Google Payのお得な使い方を紹介! 電子マネーやポイントをスマホ1台で管理できてポイントの二重取りも可能

電子マネー、ポイントカードも登録できるGoogle Pay

電子マネーの普及で財布の中が小銭で一杯ということがなくなりましたが、そうなると、今度は電子マネーのカードがかさばってくるようで気になります。

電車やバスに乗れるSuica、セブンイレブンやイトーヨーカドーで便利なnanaco、イオングループで使い勝手のいいWAON、加盟店の多い楽天Edy…… と、主要な電子マネーだけで4枚もあり、さらに、ポイントカードや普段使いのクレジットカードなども含めると、今度は財布の中でカードの存在感が増してきます。

そこで、こういったカード類をひとまとめにしてくれるのが、Android 5.0以降のおサイフケータイ対応スマホで使えるGoogle Payというサービスです。

iPhoneのApple Payにも似たサービスといえますが、Apple Payは登録したクレジットカードを、Suica、iD、QUICPayなどの電子マネー経由で改札や実店舗での支払いに使うことに重点を置いているのに対し、こちらのGoogle Payでは電子マネーやポイントカードの登録に重点を置いているのが特徴的です。

次に、実店舗での利用を中心にGoogle Payの特徴をチェックしていきましょう。

Google Payの特徴(実店舗での利用時)

4種類の電子マネーを登録できる

4種類の電子マネー(Suica、nanaco、WAON、楽天Edy)を登録できます。各電子マネーにはそれぞれ独自のアプリもありますが、それらを使うことなく、Google Payアプリから直接、各電子マネーを管理できます。

Google Payアプリ上でのチャージも可能

Googleアカウントに登録したクレジットカードから、Suica、楽天Edy、WAONにGoogle Payアプリ上の操作でチャージできます(WAONにはイオンマークのついたクレジットカードが必要)。

ただし、nanacoに関しては、セブンイレブン店頭やセブン銀行ATMで現金によるチャージを行うか、nanacoモバイルアプリを用いてクレジットカードからチャージします。

ポイントカードを登録できる

全国の多くの加盟店を持つ共通ポイント「Tポイント」「dポイント」のカードを登録できます。Tポイントは「Tマネーモード」に設定しておくと、電子マネーとしても使えます。

そのほか、バーコードタイプのポイントカードであれば、それを読み取って表示する機能があるため、何枚ものポイントカードを一元管理できます。

クレジットカードも登録可能

Googleのサービスなどインターネットでの支払いに関しては、Googleアカウントに登録したクレジットカードで支払うことができます。一方、実店舗での支払いについては、2018年夏以降、JCB、ジャックスなどのクレジットカードがGoogle Payに登録可能となり、カードを持ち歩くことなくお買い物できるようになります。

また、プリペイド式のVisaカード「Kyash Visaカード」も、同時期から登録可能となります。

電子マネーの登録は簡単

スマホのGoogle Payアプリを使い始める前に、まずGoogle Payへの登録が必要となります。これまでGoogleのサービスで支払いの経験のある方は、そのときに登録したクレジットカードなどの情報がすでに入力されているので、登録をスムーズに行えます。

Google Payアプリへの電子マネーカードの登録は簡単です。アプリ起動後、[カード]→[カードを追加+]→[電子マネーカードを追加する]とタップし、登録する電子マネーを選択します。その後は、画面の指示に従って操作します。

このとき、追加できる電子マネーは端末ごとに、各カード提供元で1枚のみとなります。つまり、同じ種類の電子マネーカードを複数持っていても、登録できるのは1端末あたり1枚のみです。

これと同様に、ポイントカードやクレジットカードについても、Google Payアプリで簡単に登録できるほか、nanaco以外の電子マネーへのチャージもまたGoogle Payアプリから行えます。

店舗での支払いで電子マネーを使うときには、各電子マネーのサービス名での支払いであることを告げ、カードリーダーへかざします。たとえば、楽天Edyでの支払いなら「Edyで」、Suicaなら「Suicaで」でOKです。このとき、Google Payアプリを立ち上げておく必要はありませんが、NFCのロックは解除しておく必要があります。

チャージ時や支払い時には即座にカード残高が更新されるので、残高を意識しやすくなります。また、電子マネーへのチャージやギフトの受け取りといった取引はGoogle Payのカード取引履歴にすべて表示されるので、お金の出入りの管理に便利です。

「ポイント二重取り」できる電子マネーとクレジットカードの組み合わせ

Google Payに登録する電子マネーとクレジットカードの組み合わせ次第では、いわゆる「ポイント二重取り」も可能です。

たとえば、JR東日本グループのクレジットカード、ビューSuicaでSuicaにチャージする場合、通常のクレジット利用では1,000円(税込)につきJRE POINTが5P貯まるところ、3倍の15Pが貯まることになります。貯めたJRE POINTは1P→1円としてSuicaにチャージできるので、還元率は1.5%ということになります。

さらに、JRE POINT WEBサイトへの登録(無料)により、駅ナカのキオスクやコンビニ、街ナカのイトーヨーカドーやArio、紀伊國屋書店、洋服の青山、コナカ、さらにANA国内線機内販売などでSuicaを使うと100円または200円ごとにJRE POINTが1P貯まり、ポイント二重取りとなります。

100円で1P付与された場合(自動販売機acureなど)で考えると、チャージ分のポイントと合わせて、還元率2.5%ということになるので、使い方によってはぐんぐんポイントが貯まっていきそうです。

一方、楽天カードで楽天Edyにチャージする場合も同様に「ポイント二重取り」が可能です。楽天カードから楽天Edyへのチャージでは200円ごとに楽天スーパーポイント1P(還元率0.5%)が貯まり、楽天Edyでの支払い200円ごとに1P(還元率0.5%)が貯まるので、トータルで還元率1%となります。

なお、ビューSuicaなどJR東日本グループ発行のビューカードを持たず、楽天カードからSuicaにチャージするときにもGoogle Payは役立ってくれます。

モバイルSuicaアプリを使い、ビューカード以外を利用してチャージする場合は、年会費として1,030円(税込)が必要となりますが、Google Payを使うと、年会費無料でどのクレジットカードからもチャージできるのです。

年会費無料でも旅行傷害保険がしっかり付帯

ビューSuicaと楽天カードのそのほかの特徴についても紹介しましょう。

ビューSuicaの特徴

年会費は実質無料

年会費は477円(税抜)ですが、明細書をWebで確認するWeb明細サービスを利用すると、JRE POINTが年間600P貯まるため、その場合、年会費は実質無料となります。

ただし、明細書が発行されなかった月はWeb明細サービスよるポイント獲得がないため、継続的にカードを利用することが、年会費実質無料の前提となります。

Suicaへのオートチャージができる

オートチャージとは、Suicaの残額が設定金額以下になると、改札にタッチするだけで、自動的に設定金額がチャージされるサービスです。ビューSuicaからオートチャージした場合、通常の3倍のポイントが貯まります(還元率1.5%)。

Suicaエリアはもちろん、PASMOエリアでもオートチャージされるので、残高不足の心配がなくなります。

定期券機能を付帯可能

クレジットカードに定期券機能を付帯させられます。JR線だけでなく、ほかの鉄道会社にまたがる定期券、バス定期券なども1枚の定期券としてクレジットカードにまとめられて便利です。この定期券の購入時にクレジット払いすることで、やはり、通常の3倍のポイントが貯まります(還元率1.5%)。

ボーナスポイントも貯まる

年間のカード利用累計額に応じてボーナスポイントがプレゼントされます。プレゼントされるポイント数は、年間利用額30万円で250P、70万円で1,000P、150万円で2,500Pとなります。

国内最高1,000万円の旅行傷害保険が付帯

旅行代金をクレジット支払いすると国内最高1,000万円の旅行傷害保険が付帯します。さらに、海外旅行なら最高500万円の旅行傷害保険が自動付帯します。

年会費 477円(税別)
国際ブランド VISA、JCB、マスターカード
入会資格 日本国内に居住し、電話連絡のとれる満18歳以上の方。未成年者は親権者の同意が必要。ただし、高校生は申込み不可。
利用可能枠 10〜80万円(入会時)
付帯機能 Suica、定期券、JRE POINT
付帯保険 旅行傷害保険(国内最高1,000万円・海外最高500万円)
追加カード 家族カード(年会費477円・税別)、ETCカード(年会費477円・税別)

楽天カードの特徴

年会費は永年無料

年会費無料なので、年会費無料条件などを気にせず安心して持っていることができます。

楽天グループ利用でポイントアップ

通常のクレジット利用でも1%の高還元率ですが、楽天グループの利用なら、楽天トラベルで常時ポイント2倍、楽天市場で最大3倍と、さらにポイントアップされます。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

旅行代金のクレジット支払いにより、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。

海外旅行に便利なサービスが付帯

海外レンタカー10%オフ、海外用携帯・Wifiルーターレンタル20%オフ、手荷物宅配優待サービス、楽天カード会員専用ラウンジ(ハワイ・ワイキキ)など、海外旅行に便利なサービスが付帯します。

年会費 永年無料
国際ブランド VISA、JCB、マスターカード
利用可能枠 最大100万円
付帯機能 楽天Edy、楽天ポイントカード
付帯保険 海外旅行傷害保険(最大2,000万円)
追加カード 家族カード、ETCカード(年会費540円・税込)

どちらのカードも年会費無料(実質無料)なのに、しっかり旅行傷害保険が付帯しているのは、大きなメリットといえるでしょう。

普段の使い方と、付帯サービスのメリットを考えてカードを選び、Google Payと上手に組み合わせ、有益に使いこなしてみてましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ