京葉銀VISAカードの厳しい審査に通過したい人必見! 審査を通過できる人がしている対策を紹介!


京葉銀行が発行している京葉銀VISAカード

京葉銀行が発行している京葉銀VISAカードは年会費1,250円+税別となっているクレジットカードです。ポイントプログラムのワールドプレゼントポイントはポイント還元率が1,000円につき1ポイントの0.1%で、発行初年度は年会費が無料というサービスがあります。

年会費を割引、または無料にする方法

年会費は利用代金をメールで確認できるカード利用代金Web明細書サービスを利用する、または年間に利用額請求が6回以上あれば年会費が500円割り引きとなる他、リボ払いの返済額を最低金額以上ならば自由に決められるマイ・ペイすリボを利用すれば年会費が無料となります。

※2021年2月年会費お支払い分からは「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いが必要となります。

そして、年間カード払いに使った金額が100万円以上300万円未満ならば翌年の年会費が半額となり、300万円以上ならば年会費が無料となります。

ポイントプログラムのワールドプレゼントポイント

京葉銀VISAカードのポイントプログラムは還元率0.1%のワールドプレゼントポイントです。携帯電話料金、固定電話料金、電気代、ガス代、プロバイダー料金、新聞購読料もポイントゲットの対象になりますが、公共料金の支払以外にもマイ・ペイすリボ払いを利用することでポイント還元率が2倍になる特典があります。

ワールドプレゼントポイントはポイントUPモールを経由してネットショッピングをすればポイント還元率が最大20倍になり、サイト内にある「訪問でためる」ページにて、紹介されているショップにアクセスすると10枚で1ポイントになるポイントUPメダルが貰えます。

加えて毎週月曜日12:00にサイト内で行われる「BINGO」を遊べば最大で400ポイントが手に入りますので上手に活用していきましょう。

ワールドプレゼントポイントには年間利用額によってポイントボーナス制度があります。

一年間にわたってのカード利用額が50万円以上なら翌年にカードを50万円利用すれば50ポイント入り、10万円ごとに10ポイント加算されます。これが年間利用額100万円以上ならば翌年は50万円利用で75ポイント入り、10万円ごとに15ポイント加算、300万円以上で翌年は50万円利用すると150ポイント入り、10万円ごとに30ポイントが加算される仕組みなのでカード利用の多い方はポイントを賢く貯めていけます。

貯まったワールドプレゼントポイントの使いみち

京葉銀VISAカードを使って獲得したワールドプレゼントポイントは1ポイント→3円換算でカード利用代金に還元されるキャッシュバックサービスを利用することができ、1ポイント→5円換算で「京葉銀カード iD」を用いた買い物に還元するのも対応しています。

ワールドプレゼントポイントは他のポイントプログラムへの移行もできます。

例えばWaonポイントならば1ポイント→5Waonポイントです。ポイントだけでなくマイルへの移行もでき、ANAマイル、nanacoポイント、楽天Edy、Suicaポイント、楽天スーパーポイント、dポイント、auWalletポイントプログラム、Pontaポイント、Tポイントに高倍率で移行することが可能です。

京葉銀VISAのクレジット機能

京葉銀VISAカードは支払い方法が1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、分割払い、リボ払いとなっています。カード利用限度額は最大70万円です。分割払いは年率が2.01%から24.12%となっており、リボ払いの年率は15%となっており、分割払いとリボ払いの場合は最大100万円のショッピング補償が付帯されるという特典がありますので、計画的に使える方ならリボ払いもおすすめです。

リボ払いには自分のペースに合わせて月々の返済額を決定できる「マイ・ペイすリボ」というものがあります。これを利用すれば年会費が無料になり、ポイント還元率も2倍になります。

京葉銀VISAカードのまとめ

京葉銀VISAカードの発行審査を通るにはACマスターカードがおすすめ!

京葉銀VISAカードは審査基準が厳しい

京葉銀行が発行しているクレジットカードの京葉銀VISAカードは地銀系カードと呼ばれており、地方銀行が発行するクレジット機能ありのカードです。地銀系のクレジットカードは銀行系のカードとなることから入力項目も多く、発行申し込みにあたっての審査が厳しくなり、パートやアルバイトでは通るのが難しい上に、正社員でも通るか不確かなものとなっています。

京葉銀VISAカードを発行するためにACマスターカードでクレヒスを作ろう

クレジット機能があるカードは発行申請者にきちんとした返済能力があるかというのが重要な審査基準となります。これは申請者の年収もありますが、クレジットカードの利用歴も重要視されているためです。クレジットカードの利用歴は信用情報機関に保管されており、クレジットカード発行会社は自由に閲覧することができます。

つまり、利用歴に滞納や延滞がない方が優良顧客というわけなのです。

このクレジットヒストリーを積み上げていくのにおすすめなのが、消費者金融アコムが発行していうる上に、利用限度額が最大800万円と高額なACマスターカードです。年会費が無料な上に、消費者金融会社が発行しているために、アルバイトやパートでも申込み可能となっています。インターネット経由で発行申請すれば最短30分の即日発行を望めますので、すぐにでもクレジットヒストリー作りをすることができます。

ACマスターカードのまとめ

京葉銀VISAカードは発行審査が厳しいのでクレヒス作りにACマスターカードを

年会費1,250円+税別な京葉銀VISAカードは京葉銀行が発行しているクレジットカードです。最大2,000万円の海外旅行保険や最大100万円のショッピング補償を持つカードですが、銀行系のカードのため発行するのには良好なクレジット利用歴が必要です。

京葉銀VISAカードを発行する上で、クレジットヒストリーに自信がないという方に有効なのがアルバイトやパートでも審査が通れて、借り入れ限度額が最大800万円のACマスターカードです。

ACマスターカードはアコム発行のカードとはなりますが、使い勝手は一般的なカードと変わらず、利用額の大きさも見込めるため、末永く使っていけるでしょう。



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club