池田泉州銀行の人気クレジットカード2枚の審査基準を解説。少しでも審査に通過する可能性を上げる方法などもご紹介


池田泉州銀行はスカシアサイカピタパJCBカードとミナピタサイカJCBカードの2枚を発行

池田泉州銀行が発行しているスカシアサイカピタパJCBカードとミナピタサイカJCBカードはとりわけ人気の高い2枚のクレジットカードです。


ポイント還元率は0.5%のSポイントがポイントグラムとなっており、阪急阪神グループとも提携しており、ポイン優遇サービスがあります。

スカシアサイカピタパJCBカードとは

スタシアサイカピタパJCBカードは年会費1,250円+税別とPiTaPa維持管理費1,000円+税別の合計で2,250円+税別となっています。


年会費はカード発行初年度は無料、翌年からも年に1回以上のカード利用によって年会費が無料となり、PiTaPa維持管理費も1年に1回以上のPiTaPa利用で無料になります。

ポイントプログラムはJCB加盟店でのカード払いで貯まるSポイントです。ポイント還元率は200円ごとに1ポイント貯まる還元率0.5%です。


阪急阪神グループの交通機関にPiTaPaを利用すると0.5%、Sポイント提携店でのカード払いでは1%から3.5%の還元率となります。


阪急阪神グループの商業施設やホテルならば1ポイント→1円のポイント払いができ、1,000ポイントで阪急阪神クーポン1,000円分と交換できます。

スタシアサイカピタパJCBカードのATMサービス

スタシアサイカピタパJCBカードとインターネットバンキングの口座を持っていれば池田泉州銀行のATMの引き出し手数料が終日無料となります。


駅に設置されているATMのPatsatも引き出す際の手数料が24時間365日無料になる特典を受けられます。


これだけでなく、スタシアサイカピタパJCBカードと給与振り込みや年金振込の口座指定登録によって池田泉州銀行ATMと駅のATMであるPatsatの時間外手数料が無料となり、コンビニの手数料がキャッシュバックされるようになります。

ミナピタサイカJCBカードは交通関係に便利なカード

ミナピタサイカJCBカードはスタシアサイカピタパJCBカードと同じく年会費1,250円+税別でPiTaPa維持管理料が1,000円+税別かかる合計2,250円+税別が年会費となるクレジットカードです。


年会費とPiTaPa維持管理料は年に1回クレジットカードの利用とPiTaPaの利用をすれば無料になる仕組みとなっていて、ポイントグラムはミナピタポイントで還元率は200円ごとに1ポイント貯まる還元率0.5%となっています。


ミナピタサイカJCBカードで貯まるミナピタポイントとは

ミナピタサイカJCBカードに付くポイントプログラム、ミナピタサイカはなんばパークス・なんばCITYでカード払いすると200円ごとに6~14ポイント獲得でき、なんばパークスでのカード払いやなんばCITYプレミアム会員に加えてパンジョ・みさき公園・大阪店や堺店や泉北店の髙島屋でのカード払いで200円ごとに2ポイント貯まります。


他にもミナピタポイント加盟店やミナピタサイカJCBカード加盟店でのカード払いは200円ごとに1ポイント貯まる仕組みです。なんばパークスやなんばCITYでの1ヶ月のカード払いが50,000円を超えるとボーナスポイント100ポイントが獲得できます。


乗り物にもポイントが貯まるようになっており、特急チケットレスサービスをカード払いすると200円ごとに2ポイント、南海電車・泉北高速のカード払いにも200円ごとに1ポイント、定期券のカード払いで200円ごとに2ポイント獲得できるシステムとなっています。


貯めたミナピタポイントはなんばパークス・なんばCITY・駅ナカ店舗にて1ポイント→1円換算でポイント払いすることができますし、1000ポイントをミナピタギフト券1,000円分と交換もできます。それ以外にも900ポイントでみさき公園入園券1枚、400ポイントでラピート・こうや全区間・サザン座席指定車・りんかんの特急引き換え券1枚と交換できます。

スタシアサイカピタパJCBカードとミナピタサイカJCBカードのまとめ

スタシアサイカピタパJCBカードのまとめ

・年会費1,250円とPiTaPa維持管理料1,000円+税別
・カード発行初年度の年会費無料、年1回以上のカード利用で翌年の年会費無料、PiTaPa維持管理料も1年1回以上のPiTaPa利用で無料
・ポイントプログラムはSポイントです
・Sポイントの還元率は0.5%
・阪急阪神グループの交通機関にPiTaPa利用で0.5%、Sポイント提携店でのカード払いで1~3.5%
・阪急阪神グループ施設の利用に1ポイント→1円のポイント払い可能
・1,000ポイント→阪急阪神クーポン1,000円分と交換可能
・スタシアサイカピタパJCBカードとインターネットバンキングの口座で池田泉州銀行とPatisatのATM引き出し手数料終日無料
・スタシアサイカピタパJCBカードと給与振り込みや年金振込の口座指定で池田泉州銀行ATMとPatsatのATM時間外手数料が無料とコンビニATMの手数料が何度でもキャッシュバック

ミナピタサイカJCBカードまとめ

・年会費1,250円+税別、PiTaPa維持管理料1,000円+税別
・カード発行初年度の年会費無料、年1回以上のカード利用で翌年の年会費無料、PiTaPa維持管理料も1年1回以上のPiTaPa利用で無料
・ポイントプログラムはミナピタポイント
・ミナピタポイントの還元率は0.5%
・なんばパークス・なんばCITYでカード払いすると200円ごとに6~14ポイント
・なんばパークスのカード払い、なんばCITYプレミアム会員、パンジョ、みさき公園、大阪店や堺店や泉北店の髙島屋のカード払いで200円ごとに2ポイント
・ミナピタポイント加盟店、ミナピタサイカJCBカード加盟店のカード払いは200円ごとに1ポイント
・なんばパークスやなんばCITYでの1ヶ月のカード払いが50,000円を超えるとボーナスポイント100ポイントが獲得できます。
・特急チケットレスサービスをカード払いで200円ごとに2ポイント、南海電車や泉北高速のカード払いにも200円ごとに1ポイント、定期券のカード払いで200円ごとに2ポイント
・なんばパークス、なんばCITY・駅ナカ店舗にて1ポイント→1円換算でポイント払い対応
・1000ポイント→ミナピタギフト券1,000円分と交換対応
・900ポイント→みさき公園入園券1枚
・400ポイント→ラピート、こうや全区間、サザン座席指定車、りんかんの特急引き換え券1枚と交換
・スタシアサイカピタパJCBカードとインターネットバンキングの口座で池田泉州銀行とPatisatのATM引き出し手数料終日無料
・スタシアサイカピタパJCBカードと給与振り込みや年金振込の口座指定で池田泉州銀行ATMとPatsatのATM時間外手数料が無料とコンビニATMの手数料が月に4回までキャッシュバック

池田泉州銀行のスタシアサイカピタパJCBカードとミナピタサイカJCBカードを発行する前にACマスターカード

池田泉州銀行のクレジットカード2枚は片方しか持てず発行まで1ヶ月もかかる

池田泉州銀行が発行するクレジットカードのスタシアサイカピタパJCBカードとミナピタサイカJCBカードは年会費無料条件を達成するには年に1回、機能を利用するだけでよく、ポイント還元率が0.5%でポイント優遇提携店が多いというおトクなカードです。


発行する上での条件は18歳以上でJCB提携金融機関の口座を持っているというもので、発行申請する上での審査も難しいわけではありません。


しかし、スタシアサイカピタパJCBカードとミナピタサイカJCBカードは審査が終わって発行されるまでに1ヶ月かかるようになっており、2枚両方を所持することはできないので申し込む時はどちらが本当に必要か考えることになります。


2枚のカードの審査を通るのに重要なのは他のクレジットカードと同じく年収とクレジットヒストリーです。年収は高いレベルを要求されるわけではありませんが、確実に審査に通りたいならクレジット利用歴を作っておくのが大切です。

すぐに手にできるACマスターカードの発行がおすすめ!

スタシアサイカピタパJCBカードとミナピタサイカJCBカードの発行申請を通る上でのクレジットヒストリーで適しているのがACマスターカードです。


消費者金融会社のアコムが発行しているACマスターカードは最短30分以内の即日発行ができるうえに、アルバイトやパートでも申込み可能となっています。


2枚のカードと同じく海外ATMの利用ができますし、クレジットカードが必要な時は即座に発行してもらえます。


クレジットとカードローンの利用限度額が合計で最大800万円となっており、ポイントプログラムがなくとも0.25%のキャッシュバックサービスがあります。


ACカードマスターのまとめ

・年会費無料
・ポイントプログラム無し
・クレジットカード利用限度額が最高800万円
・年率10.0%~14.6%
・キャッシュバック0.25%
・ご利用明細の郵送が無い
・自動契約機のむじんくんを通せば即日発行可能

スカシアサイカピタパJCBカードとミナピタサイカJCBカードが発行されるか不安ならばACマスターカードを

池田泉州銀行が発行しているスカシアサイカピタパJCBカードとミナピタサイカJCBカードはどちらもポイント還元率が0.5%となっており、前者はコンビニATMの手数料キャッシュバックサービスを無制限に受けられて、後者は交通の支払いのポイント優遇サービスが多様です。


2枚のカードは発行するのに1ヶ月かかる上に、片方しか所持できないことから、万が一にも審査が通らない場合は2ヶ月待たされることになってしまいます。そのため、クレジットカードがすぐに欲しいという方にはインターネットで申し込めば最短30分即日発行ができて審査も非正規雇用だろうと収入があればACマスターカードがおすすめです。


まずは
このカード!


ACマスターカード
ACマスターカード
口座開設





クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club