イオンカードのショッピング系カードの審査基準


クレジットカードの審査はターゲット層を基準に設定される

クレジットカードのカード発行基準には一定の与信審査がある事は間違いのない事実ですが、その審査基準はクレジットカードによって異なります。

基本的にどのクレジットカードでも、狙いとする顧客層が存在し、その顧客層を基準に審査基準が存在しますので、クレジットカードを作成するときは、自分の基準に見合ったカードを選択する、または作成しやすいカードを選択するのがひとつのコツだと言えます。

イオンカードの入会条件


イオンカードの入会条件の記載は、ホームページ上でその記載をなかなか見つける事ができませんが、(入会の目安)としてその基準が一部公開されています。
基本的には高校生でなく18歳以上であれば、申し込みが可能であるという事が分かります。

イオンカードがターゲットにする利用者層とは?

では具体的なカード発行のターゲット層というのは、どの様な利用者を指すのでしょうか。

イオンカードが想定する利用方法について参照するとよくわかりますが、一般的なクレジットカードの利用も出来る上で、イオングループでのショッピングなどに活用する事で、大きなメリットが手に入る事が示唆されています。

これはイオングループで最もショッピングの利用が多い方、つまり家庭の主婦がターゲットになっているという事を意味しています。基本的に主婦といえば仕事を持っている方と、専業主婦の場合の2通りになるのですが、専業主婦であっても配偶者がおり、その配偶者に安定した年収があれば利用が可能となっています。

このことを考えると、カード発行の審査基準としては非常に加入しやすいクレジットカードであることは間違いありません。
しかしながらこれは流通系クレジットカード全般に言える事ですので、 イオンカードに特筆すべき事項ではありません。

では何故イオンカードがおすすめなのか。
それはその使いやすさと審査基準にひみつがあります。

全国3,000万の会員を支えるのは家庭の主婦層

イオングループは全国区である事もありますが、クレジットカードの会員数の増加の伸びは突出しています。今や全国で3,000万人以上を数える会員数を誇るイオンカードは、最も加入者が多いクレジットカードであるといえます。
ではまず、実際にどの程度の会員数の伸びを示しているのかを参照してみましょう。下記にイオンクレジットの事業計画表がありますので、総会員数を確認してみましょう。

イオンカードの会員数の推移

会員数及び稼働会員数の推移

■連結会員数は2,506万人(期首比+67万人)、国内会員数は2,158万人(期首比+57万人)
■即時発券やネット募集の強化により、国内稼働会員数は1,317万人(期首比+49万人)

  2012年2月期 2012年8月期 増加数
総会員数 2,976万人 3,073万人 +97万人
連結有効会員数 2,439万人 2,506万人 +67万人
国内有効会員数 2,101万人 2,158万人 +57万人
ハウスカード会員数 537万人 566万人 +29万人

会員数の推移数を見てみると、2012年度の半期で100万人も会員が増加している事が分かります。更に下記の推移グラフを参照してみましょう。

会員数及び稼働会員数の推移

■上記有効会員数は2,158万人(期首比+57万人)、通期計画2,230万人(期首比+129万人)
■稼働会員1人当たりの年間利用額は、提携先との共同企画により24.1万円を計画

この推移グラフの計画値を見ても分かる通り、今後も会員数の増加を見込んでいる事が分かります。つまり、イオンカード側は現行の状況のままに会員を増やしていく予定がある事が分かります。

これらをまとめると、イオンカードの審査については、下記の傾向があると言えます。
いかにイオンカードの審査が優しく、申し込みやすいクレジットカードであるかが分かります。

イオンカードの審査について

おススメ01
流通系クレジットカードは、主婦層をカード利用のメインターゲットとしている場合が多く、審査基準が他のクレジットカードと比較して入会しやすいカードだと言える。
おススメ02
イオンカードは3,000万人を超える国内では最も会員数の多いクレジットカード会社だと言え、分母に対して加入する分子の数も、最も多いクレジットカードと言う事が出来る。
おススメ03
イオンカードの計画では、今後も会員数を増加させる方針である事が確実である。

流通系クレジットカードの審査は審査クリアに使える要素

今回紹介したように、クレジットカードには、それぞれに発行される背景があり、またそのカード発行に力を入れているかどうかなど、さまざまな要素から成り立っています。

クレジットカードの審査基準はそれらの要素で変化しますので、審査通過を狙いやすい明確な根拠を元に申し込みを行うクレジットカードを選択する事が大事だと言えます。

最後にイオンカードの審査について、具体的な審査上の注意点を下記に記載しますので、参照してみましょう。

イオンカードの審査上の注意点

項目 具体的な注意事項とその対策
年齢 18歳以上であれば問題ありませんが、高校生など学生の方は審査通過が難しくなります。
仕事の属性 主婦を基準とした審査ですので、アルバイト、パート、派遣でも申し込みに支障はありませんので申し込みが出来ます。
専業主婦 配偶者に安定的な収入があるかないかが重要です。収入があれば100%とは言えませんが、申し込みが可能です。
電話連絡 申し込みの目安に電話連絡が可能な方とありますので、固定電話をお持ちであれば、必ず記入する事が大事です。
この場合は携帯電話しかない方も、必ず連絡先は記入して下さい。但し固定電話が最も良い評価を受けます。
連絡先が未記入の場合は審査通過が難しくなりますので注意して下さい。

イオンカードよりもお得なオリコカード ザ・ポイント

イオンカードは年会費が無料で、お得な付帯サービスも数多くありますが、イオンカード以上にお得で年会費が無料なカードがあるのです。

オリコカード ザ・ポイントの魅力はポイントがとにかく貯まりやすい

イオンカードのポイント還元率は、200円→1ときめきポイントが貯まる還元率(0,5%)ですが、オリコカード ザ・ポイントは100円→1オリコポイントが貯まる還元率(1,0%)です。 また、入会から6ヶ月間はポイント倍増キャンペーンとして通常還元率1,0%+1,0%の常時2,0%の還元率になります。 常に2,0%になるクレジットカードは他にはなく、高還元率であることが分かりますが、ネットショッピングを利用する際はさらに還元率が上がります。

  三井住友VISAカード
イオンカード

VIASOカード

オリコカード ザ ポイント

年会費 無料 無料
ポイント 200円→1ときめきポイント 100円→1ポイント
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard VISA、JCB、MasterCard
追加カード 家族カード→無料 家族カード→無料
入会条件 18歳以上の方
(高校生は除く)
18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生は除く)

ネットショッピング利用で最高還元率17,5%

ネットショッピングを利用する際、オリコカードの独自のネットモール「オリコモール」を経由して各ショッピングサイトで商品を購入すると、還元率が最大で15%上乗せされます。 また、オリコモール利用をすると特別加算として0,5%付与されるので通常還元率やキャンペーン還元率を加えると下記のようになります。 オリコモールを経由して楽天市場でショッピングした場合(入会後6カ月間) カード利用(1%)+6カ月間特別加算(1%)+オリコモール特別加算(0.5%)+楽天市場利用(15,0%)=17,5%還元! 毎月10万円利用をすれば、21万円分のオリコポイントが付与されることになります。 また、毎回のショッピングが17,5%引きで購入ができると言うことになりますね。

ポイント交換先は豊富で即日交換

オリコカードで得られたポイントはオリコカード独自のオリコポイントを獲得することになります。 500Pからamazonギフト券(500円)に交換可能! amazonギフト券・iTunesギフトコード・LINE ギフトコード・ファミリーマートお買い物券、すかいらーくご優待券は、ポイント交換後すぐにクーポンIDを交換画面に表示します。 Tポイントは、お申込み後、すぐにポイント移行が完了します。 →画像挿入お願いします。画像をつなげてください。




ポイント!

オリコカード ザ・ポイントのスペックは年会費無料で、ポイント還元率が最高17,5%の高還元率やポイント交換先が豊富! ポイント還元率に悩んでいる方や年会費無料が良いという方はオリコカード ザ・ポイント1択! オリコカード ザ・ポイント以上にポイント還元率に優れているクレジットカードはありません!

まず、申し込んでから受け取るまでの期間が速く、年会費はかかりません。 オリコカードは、ショッピング、ゲームなどのエンターテイメント、自動車購入の時に支払いで利用でき、その都度ポイントが還元されます。 機能は電子マネー(iD、QUICPay)や、追加で増枠することで最高300万円まで利用限度額が上がりますし、他に家族カードやETCカードにも年会費無料で加入できます。



オリコカード・ザ・ポイントポイント還元率の高さで選ばれているカード

入会後6ヶ月は100円で2ポイント付与 (還元率2%)となり、さらに使い方によっては還元率3%以上アップ可能!

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 約1週間
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
電子マネー
1〜3% - - VISAMasterCard
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ