北洋銀行のJCBデビットカードの審査注意点を総まとめ! 発行期間と公共料金の支払い不可に気を付けてカードを選ぼう

現金のように使える北洋銀行のJCBデビットカード

2017年に創立100周年を迎えた北洋銀行は、北海道の第二地方銀行であり、堅実な経営が道内でも高いシェアを誇っています。

そんな北洋銀行では2015年からデビットカードも取り扱いを始めました。

北洋-JCBデビットについて

デビットカードとは、預金口座と紐付けることで代金を口座から即時引き落としができる決済用カードのことで、現金払いのようにカードを使うことができると人気のカードです。

口座と支払いが直結しているため、銀行に寄らずとも金銭の把握や管理にとても便利だと注目を浴びています。

北洋-JCBデビットカードは、北洋銀行の普通預金口座を持っていれば、15歳以上(中学生は対象外)からインターネットで簡単に申し込むことができます。

初年度は年会費無料で使用でき、翌年度以降は550円(税込)が必要となります。

ですが、有効期限月の翌月1日時点で満23歳以下の方、あるいは1年間のご利用合計金額が10万円以上の方は年会費を2年目以降も無料にすることができます。

券面はスタンダードか北洋銀行のイメージキャラクターであるほっくーの2種類から選ぶことができ、クレジットカードのように現金を持ち歩く必要はなく、預金残高内しか使えないため浪費を防ぐこともできます。

北洋-JCBデビットカードの6つのポイント

現金の代わりに支払いができる

お財布に現金が入ってなくてもATMを探したり、並ぶ必要がないのがデビットカードの便利なところです。

全国のJCB加盟店(一部除く)で利用でき、買い物をする際はカードを提示して「JCBカードの1回払い」と伝え、暗証番号の入力またはサインをすることで即時引き落としの支払いができます。

「小銭や多くの現金を持ち歩きたくない」という方や、インターネットショッピングをしたいけどクレジットカードは使いすぎてしまいそうで怖いという方でも安心して使うことができます。

OkiDokiポイントプログラムでポイントが貯まる

現金の支払いと変わらないから、余計なカードは持ちたくないという人は、ポイント制度があるという点に注目してみましょう。

北洋-JCBデビットカードは、毎月の支払い金額が1,000円(税込)→1ポイントが貯まるOkiDokiポイントプログラムが用意されています。

貯めたポイントは家電などの景品やお食事券、JCBギフトカード等商品券との交換、キャッシュバック、JAL、ANAマイルやWAON、nanacoなどスーパーの提携ブランドのポイントへ移行をすることができます。

生活費をデビットカードで支払うようにすることで、今まではただの支払いだったものを魅力的な還元に変えることもできるでしょう。

例)月に5万円の生活費を北洋-JCBデビットカードで支払った場合

50,000円→50ポイント
50ポイント×12ヶ月→600ポイント

ANAマイルでは1,800マイル、nanacoポイントでは3,000ポイントなどに交換することができます。

利用確認のメールが届く

利用する度にメールが届くので、不正使用などにもすぐ対応でき、安心して利用することができます。(一部、カード利用通知が届かない店があります。)

ただし利用明細の書面は郵送されないので、インターネットでMyJCBを確認する必要があります。

使いすぎを防止できる

即時引き落としのため、原則、登録している北洋銀行の預金口座の残高の範囲内の利用となるため、使いすぎを予防することができます。

また、1回辺りと1日辺りの設定額を決めることもできます。(初期設定は50万円となっています。)

海外でも引き出し可能

海外渡航先で北洋-JCBデビットカードを使って、JCBCirrusのマークがあるATMやキャッシュディスペンサーから現地通貨を引き出すことができます。

1回の利用につき110円(税込)かかりますが、両替をする時間がなかったときや足りなくなってしまったとき、万が一のときにも便利に使うことができます。

※一部ATM・CDにおいて、別途現地金融機関所定の使用料がかかる場合があります。

旅行時の傷害保険が使える

事前に旅行費用などを北洋-JCBデビットカードで支払っていると、旅行時の傷害保険が付帯され、旅行中の事故や病気、ケガに対して補償がおります。

傷害による死亡・
後遺傷害
国内・海外旅行ともに最高3,000万円
傷害による治療
費用
海外旅行のみ100万円限度
疾病による治療
費用
海外旅行のみ100万円限度
賠償責任 海外旅行のみ最高2,000万円限度
携行品の損害 海外旅行のみ1旅行につき20万円限度
(年間100万円限度、1事故3,000円の自己負担となります)
救援者費用等 海外旅行のみ100万円限度

海外では日本の健康保険は使えないため、いざという時のために保険が付いているのはたいへん便利です。

すぐに・いつでもどこでも使いたい人は、要注意

インターネットで申し込みをしてから、2~3週間でカードが郵送されることになるため、すぐに使いたいという人は注意しましょう。

また、北洋銀行の口座を持っていない人は窓口で申し込む必要があります。

JCBのデビットカードは、申し込み時に審査が必要となるため、何らかの信用問題がある場合、審査に落ちてしまう可能性もあります。

また、JCBの加盟店で利用できる北洋-JCBデビットカードですが、一部利用できない店舗もあります。

利用できない加盟店

・登録型加盟店(カード番号を登録し継続的に利用額をお支払いいただく加盟店)
 例)公共料金、携帯電話、新聞、インターネットサービスプロバイダなど
・高速道路通行料金、機内・車内販売
・全てのガソリンスタンド
・一部のタクシー、レンタカー、ホテル


その他、ご利用いただけない加盟店

・toto(スポーツ振興くじ)
・三井住友海上あいおい生命
・SOMPOひまわり生命保険
・QVCジャパン
・スクロール
・ジュピターショップチャンネル
・ダスキン
・ワコール
・e+(イープラス)
・ローソンチケット
・一般社団法人民事法務協会

公共料金や携帯電話などカードを登録して継続的に利用額を支払う登録型加盟店やガソリンスタンド、高速道路や車内・機内販売、一部のタクシーやホテル、イープラス・ローソンチケットなどでは使用できません。

急ぎでほしい・そのような場面で使いたいと思っている人はクレジットカードも検討してみるといいでしょう。

すぐに使いたい方が検討するべきカードとは

すぐにネットショッピングで買いたいものがある方には、カード番号が最短5分で発行される三井住友カード ナンバーレス(NL)がおすすめです。

三井住友カード ナンバーレス(NL)はご利用金額200円(税込)につき1ポイント、ポイント還元率は0.5%ですが、年会費が永年無料のクレジットカードです。

その名の通りカード券面にはカード番号、有効期限といった情報が記載されていないため、安心・安全にカードを利用できるでしょう。



三井住友カード ナンバーレス(NL)

年会費

永年無料

還元率

0.5%~5.0%

発行期間




オンライン申込から
最短5分で
カード番号を発行

(カードは最短翌営業日発行)※即発申込に関しては19:31~8:59は時間外の為、申込不可。

ETCカード



550円(税込)
(初年度無料)
(年1回の利用で無料)

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

新規入会とご利用で最大をプレゼント!
入会&ご利用でご利用金額の15%(最大のVポイント)Vポイントギフトコード1,000円分が獲得できるキャンペーンを実施中です。
三井住友カード(NL)バナー
最短翌営業日のスピード発行に対応
三井住友カード(NL)は申し込みから最短翌営業日のスピード発行に対応しています。
申し込んでからカードが届くまでの待ち時間が少ないので、すぐにカードを利用したい人におすすめ。
ナンバーレスの券面で強固なセキュリティ
ナンバーレスの三井住友カード(NL)は年会費が永年無料
カード情報が券面にないデザインで、安心安全のクレジットカードです。
ポイントが貯まりやすい!
セブン-イレブン・ファミマ・ローソン・マクドナルドの獲得ポイントが常に5倍(※)!さらに選んだ3店で常にポイント2倍!
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。
※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。
ステータス性が高い
三井住友カード(NL)は入会の敷居は厳しくないものの、銀行系クレジットカードということもありステータス性も高く、将来にゴールドカードを持ちたいと考えているかたにもピッタリのクレジットカードです
ETCカードは実質無料
ETCカードは年会費550円(税込)ですが、初年度は年会費が無料でETCの利用が1回でもあれば次年度も年会費が無料になります。
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 最高2,000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 最短翌営業日 ~100万円


クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト