仮想通貨におすすめのクレジットカードはどれ?仮想通貨をクレカで購入するメリットについても徹底解説

仮想通貨におすすめのクレジットカードはどれ?仮想通貨をクレカで購入するメリットについても徹底解説 トップ画像

近頃「ビットコイン」や「メタバース」といった単語を見る機会が増えたのではないでしょうか?

仮想通貨の大手取引所ではVisaやMastercard®といったクレジットカードを使えるようになり、手軽に仮想通貨を購入できるようになりました。

支払い環境や管理体制が整ってきた仮想通貨には、個人の投資家はもちろん、大手企業も仮想通貨に深く参画するようになってきたので、注目されているのです。

誰でも買えるようになった仮想通貨ですが、仮想通貨の購入で使うクレジットカード選びを間違えると、損得に差が出てしまいます

そこで、仮想通貨の購入におすすめのクレジットカードはどれか、詳しく解説していきます。

この記事でわかること

・仮想通貨をクレカで購入するメリットとデメリット
・アメックスやJCBで仮想通貨を買えるか
・仮想通貨におすすめのクレジットカード
・bitFlyerクレカをおすすめしない理由

仮想通貨だけでなく日常使いもおすすめのカード
仮想通貨の購入ができる国際ブランドがあり、高還元&優待が豊富なので日常使いにもおすすめです!

仮想通貨をクレカで購入するメリット

仮想通貨をクレカで購入するメリット

メリット①仮想通貨購入が手軽

仮想通貨は多くの場合、振り込みによる支払いを受け付けていますが、徐々にクレジットカードで支払い対応をしている取引所も増えてきています。

現在、国内でクレジットカードでの支払いに対応した大手取引所は以下の2ヵ所となっています。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Zaif(ザイフ)

仮想通貨をクレカで購入するメリットのひとつ目は、なんと言っても手軽に支払いができるところ。

仮想通貨の購入は今でも銀行振込で購入するケースも多く、ときには夜中に慌ててコンビニまで行って支払うのも珍しくありません。

クレカ払いなら時間と場所を選ばず取引できるので、苦労が少なくすみます。

メリット②仮想通貨をクレカで購入するとポイントが獲得できる

ふたつ目のメリットは、仮想通貨を購入する時にカード払いすることで、カードに付帯したポイントプログラムによるポイントを手に入れられることです。

貯めたポイントは仮想通貨に使ったり、日常生活の支払いに還元したりと、直接利益へプラスに働きます。

仮想通貨をクレカで購入するデメリット

仮想通貨をクレカで購入するデメリット

仮想通貨をクレジット決済すると手数料がかかる

クレジットカードで仮想通貨を購入するデメリットは、手数料の高さがあげられます。

仮想通貨をクレジット決済すると手数料がかかるため、注意しながら取引しましょう。

クレジットカードで仮想通貨購入する際のおすすめの取引所

クレジットカードによる仮想通貨購入に対応しているおすすめの大手取引所は、bitFlyerとZaifです。

CoincheckはNEM流出事件の影響で最悪の場合は取引所閉鎖の可能性もあり、油断できない状況というのもひとつの理由ですが、bitFlyerとZaifには以下のような点からおすすめです。

bitFlyerは国内最大手の仮想通貨取引所として高い評価を得た定番どころなので、仮想通貨の初心者でも安心です。

セキュリティチェックが厳しいので、万が一不正出金をされて損害を受けた場合には年間最大500万円を補償してもらえます。

その他、クラウドファンディングの「fundFlyer」や仮想通貨関連メディアの「BTC News」を提供しているなど、多くの業種を取り仕切っている総合プラットフォームです。

Zaifはビットコインを購入する際の手数料は他と比べて安いというのがおすすめポイントです。

10万円分の仮想通貨を
クレカ購入した際の手数料
bitFlyer Zaif Coincheck
ビットコイン 9.17% 8.51% 8.5%
モナコイン 14.4% 10.32% -

※コインチェックはクレカ購入停止前の値を参考にしています。

「Zaifcoin積立」というサービスを使えば毎月、決まった額のビットコインを自動で購入し、長期的な仮想通貨資産の運用もできます。また、ビットコインを使った信用取引や「ビットコインAirFX」という期限到来による決済がない上に、ほぼ現物価格でレバレッジ最大4倍での取引も可能です。

仮想通貨の購入にアメックスやJCBは不向き

仮想通貨の購入にアメックスやJCBは不向き

仮想通貨のクレジットカード購入に対応している、大手取引所のbitFlyerとZaifの受け付けブランドはVisaとMastercard®のみです。

かつてCoincheckならJCBブランドが選択できましたが、現在はクレジットカード決済が停止中となっています。

海外の取引所や仲介を通せば不可能ではないかもしれませんが、国内で取引するならばVisaまたはMastercard®のクレジットカードを持つようにしましょう。

仮想通貨の購入でおすすめのクレジットカードはどれ?

仮想通貨の購入でおすすめのクレジットカードはどれ?

選ぶポイントは「限度額」「還元率」「年会費」

仮想通貨の購入に向いたクレジットカードを選ぶポイントは3つです。

限度額 投資を行うのに予算は選択を大きく左右しますので、限度額(利用可能枠)が大きいクレジットカードを選ぶのがおすすめです。
還元率 仮想通貨は数万から数百万単位を買い付けるケースが多いので、高還元であるほど獲得ポイントも多くなります最低でも0.5%、ポイントにこだわりがなければ使い勝手のよい自動キャッシュバックのクレカを選びましょう。
年会費 年会費が無料のクレジットカードを選べば、維持費でマイナスにならず、むしろ貯まったポイントは直接的な利益となります。

選択のポイントには含めませんでしたが、クレジットカードの審査や発行期間が心配な方もいるでしょう。

その点、三井住友カード(NL)ACマスターカードは安心して発行できますし、選ぶポイントも当てはまっています。

三井住友カード(NL)なら即時発行可能で安心感がある

限度額 ~100万円
還元率 0.5%~5.0%
年会費 永年無料

三井住友カード(NL)はクレジットカード本体と家族カードの年会費が永年無料なだけでなく、本来年会費が550円(税込)かかるETCカードも年1回以上の利用で無料になります。

利用可能枠は最高100万円のため、数百万円単位の高額取引を予定していない方であれば十分な額となるでしょう。

申込み基準は満18歳以上の方(高校生除く)というものです。年収などが基準に組み込まれていないため、学生やアルバイト・パートの方でも申し込み可能となっており、幅広い方からの支持を得ています。

最短5分でカード番号が発行される

三井住友カード(NL)は最短5分でカード番号が即時発行できるのが大きな魅力です。
※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

カードの到着を待たずして使えるので、今すぐ仮想通貨の購入に使いたい方にはベストな選択でしょう。

還元率が高くて日常使いもしやすい

三井住友カード(NL)は通常200円の利用ごとに1ポイント貯まるため、ポイント還元率は0.5%です。

仮想使いを支払いにも安心な銀行系のカードですが、日常使いにもサービスが豊富で、還元率をアップさせる特典が複数用意されています

ひとつは三井住友カード(NL)をセブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで利用する方法。これだけでポイント+2%還元されます。

加えて、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどでの利用時に、Visaのタッチ決済またはMastercard®コンタクトレスを使うと、さらにポイント+2.5%還元されます。

つまり、合計最大5%還元もお得になります。


もうひとつは、三井住友カード(NL)は好きな店舗を最大3つまで登録し、登録した店舗で利用すると通常のポイントに0.5%加算して還元できます。

他にも、ポイントUPモールを経由してオンラインショッピングすることでポイントが+0.5~9.5%になるなど、還元率アップの手段は豊富にあるのです。※2022年7月現在(ポイント還元率は予告なく変更となる場合がございます。)


ACマスターカードなら年会費無料で最短即日発行できる

限度額 10万円~300万円
※カードローンとショッピングのご利用合計の上限は800万円までとなります。
還元率 0.25%(自動キャッシュバック)
年会費 永年無料

「クレジットカードの審査が心配」「できるだけ早くカードを受け取りたい」と考えている方はACマスターカードを検討してみましょう。

年会費無料&独自審査を導入していてハードルが低い

ACマスターカードは年会費が無料で、利用可能枠が10万円~300万円と高額設定も望めるので、仮想通貨購入の予算に大きく充てられます。
※カードローンとショッピングのご利用合計の上限は800万円までとなります。

独自基準で審査を行うので、過去の利用実績だけでなく現在の収入等を考慮してくれます。その上アルバイトやパートの方でも申し込み可能なので年収ハードルもあまり高くないと考えられます。

ポイント還元はありませんが、ショッピング利用額の0.25%の自動キャッシュバックがあります。ポイントにこだわりが無い方は、ポイント失効やポイント交換の手間がかからないという点でもおすすめです。

申し込みをしてから最短で即日発行に対応している

ACマスターカードは最短30分審査と、審査完了までの時間が圧倒的に短いので、急にクレジットカードを作らなくてはいけないという方からも需要があります。事前に「3秒診断」で可能性を簡単に調べることも可能です。

通常のクレジットカードは郵送をしてもらいますが、ACマスターカードは自動契約機(むじんくん)で当日カードを受け取リにいけるようになってます。

審査に通りそうか事前に確認したい方は「3秒診断」で発行可能性をチェックしてみましょう。

bitFlyerクレカより普通のクレジットカードがおすすめ

bitFlyerクレカより普通のクレジットカードがおすすめ

大手取引所のbitFlyerには「bitFlyerクレカ」という提携カードが存在しますが、仮想通貨以外のお買い物でも貯まるのは融通の効くポイントではなく、ビットコインの1択となっています。還元率も0.5%~1.0%と取り立てて高いわけでもありません。

スタンダードカードなら年会費は無料ですが、年齢が20歳以上であることと、bitFlyerの口座を持つ必要があることから、審査面ではご紹介した三井住友カード(NL)やACマスターカードより気軽とは言えないでしょう。

仮想通貨購入の専用カードを用意するつもりがなければ、提携カードよりサービスが豊富な一般のクレジットカードの方が使い勝手がよくておすすめです。

審査が不安という方や高額な仮想通貨を取引したい方ならACマスターカードで、もし信用情報に傷がない方や日常生活で使えるサービスが欲しい方は高還元も望める三井住友カード(NL)を選んでみてはいかがでしょうか。



三井住友カード(NL)

年会費

永年無料

還元率

0.5%~5.0%

発行期間




オンライン申込から
最短5分で
カード番号を発行

(カードは最短翌営業日発行)※最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

ETCカード



550円(税込)
(初年度無料)
(年1回の利用で無料)

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

新規入会とタッチ決済ご利用で最大をプレゼント!
入会&ご利用でご利用金額の15%(最大のVポイント)、さらにはタッチ決済ご利用でVポイントギフトコードが獲得できるキャンペーンを実施中です。
三井住友カード(NL)バナー
最短翌営業日のスピード発行に対応
三井住友カード(NL)は申し込みから最短翌営業日のスピード発行に対応しています。
申し込んでからカードが届くまでの待ち時間が少ないので、すぐにカードを利用したい人におすすめ。
ナンバーレスの券面で強固なセキュリティ
ナンバーレスの三井住友カード(NL)は年会費が永年無料
カード情報が券面にないデザインで、安心安全のクレジットカードです。
ポイントが貯まりやすい!
セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどの獲得ポイントが最大5%(※)!さらに選んだ3店で常にポイント2倍!


ステータス性が高い
三井住友カード(NL)は入会の敷居は厳しくないものの、銀行系クレジットカードということもありステータス性も高く、将来にゴールドカードを持ちたいと考えているかたにもピッタリのクレジットカードです
ETCカードは実質永年無料
ETCカードは年会費550円(税込)ですが、初年度は年会費が無料でETCの利用が1回でもあれば次年度も年会費が無料になります。
初年度年会費 海外保険 国内保険
永年無料 最高2,000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 最短翌営業日 ~100万円


Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介