破格の特典航空券! 6,000マイルで往復できる「JALどこかにマイル」を上手に使う方法


貯まったマイルで早く&お得に旅行が楽しめる方法とは?

普段の日常から離れ、今まで見たことのない景色を見たり、美味しいものを食べたり、普段ではできない様な経験ができるのが「旅行」です。

そんな旅行ですが、行先やプランにもよりますが、意外とお金がかかってしまうと悩んだりしてはいませんか。出費が気になって趣味であっても気軽に楽しめないという方も多くいることでしょう。

そんなジレンマを抱える方におすすめなのが「JALどこかにマイル」です。

JALどこかにマイル

「JALどこかにマイル」とは?

「JALどこかにマイル」は「日本航空株式会社(JAL)」が提供するJALマイレージバンクに登録すれば利用できるサービスのひとつです。

具体的には、往復がたった“6,000マイル”でJALグループ国内線特典航空券を利用できるというサービスになります。

離発着する空港には限りがありますので、どこでも好きなところに行けるわけではないという点に注意が必要ですが、マイルが非常に低いので、早い段階で旅行に行けるというメリットがあります。

そもそも「マイル」とは?

よく飛行機を利用した際に、「マイル」や「マイレージ」という言葉を耳にします。一昔前と比べて、だいぶ浸透してきたように感じますが、「マイレージ」とは航空会社が実施しているポイントプログラムのことを意味し、「マイル」はそのポイントの単位を指します。

百貨店やスーパーなどではショッピングの際に、ポイントカードにポイントが貯まりますが、それと同様にマイレージプログラムでは、フライトやショッピングで「マイル」というポイントが貯まる仕組みです。

貯まったマイルは国内線・国際線の無料往復航空券(特典航空券)をはじめ、様々なサービスと交換することができます。ですから、貯まった「マイル」を航空券に交換すれば、お得に旅行が楽しめるのです。

「JALどこかにマイル」の利用方法は?

「少ないマイルで旅行をしたい」「旅先にこだわりはない」という方におすすめなのが、「JALどこかにマイル」です。

「JALどこかにマイル」の往復6,000マイルは、金額に換算すると約6,000円相当です。羽田から大阪や博多まで行くと、新幹線でも飛行機では往復で、ゆうに30,000円以上となりますので、こんなにお得なことはないでしょう。

利用条件

「JALどこかにマイル」を利用するには、JMB会員になっている必要があります(入会金・年会費無料)。JALマイルを貯めるにはJALマイレージサービスを利用する必要があるので、マイルを貯めている時点で入っているかと思いますが、「これからマイルを貯める」という方は覚えておきましょう・

次に、具体的な「JALどこかにマイル」の利用方法を見ていきましょう。

手順

  1. まずパソコンやタブレット、もしくはスマートフォンで「どこかにマイル」公式サイトへアクセスします。
  2. 「特典を申し込む」ボタンを選択し、遷移先で必要事項を入力して会員ログインします。
  3. 特典航空券の発着地・利用日・時間帯・人数を入力します。
    ※JALグループ国内線で、東京(羽田)、大阪(伊丹)発着の全路線(直行便のみ)が対象ですので、出発地空港は、東京(羽田)、大阪(伊丹)の2つから選択できます。
  4. 行き先空港の候補が表示されます。確認のうえ、搭乗者の情報を入力し、申し込みをします。
    ※この際に、申込者以外にマイルを利用して同行する者がいる場合には、マイル引き落とし手続き期限までに、別途本人によるマイル引き落とし手続きが必要になります。
  5. 申し込み後、3日以内に行き先が決定したことや、搭乗便がメールにて送られてきますので、必ず確認をします。

利用手順は以上となります。行先が選べないことに不安を覚える方も多いですが、観光や美味しいものも十二分に楽しめる旅行として楽しみにしておきましょう。

マイル残高には注意

とてもお得な「JALどこかにマイル」ですが、利用する上での注意事項があります。「JALどこかにマイル」マイル引き落とし時にマイル残高不足などによりマイルの引き落としができない場合、申し込み内容はすべて自動的に取り消し扱いになってしまいます。つまりは利用できないということです。

余ったマイルの使い道がある!

「JALどこかにマイル」利用後の余ったマイルなど、6,000マイルに満たないマイルがあった場合にも利用方法があります。

例えば1,000ポイントでも、JMB旅プラス会員入会金・年会費無料)になっていれば、ツアー購入時に1,000マイル→1,000円相当として利用できます。また、2,000マイルから、提携企業発行のクーポンに交換したり、チャリティーに参加したり、提携自治体の商店街などで利用できる自治体ポイントに交換ができます。

身近なところでは3,000マイル以上あれば、ローソンが発行しているPontaポイントやイオングループが発行しているWAOMのポイントやマクドナルドで利用できるポイントなど様々なポイントに交換もできます。さらに5,000マイル以上あれば、「e JALポイント」という航空券やツアー購入の際に利用できます。

ですから、6,000マイルを貯めないと無駄になってしまうわけではありません。詳細は、JALどこかにマイル公式ホームページから確認できますので、ご自身にあった使い道を考えてみるとより効果的に活用できます。

「JALどこかにマイル」のキャンセル方法と払い戻しの注意点

「JALどこかにマイル」はマイル引き落とし手続きが完了してしまうと、たとえ出発前であってもマイルの払い戻しはできませんので注意しましょう。

キャンセルの手順

キャンセル手続きはパソコンやスマートフォンからでも可能です。

  1. JALどこかにマイル公式ホームページにログインしたら、「お申し込み内容の確認・取り消し」ボタンを選択します。
  2. 申し込み一覧が表示されるので、キャンセルしたい内容の「確認」ボタンを選択します。
  3. マイル引き落としが完了している場合は「搭乗者を取り消しする」ボタンを押し、取り消しをしたい登場者の左横のボックスにチェックを入れて「取り消し内容の確認へ進む」ボタンを選択します。マイル引き落としが全て完了していない場合は「すべて取り消す」ボタンを押しましょう。
  4. 内容を確認した上で「取り消しする」ボタンを押します。

以上でキャンセル手続きが完了します。取り消しが完了した内容が表示され、指定のメールアドレス宛に取り消し完了通知のメールが送信されますので確認しましょう。

マイルを効率よく貯められるクレジットカードとは?

とてもお得な「JALどこかにマイル」の仕組みについてご説明してきました。それでは、より効果的に利用するために、効率よくマイルを貯める方法を知っておきましょう。

貯める選択肢は色々とありますが、効率良く貯める一番の方法はクレジットカードを利用することです。こちらでは、特におすすめの2枚のJALカードについてご紹介します。

JALカードは名前の通り、「日本航空株式会社」という航空会社が発行しているクレジットカードです。そのため、同社が提供している「JALマイレージバンク」というサービスとも相性が良く、効率よくマイルが貯めることができるのです。

JAL 普通カード


年会費 2,000円+税※初年度無料
※アメックスの場合6,000円+税
還元率 0.5%
ETCカード 無料

最もスタンダードな「普通カード」の国際ブランドは、VISA・Mastercard・JCB・アメックスの4種から選べます。

通常マイルの貯まり方は、200円につき1マイルと低めですが、ショッピンクマイルプレミアム(年会費3,000円+税)に加入することで100円で1マイルに変えることが可能です。

自動付帯で海外旅行保険が最高1,000万円、国内旅行保険が最高1,000万円付帯しており、ショッピング保険も年間補償額100万円と安心のサービスが付いていて、安い年会費に対して満足いくものになっています。

入会資格が「18歳以上(高校生を除く)」となっているので、学生でも持つことは可能ですが、年会費を考えると在学中の方は年会費無料で持てる「JALカードnavi(学生用)」がおすすめですので、学生の方はこちらも合わせて検討してみてください。

今ならお得な入会特典が手に入る!

JAL 普通カードは本サイトからお申込みいただくと入会特典で、最大1,850マイルを獲得することができます。獲得条件も非常にハードルが低いので、JALカードを手に入れたい方は忘れずに参加してみましょう。

JAL CLUB-Aゴールドカード


年会費 16,000円+税
※アメックスの場合19,000円+税、ダイナースは28,000円+税
還元率 1.0%
ETCカード 無料

JAL CLUB-Aゴールドカードの国際ブランドはVISA・Mastercard・JCB・アメックスに加え、ダイナースクラブの5種から選べます。

ゴールドカードのため年会費は高めですが、還元率が100円に付き1マイルになる「ショッピングマイル・プレミアム」の年会費3,000円+税が無料です(自動入会)。

国際ブランドによって異なりますが、海外/国内旅行傷害保険が最大5,000万円~1億円自動付帯し、ショッピング保険も300万円と、高額な保険が付いています。

今ならお得な入会特典が手に入る!

JAL CLUB-Aゴールドカードは本サイトからお申込みいただくと入会特典で、最大8,050マイルを獲得することができます。この機会を逃さずにぜひ申し込んでみてください。

JALカードを使うとどれほどお得?

費用はどれくらいかかる?

いくらお得なカードと言われても、費用がかかってしまうようではお得感がないという方もいるでしょう。それでは、「JALカード(普通カード)」の場合で、いくらかかるのか具体的に考えてみましょう。

  • 年会費:2,000円+税
  • ショッピングマイル・プレミアム年会費:3,000円+税

合計で5,000円+税です。

JALカードに加入し搭乗すると、入会搭乗ボーナスとして1,000マイルもらえ、その翌年以降も毎年最初の搭乗時に1,000マイルもらえます。さらにフライトマイルの10%をプラスして貯めることができます。

また、「ショッピングマイル・プレミアム」に加入することで、カードで支払いをするたびに、100円につき1マイル貯まります。1年で1度も航空機を利用せず、1カ月あたり10万円をカードで支払ったと考えてみましょう。

  • 10万円÷100円×12ヶ月=12,000マイル

普通にカードを利用するだけで、1年間に12,000円相当のマイルが貯まるということです。「JALどこかにマイル」を利用するなら、2回も旅行できるという計算になります。

例え毎年計5,000円+税がかかっても、これは大変お得と言えるでしょう。

マイル移行手数料について

JALカードと他のクレジットカードを比較してみると、大きな違いとして「JALカードは直接マイルが貯まる」というメリットがあります。

どういうことかというと、通常他のクレジットカードでは、マイルではなくカード会社独自のポイントが貯まり、それをマイルに交換するという形式をとっています。この際、ポイントをマイルに交換するための移行手数料がかかってしまうのが一般的です。

しかし、JALカードは航空会社が発行しているカードなので、ポイントを経由せず、余分なコストなしでマイルを貯められます。お得に、そして簡単に貯まったマイルを利用することができるのです。

ANAカードと比べると


同じく航空会社が発行しているカードとして「ANAカード」があります。しかし、マイルの貯め易さという観点からみるとJALカードの方がマイルを貯め易いといわれています。

JALカードの場合、1回の買い物ごとの利用金額を200で割って、その値の小数点第1位を四捨五入して、獲得マイル数が算出されます。

例)300円の買い物をした場合

JAL(通常):300円÷200=1.5 → 四捨五入して2マイル
JAL(ショッピングマイル・プレミアムに入会済):300円÷100=3マイル
ANA:300円÷200=1.5 → 1ポイント(※マイル移行が必要)

この差は積もると大きな差となります。マイルやポイントの付与数を計算する際に、四捨五入を導入しているクレジットカードは決して多くはないので、お得に効率よくマイルを貯めることができるのです。

効率よくマイルを貯めるにはJALカードがおすすめ!

JALカードで日常生活から効率よくマイルを貯めて、お得に旅行を楽しみましょう。

JAL 普通カード

年会費

2,200円

還元率

0.5~1.0%

発行期間

約3週間

ETCカード

無料

初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 最高1000万円
(※AMEXの場合 最高2,000万円)
最高1000万円
(※AMEXの場合 最高3,000万円)
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 約3週間 個別設定


クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト