リボ払いで10万円分お買物した場合の返済シミュレーション


毎月の返済額を一定にできるリボ払いのメリットとは

リボ払いはニーズのない返済方法だと思ってはいませんか。

またリボ払いとはどのような返済方法かを知っていますか。

リボ払いは、リボ払いに適したカードを選んで上手に使うと、 すごくお得なカードライフを楽しめます。

リボ払いとは、カードでショッピングした金額や利用件数に関係なく、一定の金額か、または一定の金額に手数料が加算された金額を、毎月返済していく方法です。

例えば、ある月に毎日使っていた家電製品が壊れたので10万円で購入しなければならなくなったとき、急に壊れたので一括払いでは翌月の支払いが難しいときがあります。

そのようなときに、使えるのがリボ払いです。
リボ払いは、5000円、1万円と自分で設定しておいた金額で毎月の返済ができる方法なので、10万円の商品を購入したとしても、翌月からの支払いは5000円+手数料となり、計画を持って利用することができるのです。

これは、20回の分割払いにしたことと同じです。
でも気を付けてほしいのはリボ払いは分割払いとは違うというところです。

バーゲンセールで3万円の洋服を見つけ購入しようと思ったとき、分割払いであれば2回、3回払いと自分で設定できますが、リボ払いは自分で5000円という設定を始めから決めているため、自動的に6回払いとなります。
分割払いとは違い、返済回数が多い分、手数料もかかってくるのです。

ここまで読むとリボ払いは「返済回数が多く」「手数料もかさむ」というデメリットが目立つ返済方法のように見えますが、実はリボ払いにもメリットがあります。

リボ払いのメリットとは

リボ払いのメリットは、カードでの買い物の金額が増えても、返済額を常に一定に抑えられ、計画的に自分の返済能力の範囲内で返済できることです。

一時期に、購入しなければならないものが集中したときでも、返済が可能な一定の支払金額で済むため購入のチャンスを逃す心配がありません。


単純な分割払いであれば、5万円の買い物を10回払いで行うと毎月の返済額は5,000円プラス金利・手数料ですが、さらに翌月に3万円の買い物を10回の分割払いで購入すると、翌月の支払額は、5,000円+3,000円+金利・手数料となり毎月の返済負担が重くなっていきます。

しかし、リボ払いでは、毎月の支払額を5,000円と決めれば、5,000円(またはプラス手数料)のままで変わりません。リボ払いを利用しなければ、必要な買い物を我慢したり、その月のお買い得な商品を逃したりすることになります。

リボ払いのデメリットとは

リボ払いのデメリットとして、金利が多くなるということです。
でも本当に金利が高いことはデメリットでしょうか?

手数料という名称で金利が付くので、確かにデメリットと言えば、デメリットですが、金利を払ってでも、早く購入することで金利負担分以上のメリットもあります。


例えば、大家族で大型冷蔵庫が壊れた場合、現金や一括払いで購入すると、金利が無駄だからといって大型冷蔵庫を現金で購入できるまでお金を貯めていると、その期間中は非常に不便な生活をしなければならなくなり、リボ払いでの購入できないとしたら、誰かに借金を依頼したり、面倒なローンを組んだりすることもあるかもしれません。

早期に大型冷蔵庫を手に入れることで、金利を負担する以上のメリットがあれば、むしろ金利を払ってでも早く手に入れることが重要な場合もあります。そのため、商品を購入する理由によっては、金利が付くことは決してデメリットではなく、反対にメリットとも言えます。

リボ払いの本当のデメリットは、毎月の返済額が一定なので、今、必要でないものをついつい余分に購入して、無駄な買い物とそれによる無駄な金利をたくさん払うことです。

そのため、本当に必要なものを計画的にきちんと購入することができる意思の強い人には、リボ払いのデメリットはないと言っても良いでしょう。

リボ払いで10万円の買物の返済シミュレーション

コーヒーショップと言えば小銭でいろんな味の本格コーヒーが買えるイメージがあります。その代表とも言え、国内で人気のあるコーヒーショップといえば、スターバックスです。
スターバックスは香り高いコーヒーや甘くてアメリカンなスタイルのペストリー類、また季節ごとの限定商品を多く扱っていることで、それを楽しみに、頻繁に店舗に通っている方も多いのではないでしょうか。

スターバックスをはじめ、多くのコーヒーショップを利用する方は、 いつも当たり前のように現金払いでコーヒーを買っている傾向があり、クレジットカード払いをする方はあまりお見かけをしません。
慣れていない分、面倒なクレジットカード払いですが、 実はスターバックスに至ってはクレジットカード払いでお得になる方法があります。

そんなスターバックスを利用するときに、クレジットカードを使うことで、お得になることをご存知ですか。←知っていますか?
という表現ではなく、上記のように流れをもって方法があることを教えてあげると読者がコラムを読みだします。

そのクレジットカードというのがJCBの一般カード「JCB ORIGINAL SERIES」です。

JCBは日本初の国際カードブランドです。日本国内はもちろん、韓国、台湾、シンガポールなどのアジア諸国では、VISAやマスターカードと同様に使えます。また、日本人がよく訪れるハワイやグアムなども使用可能です。
さらに、AmericanExpress(アメリカンエキスプレス)と提携しており、JCBとAmericanExpressはお互いの加盟店でカード決済出来ます。
VISAやマスターカードに比べて世界的知名度は少し落ちるものの、サポートが充実していることが強みです。海外からでも、日本語でサポートを受けることが出来ます。

「JCB ORIGINAL SERIES」の特徴は以下の通りです。

JCB一般カード
JCB一般カード
年会費 年間1250円(税別) ※オンライン入会で初年度無料
ポイント 毎月のご利用合計金額1,000円ごとに1ポイント
その他特典 年間合計50万円(税込)以上のショッピングの利用で、翌年の年会費が無料
国内・海外ともに旅行傷害保険付き
海外での利用でポイント2倍

このカードは年会費が1250円かかりますが、オンライン入会&年間一定額の利用で年会費が無料になりますので、JCBカードの中でも、比較的持ちやすいカードといえます。 海外での利用以外にも、提携店舗での利用で、ポイントが2倍から付与されます。
この提携店舗にスターバックスが入っており、なんと1回の利用につき1000円(税込)以上で、ポイントが5倍付与されるんです。
ポイント優待の少ないスターバックスにとって、このカードはお宝カードといえるでしょう。

スターバックスでカードを利用する賢い方法

リボ払いは、買い物を重ねて返済しなければならない金額が増えていって(←トル)も、毎月の返済金額を増えません。リボ払いは、返済額は変わらず返済回数(期間)を増加させて返済していく方法なので、返済しなければならない金額は、最初から分かっており、返済金額のシミュレーションをすることは、それほど重要ではありません。

しかし、金利がいくらかかっているかを知ることは、使い過ぎの防止にもなるので、シミュレーションして金利の額を知ることはとても大切です。

リボ払いができるカードの手数料(金利)は、多くが年率15%です。そこで、15%の場合の手数料は計算すると以下の表のようになります。

返済例@

リボ払いしたい買い物金額 100,000円
毎月のリボ払い金額 5,000円
手数料率(実質年率) 15%
シミュレーション結果
支払総額 111,831円
手数料総額 11,831円

返済例A

リボ払いしたい買い物金額 100,000円
毎月のリボ払い金額 10,000円
手数料率(実質年率) 15%
シミュレーション結果
支払総額 105,584円
手数料総額 5,584円

注1 : 元金定額リボ払い返済でのシミュレーション例です。元金定額の場合は、毎月の返済額は、5,000円に手数料が加わります。
元金定額以外に元利定額リボ払い返済があり、この返済方法では、毎月の返済額は5,000円で、5,000円の中に手数料が含まれます。
注2 : 毎月のリボ払い最低金額は、カード会社によって異なります。最低3,000円や5,000円のから始められて、1,000円単位や10,000円単位で増加させられます。また、返済に余裕のある月は増額して返済することや、あるいは一括での返済もできます。

1回あたりの手数料は、10万円に対して600円にも満たないため、意外に小さな負担で済みますが、返済期間が長くなるほど、手数料の負担額は増加していきます。リボ払いは、計画的に必要なものを購入して、できるだけ早く返済するようにしないと、手数料が大きく膨れ上がっていきます。

毎月の返済額が一定という以外にもあるリボ払いの2つのメリット

返済期間が長いことで、手数料が大きくなっていくリボ払いですが、リボ払いができるカードを上手に選ぶと、とても得になるメリットが2つあります。

メリットその1
年会費が有料なカードは、無料の年会費のカードよりも、いろいろ多くの特典が付いています。リボ払いを利用することで、年会費が無料になり、有料年会費のカードの特典がそのまま無料で受けられる。

メリット2
リボ払いを利用することで、その買い物のポイント還元が2倍になるなどのなどのメリットがある。

ここで、リボ払いが可能なカードの比較してみましょう。

  三井住友VISAクラシックAカード
三井住友VISA
クラシックAカード
オリコPremium Gold iD
オリコPremium Gold iD
ジャックスREX CARD
ジャックスREX CARD
初年度
年会費
無料
ただし、新規の申し込みをインターネット経由で行った場合に無料
1950(税込) 無料
年会費
2年目以降
1,500円(税別)
ただし、「マイ・ペイすリボ」登録後、年に1回以上カードの利用で年会費無料
1950(税込) 2,500円(税別)
ただし、前年度のカードショッピングご利用合計金額が50万円以上の場合、次年度無料
ショッピング
限度額
最大80万円 最大300万円 最大200万円
ショッピング利率
リボ払い
15% 12% 15%
初回リボ払い
手数料
なし あり あり
ただし、海外での使用については、手数料なし
最低
支払金額
5,000円、または10,000円以上10,000万円単位で増額返済可能) 3,000円(残高によって最低支払額は変動) 5,000円(残高によって最低支払額は変動)
ポイント
付与
1,000円=1ポイント 1,000円=1ポイント 2,000円=35ポイント
ポイント
還元率
リボ払いは1.0% 0.5〜1.1% 2.25%
海外旅行
傷害保険
最高2,500万円(自動付帯) 最高2,000万円(利用付帯) 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行
傷害保険 
最高2,500万円(自動付帯) 最高1,000万円(利用付帯) 最高1,000万円(利用付帯)
ショッピング
保険
最高100万円
カードで購入した商品の破損・盗難が偶然の事故によって起きた場合、その損害が購入日から90日間補償されます。ただし、海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の場合が対象となります。
最高100万円
カードで購入した商品の破損・盗難が偶然の事故によって起きた場合、その損害が購入日(発送等による場合には商品の到着日)から90日間補償されます。
最高100万円 カードで購入した商品の破損・盗難による損害が偶然の事故で起きた場合、購入日から90日間補償されます。ただし、1事故につき自己負担3,000円が必要です。 なお、この破損・盗難補償サービスは、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険サービスとどちらか一つのみしか受けられせん。
紛失盗難
補償 
あり
特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の60日前から損害が補償されます。
あり
特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の60日前から損害が補償されます。
あり
特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の60日前、60日後、計121日間補償されます。
  JCBEIT(リボ払い専用)
JCBEIT(リボ払い専用)
ポケットカードP-one FLEXY(リボ払い専用)
ポケットカードP-one
FLEXY(リボ払い専用)
ジャックスR-styleカード(リボ払い専用)
ジャックスR-styleカード(リボ払い専用)
初年度
年会費
無料 無料 無料
年会費
2年目以降
無料 無料 無料
ショッピング
限度額
最大200万円 最大100万円 最大60万円
ショッピング利率
リボ払い
15% 14.95〜17.95% 15%
初回リボ払い
手数料
なし あり なし
最低
支払金額
5,000円
または5,000円以上、1,000円単位で増額返済可能
3,000円
または3,000円以上、1,000円単位で増額返済可能
10,000円(残高によって最低支払額は変動)
ポイント
付与
1,000円=2ポイント 1,000円=2ポイント 200円=2ポイント
ポイント
還元率
基本1% 基本1.6%(ただし、Yahoo! ショッピングで買い物をした場合) 基本1%
海外旅行
傷害保険
最高2,000万円(自動付帯) なし 2,000万円(自動付帯)
国内旅行
傷害保険 
なし なし 1,000万円(利用付帯)
ショッピング
保険
最高100万円
カードで購入した商品の破損・盗難が偶然の事故によって起きた場合、その損害が購入日から90日間補償されます。ただし、1事故につき、海外の場合1万円、国内の場合3,000円の自己負担が必要です。
最高50万円
カードで購入した商品の破損・盗難が偶然の事故によって起きた場合、その損害が購入日から90日間補償されます。
なし
紛失盗難
補償 
あり
特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の60日前から損害が補償されます。
あり
特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の60日前、60日後、計121日間補償されます。
あり
特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の60日前、60日後、計121日間補償されます。


リボ払いのおすすめカードはこれ !

リボ払いカードの上手な使い方のひとつとして、リボ払いで発生する手数料をゼロにしながら、有料年会費のカードの豊富な特典を無料でしっかり利用するという方法があります。

年会費有料のクレジットカードは、年会費無料のクレジットカードよりも会員特典がついていたり、ETCカードが無料だったり、ポイントプログラムが優れていたりとメリットの多いクレジットカードです。

誰もが持ちたいけれど、年会費がかかるなら…。
と敬遠しがちな年会費有料クレジットカードを無料で持つことができるとあれば、持ってみたいとは思いませんか。

この目的のためにベストなのは、リボ払いが可能なカードの表を見るとお分かりいただけるように、「三井住友VISAクラシックカード」が最適です。

三井住友VISAカードは、1回だけのリボ払いを毎年行うだけで、年会費を無料にできます。

気になる手数料は、初回の支払いにはかかりませんので、一括で初回に返済してしまえば、手数料なしで支払いを終わらせられます。

つまり、ほとんど負担なしに年会費有料サービスを無料で、しかも三井住友のブランド力の高いカードを利用できてしまうのです。

つぎに、リボ払いを積極的に利用することを考えている人には、リボ払い専用カードでリボ払い限度額が多く、毎月の返済額が、1,000円単位で増額できて、少しでも余裕があれば返済額を多くして手数料を減らせる「JCB EIT」カードが総合的にもっともすぐれています。

JCBEITカードは年会費無料のリボ専用カードですが、年会費無料のクレジットカードには珍しい、海外旅行保険が自動付帯でついています。なので海外旅行でお買物が好きな方にはおすすめのカードになります。
計画的にクレジットカードを利用していきたい、年会費有料のクレジットカードを無料で持ってみたいという方は、JCBEITカード、もしくは三井住友VISAカードを検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ