格安SIMでクレジットカード支払いが多い理由とは。口座振替・デビットカードはデメリットあり

格安SIMはクレジットカード払いをするとポイントが貯まっておトク

格安SIMとは

ちょっと使うだけで気づけば際限なく膨らんでしまうのが携帯電話の支払い料金です。

しかしdocomoやau、SoftBankといった大手キャリアの通信設備を借り受けして利用することで通信設備の維持やメンテナンスなどをする必要がなくなるのが格安SIMになります。格安SIMならば場合によっては携帯電話の支払額を1ヶ月で1,000円以内に抑えることができるようになるので、携帯電話の利用料金に悩む方におすすめとなっており、またそれを知る方々が利用し始めているのです。

格安SIMの支払いは口座振替とクレジットカード払いがあるが後者の方がおすすめ

格安SIMを使った携帯電話の利用料金を支払う際には口座へ振替するか、クレジットカードで支払うかの2つがあります。

もしも口座振替を選ぶ場合は利用料金を引き落としてもらう時に手数料が100円から数百円までかかってしまうことがあり、1年間を通してとなると手数料だけでもけっこうな額になってしまうことになります。

しかし、クレジットカードでの支払いならば手数料を支払う必要がなく、その上でクレジットカードを用いて支払うのでポイントが付与されるというメリットも備えています。格安SIMの料金の支払いは口座振替よりもクレジットカード払いの方がおトクということです。

クレジットカード以外にもデビットカードでの支払いも対応している会社があります。

格安SIMを利用し、デビットカードで支払う上でのデメリット

格安SIMの利用料金をデビットカードで支払う際に生じるデメリットとして、対応している会社がわずか数社に限られるということと、支払う際には口座から即引き落としという形になるため、口座の範囲内での利用に限定されるということです。

他にも格安SIMも提供会社が少なかったり、キャリアメールが利用できないのに加えて、もしも口座振替をしたい場合は口座振替依頼書が必要となる可能性があるということです。

通常の携帯電話にはある、利用プランというのもないので長時間の通話をする方にはむしろ料金が高くついてしまう可能性もあります。

格安SIMの支払いにはJCBカードWやACマスターカードがおすすめ

格安SIMの支払いには年会費無料で高還元率のJCBカードW

格安SIMの利用料金の支払いには手数料が不要のクレジットカードがおすすめですが、その中でもとくに優れているのがJCBカードWです。

年会費は家族カードも含めて無料ですし、ポイントプログラムのOki Dokiポイントが通常は還元率0.1%のところをJCBカードWは常時2倍の還元率0.2%となっています。

Oki Dokiランド経由のネットショッピングにてカード払いをすると還元率が最大20倍まで膨れ上がりますし、貯まったOki Dokiポイントは1ポイント→5円換算にてJCBプレモカードOki Dokiチャージができたり、1ポイント→3マイルでのマイル移行がANAマイル、ANAスカイコイン、JALマイル、デルタマイルで対応しています。

JCBカードWは旅行傷害保険も付帯されており、海外旅行傷害保険は旅行代金をカード払いすると最大2,000万円かかり、ショッピング保険が年間最高100万円付帯されるので補償がしっかりしています。MyJチェックとMyJCBでカード利用歴の確認や利用状況とポイント残高のチェック、支払い方法の変更が可能となっています。

発行審査基準を満たしやすい年会費無料のクレジットカードならばACマスターカード

クレジットカードを使う上で不安になりがちなのがクレジットカード発行における発行審査です。多くの場合は年収やクレジットカードの利用歴もチェックされる上に審査が終わることにも1週間から1ヶ月といった時間がかかってしまいます。

しかし、ACマスターカードならばインターネット経由でカード発行申請を申し込んで自動契約機むじんくんでカードを受け取れば最短30分の当日発行が見込めます。

発行申請の際には年収に関しての記入欄がアルバイト先やパート先を含めた職場の電話番号のみと少なくなっているのも特徴で、クレジットカードでよくみられるポイントプログラムがありませんが、ショッピング利用ならば0.25%のキャッシュバックサービスがあります。

JCBカードWとACマスターカードのまとめ

JCBカードWのまとめ


  • 年会費無料
  • 家族カードの年会費無料
  • 高校生以外の18歳以上39歳以下の年齢制限
  • ポイントプログラムはOki Dokiポイント
  • 還元率は0.2%
  • Oki Dokiランド経由のネットショッピングにてカード払いをすると還元率が最大20倍
  • オリジナルシリーズ優待店ボーナスのカード払いでボーナスポイント
  • 1ポイント→5円換算のJCBプレモOki Dokiチャージが可能
  • 500ポイント以上と交換なら1ポイント→3円、1,000ポイント以上ならば4.5円の還元ができるキャッシュバックサービス
  • 200ポイント→スターバックスカードに1,000円チャージ
  • dポイント、Tポイント、auWallet、楽天スーパーポイントには1ポイント→4ポイント換算でポイント移行
  • ANAマイル、ANAスカイコイン、JALマイル、デルタマイルは1ポイント→3マイルで移行可能
  • amazonに1ポイント3.5円で利用可能
  • 海外旅行傷害保険が旅行代金をカード払いすると最大2,000万円
  • ショッピングガード保険が年間最高100万円
  • MyJチェックで利用状況をメール受信
  • 「MyJCB」で利用状況やポイント残高の確認に支払い方法の変更可能

JCBカードWの大きなメリットにはポイント還元率が常時2倍で年会費無料のクレジットカードとしては高いメリットを持っているのが特長です。

ACマスターカードのまとめ


  • 年会費無料
  • ポイントプログラム無し
  • クレジットカード利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円
  • 年率10.0%〜14.6%
  • ショッピング利用でキャッシュバック0.25%
  • 残高と次回の返済期日と利用可能額の確認
  • ネットや電話で24時間いつでも借り入れ申請可能
  • キャッシュバック0.25%
  • ペイジーを利用して24時間いつでも返済可能
  • 会員サイトで明細書の確認と自宅送付拒否を設定できる
  • 利用限度額の変更可能
  • 利用明細の郵送が無い
  • 自動契約機のむじんくんで即日発行可能
  • カードローンは前回返済日の翌日から数えて35日後が次の返済日
  • クレジットは毎月20日が締めの翌月の6日までに利用した分を全額返済すれば手数料無料
  • 毎月20日締めの翌月6日までに返済ができなかった場合は7日から35日後が返済締め切り

ACマスターカードは年会費が無料ですがポイントはありません。その代わりにカード発行審査を通る上での審査基準は職場の電話番号を記入するだけでよく、自動契約機むじんくんにてカードを受け取るのならば最短30分の即日発行ができます。

ポイント重視ならばJCBカードWを発行して審査が不安ならばACマスターカードを発行しよう

格安SIMは携帯電話の利用料金を安くしたい方に適したものですが、利用できる会社が少なく、電話料金プランなども存在しない上に、口座振替依頼書が必要となるケースもあります。格安SIMの利用料金支払いには口座振替とクレジットカード払いがありますが、口座振替の場合は手数料が数百円かかる場合もあるので、クレジットカードがおすすめです。

クレジットカードで格安SIMの利用料金を支払うのなら還元率常時2倍で利用料金支払いでもポイントゲットできる年会費無料のJCBカードWと、クレジットカードの発行基準を満たしやすくて即日発行ができるACマスターカードがおすすめです。

ポイントプログラムはあった方が良いならばJCBカードW、審査を安心して受けたい場合はACマスターカードを発行しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ