イオンカードキャッシング枠の10万円増額審査の通し方


イオンカードのキャッシング枠の増やし方

イオンカードはイオン系列のお店で利用することで、ショッピング時の割引やポイントが貯まりやすいなどのサービスも多く、もともとイオン系列のお店を利用している方にとっては「持っていなければ損」なクレジットカードです。

主婦の方でも多く利用されている年会費無料のクレジットカードなので、比較的申し込みのハードルは低く、ショッピングが多い方にとって利用しやすいといえます。

ですが、冠婚葬祭など急な出費に備えた、新規契約時のキャッシングの利用限度額が低く設定されている場合も多いので、すぐに利用限度額に達してしまう可能性が高く、ショッピング利用以外ではあまり使えないというのが実情でもあります。

しかしイオンカードのキャッシング枠は申請することによって増額することが可能です。

イオンカードのキャッシング枠の増額方法

no.1
会員専用サイト「MyPage」から
no.2
イオン店舗に設置の各種変更届
no.3
コールセンターに電話

上記の3つの方法で、増額の申請(10万円単位)ができます。
いずれの申請方法でも、審査が必ずあり1〜2週間後に郵送で可否を知らせてくれます。

インターネットの場合、まず「MyPage」にログインし、「カード登録内容照会・変更」をクリック、現在のショッピングとキャッシングの利用可能枠が確認できますので、その右にある「増額申請」をクリックすると増額の申請ができます。

イオンカードのキャッシング枠の増額での注意点



  • 契約から6ヶ月以上の適切な利用が必要
  • 再度の審査があるので、場合によっては減額や利用停止になることも

利用枠の増額を申請するという場合、ある程度利用していて、良好な利用状況が必要です。
例えば、ほとんど利用していない状況なら、増額の必要性が無いと判断されるかもしれませんし、延滞などがあれば増額できる可能性は低くなります。

また、申し込み時のような審査が行われるので、他のローンなどの利用状況によってはイオンカードの利用枠の減額や利用停止になる可能性もあります。

「増額」というアクションを起こしてしまったがために、逆に利用停止になることもあるので、他社ローン利用中には注意して申請をする必要があります。

イオンカードの場合、適切な利用を継続していれば、こちから何も言わずとも勝手に利用枠を増額してくれるケースも多いです。
変更があった場合にはハガキなどで知らせてくれますが、逆に増額されたら困るということであれば、減額することも可能です。

キャッシング枠の増額は、こちらから申請するよりも、カード会社側が決めたタイミングで増額する方が安全なのです。

キャッシング枠増枠やカードローンよりも申し込むべきクレジットカード

クレジットカードの利用枠増額にはリスクがありますが、 キャッシング枠の増額にはショッピング枠の増額とはまた別の問題があります

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制という貸金業法の規制の対象になるので、問題なく利用枠を増額できたとしても年収の3分の1が上限になります。

つまり、年収が300万円であればキャッシング枠は最大で100万円ですが、パートやアルバイトなどの主婦の方で年収が低ければキャッシング枠もそれに応じた額になってしまいます。
イオンカードは主婦の方の利用も多いので、キャッシング枠に不満がある方も多いのではないでしょうか。

そういったことも含めて考えた場合におすすめできるのが銀行系カードローンです。 銀行系カードローンは総量規制の対象にはならないので、主婦の方でもキャッシングを利用することができますし、利用上限額に規制はありません。

イオンカードを利用されている方にとって銀行系カードローンといえば、まず「イオン銀行カードローンBIG」が頭に浮かぶかもしれません。たしかに銀行系カードローンですが、イオン銀行カードローンBIGにはデメリットがあります。

イオン銀行カードローンBIGのデメリット



  • 契約から6ヶ月以上の適切な利用が必要

イオン銀行カードローンBIGの保証会社のイオンクレジットサービス(株)というのは、イオンカードの保証会社もしています。

カードローンやクレジットカードの保証会社というのは審査をする会社でもありますので、イオン銀行カードローンBIGを申し込むことによって、すでに持っているイオンカードの保証会社があなたをもう一度審査するということになり、増額の申請で利用停止になるリスクがここで生じてしまうのです。

すでにイオンカードを利用しているということで、イオン銀行のカードローンを申し込むというということは審査で有利になると考えることもできますが、そういったメリットよりもデメリットの方が多いというのが実際のところです。

対策として、イオン系列のキャッシング枠の増枠や低金利のカードローンよりも、申し込むべきは【ACマスターカード】がとなります。
ACマスターカードは審査基準が低く、だれでも即日に発行できることから人気のあるクレジットカードです。

このカードは、アコムが発行するカードローンにクレジット機能を付帯させているユニークなクレジットカードでもあります。
つまり、クレジットカードとして審査に申し込みが可能で、カードローンを利用できるところが最大の利点でしょう。

借入から締め日までを他社より長い期間で利用する事もできるので、どのようなメリットがあるか詳しく確認していきましょう。

ACマスターカードのカードローンのメリット

審査が不安な方・急いでいる方はこちら

審査の通りやすさで圧倒的人気のあるACマスターカード。最短即日で発行可能です。

申込資格 20歳〜69歳の安定した収入のある方(アルバイト・パート含む)
年会費 無料
即日発行 30分以内で発行可能
お試し!3秒診断はこちら
利用可能枠 最高800万円
(内訳)
ショッピング枠最大300万
カードローン枠最大500万

ACマスターカードはクレジットカードなので、クレジット機能とキャッシング機能があります。 このうちキャッシング機能は普通のクレジットカードとは違い、アコムのカードローンという扱いです。 クレジットカードとカードローンの限度額は以下の通りです。


  • クレジット:最高300万円
  • カードローン:最高800万円

ACマスターカードはカードローンのみを利用する場合、最高800万円まで借入することができます。

他社のカードの場合はキャッシング扱いなので、だいたい100万円未満であるなか、この金額は破格の高さです。なお、最高限度額まで増額するには別途審査があります。 また、注意点として総量規制である年収の3分の1以上は借り入れることは不可能なので念頭に入れておいてください。

カードローンは支払いシステムも充実しており、返済期日は、前回の返済日の翌日から数えて35日目目です。

返済をすると、その翌日からまた35日後が次回の返済期限となるので、他社の支払いシステムよりも余裕のある日数となっています。

ACマスターカードの発行日数

ACマスターカードは発行日数がかからず、即日で発行できるのは最大のメリットです。

インターネット経由で発行申請すれば自動契約機むじんくんで最短30分の即日発行ができる上に、発行申請の際はアルバイトやパートも含めた仕事先の電話番号を記入するだけで問題ありません。

特に急ぎの理由がある方は、審査が通りやすく即日に発行でき年会費も無料となっているのでおすすめです。

利用額に応じてキャッシュバック

カードローンではなく、クレジット機能を利用してショッピングをすると、利用額に対してキャッシュバックが発生します。

ACマスターカードは他社によくあるポイントプログラムがない代わりにキャッシュバック特典が付帯しています。

例えば、利用金額が10万円の場合、利用金額の0.25%(250円)を差し引いた99,750円が請求金額となります。

必ずしも高いとは言えないですが、ゼロより少しでもあった方がお得なので、こういった部分も検討材料の1つでしょう。

ACマスターカードはこちらのコラムで詳しく紹介しています。
フリーターでも審査に通りやすいACマスターカードの魅力
収入証明書不要で作れるACマスターカードが人気の理由

100万円以上借入れの場合に利用したいおすすめ銀行系カードローンは?

銀行系カードローンでおすすめはみずほ銀行カードローンです。

メガバンク系カードローンであるみずほ銀行カードローンは2017年7月3日にリニューアルし、最低金利が引き下げられました。

他社の金利が年4.0%~14.5%と高いなか、金利が年2.0%~14.0%という低金利で、信頼も厚くスタッフの対応も丁寧なので、現在一番人気のあるカードローンです。

イオンカードを増額したいという方の希望を満たす条件がそろったカードといえます。

みずほ銀行カードローンと4つのメリット

ポイント01
イオンカードの利用に影響しない
ポイント02
イオンカードの増額よりも早く利用できる可能性がある
ポイント01
イオンカードよりも金利が低い
ポイント01
イオンカードの増額よりも高額な利用ができる可能性がある

@みずほ銀行カードローンを審査する保証会社はイオンカードとはまったく関連のない会社になるので、申し込みをしたからといって現在利用しているイオンカードが利用停止になるなどの影響はありません。

また、銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、イオンカードのキャッシング利用枠はそれに影響されることなく今後さらに増額される可能性もあります。

Aイオンカードの増額は申請から回答まで、1〜2週間としていますが、みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座があればキャッシュカードがそのままカードローンとして利用できるので、最短で即日の利用が可能。

B最大のメリットが金利の低さです。

カード名
年会費 無料 無料 無料
最大限度額 300万円 800万円 800万円
キャッシング
(カードローン)金利
※実質年率
7.8%〜18.0% 800万円:2.0%
600万円以上800万円未満:4.5%
500万円以上600万円未満:5.0%
400万円以上500万円未満:6.0%
300万円以上400万円未満:7.0%
200万円以上300万円未満:9.0%
100万円以上200万円未満:12.0%
10万円以上100万円未満:14.0%
3.0%〜18.0%
100万円以上:3.0%〜15.0%
※30万円以下: 4.2%以上

実際のカードローンの金利は審査の後に決まりますが、イオンカードの最大金利18.0%より低くなるのは確実です。
100万円以下ですとあまり金利は変わらないのでACマスターカードのカードローンを利用しましょう。

Cイオンカードの増額の申請は10万円単位になりますが、収入が増えたなどの事情がなければ大きな金額の増額は厳しく、結果的に10万円しか増額できないという可能性もあります。

その点、新規で銀行系カードローンを申し込んで、最大利用枠が10万円という可能性は低いでしょう。100万円より大きな金額の利用ができる可能性があるのです。

みずほ銀行のカードローンとクレジットカードはこちらでも詳しく紹介しています。
利用可能枠が大きいみずほ銀行クレジットカードの種類と特長

はじめはイオンカードとACマスターカードを上手に使い分ける

イオンカードはイオン系列店を日常的に利用されている方には定期的な割引サービスの利用やポイントの獲得ができるので、非常に価値の高いものです。もしACマスターカードを持っていたとしても引き続き利用すべきでしょう。

イオンカードとACマスターカードの上手な併用方法としては、ショッピングなどはポイントが高還元なイオンカードを使用し、カードローン(キャッシング)はACマスターカードで。
さらにイオンカードのショッピング利用の支払いをなるべくACマスターカードで借入れて一括で払ってしまえば、金利を低く抑えながら利用することができます。

カードを2枚も持つのは使い過ぎのリスクがあると考えている方もいるかもしれませんが、カード利用で重要なのは、なるべく金利を抑えて毎月の支払い額がより多くの元金に充当されるということです。

そういった意味ではイオンカードとACマスターカードの2つの長所をうまく活かしながら利用することで、以前よりも多くの金額を利用できるだけでなく出費の負担も軽くすることができるのです。

キャッシング利用に適したおすすめクレジットカード

  アメリカン・エキスプレス・カード
みずほ銀行カードローン
ACマスターカード
ACマスターカード
実質年率 年2.0%〜14.0% 年3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円 800万円
審査時間 最短即日 最短即日
来店 不要 不要

迷ったらココ!

みずほ銀行カードローンは、業界最低金利のカードローン。
電話連絡なし、郵送物なし!最高800万円まで借入れができます。
担保・保証人は一切不要で、来店も不要。
ネットで全国どこからでもお申込が可能なWEB完結となっています。

年率 借入限度額 審査時間
2.0%〜14.0% 最高800万円 -
融資時間 返済額 担保・保証人
- 月10,000円〜 不要


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ