回払い 無料
ショッピング手数料(リボ払い) 10.0%~14.6%
審査時間 最短30分
ショッピング利用可能枠
10万円~300万円

クレジットカードとカードローンの双方を兼ね備えたACマスターカードは、いくら他社でショッピング枠を使おうとカードローンの審査に似通った点があり、過去の返済実績よりもその人が「今現在、返済をできるか否か」という点を見ています。

ある程度、一定の収入があれば審査に通る可能性が高くなるのです。

また、ショッピング枠とキャッシング枠を同時に申し込みすることができ、最高800万円の限度額があります。

他のクレジットカードにはない限度額であり、カードローンに匹敵するものとなっています。

ACマスターカードはカードローン会社である「アコム」が出しているクレジットカードなので、借入金利が3.0%〜18.0%と低金利で、気軽でお得に利用できますし、ショッピング枠は基本の支払い方法がリボ払いであることから大きな出費があった場合でも、毎月一定額の支払いで済むことが可能です。

リボ払いには金利が発生してしまいますが、クレジットカードの中では低金利な10.0%〜14.6%と低金利な設定になっています。

金利を払いたくないという方は、毎月20日〜翌6日までが金利の無料期間となっているので、その間に支払いを行えば金利がかからずに利用することができます。

クレジットカードの支払いや現金が必要な時の借入など、どちらにも対応できるクレジットカードとしてACマスターカードが頼もしい1枚となるでしょう。

3
ACマスターカード
国際ブランド MasterCard
審査基準
20歳以上69歳までの安定した収入と返済力を有する方
利用可能枠
10万円~300万円
年会費 永年無料
リボ払い金利 10.0%~14.6%
毎月支払い(一回払い)
・毎月20日締め翌月6日支払いで一回払い可能(金利無料)
・返済期間であればいつでも返済が可能
キャッシング金利手数料 3.0%~18.0%
審査スピード
審査時間最短30分
発行期間 即日発行


オススメは
コレ!


クレジットカード名

ACマスターカード
口座開設





クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club