ETCカードにプリペイド式はある?審査に通りやすいカード紹介

残念ながら、プリペイド式のETCカードは存在しません。
ただし、クレジットカードを作成せずにETCカードを作ることは可能です。
そのカードとは、「ETCパーソナルカード」。デポジットを払うことで作成できます。
その他、審査に通りやすいカードやその方法も紹介します。

ETCカード付きクレジットカードでおすすめはこれ!

VIASOカードは年会費無料でETCカードを持つことができます。 アルバイト・パートでも審査OKです。

年会費 無料
ETCカード 無料
※初回発行手数料1,000+税
カード発行期間 最短翌営業日
入会資格 18歳以上で電話連絡が可能な方
※アルバイト・パートOK
ポイント還元率 0.5%〜10%

詳細ページボタン 申込みボタン

プリペイド式のETCカードは存在しない!


ETCカードにはプリペイド式のものはありません。
基本的には、クレジットカードが親カードとなり、その付帯カードとしてETCカードが発行されます。
ETCカード利用代金は、クレジットカード利用代金と合算して毎月請求されます。
クレジットカードには、nanacoやwaonなどの電子マネー機能が搭載されているものもありますが、電子マネーで支払うことができるのはショッピング代金のみで、ETCの支払いに電子マネーを使うことはできません。
つまり、ETCカードを作ってETC利用代金を支払うには、クレジットカードが必要ということになります。
しかし、実際には、クレジットカードを持たずしてETCカードを持つことは可能です。

クレジットカードを作成しないならETCパーソナルカードを

クレジットカードを作成しないなら、代わりに ETCパーソナルカードを作成しましょう。
ETCパーソナルカードとは、高速道路6会社が共同発行する有料道路専用カードのことで、通常親となるクレジットカードを発行することなく、単体で申込みをすることが可能です。支払い方法は、電子マネーのようにプリペイド式でも、デビットカードのように即時引き落し式でもなく、利用月翌月に指定の金融機関口座から引き落としとなります。 つまり、システムは基本的にはクレジットカードのETCカードと同じということです。

クレジット機能がないETCパーソナルカード申込みなど詳細はこちら


申込書は有料道路のSAで入手するか、ETCパーソナル事務局に電話依頼をすることで送付してもらうことができるので、まずは申込書を入手してください。申込書を入手したら、必要事項を記入し、本人確認書類と合わせて事務局に送付します。すると、事務局からデジポット振込用紙が送られてくるので、デジポットを郵便局窓口もしくはコンビニで支払いましょう。入金が事務局で確認できたら、カード発行となります。

ETCパーソナルカードのデメリット

ETCパーソナルカードはETCカードとほぼ同様に利用できるカードですが、デジポットを支払う点においては異なります。


このデポジットによる初期費用の高さがETCパーソナルカード最大のデメリットと言えるでしょう。


デジポットとはETCパーソナル事務局に担保として預ける保証金のことで、クレジットカードのように与信審査を行わない代わりにデジポットを支払うことが決められています。


デジポットとして預ける金額は、平均利用月額を5,000円単位で切り上げた額を4倍した額と、年間最高利用月額を20,000円単位で切り上げた額のいずれか高い方となります。平均利用月額が1万円未満の場合は、1万円となる点に注意して試算してみましょう。

平均利用月額 5,000円 10,000円 15,000円 20,000円
デポジット金額 20,000円 40,000円 60,000円 80,000円

※デジポットの金額は、カード発行後の利用実績によって増額される可能性があります。



平成28年7月以前まではデポジットの最低金額が40,000円だったため現在の基準は緩和されたとも言えますが、デポジットを20,000円に設定している方でも利用金額がデポジットの70%(14,000円)を超えた時点で強制的に20,000円のデポジットが追加される仕組みとなっています。


ちなみに、預けたデジポットは「担保」であるため、有料道路通行料金に充てることはできません。


カード解約時には、所定の手続きをすることでデジポットは全額返金されますが、初期費用の高さを考えるとおすすめはできないカードです。

審査に通りやすいカードとは


ETCパーソナルカードは、現金主義でクレジットカードを持つことが嫌な人以外に、信用情報がブラックであるために、クレジットカードを発行できない人にも向いています。 使い方はETCカードと変わらず便利です。

しかし、最低2万円のデジポットは高額です。また、ETCパーソナルカードの維持には、1,234円(税込)の年会費がかかります。これは、利用頻度や額にかかわらず金額が変わることはありません。

このようなETCパーソナルカードのデメリットを考慮すると、「クレジットカードのETCカードを発行したい」と思うのは当然です。

もしクレジットカードの審査が不安で申込みを躊躇してしまっていた方は、まず比較的審査が厳しくないクレジットカードにチャレンジしてみましょう。

審査に通りやすくポイント還元率も高いVIASOカード

年会費無料でETCカードを持てると言ってもクレジットカードの審査に通過しないとETCカードも持つことはできません。

NICOSから発行されているVIASOカードは審査の申込み基準が優しいだけでなくポイント還元率も高いので幅広い方が利用をしているクレジットカードです。

VIASOカードの審査が優しい理由@:申込み基準

VIASOカードの申込み基準を確認してみると「18歳以上で電話連絡が可能な方」という基準になっていることがわかります。

正社員や年収での基準を設けていないため、学生や主婦の方でも申し込むことが可能ということになります。

仮に本人の収入が少なかったとしても配偶者や親(学生の場合)の年収も含めた「世帯年収」で申請をすれば審査に通過することは可能です。

クレジットカードによってはパート・アルバイトは不可、本人に安定した収入がないと不可、年収300万円以上など年齢以外の基準を設けているものも多いので、それらのカードと比較をするとVIASOカードは非常に申し込むハードルが低いクレジットカードと言えるでしょう。

VIASOカードの審査が優しい理由A:発行会社

クレジットカードはカードの発行会社がどのような種類の会社なのかによって審査の厳しさが変化します。


発行会社 銀行系 信販系 消費者金融系
特長 ステータス性は高いが審査に厳しい ポイント還元率の高いカードが多い。比較的審査に通りやすい サービスは少ないが審査には通りやすい

VIASOカードはこの3種類の中で信販系のクレジットカードに当てはまります。


発行会社 銀行系 信販系 消費者金融系
代表カード
三井住友VISA
クラシックカード

VIASO
カード

ACマスターカード
年会費
1250円+税
※条件につき、翌年度無料
無料
無料
ETC年会費 年会費:500円+税
※初年度年会費無料
※年間利用回数が1回以上で翌年度無料
無料
※新規発行手数料1,000円+税
なし
ポイント還元率
0.5%
0.5〜10%%
なし
※0.25%の自動キャッシュバックあり
審査通過の
難易度

そのため銀行系よりも審査には通りやすく、消費者金融系よりはサービスが充実しているという非常にメリットが多いポジションのクレジットカードと言えるでしょう。

VIASOカードの審査が優しい理由@:入会キャンペーン実施中

入会キャンペーンというのは新規で入会をしてくれた方に対してクレジットカード会社がキャッシュバックやポイントの付与を行うことですが、基本的にこのようなキャンペーンを行うことはクレジットカード会社としては利益が減ってしまうためあまり実施はしたくないはずです。

しかしそれでも入会キャンペーンを行うということは、多少の利益が減ったとしても新しいユーザーを獲得したいという強い気持ちの現れとなるので、審査が通りやすくなる傾向があります。

当然、全く審査がされなくなるということではないので、申込みをしたクレジットカード会社の基準を満たしていなかった場合は審査落ちとなってしまいますが、少なくともキャンペーンを実施していない時よりもクレジットカード会社の新規利用者の獲得意欲が高いことはわかります。

VIASOカードも現在最大10,000円のキャッシュバックがされる入会キャンペーンを実施中です。



VIASOカードは元々年会費は無料なので、仮に入会キャンペーンの条件を達成できなかったとしても、不利益を被ることはありません。この機会をお見逃し無く!

まとめ

ETCカードは多くのクレジットカード会社から発行されていますが、いずれもプリペイド式はありません。

クレジットカードなしでETCカードを持つために今できることは、保証金を預けるだけで発行されるETCパーソナルカードで検討することです。申込みから2週間〜3週間かかるためすぐに利用することはできません。

審査が無いからといってETCパーソナルカードを利用するのは長期的に見て非常に損をしてしまう可能性があります。

もしクレジットカードの審査に対して不安を感じているのなら審査に通りやすいクレジットカードに申し込むのがおすすめです。

まずは
コレ!

VIASOカード

VIASOカード
MasterCard
  • 1000円=5P獲得・1P=1円のキャッシュバック
  • 独自のネットモール経由でポイント最大21倍以上
  • カード本体・ETCカードともに年会費無料

年会費無料でお得さがダイレクトに分かる高還元カード
1000円で5P付与、獲得したポイントは1P=1円として自動的にキャッシュバックされるシステムが人気のクレジットカード。
年間1,000ポイント(還元率が0.5%の場合は20万円利用分)貯めないとポイントがすべて失効してしまうので注意が必要です。

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
- 無料 無料 無料 最短翌営業日
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
0.5% 最高2000万円 - 年間最高100万円 10-100万円
カードの詳細はこちらカードのお申込はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCカードを研究しよう


ETCカードの基礎知識TOP



クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ