楽天ETCカード年会費500円(税抜)を無料にするワザ

楽天スーパーポイントを貯められる「楽天ETCカード」とは

楽天ETCカード料金所をスルーパスできるのはもちろん、割引制度やマイレージサービスなど料金面でも何かとお得なETCカード。高速道路を運転する機会のある方なら、ぜひ持っておきたいカードです。

ETCカードには、高速道路各社が発行する「ETCパーソナルカード」と、クレジットカード会社が発行する付帯カード「ETCカード」の2種類があります。いずれも曜日や時間帯による道路料金の割引を受けられますが、特にクレジットカードの付帯カードでは、ETC利用によってもクレジットカードのポイントを貯められますので、大変お得です。

中でも 楽天が発行する「楽天ETCカード」は、楽天カードと同様、楽天スーパーポイントを貯められることで人気を集めています。楽天カードでは、100円のショッピング利用につき1楽天スーパーポイントが付与されますが、楽天ETCカードでも同じく、100円の通行料金につき1ポイントを貯めることができます。首都高など少額な通行料金でも確実にポイントを貯められる点が大きなメリットです。

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天サイトでの買い物に利用することができますので、楽天利用の多い方には便利なETCカードです。

楽天ETCカードは、楽天カードを持っている方だけが申し込むことができます。まだ楽天カードを持っていない方は、楽天カードを申し込む際に、合わせてETCカードにも申し込むようにしましょう。既に楽天カードを持っている方は、インターネット上の「楽天e-NAVI」にある「各種お申し込み」の項目から、ETCカードの申し込み手続きが可能です。

楽天ETCカードの年会費を無料にするには

高速道路の通行によって、楽天スーパーポイントを貯められる楽天ETCカードですが、申し込むと500円(税込で540円)の年会費がかかります。年会費をなるべくかけたくない方にとっては、デメリットになる部分かもしれません。

ただし 以下の場合は、楽天ETCカードの年会費が無料になります

no.1
楽天プレミアムカード・楽天ブラックカードを持っている場合
手持ちの楽天カードが上記の2種類の場合、それに付帯するETCカードの年会費は無料
no.2
「楽天PointClub」の会員ランクが「ダイヤモンド」・「プラチナ」の場合
楽天ETCカードを申し込んだ時点での「楽天PointClub」の会員ランクが、ダイヤモンドもしくはプラチナの場合も、楽天ETCカードの年会費が無料になります。

いずれも、国内外の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」が付いていたり、国内・海外旅行の障害保険の額が高かったりと、通常の楽天カードと比べると付帯サービスが充実しています。

ただしその分、いずれのカードも年会費がかかってきます。通常の楽天カードの年会費は無料ですが、楽天プレミアムカードでは10,800円、楽天ビジネスカードでは2,160円、楽天ブラックカードでは 32,400円もの年会費が発生します。

またランクの高いクレジットカードは、それだけ収入や年齢などの審査基準も厳しくなりますので、まだ利用実績の少ない方は審査に通りにくくなります。特に、楽天カードの中でも最上位のランクである楽天ブラックカードは、招待された会員のみが入会することが可能です。

楽天PointClubとは、楽天市場の会員向けのサービスです。楽天スーパーポイントの獲得回数と、獲得したポイント数に応じて、「レギュラー・シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンド」の5つの会員ランクが設けられています。それぞれのランクによって、誕生日のボーナスポイントの付与や、楽天市場の優待セールへのご案内など、さまざまな特典を受けることができます。

法人資格をお持ちの方はビジネスカードもチェックしよう

クレジットカードには大きく分けて個人用と法人用の2種類があります。

会社を立ち上げている、あるいは個人事業主の方にとっては必須となる法人用クレジットカードですが、楽天ビジネスカードはETCカードを無料で利用することができます。

元々楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードを持っていることが前提となっているので、楽天プレミアムカードの付帯サービスをそのまま引き継げる形となります。

他の法人用クレジットカードと比較

楽天カード以外の法人用クレジットカードで人気があるのがアメックスビジネスカードです。



ステータスの高さやサービスの手厚さなどは楽天よりも評価が高く、開業して間もないタイミングでも審査に通過することができるクレジットカードです。

楽天PointClub 会員ランク

楽天PointClub 会員ランク

楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンドもしくはプラチナの方は、楽天ETCカードの年会費は初年度無料となります。ただし楽天PointClubの会員ランクは、楽天スーパーポイントの獲得実績によって毎月更新されますので、次年度以降も年会費が無料になるとは限りません。楽天ETCカードの年会費が請求される月(楽天ETCカードに申し込んだ月の翌月)の会員ランクによって、年会費が無料になるかどうかが決まります。引き続きダイヤモンドもしくはプラチナ会員であれば次年度の年会費も無料、ゴールド以下であれば540円の年会費が発生するという仕組みです。

このように、楽天ETCカードの年会費が無料になるためにはいくつかの条件を満たす必要があります。いずれにも当てはまらないという方は、年会費のかからない他のクレジットカードでETCカードを申し込むのがおすすめです。

ずっと年会費無料ETCカード∼三井住友VISAカード∼

三井住友VISAカードも年会費を無料にすることができるクレジットカードです。

初年度は年会費無料であり、2年目以降も前年度に1度ETCカードを利用していれば年会費が無料となるため実質年会費無料でETCカードを利用し続けることが可能です。

三井住友VISAカードの特長➀∼ポイント還元率の高さ∼

三井住友VISAカードの特長としてはポイント還元率の高さが第一に挙げられます。

ポイントの貯まり方は1,000円=1ポイントという計算で加算されていきますが、三井住友VISAカード会員専用の「ポイントUPモール」を経由してネットショッピングをすると最大でポイントが20倍加算されます。

貯まったポイントは楽天スーパーポイントやビックカメラポイントをはじめ、TポイントやAmazonギフト券など様々なポイントに交換することができるので、貯まったポイントの使い道に困るということは行いでしょう。

移行先 ポイント移行レート
WAON 1ポイント=WAON5ポイント
nanaco 1ポイント=nanaco3ポイント
楽天Edy 1ポイント=Edy3ポイント
Suica 1ポイント=Suicaポイント3ポイント
PiTaPa 1ポイント=PiTaPaポイント50ポイント
カエトクカードへチャージ 1ポイント=カエトクカード3円分チャージ
タリーズカード 1ポイント=タリーズ カード4円分
スターバックスカード 1ポイント=スターバックス カード4円
ベルメゾンポイント 1ポイント=ベルメゾン・ポイント5ポイント
楽天スーパーポイント 1ポイント=楽天スーパーポイント5ポイント
プレミアムバンダイポイント 1ポイント=プレミアムバンダイ4ポイント
Amazonギフト券 1ポイント=Amazonギフト券5円分
dポイントクラブ 1ポイント=dポイント5ポイント
au WALLETポイント 1ポイント=WALLET ポイント5ポイント
ビックカメラポイント 1ポイント=ビックポイント 5ポイント
ジョーシンポイント 1ポイント=ジョーシンポイント5ポイント
ヨドバシゴールドポイント 1ポイント=ゴールドポイント5ポイント
Tポイント 1ポイント=Tポイント4.5ポイント
Pontaポイント 1ポイント=Pontaポイント4.5ポイント
Gポイント 1ポイント=5Gポイント
PeXポイント 1ポイント=PeXポイント50ポイント
カエテネポイント(中部電力) 1ポイント=カテエネポイント5ポイント
ANAマイレージ 1ポイント=5マイル
クリスフライヤー 1ポイント=クリスフライヤー3マイル
クラブ・ミッレミリア 1ポイント=ミッレミリア3マイル

三井住友VISAカードの特長➁∼充実したセキュリティ・保険∼

三井住友VISAカードはセキュリティ関係の対応の良さに定評があり、多くの利用者から信頼されているクレジットカードです。

クレジットカードの不正利用被害額は平成12年をピークより低下してきたものの、近年再び被害総額が増えてきており、平成28年度の一年間だけでも140億円と莫大な金額が被害にあいました。

三井住友VISAカードなら万が一クレジットカードを不正利用されたとしても、届出日から60日前にさかのぼって損害額を補償する「VpassID安心サービス」や24時間365日稼働している不正検知システムがあるため、セキュリティ面に関しては他のクレジットカードよりも充実しています。

また、三井住友VISAカードは海外旅行傷害保険は最高で2,000万円まで補償され、ショッピング補償は年間で100万円まで対応可能なので安心して海外旅行や買い物を楽しむことができます。

これで完璧 !三井住友ETCカードの申し込みの手順

三井住友ETCカードに申し込みたい! しかし、実際どのように申し込みが行われるのか不安ですよね。 三井住友ETCカードの申し込み手順を実際に見ていきましょう。

@まず、三井住友ETCカードのスタートページへとアクセスします。




A次に、ETCカードの特徴説明画面が開かれます。下にスクロールします。スクロールして表示された「お申込みはこちら」にアクセスします。







B次に、有効期限記入ページに移動するので、有効期限を記入します。

Cそして、セキュリティコードを入力します。




D最後に、「同意する」ボタンを押して終了です。



いかかでしたか ? 思いのほか、安心して申し込みが可能だと感じた方が多いと思います。 ぜひ、三井住友ETCカードのスタートページにアクセスしてください !

ステータス性が抜群!アメリカン・エキスプレス・カード


「アメックスは年会費が高い」

このようなイメージを持っている方は多いと思います。

アメックスは年会費12,000+税という金額のため一般的なクレジットカードと比べてのため高く感じるかもしれませんが、 アメックスはサービスが充実しているので年会費以上の価値が詰まっているクレジットカードとして非常に人気があります。

しかも今なら入会特典で初年度の年会費が無料になるため、一年目は他のクレジットカードを寄せ付けない圧倒的なお得感があります。



アメリカン・エキスプレス・カード

そんなアメックスも実はETCカードは年会費無料となっています。

アメックスのETCカードも年会費無料


アメックスは今までカード利用がない場合は次年度の年会費500円+税の費用がかかりましたが、アメックスのETCカードの規約が変更され、2017年2月15日からはカード利用の有無に限らず年会費が無料となりました。

その代わり発行手数料という形で初期費用850円+税が必要にななったため、1年目は少し割高に感じるかもしれませんが2年目以降は全く費用がかかりません。

結果的には年会費500円が必要な楽天カードのETCよりも安く済ませることができます。

アメックスの魅力は年会費以上のサービス


アメックスはステータス性のみで選ばられているのでアメックスはサービスが充実しており、年会費の元をすぐに取る事ができます。


高いポイント還元率


アメックスはどこでカード利用をしても「100円=1ポイント」という形で計算され、ボーナスポイント・パートナー提携店を利用することによって最大で5倍のポイントを獲得することができます。

ポイントはAmazon・iTunes・LINEのギフト券をはじめとして、Tポイントや楽天スーパーポイントにも交換でき、もしマイルへ移行しようと考えるのであればメンバーシップ・リワードプラスに登録することによって1ポイント=1マイルに交換することも可能です。


国内外の空港ラウンジ利用権


主要空港のラウンジ利用権は一般的にゴールドカードから無料になることが多いですが、アメックスはグリーンからラウンジを無料で利用することができます。

飛行機はフライトまでの待ち時間が長いため、常に椅子は埋まっています。

そのような時に空港ラウンジが使用できると、フライトまでの時間をゆったりと過ごすことができるでしょう。


ダイニング・トレンド


アメリカン・エキスプレスとグルメ情報サイトの「ぐるなび」が共同開発したレストランの検索サービスのことで、 会員限定での優待特典やキャンペーンを用意している店舗を紹介しています。


個人カードと法人カードとの注意点


もし個人ではなく法人でアメックスを持ちたいと考えていた方は少し注意してください。

アメックスのETCカードは発行手数料850円+税のみで年会費は永年無料ですが、法人カードでは発行手数料がない代わりに年会費500円+税が必要です。

アメックスが発表したETCの規約変更は法人カードには適用されてない形となります。

カードの使いやすさを総合的に判断


三井住友VISAカード・アメックスどちらも魅力的なクレジットカードですが、クレジットカードはETCの機能だけで利用するわけではないので、カードの使いやすさを総合的には判断する必要があります。

カードフェイス 三井住友VISAカード
三井住友VISAカード
アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード
ACマスターカード
ACマスターカード
年会費 1250円+税
(初年度無料)
12,000円+(税) 初年度年会費 無料
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生は除く) 原則として20歳以上、日本国内に定住所があり、安定した収入がある方 20歳以上で安定した収入のある方
付帯サービス ・海外旅行傷害保険最高2,000万円
・ショッピング補償最高100万 ポイントUPモール経由で最大ポイント20倍
・空港ラウンジの無料利用
・旅行損害保険(最高5,000万円)
・高いポイント・マイル還元率(1%)」
自動キャッシュバック
ポイントプログラム
1000円=1ポイント
ただしポイント交換先によっては1ポイント=5円相当になる
100円=1ポイント
提携店舗での利用で最大5倍
なし
ステータス性 ★★★★☆ ★★★★★ ★☆☆☆☆

三井住友VISAカードとアメックスを比較するとサービスの質はアメックスの方が上ですが、ポイントモールを経由することで楽天カードに負けないほどの還元率がある三井住友VISAカードは非常にお得に見えます。

三井住友VISAカードとアメックスともに金融事故もなく安定した収入が確保できているならば審査は通過することができるので、比較表を参考にしてどちらのカード特長が自分の使い方に合っているか確認をして申込みましょう。

もし審査が不安なら…

年会費が無料のETCカードがついてくるクレジットカードがほしいと思っていても、審査を通過しなくては使うことはできません。

もしクレジットカードの利用実績が足りないと感じている方はまずACマスターカードに申し込んでみましょう。

ACマスターカードは初めてクレジットカードを作る方やアルバイト・パートの方でも作ることのできるクレジットカードなので、ACマスターカードで利用実績をある程度残してから三井住友VISAカードやアメックスに申し込むと審査に通過する可能性を上げることができます。

ACマスターカードは審査に通りやすいクレジットカードなので、審査に不安を感じている方から人気のあるクレジットカードです。


ACマスターカード

使い勝手・総合的なバランスは三井住友VISAカード!

楽天カードは楽天ポイントの貯まりやすさや年会費が無料ということから人気のあるクレジットカードですが、どうしてもポイントの有効活用を考えると楽天市場での利用がメインになってしまいます。

もしも普段から楽天市場で買い物をすることが多い方でしたら問題ないですが、楽天市場だけでなく様々なサイトからネットショッピングをする人にとっては使いにくい場面も出てきてしまいます。

その点、三井住友VISAカードは貯まったポイントを色々なサービスのポイントへ高い還元率で移行できるため、楽天カードよりも扱いやすいカードといえるでしょう。

ステータス性という点から比較をすると、アメックスが一番高く評価されますが、やはり審査の厳しさや年会費の高さがネックとなります。

アメックスはサービスの手厚さやステータス性は抜群ですが、三井住友VISAカードとアメックスを比べるとバランスの取れているクレジットカードは三井住友VISAカードに軍配が上がります。

三井住友VISAカードも決してステータス性が低いわけではなく、むしろ高い方なので楽天カードのように「誰でも持つことのできるカード」という印象はありません。

ETCカードが年会費無料というカードはいくつかありますが、中でも三井住友VISAカードはETC機能のみならずメインカードとして使いたくなるおすすめ一枚です。

迷ったら
コレ!

三井住友VISAクラシックカード信頼と安心のクレジットカード。世界各地で使えるVISAカードであることはもちろん、iD・WAON搭載など、普段使いにもオススメです。

しかも今ならご入会で
最大10,000円分プレゼントキャンペーン中!お見逃しなく!
(12/28まで)

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 税抜1,250円+税
条件により無料
初年度無料 最短3営業日
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
0.5% 最高2000万円 - 最高100万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ