ANAアメックスでマイルを貯めたい人は楽天Edyを使おう!マイル還元率を3倍にする方法も紹介

eyecatch

ANAマイルを貯めるならこのカード!

旅行や出張と飛行機に乗る機会が多い方は必見
ANAグループ利用でポイント1.5倍で貯まる

年会費 初年度 7,000円+消費税
2年目以降 7,000円+消費税
ETCカード 年会費:無料
新規発行手数料:1枚850円+消費税
電子マネー
旅行傷害保険 海外:最高3,000万円
国内:最高2,000万円
利用
可能枠
個別設定

ANAマイルをとにかくに上手に貯めていきたいとクレジットカードをあれこれ比較していませんか。

ANAアメックスなら楽天Edyの利用でマイルを最大3倍にして貯められ、ポイントをマイルへ移行することもできるので、今マイルを重視したカードを探している方に選ばれているカードです。

特典も充実していて、マイルを貯めたい方にとっては魅力的なカード内容となっています。

では実際どのようなところがマイルに特化しているのか、楽天Edy利用時のマイル還元率なども踏まえANAアメックスについて詳しく見ていきましょう。

ANAアメックスはマイルを貯めるのに特化したカード!


ANAアメックスはマイルを貯めるのに特化したカードなのでマイルを貯めるのに優れたシステムが満載です。

ANAアメックスのマイルシステムについて詳しく見ていきましょう。

<ボーナスマイル>

ANAアメックスならカード入会時・継続時の際に1,000マイルがボーナスマイルとして進呈されるシステムを取っています。

このシステムはマイルを貯めて行きたい方にとっては魅力的でしょう。

またANAのグループ便に限りますが通常のフライトで貯まるマイルに加えて、区間毎10%増しでマイルがプレゼントされます。

ANAアメックスなら日々の利用以外でもマイルを貯めて行くことができるのです。

<加盟店の利用でマイルを貯めよう>

ANAカードマイルプラスの加盟店を利用すればANAアメリカン・エキスプレス提携カードのメンバーシップ・リワードのポイントが100円→1ポイントとANAカードマイルプラスのマイルが100円→1マイルで貯まり、対象商品の購入でも同じように貯まって行きます。

ANAカードマイルプラスの加盟店にはコンビニやドラックストアがあり100円→1マイルもしくは200円→1マイルで貯まって行き、ポイントなら100円→1ポイントで貯まって行くのでどんどん利用していきましょう。

<家族との利用でより多くのマイルを貯めよう>

家族カードを発行すれば、家族でマイルを合算して貯めて行くこともできるのでより早く多くのマイルを貯められます。

貯まったポイントは航空券などに利用していきましょう。

このようにANAアメックスはマイルに特化したシステムが満載です。

どんどん利用してマイルを貯めて行きましょう。

しかしANAアメックスはマイルのサービスだけでなく特典やポイントサービスにも力を入れているカードなのです。

ANAアメックスのポイントシステムや特典についても詳しく見ていきましょう。

ANAアメックスのポイントシステムや魅力的な特典! 保険・年会費について


ANAアメックスにはマイル以外にも便利なポイントシステムや特典が満載なのです。

マイルにも移行できるポイントなのでポイントシステムも利用していけばより多くのマイルが貯められます。

保険・年会費も踏まえてANAアメックスのポイントシステムや特典について詳しく見ていきましょう。

<ポイント>

ANAアメックスにはメンバーシップ・リワードというポイントシステムがあります。

このポイントは100円→1ポイントで貯まって行き、年間参加費6,000円を支払えばポイントをマイルに1ポイント→1マイルの比率で1,000ポイントから移行が可能となっています。

メンバーシップ・リワードのポイントは様々なシーンで貯めることができ便利です。(コンビニ・スーパー・レストラン・公共料金・旅行など)

さらにANAグループで使用することにより通常の1.5倍でポイントを貯めて行くことができ、航空券・機内販売・旅行商品・オンラインショップ(A−style)などの利用でポイントを獲得できます。

<ショッピングでの得なポイントシステム>

ANAアメックスはショッピング関係のポイントシステムも充実しているので見ていきましょう。

〜ANAマイレージモール〜

ANAマイレージモールを経由してネットショッピングをするとポイントとマイルが同時に貯まって行くので得です。

さらにANAマイレージモールの中にはANAカードマイルプラスの加盟店もあり、利用をするとANAカードマイルプラスのマイルも貯まるので活用甲斐があるでしょう。

ポイント100円→1ポイント・マイル100円→1マイル・ANAカードマイルプラス100円→1マイル

で貯まって行きポイントをマイルの移行するのなら合計3マイル貯まります。 

〜ANAグルメマイル〜

ANAアメックスをANAグルメマイルの参加店で利用すれば居酒屋・レストラン・カラオケなどで100円→1〜2マイル・ポイント100円→1ポイントで貯まって行きます。

この他にもポイントやマイルに特化したサービスはあるのでどんどん使って行きましょう。

<トラベル>

ANAアメックスはトラベル特典も充実しています。

〜空港ラウンジサービス〜

国内28空港、海外2空港の空港ラウンジをANAアメックスと搭乗券の提示で同伴者1名まで無料で使用できます。

〜空港パーキング〜

空港周辺パーキングをリーズナブルな価格で利用できます。

〜手荷物配達サービス〜

海外旅行の際の空港から自宅までの区間を往復で1名様1スーツケースまで無料で配送します。

〜搭乗手続きが簡単に!SKiPサービス〜

ANA国内線利用の際に限りますが事前にスキップ予約という予約・購入・座席指定を済ませておくと空港での搭乗手続きが不要になるシステムです。

トラベルサービスはこの他にもあるので旅行の際は利用していきましょう。

<旅行傷害保険>

旅行傷害保険はANAアメックスでツアーパッケージや航空券の決算を行うと自動的に付帯されます。

〜国内旅行保険〜

傷害死亡保険金→2,000万円

障害後遺障害保険金→最高2,000万円

〜海外旅行保険〜

疾病治療費用保険金→最高100万円

賠償責任保険金→最高3,000万円

携行品損害保険金→免責金額3,000円・1旅行中最高30万円・年間限度額100万円

救援者費用→保険期間中最高200万円

となっています。

<年会費>

ANAアメックスの年会費は本人会員→7,000円(税別)・家族会員2,500円(税別)となっています。

このようにANAアメックスはマイル以外のサービスも充実していて、ポイントや特典の内容にも力を入れています。

年会費は発生してしまいますが支払ったとしてもANAアメックスは損の無いカード特典が満載でしょう。

しかしANAアメックスにはこの他にも注目しておきたいシステムがあり、それがマイルの還元率が最大2%になる楽天Edyの使用方法です。

ANAアメックスで楽天Edyを使うとマイル還元率最大3倍になる!


ANAアメックスで楽天Edyを利用するとEdy対象店舗でのマイル還元率が最大3倍になることを知っていますか。

ANAアメックスに付帯している楽天EdyでEdy対象店舗を利用すると通常200円→1マイルのところ200円→3マイルで貯まって行くので得なのです。

使用の際はあらかじめANAマイレージクラブモバイルプラスへの登録(月額300円)が必要となります。

ANAアメックスに付帯している楽天Edyを使ってさらに多くのマイルを貯めて行きましょう。

マイルを貯めたいのならANAアメックス


ANAアメックスはマイルに特化したカードです。

マイルを貯めて行きたいのならANAアメックスは最適のカードと言えるでしょう。

ボーナスマイルなどANAの数ある加盟店でマイルを貯められるシステムは魅力的です。

さらにANAアメックスに付帯している楽天Edyを使い対象店舗で買い物をすればより多くのマイルを貯めて行けます。

もちろんマイルだけでなくポイントシステムや特典も利用価値が高い内容のものとなっているので活用甲斐のある1枚となってくるでしょう。

魅力的なマイルシステムに加えポイントシステムや特典も充実しているカードとして多くの方に選ばれているがANAアメックスなのです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードがおすすめ

アメックスのスタンダード・カードを持つよりも年会費が5000円以上もお得で、マイルを効率的に貯めながら、アメックスならではの多くのサービスも利用できるので、マイルを上手に貯めていきたいけれど、充実したサービスも欲しいという方はANAアメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ