楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなどのネット通販でどこでもdポイントで買い物する方法

dカードプリペイドを発行しよう!

dカードプリペイドはクレジットカード同様に使っていける便利なカード

dカード プリペイド
dカード プリペイド
年会費 年会費無料
申込み資格 ・12歳以上の方(中学生以上)
・dアカウントをお持ちの方
ポイントプログラム プリペイドカード決済によるdポイント進呈 お買物でのご利用金額200円(税込)ごとに1ポイント
dポイント加盟店でのプリペイドカード提示によるポイント進呈 お買物のご利用金額に応じたポイント
カード最高上限額 30万円

携帯キャリアがドコモでdポイントが貯まっているけど、dポイントの使える場所はローソンやサツドラ、携帯代の充当など使い道が少ないとストレスを感じていませんか。

dポイントがdカードのネットショッピングサイト→ポイントアップモールだけでなく他のネットショッピングでも使えたらと考えた方も多くいることでしょう。

実はdカードプリペイドなら、dポイントカードやdカード(クレジットカード)で貯めたポイントをdカードプリペイドに移行するとマスターカードが使えるネットショッピングサイトでも使うことができます。

つまり楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングでdポイントが使えるのです!

しかもカード払いになるため、サイトのポイントまで付与されます。

他にもdカード プリペイドを利用すれば、iDとしてセブンイレブンといったコンビニ、イオンなどリアル店でもdポイントを電子マネーとして使うことも可能になっています。

どこのネットショッピングでも使えるdカードプリペイドについて詳しく見て行きましょう。

dカードプリペイドとは

dカードプリペイドはプリペイド式の決算機能が付いた三井住友が発行しているカードです。

使用する際はSuicaのように事前にローソン・WEBサイト(マイページ)からチャージが必要となっていてチャージ額が無くなればまたチャージを行い、繰り返し使えるようになっています。

利用上限額は30万円となっていて、審査はなく発行手数料や年会費も無料なので子供から大人まで幅広い層の方が利用できるのです。

使用可能場所は電子マネーのiD・マスターカード加盟店(国内・海外)で利用することができ、ネットショッピングも可能となっていてクレジットカードと同じようにして使うこともできます。

便利に使って行けるdカードプリペイドですが、得に注目したい使用方法としてdポイントの移行があります。

dポイントをどのように移行するのか。それについてチェックしていきましょう。

dカードプリペイドの得な使い方・dポイントで得する方法

dカードプリペイドを得に使って行くには、dカードなどで貯めたdポイントをdカードプリペイドにチャージすることです。

もちろん現金でもチャージは可能ですが、dカードプリペイドにdポイントをチャージすることでdポイントを使える場が増えます。

ではチャージ方法を確認して行きましょう。

〜dカードプリペイドにdポイントをチャージする方法〜

<手順1>

dカードプリペイドにログインをして、「チャージ 」を選択してください。

※チャージは500ポイント以上から可能で、1ポイント→1円の換算でチャージできます。

<手順2>

チャージはクレジットカードやdポイントなどが選択できるので、dポイントを選び内容を確認出来たら、「承諾して購入する」を選択してください。

<手順3>

「承諾して購入する」を選択すると、dアカウントに登録したメールアドレスに 確認メールが届くので、必ず内容を確認してください。

以上がチャージ方法になります。

dポイントのdカードプリペイドへのチャージが終われば、dポイントはマスターカードの加盟店などで使えるようになるのでどんどん利用していきましょう。

そしてdプリペードカードにdポイントをチャージして買い物をすると、ポイントが200円→1dポイントで貯まって行きます。

チャージしたdポイントで買い物をすることで自分には何の出費もなく、商品が手に入りdポイントも貯まるのです。

dポイントはdカード(クレジットカード)を利用しているのなら早く貯まりますし、ネットショッピングをする方なら、dカードのネットショッピングサイト→ポイントアップモールで倍にして貯めてきたポイントをdカードプリペイドに移行すれば使える幅も広がりポイントも貯まります。

このようにdカードプリペイドには様々な得に使える活用法があるのです。

dカードプリペイドをマスターカードの加盟店でも利用することができるということは、他のネットショッピングサイトでも買い物が可能ということになり、幅広く利用できるようになります。

近年ネットショッピングを利用する方が増えていますが、クレジットカードでないdカードプリペイドをどのようにして使って行くのでしょうか。

dカードプリペイドはネットショッピングにも便利

dカードプリペイドはマスターカードの加盟店・iDで使うことができるので、dカードやdポイントカードで使えないままになっているポイントを、dカードプリペイドへとチャージすれば、ネットで使って行くことができるのです。

(マスターカードの加盟店は国内・海外どちらでもdカードプリペイドの使用が可能となっています。)

では実際にネットショッピングではどのようにして使うのか楽天市場での例を見て行きましょう。

〜dカードプリペイドを楽天市場で使う方法〜

楽天市場での買い物が済んだら支払方法の個所をクレジットカートと選択してください。

カード会社はマスターを選択しましょう。

<手順2>

名義人の個所の確認を行ってください。

「PREPAID MEMBER」となっていることを確認しましょう。

<手順3>

買い物が完了すると登録したメールアドレスに知らせが来るので確認してください。

以上が楽天市場でのdカードプリペイドの使用方法となります。

dカードプリペイドはクレジットカードと同じように簡単に支払い方法を選択することができるのです。

その他のネットショッピングサイト→Amazon・Yahoo!ショッピングなどでも、サイト内の支持に従ってクレジットカードと同じように支払い方法の個所をマスターカードに選択すればスムーズにネットショッピングをすることができるでしょう。

dカードプリペイドはクレジットカード同様に使っていける便利なカードなのです。

dカードプリペイドを発行しよう!

dカードやdポイントカードを使っている方で、元から付いているポイント利用サービスだけじゃポイントの使い道が足りないと思っているのなら、dカードプリペイドを発行するのが良いでしょう。

dカードプリペイドなら貯まったdポイントを、dカードプリペイドへと1ポイント→1円の換算率で替えることができ、使える場所もマスターカード加盟店(国内・海外)・iDと幅広く利用できるので活用の場が広がります。

またdカードプリペイドへとチャージしたdポイントで買い物をしたとしても200円→1dポイント獲得することができるので得です。

dカードプリペイドはクレジットカードと同様に使えるよう工夫を凝らされているのでとても使いやすくなっています。

カードが手元に届くまでには申込んでから1週間から10日かかりますが時間が、かかったとしても発行価値が高いカードと言えるでしょう。

審査もなく発行できるので大人から子供まで多くの方が利用できるカードですし、高校生や学生の方でも発行することが可能なので年齢が若くても持てるクレジットカードようなカードとして人気を集めているのです。

利用上限も30万円まで設けられているので使い勝手もとてもいいでしょう。

紛失・盗難の対応も完備していて、失くした際は利用を停止することができ再発行の手続きも行っています。

しかし万が一失くしたとしてもプリペイドカードなのでチャージされている金額は使われてしまう可能性がありますが、チャージされてある額以上の悪用はできないので安心です。

dカードプリペイドは効率よくポイントが使えるクレジットカードのようなカードとして、幅広い年齢層の方に支持されているのです。

dポイントは使う場所が少ないとストレスを感じている方は、楽天市場でもamazonでも利用できるこの方法をためしてみましょう。

dカード プリペイド

dカード プリペイド

  • 貯めたポイントを手軽に使えるプリペイドカード!
  • チャージされてある額使えるからお金の管理も安心安全!!
  • dポイントは使う場所が少ないとストレスを感じている方は、楽天市場でもamazonでも利用できるこの方法をためしてみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ