tカードプラスの審査に落ちない為の方法

支払いと提示でポイント2重取りできるTカードプラス

航空券の購入でマイルが貯まったり、ネットショップの利用でポイントが貯まりやすかったりなど、クレジットカードそれぞれに特長がありますが、今や共通ポイントとして人気のあるTポイントを日常利用で貯めやすいクレジットカードがTカードプラスです。

Tカードプラスがほかのクレジットカードよりもポイントが貯まりやすい特長として、

ポイント2重取りできる提携店は実店舗も含めて種類が豊富。
カード払いせずに提示するだけでもポイントが貯まる。

・ポイント2重取りできる提携店は実店舗も含めて種類が豊富。
・カード払いせずに提示するだけでもポイントが貯まる。

さらにお得な点は、

貯まったポイントを提携店で直接利用できる
年会費を実質無料にできる。

ということです。

やじるし クレジットカード加盟店での利用:200円(税込み)=1ポイント獲得
やじるし Tカードプラス提携店で提示:100円(税抜き)(提携店によっては200円(税抜き))=やじるし 1ポイント獲得

たとえば、Tカードプラス提携店であるファミレスのガストの場合、カード提示で100円=1ポイント換算です。

3,000円分の食事で、カード払いで15ポイント+カード提示で27ポイント、合計42ポイントを獲得できます。ポイント還元率は1.4%と、かなりお得なクレジットカードといえます。
同じくTカードプラス提携店であるENEOSはカード提示で200円=1ポイント換算です。
5,000円分のガソリンの給油で、カード払いで25ポイント+カード提示で23ポイント、合計48ポイントを獲得できます。ポイント還元率は0.96%と、ほぼ1%にすることができます。

「今月はあまりクレジットカード利用をしたくない」という場合は、Tカードプラスを提示をするだけでもポイントは貯まります。その点はクレジットカード機能の無いTカードと利用法は同じです。

「Tカードが欲しかった」という方にとってはポイントがダブルで貯まるので、Tカードプラスのほうがおすすめです。

Tカードプラスの提携店一例

■コンビニ・スーパー・ドラッグストア
ファミリーマート
スリーエフ
マルエツ
ウェルシア
■レストラン
ガスト
バーミヤン
ジョナサン
ドトールコーヒーショップ
牛角
ロッテリア
■映像・音楽
TSUTAYA
GYAO!ストア
Yahoo!ブックストア
■ネットショップ
Yahoo! ショッピング
ニッセン
Tモール
■車関連
ENEOS
ニッポンレンタカー
オートバックス

上記以外でも書ききれないほどありますが、全国で125社43万店を超える提携店といわれていますので、その数や種類は膨大です(2015年7月現在)。実際に普段の生活の中で利用する店が多いのもポイントが貯まりやすい特長といえます。

貯まったポイントは提携店で直接利用できる

多くの提携店では貯まったポイントを直接支払いに利用することができます。他のクレジットカードのようにポイントを別のポイントプログラムに移行してから使うという手間が無く幅広く活用できるということです。

年会費は無料にできる

初年度年会費無料
年1回利用で次年度も無料

Tカードプラスの審査のハードルは高い?

お得なメリットの多いTカードプラスですが、実際に利用できるかどうかが不安になります。まずは申し込み条件を確認してみましょう。

申し込み資格

年齢20歳以上(ポケットカードのみ18歳以上から申し込み可。ただし未成年の場合親権者の同意が必要)。
本人の収入があること。
学生や専業主婦は家族や配偶者に安定した収入があること。
年金受給者も申し込み可能。

申し込み条件としては、本人の収入が無い学生や専業主婦などもOKとしているので、それほど審査のハードルは高いとはいえないでしょう。

しかし、より確実に審査をパスするためのちょっとしたコツがあります。

Tカードプラスの審査に落ちないためのコツ

no.1
リボ払いにしない
no.2
キャッシング枠はなるべく少なめに
no.3
事業費決済はなるべく選ばない

上記はオリコのTカードプラスの申込み画面ですが、「マイ月リボ」というのを設定すると、ショッピング時に1回払いにしても、自動的にリボ払いになるというものです。

リボ払いは月々の支払額が少額になりますが、支払い期間が長期になるので、利息の負担が大きくなるというデメリットがあります。クレジットカード会社としてはより多くの利益を得られるので、リボ払いをプッシュしている状況です。

しかし、審査時にはリボ払いを選択すると「支払い能力が無い」と判断される可能性もあり、決してプラスにはなりません。支払方法は利用中でも変更できるので、ここは「リボ払い希望しない」にした方が審査で有利になるでしょう。

キャッシング枠の希望額をチェックする欄も「50万円、30万円、その他」とありますが、ここは審査後の判断になるので必ずしも希望通りにならない部分です。

「キャッシングもなるべく多めに利用したい」ということであれば50万円を選ぶべきですが、特にこだわりが無ければ「10万円」か「0万円」など、なるべく少額を選ぶべきです。あまり大きな金額を選ぶと「お金に困っているのかな」→「きちんと支払いができるのか」となり審査で不利になります。

「生計費決済」と「事業費決済」という選択肢が一番上にあります。一般のお勤めの方は「生計費決済」を選べばいいのですが、個人事業主やフリーランスの方などで事業費メインにカード利用するのでなければ、なるべく「事業費決済」は選ばない方が良いでしょう。

嘘の申告をするのも良くないですが、「事業費決済」を選べば、「一般の利用者よりも大きな額の利用になる可能性がある」→「支払いが滞る可能性がある」とみなされ、審査では不利になる可能性があります。

他の申告内容、例えば住居や仕事や家族構成といったことは嘘がつけませんが、上記3点はある程度調整可能な部分になります。なるべく審査に通過するために気をつけてみてはいかがでしょうか。

どの店舗でも安定してポイント獲得できるオリコカードザポイント

Tカードプラスはコンビニやスーパー、ファミレスなど、日常的に利用する実店舗を中心にポイント2重取りができ、還元率は最大1.4%にできます。

しかし、あえて欠点を言うなら、コンビニであれば提携店はファミリーマートかスリーエフに限定されるので、セブンイレブンやローソンといった他の大手コンビにではカード払いの200円(税込み)=1ポイント獲得、ポイント還元率は0.5%のみになります。

どのコンビニで利用してもポイントが多く貯まるクレジットカードが欲しいということであれば、オリコカードザポイントがおすすめです。

オリコカードザポイントのポイント獲得方法

------------------------------------------------------
・クレジットカード加盟店での利用:100円=1ポイント獲得
・オリコモール利用で:100円=1ポイント〜最大15.5ポイント加算
------------------------------------------------------

オリコカードザポイントはどこで利用してもポイント還元率は1%です。さらにオリコモールという専用サイト経由でネットショッピングをすれば最低1ポイント、最大15.5%加算されるので、合計すると還元率は2%〜16.5%になり、ネットショップ利用にとにかく強いカードといえます。

TカードプラスもTモールという同様の専用サイトがありますが、「楽天市場でポイントが加算されない」、「Amazonはアパレル・ファッションのみが対象」と、多くの方が利用しそうな大手ショッピングモールに弱いという欠点があります。

その点、オリコモールは楽天市場の利用でポイント還元率は1%〜15.5%、Amazonなら全商品で還元率2%とショップを選ばず安定してポイントを貯めることができます。

オリコモールに出店しているショップ一覧(ショップは600以上)
Amazon
Yahoo!JAPAN ショッピング ベルメゾン 楽天市場 じゃらん
ポイント0.5% ポイント0.5% ポイント1% 今なら最大15% ポイント0.5%

オリコカードザポイントはこれだけポイント獲得に優れていても年会費は永年無料。利用せずに持っているだけでも損にならないというのも魅力です。

より幅広いポイント利用がしたいならVIASO(ビアソ)カード

Tカードプラスで貯めたポイントはTカード提携店で支払い時に利用できるというのが最大の魅力といってもいいでしょう。

逆に言えばTカード提携店以外で利用したい場合は別のポイントプログラムに移行するなどの手間が必要です。これはオリコカードザポイントでも同様です。

「もっと幅広く、そして簡単に貯まったポイントを活用したい」ということであれば、年会費無料のVIASO(ビアソ)カードがおすすめです。

VIASO(ビアソ)カードは1,000ポイント以上貯まれば自動的にキャッシュバックされます。指定の銀行に現金としてキャッシュバックされるので、提携会社にこだわることなく自由にポイントを活用できるのです。

かといってポイントが貯まりにくければ意味がありません。

VIASO(ビアソ)カードのポイント獲得方法

------------------------------------------------------
・クレジットカード加盟店での利用:1,000円=5ポイント獲得
・特定加盟店での利用:1,000円=10ポイント獲得
・VIASO eショップ利用で:1,000円=最大100ポイント加算
------------------------------------------------------

通常のカード払いの場合、ポイント還元率は0.5%とそれほど高くはありませんが、通常の2倍のポイントが獲得できる特定加盟店は以下になります。

ETCマークのある高速道路
携帯・PHSの利用料金
ネットプロバイダ料金

通信料など毎月の支払いなどでポイント還元率を1%にすることができるのが魅力です。

またインターネットショッピングをする際も、専用サイトVIASO eショップを経由経由することでボーナスポイントを獲得することができます。

例)
amazonで1,000円利用:カード払い5ポイント+ボーナスポイント5ポイント=計10ポイント(還元率1%)
Yahoo! ショッピングで1,000円利用:カード払い5ポイント+ボーナスポイント10ポイント=計10ポイント(還元率1.5%)

--------------------------------------
一口に「ポイントが貯まりやすいクレジットカード」といってもクレジットカードごとに特色があるというのが分かりいただけたと思います。
どのクレジットカードが最も利用しやすくお得かというのは、持つ方のライフスタイルによるでしょう。
たとえば、コンビニやファミレスなどの実店舗を多く利用し、貯まったポイントも気軽に利用したいという方であれば→Tカードプラス。
ネットショップ利用が多く、コンビニなども特定の店舗に限らず利用しているなら→オリコカードザポイント。貯まったポイントを提携会社に縛られずに自由に使いたいのであれば→VIASO(ビアソ)カード。また、年会費無料のクレジットカードであれば、複数枚持っていても損にはなりません。それぞれのクレジットカードの個性を生かしながら使い分けることができればベストといえるでしょう。


VIASOカード

VIASOカード
MasterCard
  • 1000円=5P獲得・1P=1円のキャッシュバック
  • 独自のネットモール経由でポイント最大21倍以上
  • カード本体・ETCカードともに年会費無料

年会費無料でお得さがダイレクトに分かる高還元カード
1000円で5P付与、獲得したポイントは1P=1円として自動的にキャッシュバックされるシステムが人気のクレジットカード。
年間1,000ポイント(還元率が0.5%の場合は20万円利用分)貯めないとポイントがすべて失効してしまうので注意が必要です。

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
- 無料 無料 無料 最短翌営業日
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
0.5% 最高2000万円 - 年間最高100万円 10-100万円
カードの詳細はこちらカードのお申込はこちら


全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ