ポイント還元率が2%以上のクレジットカードを比較!お得な高還元カードの選び方や交換先も紹介

ポイント還元率が2%以上のクレジットカードを比較!お得な高還元カードの選び方や交換先も紹介 トップ画像

せっかく使うなら還元率の高いクレジットカードを使って、より多くのポイントをもらいたいですよね?

実際のところ、「いつでもどこでも常に還元率が2%以上」のような万能なカードは存在しませんが、簡単な条件で還元率が2%以上になるクレジットカードは多数存在しています。

今回は還元率2%以上になるクレジットカードをシーン別にご紹介。

自分のライフスタイルに合ったカードを選んで、ポイントを損することなく獲得していきましょう。

この記事でわかること

・2%超えの高還元クレジットカード5選
・あなたにピッタリなクレジットカードは「利用シーン」で選ぼう
・年会費有料だと折角貯めたポイントがマイナスになる可能性がある

高還元のクレジットカードで迷ったらこのカード

Amazonなどの人気加盟店が多数で最大10倍還元
ポイント有効期限は2年間で交換先も豊富で損しない

年会費 永年無料
入会資格 18歳以上39歳以下
※ご本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生除く)
ポイント還元 1%~
詳細ページボタン 申込みボタン

還元率2%超えの高還元クレジットカードには何がある?

還元率2%超えの高還元クレジットカードには何がある?

クレジットカードのポイント還元は高くても1%が一般的ですが、簡単な条件で還元率2%以上になるカードが多く存在しています。

還元率2%超えの高還元クレジットカードをシーン別におすすめはどのカードか紹介していきます。

自分はどのカードがおすすめ?

今回していく高還元クレジットカードは上記の5つとなります。

迷ったらおすすめの汎用性→JCB CARD W
楽天グループを少しでも利用する→楽天カード
コンビニを利用するかつ、自分好みの使い勝手にしたい→三井住友カード(NL)
還元アップを意識せずいつでもお得に使いたい→リクルートカード
短期的にお金を多く使う→オリコカード ザ ポイント

それぞれの詳しいカードの特徴は各カードの「詳しくはこちら」からご覧いただけますので、気になったカードの特徴を見てみましょう。

どのカードも年会費無料でポイント還元率が高く、発行しても損しないおすすめのカードですが、自分のライフスタイルに合ったカードを選べばよりお得になっていきます。

年会費有料の意外な落とし穴!

年会費有料の意外な落とし穴!

クレジットカードには年会費無料のカードと有料のカードがあります。

年会費が有料のカードは、付帯保険やサービス、還元率などが無料のものに比べて充実していることがほとんどです。

しかし、クレジットカードであまりお金を使わないという方は、年会費無料のものを選んだ方が獲得ポイントが多くなるケースがあります。

年会費で獲得ポイントが実質マイナスになる場合も

意外と見落としがちなのが、獲得したポイントが実質マイナスになる可能性です。高還元にばかり目が行ってしまうと、年会費の支払いでマイナスになってしまいます。

  1. 年会費無料・ポイント還元率1%
  2. 年会費5,000円・ポイント還元率1.5%

例えば上記の特徴があるカードを12として、ポイント獲得量をシュミレーションしてみましょう(※以下、1ポイント=1円相当で計算しています)。

10万円を決済した場合
  1. 1,000ポイント
  2. 1,500ポイント-5,000円=-3,500ポイント相当

10万円の決済の場合だと、年会費5000円のBカードは実質ポイントがマイナスになってしまいます。

次にそれぞれ100万円ずつ決済した場合だとどうでしょうか?

100万円を決済した場合
  1. 10,000ポイント
  2. 15,000ポイント-5,000円=10,000ポイント相当

それぞれのカードで100万円決済した場合は、同じポイント量となります。

年会費が相殺したBカードは還元率が高いため、100万円以上決済していった場合はAカードよりもポイント獲得量が多くなっていきます。

上記のように決済額が少ない場合だと、還元率が高くても年会費を支払うことによって、実質のポイントがマイナスとなる場合があります。

当然、年会費が有料のカードは還元率はもちろん、付帯保険やサービスなど年会費無料のカードよりも充実しているものが多いですが、近年の年会費無料カードは、還元率が高いカードも多く存在しています。

そのため、あくまでポイント獲得という面にフォーカスを当てるなら、年会費無料のカードを使う方がポイントが貯まりやすい場合が多いです。

JCB CARD Wは豊富な提携店とポイント交換先で使いやすい

使いやすくて高還元

年会費 無料
通常還元率 1%
国際ブランド JCB
発行期間 通常1週間程度、最短3営業日
詳細ページボタン 申込みボタン

JCB CARD Wは通常還元が1%と他のカードと同じく常時高還元のカードです。

また、「JCB ORIGINAL SERIES」というカテゴリに振り分けられるため、パートナー店舗でJCB CARD Wを利用すると獲得ポイントが最大10倍になります。

Amazonやスターバックスをよく利用するなら必見

豊富な提携先があり、中でもAmazonで4倍、スターバックスで10倍など高還元の優待が受けられます。

全国で展開しているコンビニや薬局など、日常的によく使うような店舗もたくさん参画していますので、優待が活用しやすいというメリットがあるのがJCB CARD Wの強みでしょう。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー ポイントアップ率
Amazon 4倍
スターバックス 10倍
セブンイレブン 3倍
welcia 2倍
メルカリ 2倍
成城石井 2倍
ビックカメラ 2倍


JCB CARD WのポイントプログラムであるOki Dokiポイントの有効期限は、獲得月から2年間と一般的なポイントより長めの有効期限があるので安心です。

また、ポイント交換先も豊富で、キャッシュバックはもちろん、ディズニーチケットにも交換することができます。

入会資格で18歳以上39歳以下限定という条件がありますが、一度作れば40歳以降も使い続けられますし、年会費も永年無料です。

JCB CARD W まとめ
@Amazon、スターバックスなど多数の人気加盟店で大幅還元
A豊富な交換先と2年間のポイント有効期限
B申し込みは18歳以上39歳以下限定
楽天カードはもともと優秀なのに楽天サービスを使うとさらに優秀

SPUの利用で最大倍に

年会費 無料
通常還元率 1%
国際ブランド VISA,MasterCard,JCB,AMEX
発行期間 約1週間
詳細ページボタン 申込みボタン

楽天カードは通常でも1%と高還元ですが、常時開催されているSPU(スーパーポイントアップ)プログラムで%と驚異的な数値にアップします。

「とにかくポイントをたくさん貯めたい」という方や、「楽天グループや加盟店をよく利用する」という方にピッタリのカードです。

楽天市場を楽天カード利用で還元率3.5%

SPUの一部で、楽天市場で楽天カードを利用すると+2倍が付与され、なおかつ楽天市場のアプリを使うことで+0.5倍され、お手軽に還元率が3.5%になります。

その他にも楽天銀行口座で楽天カードの利用代金を引き落としたり、楽天モバイルの契約をしたりすると、還元率がそれぞれ+1倍になります。

楽天ポイントが使いやすい

楽天ポイントは貯めやすいだけでなく、 貯まったポイントを全国の楽天ポイント加盟店なら1ポイント1円で使うことができるので、現金の代わりとも言えるほど便利です。

また楽天ポイントの有効期限は最後にポイントを獲得した日から1年間となり、期間内に1度でもポイントを獲得した場合は有効期限が延長となるため実質無期限でポイントを貯めることも可能です。

楽天カード まとめ
@楽天グループ併用による最大14%の圧倒的還元率
A全国の加盟店で実質無期限のポイントが、現金のように使える
B楽天サービスを全く使わないなら他のカードの方がよりお得
三井住友カード(NL)はコンビニやマクドナルドなどで最大5%還元

コンビニやマクドナルドなどで最大5%還元に

年会費 永年無料
通常還元率 0.5%〜5%
国際ブランド VISA,MasterCard
発行期間 最短翌営業日
詳細ページボタン 申込みボタン

年会費が永年無料で、専用のWebページから受付時間内(9:00〜19:30)に申し込むと最短5分でカード番号が発行されます。スピード発行されたら、専用アプリでカード番号を確認してすぐにネットショッピングなどで使うことも可能です。
※最短5分発行受付時間:9:00〜19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

コンビニやマクドナルドなどで決済が多いなら損しない

通常還元率は0.5%と決して高くない値かと思いきや、コンビニ2社(セブン‐イレブン・ローソン)やマクドナルドなどで三井住友カード(NL)を利用すると+2%に!

さらに、Visaのタッチ決済または・Mastercard®コンタクトレスを使っての支払いだと+2%加算されるので、合計最大5%還元になります。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
※一部Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%のタッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

コンビニでの購入は、一回ごとに使う金額は多くないかもしれませんが、意識してみると意外と頻繁にコンビニで買い物をしているという方は多いのではないでしょうか?

1か月にコンビニ2社(セブン‐イレブン・ローソン)などで1万円使っているという方は、三井住友カード(NL)での支払いに変えることで、ひと月当たり最大で500円相当還元され、1年でみると最大6,000円相当のポイントが還元されることになります。

自分がよく使うお店を3つ選んで+0.5%還元

基本還元率は0.5%と今回紹介しているカードの中では一番基本還元率が低いカードですが、実は「対象店舗から3ショップ選んで還元率0.5%アップ」というサービスがあります。

対象店舗はドラッグストアやスーパーなどおよそ60店舗あり、登録した店舗は90日経過で変更も可能なので、使いたい店舗を登録して自分好みの使い勝手のいいカードにしていくことが可能です。

ちなみにポイントの有効期限は、ポイント獲得月から2年間と、比較的長めで、景品引き換えやキャッシュバックなど交換先も豊富です。

IDやVISAのタッチ決済を使えば、貯めたポイントも1ポイント1円として、お店やネットショッピングで利用できます。

三井住友カード(NL) まとめ
@コンビニやマクドナルドなどで最大5%還元
A最短5分のスピード発行
B基本還元率は0.5%と低めだが、自分の選んだ3店舗で+0.5%
リクルートカードなら利用シーンを選ばない通常1.2%の超高還元

いつでも1.2%還元で貯まる

年会費 無料
通常還元率 1.2%
国際ブランド VISA,MasterCard,JCB
発行期間 約2週間
詳細ページボタン 申込みボタン

リクルートカードは、年会費無料でいつでも還元率が1.2%と、他のカードと比べても通常還元率が一回り高く、お買い物だけでなく公共料金の支払いにも1.2%の還元が付くので人気です。

通常還元率は高くても公共料金の支払となると、還元率が下がってしまうというカードも多いですがリクルートカードは常に1.2%です。

ちなみに今回紹介しているカードの中だと、楽天カードは通常1%還元ですが、公共料金は0.2%還元となってしまいます。

また意外と知られていませんが、Suicaや楽天Edyなどの電子マネーは、支払い時にポイントが付くので、電子マネーのチャージをするときにもリクルートカードを使えば、ポイントの2重取りも可能です。

リクルートのポイント参画サービスなら最大4.2%

通常還元率が高いですが、「Hot Pepper Beauty」で2%のポイントが貯まり、「ポンパレモール」や「じゃらん」などの提携サイトでの買い物にリクルートカードを使うと、より還元率がアップし、ポンパレモールなら4.2%、じゃらんなら3.2%もの高還元率になります。

リクルートポイントの使い道

リクルートポイントの有効期限は、最終のポイント加算日から12カ月後の月末なので獲得し続ければ実質無期限となります。

貯めたポイントの主な使い道としては下記の通りです。

  • 提携サイトでの利用
    リクルートポイントは、ポンパレモールやじゃらん、ホットペッパーグルメなどのサイトで、買い物や予約にそのまま使うことができます(1ポイント=1円)。
  • 他ポイントへの交換
    貯まったリクルートポイントをPontaポイントやdポイントに換えることが可能です。
リクルートカード まとめ
@通常還元率が1.2%と高いので幅広く使いたい方におすすめ
Aポイントの有効期限が実質無期限
B使いどころによっては他のカードが還元率を上回る
オリコカード ザ ポイントは短期的にお金を使う人には必見

入会後半年間は還元率2.0%

年会費 無料
通常還元率 1%
国際ブランド MasterCard,JCB
発行期間 最短8営業日
詳細ページボタン 申込みボタン

オリコカード ザ ポイントは年会費無料で、なんといっても入会後の半年間は還元率が通常時から2倍の2%になります。

半年間という期間限定ではあるものの、引っ超しや冠婚葬祭など、短期的にお金を使うことがあるという方には無駄なくポイントを獲得することができるでしょう。

入会特典期間以外でもお得なオリコモールとは?

入会特典の半年間2%還元が終了しても、「オリコモール」というサイトを活用すれば、ポイントを多く獲得できます。

ネットショッピングにオリコカード ザ ポイントを使う場合、「オリコモール」から各ショップに飛ぶだけで、通常のポイント獲得分に加えて0.5%分の特別加算が付きます。

つまり1.5%です。

オリコモールには、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazon、ベルメゾンなど多数のショップが参加していますので、ネットで買い物をするならぜひオリコモールを経由するようにしましょう。

オリコカード ザ ポイントで貯まったポイントの使い道

オリコポイントは、使い勝手も良く、ポイントの有効期限は加算月を含めて12カ月後の月末までとなっています。

貯まったオリコポイントは500ポイントから、さまざまなギフト券や他社のポイントに交換できます。特にAmazonギフト券やiTunesのギフトコードなど、ネットで使えるオンラインギフト券や他ポイント交換のラインナップが豊富で、ポイントを無駄なく使うことが可能です。

オンラインギフト券
ポイント移行(一例)
オリコカード ザ ポイント まとめ
@入会から半年間の還元率が2倍の2%
Aポイント交換が豊富
B入会特典終了後もお得だが、他のカードの方が還元率は上回る場合が多い

還元率2%以上のカードは自分に合ったものを発行しよう

還元率2%以上のカードは自分に合ったものを発行しよう

還元率が2%以上の高還元カードをご紹介しましたが、どれにしようか迷ったときには「どのカードの優待特典が活用しやすいか」ということを考えて選んでみてください。

高還元カード選びのポイント

迷ったらおすすめの汎用性→JCB CARD W
楽天グループを少しでも利用する→楽天カード
コンビニを利用するかつ、自分好みの使い勝手にしたい→三井住友カード(NL)
還元アップを意識せずいつでもお得に使いたい→リクルートカード
短期的にお金を多く使う→オリコカード ザ ポイント

ご紹介したカードはいずれも維持費がかからない年会費無料のカードなので、持っていて損はありません。まずは作って利用しやすいか試すのもひとつの手でしょう。

もしよろしければ、クレジットカード研究Labではクレジットカードに関するコラムを他にもたくさん用意しています。関連コラムなどもぜひ参考になさって、ご自身にピッタリな1枚を探してみてください。

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


Pick Upコラム




クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード


監修ファイナンシャルプランナー紹介


ページの先頭へ