Tポイント・楽天ポイントどちらにもレートを変えずポイント移行できる唯一のカード

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


クレジットカードで貯まるポイントの魅力

ポイント好きな方であればクレジットカードを選ぶ時には、利用する度に貯まるポイントの多さと、ポイントを使用できる範囲が広いものを選ぶことが重要です。

クレジットカードはその利用料金によってポイントが貯まり、100=1ポイント200=1ポイント1000=1ポイント付与というものもあります。 ポイントは貯まるとショッピングや飲食で使え、クレジットカードの加盟店で割引やサービスを利用できるという多くのメリットがある ため、少しでもお得にクレジットカードを使いたいという方にポイントプログラム付いたクレジットカードが選ばれているのです。

このように、自分が得をできるクレジットカードを選ぶためには、どれがより多くのポイントを貯めやすいか、そしてムリなく使いこなせるのかを知ることが必要です。
クレジットカードのポイントは様々な利用法があるため、通常の何倍ものお得なサービスを受けられるというメリットがあり、ポイントを使用して旅行・ホテル・CDレンタル、飲食店での割引といったサービスを利用することは、家計簿を見るとかなりの差が出るほどです。

そのため、ポイントプログラムを優先に考えている方は、より多くのポイントが貯まり、還元率が良いクレジットカードを選ぶことをお勧めします。

では、ポイントはどのように活用できるのでしょうか。
例えばポイントプログラムの代表となる「Tポイント」はヤフーショッピング、TSUTAYA、コンビニで利用することができ、「楽天ポイント」は楽天市場内のBRAND AVENUEやRakuten Fashion Mouiesで使用できます。
飲食店でも、インターネットを含めたショッピングでも、利用するとポイントが貯まり、そのポイントを加盟店での割引サービスなどで使用できます。

ポイントが多くまると、その分ポイントを使用できるので、還元率が高いクレジットカードほどお得になります。

Tポイントは、サービスごとに100円=1ポイントや200円=1ポイントが加算され、ショッピング・飲食店にも使用できます。楽天カードは、200ごとに1ポイントが加算され、オークションの落札時の支払い、電子書籍の購入を\50から、楽天銀行の振り込み手数料にポイントを使用でき、楽天カードを使用できる楽天グループでは1P=1円相当で使用できます。

Tポイントと楽天ポイントの特長とは

では、人気のあるTポイントと楽天ポイントの特長を比較してみて、クレジットカードのポイント還元率を見比べてみましょう。

Tポイントの特長

Tポイントを貯められる携帯電話や飲食店などの加盟店ではTカードが一般的に使用されています。

Tポイントで知られているTSUTAYAではCD・DVDが、通常のレンタル料金を半額の割引にするというサービスもあります。
東急ホテルズ・コンフォートホテル・阪急阪神第一ホテルグループなどの多くのホテルやショップの割引、飲食店、旅行や車のサポートなど多様なポイント加算が加盟店で利用できます。

楽天ポイントの特長

楽天ポイントの場合には、200円のクレジットカードを利用する度に1ポイントが貯まり、3000円分を楽天クレジットカードで使用すると、15ポイントが貯まります。

そして貯めたポイントは、1ポイント=1円相当としてマクドナルドやくら寿司などの飲食店や大丸、松坂屋などでのショッピングでも利用することができます。

Tカードと楽天カードは使い分けが必要になる

Tポイントも楽天ポイントも、ポイントが加算される加盟店が多くありますが、2枚のカードを使用できる場所や加盟店が異なることもあり、ポイントを貯める方法やポイントの活用法も違う場合があります。

どちらのカードも、ポイントサービスに加入するためには、個人情報を登録しなければポイントサービスを利用できません。
そして、ポイントを貯めるにはショッピング、それぞれの加盟店でのサービスのキャンペーン、スマホのアプリをインストールする、ゲームをするなどの方法があり、ポイントプログラム提供先がTポイントと楽天スーパーポイントとなるため、それぞれのポイントを貯めてサービスを使用するためには、Tカードと楽天カードの2枚が必要となります。

Tカードは主にショッピングや飲食店で使用でき、楽天カードはインターネット上での音楽や映画をダウンロードしたり旅行・自動車保険にも適用されるため、両方が1枚で使用できるカードが使えるなら大変便利です。

ポイント加算も利用料金によってTカードと楽天カードでは異なりますので、1つにまとめられるとポイントを貯めやすく、使用しやすくなります。

カードフェイス
年会費 初年度無料
次年度1250円+税(条件により無料)
初年度無料
次年度無料
還元率 0.5% 2%
ポイントプログラム ワールドプレゼント Oki Dokiポイントプログラム
ポイント付与 1000円=1ポイント 1000円=4ポイント
Tポイント移行 1ポイント=Tポイント4.5ポイント 1ポイント=Tポイント4ポイント
楽天ポイント移行 1ポイント=楽天スーパーポイント5ポイント 1ポイント=楽天スーパーポイント4ポイント

上記の2枚のクレジットカードはTポイントと楽天ポイントの両方にポイント移行ができるクレジットカードです。


三井住友VISAカードやJCB CARD Rカードを利用して、それぞれのポイントプログラムを利用してポイントを貯め、貯まったポイントをTカードや楽天カードへ移行すると、普段使いするクレジットカードは1枚で済みます。

またTポイントと楽天ポイントの利用できる店舗は変わってくるため、ポイント利用先に合わせてポイント交換先を変えることができるため、より上手なポイント活用ができます。


三井住友VISAカードとJCB CARD Rカードを比べるとJCB CARD Rカードは年会費が永年無料で1000円=4ポイントが付与される高還元カードのため、より早くポイントを貯めることができます。


おすすめ!



JCB CARD R

JCB CARD R
jcb

年会費

無料

還元率

2.0%

発行期間

最短3営業日

ETCカード

無料

ETC利用率
キャンペーン中に入会するとポイントが6倍
JCB CARD Rはカードはポイントが4倍貯まる高還元率クレジットカードですが、キャンペーン中に入会をすると入会後3ヶ月間は更にポイントが2倍分加算されて、合計6倍のポイント還元となります。
キャンペーン適用は2019年3月31日までにカードの発行が完了した方のみとなりますので、とにかくポイントを一気に貯めたいという方はこの機会をお見逃し無く!
キャンペーン以外の期間もポイント還元率がいつでも2%となる注目の高還元率クレジットカードです!
Oki Dokiポイントが常に4倍
JCB CARD Rはカードは通常のJCBカードと比べてOki Dokiポイントが4倍多くたまります。
そのため還元率は2%となり他のクレジットカードを圧倒するポイントの貯まりやすさが特長となります。
ETCカードの年会費が無料
ETCカードの年会費が無料なので維持費が気になる方でも安心して申し込むことができます。ETC料金の分もしっかりポイントとして加算されるので無駄がありません。
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 最高2,000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 最短3営業日 5~100万円

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj







クレジットカードの選び方