北洋銀行のクレジットカードキャッシング審査が不安な方

クレジットカードを作るときに申し込みをする方が一番心配する点は、何よりも審査に受かるかどうか、というところではないでしょか。

審査に受からなければクレジットカードを持つことが出来ませんし、クレジットカードに沢山申し込むとそれはそれでリスクを負うことになります。クレジットカードの申し込みや審査、そしてどのようにしてクレジットカードの審査が行われているかをチェックしていきましょう。

クレジットカードの審査基準と注意点

クレジットカードは申し込んだからといって必ず持てるものではなく、審査を経て審査に合格すると手に入れることが出来るアイテムです。そのため、書類での申し込みではまず申込書に自分の個人情報を書いてカード会社に郵送して審査を受け、インターネット上からの申し込みであればネット上で自身の情報を記入して申し込み、審査を受けることになります。

審査ではどのようなことが見られているの?

一般的にクレジットカード会社は、「安定した収入」「返済能力」「明確な居住」の3つをチェックしています。クレジットカードはクレジットカードユーザーがカードで支払ったお金を一旦クレジットカード会社が立て替え、後日ユーザーの口座から引き落としをするという形になっていることから、カード会社とユーザーとの信用が何よりも大切になります。

■「安定した収入」について

収入の安定性については、申し込み者の年齢、勤め先での勤続年数、職種、勤務先の規模、年収などがチェック項目となっています。カードで支払ったお金を払えないとなると、クレジットカード会社にとっては大きな損失となってしまうため、申し込み者がきちんとクレジットカードの決済金額を支払えるかを厳しく審査されます。

■「返済能力」について

返済能力も重要なチェックポイントとなっており、これまでのクレジットカードやローン、そして携帯電話の料金の支払い状況が確認されます。これらは「個人信用情報センター」または「個人信用情報機関」というところで最長5年分が保管されているため、過去に他のカードで延滞や未納を繰り返した履歴や、消費者金融などから借り入れがあると、すぐに分かるようになっています。

またクレジットカードの申し込み状況も最長で6カ月分が記録されているので、クレジットカードの入退会を繰り返していると、トラブルがあったのではないか、または入会申し込みキャンペーンなどの特典目当てのみの申し込み者ではないかと見做されてしまい、審査に落ちやすくなってしまうので、短期間で複数のクレジットカードに申し込みをしていると申し込み履歴が残ってしまっているため審査に不利になってしまいます。

■「明確な居住」について

クレジットカード会社では正確に申し込み者の住所を把握しておく必要があります。というのも万が一クレジットカード決済金額が支払えなくなってしまった場合などに、持ち家であれば差し押さえなどの手段を取るための担保としている面もあり、持ち家または実家暮らしの方がスコアリングでは有利になります。

しかし賃貸であっても一か所に長く住んでいるということは、きちんと家賃を支払っているという証明にもなるので、審査にプラスに働きますが、転勤などがないのに短期間で居所を転々としていると、家賃の支払いで滞納があったのではないか、近隣トラブルがあるのではないかと疑われてしまい、審査にマイナスなイメージを与えてしまいます。

クレジットカードの審査の通りやすさとは

クレジットカードの審査や内容は公表されていないため、一概に通りやすい・通りにくいということは言えません。

■北洋銀行カードの基本スペック

北洋銀行
年会費 無料
ポイント JCB Oki Dokiポイントプログラム 1,000円→1ポイント
キャッシング金利 1.900%〜14.700%
特長 ・5種類から選べるカードデザイン ・キャッシュカード一体型 ・キャッシング機能つき

(出典:http://www.hokuyobank.co.jp/clover/)

北洋銀行のクレジット機能付きICキャッシングクレジットカード「Clover JCB」は銀行のキャッシュカード機能、クレジットカード機能、そしてキャッシング機能の付いているクレジットカードです。

3つの機能が1枚のカードになっているので、カードを沢山持ちたくないという方にも向いていますし、いかにもクレジットカードというデザインではなく、可愛らしいデザインなど好みのカードを持ちたいという方にもお勧めのカードです。

しかし北洋銀行は札幌市にある銀行なので、北海道に住んでいる方にとっては馴染みのある銀行ではありますが、北海道から離れた遠隔地に住んでいる方にとってはメインバンクとして利用する機会もあまりなく、クレジットカードとキャッシュ機能のためだけに北洋銀行カードを持つという選択肢はあまりなくなってしまいます。

また銀行系のクレジットカードであることからも、審査の難易度は高くなっているので、審査に不安があるという方は他のカードを検討してみましょう。

審査に不安がある方はACマスターカード

ACマスターカードは消費者金融であるアコムとMasterCardがコラボレーションして発行しているクレジットカードで、消費者金融系のクレジットカードであることから審査の難易度も比較的低めに設定されています。またアコムでは独自の審査基準を設けて居るので、他のカードの審査に落ちたという方であっても、ACマスターカードは持てたという方もいます。

■ACマスターカードの基本スペック

カードフェイス
ACマスター
年会費 無料
申し込み資格 ・満20歳以上で、安定した収入と返済能力を有する方 ・所定の基準を満たす方
ポイント なし
ローンの利息 3.0%〜18.0%
特長 ・リボ払い専用
・利用額から0.25%がキャッシュバック
・最短即日発行
・ローン機能付き

(出典:https://www.acom.co.jp/lineup/credit/)

ACマスタカードはクレジットカードの多くにあるようなポイント制度は設けていませんが、ショッピング利用額のうち0.25%がキャッシュバックされるようになっているので、ポイントを交換したりポイントの有効期限を忘れてポイントを失効したりしてしまうという方にも向いています。

ただし注意しておきたいのは、ACマスターカードはリボ払い専用のクレジットカードとなっているので、リボ払いのメリットとデメリットをしっかりと理解していないといけません。

リボ払いのメリット・デメリット

「リボ払い」とは、利用額に関わらず毎月指定された一定額を返済していく返済方式なので、毎月決まった金額が口座から引き落とされるようになっています。そのため最大のメリットは月々の支払額が一定なので家計の管理をし易く、月々の負担を減らすことが出来、さらにお金の管理もし易くなっています。

またリボ払いといっても必ずしも一定額を払わなくてはいけないという訳では無いので、繰り上げて返済をしたり、引き落とし額の設定を大きくしておけば通常のクレジットカードの一括払いと同じ使い方をすることも可能になっています。

しかしデメリットとしては、リボ払いには金利が掛かってくるため、返済回数が増えるほど、そしてクレジット決済をした金額が大きくなるほどかかる金利も増えてくるので、金利がどれくらいなのかについても知っておかなければ無駄な出費を沢山してしまうことになってしまいます。

また毎月の支払額が一定だからとつい金利や元金のことを忘れてしまい、クレジットカード決済を繰り返して、自分では意識していない間に元金が膨れ上がってしまっているということもあります。

どんなことにも、ではありますが、リボ払いはメリット・デメリットをしっかり知ったうえで利用しなくては気付いたときには何十万円、何百万円のお金を借りた状態になってしまっていることも有るので、より家計の管理を徹底して活用することが大切です。

クレジットカードはカードユーザーとクレジットカード会社の信用をもとに発行されているものだからこそ、審査も当然行われ、カードにも審査の難易度が関わって来ます。クレジットカードを選ぶ際には、自身の「安定した収入」「返済能力」「明確な居住」はどうなのかを再度確認し、自身のある方は銀行系のクレジットカードにチャレンジし、自信が無いという方は消費者金融系のクレジットカードでもあるACマスターカードを選択しておきましょう。


ACマスターカード
北洋銀行clover
年会費 無料 無料
発行期間 最短30分 1~3週間
発行のしやすさ

まずは
これ!

ACマスターカードは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行
無料 無料 - 30分以内
ショッピング
手数料
利用可能枠 海外旅行
保険
国内旅行
保険
14.60% 10万円〜300万円 - -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ