4種類のミライノカードbusinessを比較! ポイント還元なしのカードもあるので注意

ビジネスカードを利用していくなら、ポイントシステムが良い経費を削減することができるカードを使って行かないと損ですが、実際に選ぶとなると、どのカードが優れているのかを判断できずに困っていると言う方もいることでしょう。

ビジネスカードの特長は個人のカードと比べて、利用可能枠が多いところが挙げられますが、ポイントシステムは個人のカードと変わりません。

その為、ポイントシステムの良いビジネスカードを探しだす時は、個人のカードでも魅力的なポイントシステム取り扱っているビジネスカードを見つけ出すことが重要となってくるでしょう。

そこで、ポイントシステムの優れた個人の人気クレジットカードと言えばミライノカードがありますが、このカードではビジネスカードも発行されていて、現金に変わるポイントシステムが人気の秘訣です。

ミライノカードでは計4枚のビジネスカードあり、現金で戻ってくるポイントシステムを利用すれば経費を浮かすこともできます。

また、ポイント以外の特典も質の良いものを利用したい方にはアメックスビジネスもおすすめで、アメックスなら経営に役立つ特有の特典も用意されている為、必見でしょう。

どのビジネスカードが会社に合っているのかを見極めて発行すれば、そのビジネスカードは仕事をしていく上で手放せないカードとなってきます。

ミライノカードからビジネスカード登場

ミライノカードは住信SBIネットが発行しているクレジットカードで、国際ブランドもJCBの好評カードです。

カードの種類は3種類あり、一般・ゴールド・プラチナムと用意されています。

ミライノカードが人気の理由には、ポイントシステムが優れていると言う点があり、通常、クレジットカードへ付与されるポイントは景品との交換や支払い額への充当などの使い道が一般的ですが、ミライノカードのミライノポイントはSBI住信のスマプロポイントへと移行が可能となっていて、スマプロポイントは現金に交換することができるのです。

そして、ミライノカードではビジネスカードの発行も手掛けていて、計4枚のビジネスカードが発行されています。

ミライノカードのビジネスカードで現金に変わるポイントを貯めれば、経費を浮かすことにも繋がるでしょう。

しかし、ポイントの貯まらないビジネスカードもあるので発行の際は注意が必要です。

ミライノカードにどんなビジネスカードがあるのか? チェックして行きましょう。

ミライノカードゴールドのビジネスカード2枚

ミライノカードのゴールド級となっているビジネスカード→ミライノカード business GOLD ライト・ミライノカード business GOLDでは、スマプロポイントを貯めることができます。

スマプロポイントはどちらのカードでも1,000円→6ポイントの付与率となり、ポイントは貯めやすいでしょう。

※スマプロポンとは1ポイント→1円の価値となっています。

年会費に関してはミライノカード business GOLD ライトなら10,000円(税別)、ミライノカード business GOLDは2,000円です。

そして、2枚のカードどちらを利用しても、国内26空港のラウンジが無料で利用でき、国内・海外旅行傷害保険最高1億円まで補償されています。

追加カードについては、ミライノカード business GOLD ライトは3枚(無料)・ミライノカード business GOLDカードは49枚まで発行可能です。(2,000円)

国際ブランドはマスターカードとなり、ミライノカード business GOLD ライトの利用可能枠は200万円、ミライノカード business GOLDの方は500万円までとなっているので、カード発行前はこの点も踏まえて検討すると良いでしょう。

ミライノカード一般のビジネスカード2枚! ポイント付与はないので注意

ミライノカードにはゴールド級のビジネスカードもありますが、一般のビジネスカードも用意されていて、年会費無料で利用できる得なビジネスカードです。

種類は2種類ありミライノカード business ライトとミライノカード businessがありますが、どちらのカードも国内・海外旅行傷害保険やポイントの付与がないので注意してください。

国際カードブランドはゴールドと同じくマスターカードで、利用可能枠はミライノカード business ライトは200万円・ミライノカード businessは500万円までとなります。

追加カードに関しては、ミライノカード business ライトは3枚・ミライノカード businessは49枚までと、ゴールド級のビジネスカードと一緒です。

##ミライノカードのビジネスカード計4種類を比較

4種類あるミライノカードのビジネスカードを表にして比較し、差をより明確にしましょう。

比較表 ミライノカード business GOLD ライト ミライノカード business ライト(一般向け) ミライノカード business GOLD ミライノカード business (一般向け)
年会費 10,000円(税別) 無料 2,000円(税別) 無料
スマプロポイント 1,000円→6ポイント なし 1,000円→6ポイント なし
空港ラウンジ 利用可 利用不可 利用可 利用不可
国内・海外旅行傷害保険 双方最高1億円まで なし 双方最高1億円まで なし
利用可能枠 200万円まで 200万円まで 500万円まで 500万円まで
追加カード 3枚まで(無料) 3枚まで(無料) 49枚まで(2,000円) 49枚まで(無料)

ミライノカードのビジネスカードはゴールド級と一般で2種類ずつ発行されていますが、ライトの方は追加カードの枚数と利用可能枠が少ない為、個人事業主向けと言え、ライトでない方のビジネスカードは500万円まで設けられているので大手企業向けでしょう。

また、ミライノカード business GOLDなら本人・追加カード共に安く2,000円(税別)で発行でき、空港ラウンジ・旅行傷害保険・ポイントも利用可能なので、大手企業がカードを発行する際は、ミライノカード business GOLDを選択した方が確実に得です。

ただし、ライトでないビジネスカードを発行する時は、紙のみの受付となるので気を付けてください。

ハイステータスなビジネスカードが欲しいならアメックスビジネス! 経営に役立つ特典とは

ミライノカードのビジネスカードをチェックして行きましたが、世の中にはまだまだたくさんのビジネスカードがあり、ハイステータスなカードもたくさん発行されています。

ハイステータスなカードと言えばアメックスビジネスがあり、年会費は12,000円(税別)となりますが、アメックスはステータス性が高いので、ハイソサイティーな方には最適の1枚なのです。

特典には、経営調査を代行して行ってくれる「ビジネス情報調査代行サービス」があり、幅広いビジネスの情報やライバル企業などの情報を代行して調べてくれ、レポート形式で分かりやすく提出してくれます。

ポイントも高級カードにしては、高還元率の100円→1ポイントの付与で、国内28・海外2空港のラウンジを同伴者1名の方まで無料にて利用することができるカードなのです。

※ポイントの種類はメンバーシップ・リワードとなります。

アメックスビジネスを所有していればそのステータス性から、持っているだけで一目置かれる事でしょう。

どのビジネスカードが会社には合っているのかを見極めてから発行しよう

ビジネスカードを選ぶ時、「会社にとってより質の良いカードを」と、選ぶことでしょうが、はたして自分の会社にはどんなカードが合っているのか? 悩んでしまう方もたくさんいるはずです。

そんな時、ポイントとなってくるのはやはり会社にとって、いかに発行価値のあるカードを発行するかと言え、ミライノカードですと、大手企業向きのミライノカード business GOLDに申込めば、社員・本人どちらも2,000円(税別)と安くカードを発行することができ、空港ラウンジまで無料にて利用でます。

また、ミライノカードのビジネスカードでライトを選択すれば「クラウド会計ソフトfree」を利用することができるので、支払い状況が自動的に記録され、経費計算を簡単に済ますこともできるのです。

そして、ステータスを重視するのであれば、なんといってもクレジット業界で一番憧れられるアメックスのビジネスカード→アメックスビジネスを発行するのがおすすめで、持っていればステータスのある会社だと評価されることでしょう。

このようにビジネスカードにもそれぞれの特長があるので、カード選びは慎重に行い、特典などを良く比較して、最高の1枚を発行してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ