楽天JCBカードでnanacoポイントを3倍にする方法


楽天カードのポイントボーナス特典は利用次第でかなりお得

クレジットカードの中でも、楽天カードは人気の高いクレジットカードですが、その利用方法は意外と知られておらず、楽天カードのメリットをフルに使いきれている方は少ないのです。 また、その良さを十分に理解して楽天カードを選んでいる方も少ないと言えるでしょう。

確かに楽天カードはポイントを多く貯められますが、いつ、どんなとき、どれぐらいつくのかについては把握しきれないほど、多様に提供しているために、理解しづらいという欠点もあります。できればそのポイント付与のタイミングを知って、 もっと効率良くポイントを貯めていきたいものです。

そこで今回は、特にあまり知られていない、楽天カードの効果的なポイントを貯める方法を、具体的に紹介していきます。その前に楽天カードのポイントプログラムにはどんなものがあるのかを紹介していきます。

楽天カードのポイントプログラム一覧


ポイントサービス名称 サービス内容
もらったポイントは楽天市場のお買い物や楽天トラベルの国内宿泊予約、楽天トラベルの高速バス予約、海外航空券予約などで2,000円分として使えます。
楽天カードを利用すると、楽天市場での利用では、いつでもポイント2倍になる。
JCB加盟店、MasterCard加盟店、VISA加盟店でのご利用で、「楽天カード利用ポイント」としていつでも100円につき1円(1%分)の楽天スーパーポイントが貯まります。
×2ポイントクラブに加入すれば、加入内容により、6,16,26日にポイント2倍付与されます。
楽天スーパーポイントの加盟レストラン、居酒屋、カラオケなどでのカード利用でポイントが2倍付与されます。
月に2回開催されるポイント最大10倍優待キャンペーンにご招待します。
対象期間の楽天カード利用で、ポイントが3倍付与されます。
ETC利用で、100円につき1ポイントの付与が受けられます。(年会費540円)
Edy付楽天カードの楽天Edyを使うと、全国の加盟店で200円につき1ポイント貯まります。
楽天スーパーポイント加盟点でのカード利用で100円利用でポイント3倍が付与されます。

ETCカードや最大3日間ポイント2倍は有料サービスとなっていますので、注意しておきましょう。

更にお得にポイントを貯めるには、特典の組み合わせが鍵

楽天カードのポイントサービスは、楽天スーパーポイントと呼ばれていますが、このサービスは、他のポイントサービスとポイント交換が可能になっており、利便性が非常に高いサービスとなっています。

それらのポイントサービスとの組み合わせによっては、メリットの大きなサービスを受ける事が出来るケースがあります。そこで最近特に人気が高い電子マネーとして、注目を受けているnanacoポイントカードについて紹介しておきます。
まず、電子マネーnanacoとはどのようなものなのかを紹介しておきます。

電子マネーnanacoのサービス概要


レジでnanacoをかざすだけで、あっという間に精算が終了。ピュリーン♪という音がお支払い完了の合図です。
電子マネーだから小銭いらず。おつりの小銭でお財布が重くなる心配もありません。
セブン-イレブンをはじめ、全国のnanacoが使えるお店でnanacoを使ってお買い物をすると、ポイントが貯まる!
貯めたポイントは、電子マネーに交換して、お買い物に使えます。

お買い物で貯める
ボーナスポイントで貯める
ポイント付メールで貯める
ポイント交換で貯める エッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドで貯める セブン銀行のお取引で貯める
セブンカード・プラス(クレジット払い)のご利用で貯める
セゾン・UCのクレジットカードのご利用で貯める
ペットボトルリサイクルで貯める

電子マネーに交換する
提携先ポイントに交換する
セブンネットショッピングでお買い物をする
nanacoグッズに交換する ポイントで募金をする  

nanacoポイントと提携先ポイントを便利につなぐ、ポイント交換サービスです。

有効期限を確認して、期限内にお使いください。※ご利用いただけない場合、失効となります。

電子マネーnanacoはセブン&アイホールディングスの発行する電子マネーなのですが、コンビニでの買い物など、便利に利用できます。

しかし、nanacoの利用でポイントが貯まるのは事実ですが、これが楽天カードとどう関係するのでしょうか。
実はこのnanacoは、ポイントを貯めるだけではなく、電子マネーとして利用するには当然チャージが必要なのですが、 楽天カードを利用すると、ポイントの3重取りが可能になるのです。
では具体的にどの様に利用するのかを紹介していきます。

JCBの場合だけ可能なnanaco利用の裏技

このポイント重複取りの裏技を利用するにはいくつかの条件があります。


no.1 楽天カードの選択ブランドをJCBにしておく事
no.1 楽天カードの×2ポイントクラブのサービスに加入する事。
  (頻度は月に1度でもOK)

以上が、必要な準備となります。
実はnanacoを電子マネーとして利用する場合、楽天カード、それもJCBブランド利用でチャージを行うと、チャージ金額分のポイントが付与されるのです。

また、そのチャージ日は必ず×2ポイントクラブの指定日で実施します。
そうすると、実質的にポイント付与が2倍になります。最後にこのチャージがなされたnanacoを利用する事で、ポイントが付与されますので、合わせて3倍のポイント付与が受けられる訳です。

つまり、nanacoを利用する事で、ポイント2倍日のチャージ時に2、更に利用時に1、合わせて3倍のポイントを重複して貯める事が出来る訳です。

この利用法を使えば、nanacoカードで決済を行っても実質的に楽天カードでポイントが非常に多く貯める事ができるようになる訳です。×2ポイントクラブは、毎月の手数料がかかるサービスですが、月々の手数料が108円の最も安いプランへの加入で十分です。
他のカード利用でもポイントが2倍になりますので、カード利用をこの日に合わせて行う事で、デメリットは解消可能です。
基本的にこの日に合わせてnanacoのチャージを行う事で、毎回、まずポイントを2倍にする事が可能です。チャージした電子マネーはなからず利用しますので、必ずポイントは3倍になる訳です。



楽天カードはその他にも様々なメリットの多いクレジットカード

楽天カードはそのカード自体のポイントサービスだけではなく、他のサービスと組み合わせる事で、それ以外にもメリットを見いだす事が可能です。

また、ここでは紹介していませんが、楽天スーパーポイントはランクを上げていけば、さまざまな固有のボーナス特典を受ける事も可能ですので、ポイントボーナスのメリットは紹介した内容以上のものがあると言えるでしょう。

楽天カードはこれ以外にも、加入のしやすさで人気の高いクレジットカードとも言え、カード発行元の楽天が運営する楽天銀行は、ネットバンクサービスを提供している事から、キャッシングサービスなどにも力を入れているクレジットカードです。

付帯保険も利用付帯ではありますが 、年会費無料カードとは思えない最高水準の海外旅行最高2,000万円の死亡・後遺傷害や携行品補償が付与されています。
その他追加カードも年会費永年無料で利用可能ですので、非常に加入メリットの大きなクレジットカードだと言えるでしょう。

nanacoポイント3倍取得方法のまとめ

ポイント01
JCBブランドの楽天カードに加入する。
ポイント02
nanacoカードに加入していない方は、事前にnanacoカードにも加入しておく。
ポイント03
×2ポイントクラブに加入し、ポイント2倍の日にnanacoのチャージを行う。

上記条件を整えてnanacoカードを電子マネーで利用すると、楽天ポイントのポイント付与が3倍になる。

nanacoポイントを効率良く貯めたい、 クレジットカード払いで上手にポイントを貯めたいという方は楽天カードが特におすすめです!




ポイント還元率が高いクレジットカードなら三井住友VISAもおすすめ

楽天カードは楽天ポイントやnanacoポイントを効率的に貯めることのできるカードなので人気がありますが、どちらのポイントプログラムも使い道が限られてしまいまうためポイントは貯まっているけどあまり有効活用できていないという方も多いのではないでしょうか。

そこで楽天カードにも負けない高還元率のポイントプログラムがある三井住友VISAカードのご紹介をします。

iD搭載なのでどのコンビニでもポイントを貯めることができる

楽天カードの場合は貯めたnanacoポイントを使うためにはセブンイレブンに行かなくてはいけません。

日常的にセブンイレブンを利用している方でしたら問題はありませんが、セブンイレブンが近くになかったり他のコンビニの方が好きという方には使いにくい面があります。

一方、三井住友VISAが採用している電子マネーiDは主要コンビニのほとんどで使用することができるので、「電子マネーを使いたいけど使えるコンビニがない」という状況にはなりにくいです。

iDが使用することができるコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • サークルK
  • サンクス

iD決済によるポイント加算は1,000円=1ポイントと一見還元率の悪いポイントプログラムに見えますが、ポイントの使用先によって1ポイント=5円相当の価値になることもあるため、還元率は0.5%前後となり平均的なポイント還元率となります。

楽天カードに負けないポイント還元率を誇るポイントUPモールとは

楽天市場で楽天カードを使ったり、ポイント倍増ショップで買い物をするとポイントが還元率が最大で9%になることがあるため楽天市場でネットショッピングをよくする人にとって楽天カードは必需品でしょう。

しかし、ポイント還元率という点では三井住友VISAカードもかなり高い水準の還元率でポイントを貯めることができます。

三井住友VISAカードの会員がポイントUPモールという会員専用のページから買い物をすることで通常の20倍の還元率で商品を購入することができるため、最大で還元率は10%となり9%の楽天カードを抜くことになります。

ポイントUPモール経由で購入できるショッピングサイトは楽天市場やAmazonなどの大型ショッピングモールをはじめ、ファッション・家電・グルメ・旅行・本など合計300以上にのぼるため、買えないものを探すのが難しいでしょう。

ステータス性は三井住友VISAの方が高い

「楽天カードは誰でも審査に通る」という印象が強いためか楽天カードと三井住友VISAカードののステータス性を比較したときは三井住友VISAカードの方が高いと答える方が多いでしょう。

流通系のクレジットカードはできるだけ多くの人に利用してもらうために審査は緩くする傾向があり、その中でも楽天カードは審査に追加しやすいカードの一つと言えます。

楽天カードは人によって「あまり外で使いたくない…」と考える方もいるほどなので、ポイントが貯まりやすいメリットはあるもののクレジットカードのステータス性を気にする方にとってはあまりおすすめできないカードです。

三井住友VISAカードは銀行系のクレジットカードなので印象は良く、更に上のゴールドカードへランクアップをするとハイステータスならではのサービスも受けることができるようになります。

もし将来的にゴールドカードへ移行したいと考えている方はなるべく早い段階で三井住友VISAカードの利用実績を作っておくといいでしょう。

審査について

三井住友VISAカードの審査基準は決してハードルの高いものではなく一般企業に勤務している会社員の方でしたら問題なく審査に通過することができます。

入会資格は「満18歳以上の方(高校生は除く)※未成年は親権者の同意が必要」というシンプルな条件なので、正社員だけでなく非正規雇用(派遣・契約・フリーターなど)の方も安定した収入があれば審査を通過する可能性は十分あります。

申し込みから審査完了までの期間は最短で当日、審査完了後にカードが手元に届くまで約1週間ほどかかるので審査はすぐに終わりますが、全体を通してみると一般的なクレジットカードと同程度の審査スピードでしょう。

審査が不安な方はACマスターカードもおすすめ

新しくクレジットカードを作りたいと思っていても審査に通過しなくては利用することはできないので、クレジットカード審査が不安な方もいるでしょう。

もし審査に不安を感じているならACマスターカードがおすすめです。


ACマスターカード

ACマスターカードは審査に通過しやすく年会費無料のため非常に人気があり、上限金額も高めに設定されているのでメインカードとしてはもちろんサブカードとしても利用しやすいクレジットカードとなっています。

カードフェイス
年会費 無料
申し込み資格 アルバイト・パート、主婦の方もOK
※一定の収入があれば、審査の上融資可能(専業主婦を除く)
利用可能枠 クレジットのご利用限度額最高300万円(カードローンもご利用する場合は上限800万円まで)
その他機能 キャッシュバック機能あり

また、審査の申し込みをしてから最短30分でクレジットカードを発行し、即日利用できるという点もACマスターカードの魅力です。

急ぎでクレジットカードを作りたいという方はACマスターカードも選択肢の一つに入れるといいでしょう。

三井住友VISAカードはお得な入会キャンペーン開催中

三井住友VISAカードは現在最大10,500円分プレゼントされる入会キャンペーンを行っています。

このキャンペーンは細かい達成条件が全部で9つありますが一つ一つのハードルは高くないため入会後難なく全て達成できるでしょう。

9月29日までの期間限定キャンペーンなのでこの機会にキャンペーンでプレゼントされたキャッシュバックを使い、タダで欲しかった物を購入するというのはいかがでしょうか。

当サイト
おすすめ

三井住友VISAクラシックカード信頼と安心のクレジットカード。世界各地で使えるVISAカードであることはもちろん、iD・WAON搭載など、普段使いにもオススメです。

しかも今ならご入会で
最大10,500円分プレゼントキャンペーン中!お見逃しなく!
(9/29まで)

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 税抜1,250円+税
条件により無料
初年度無料 最短3営業日
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
0.5% 最高2000万円 - 最高100万円


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ