三井住友カードなら中部電力の「カテエネポイント」と交換レート100%でポイントの相互交換できる!


日々の生活の中で電気は欠かせないものですが、電気代をどこでも確認できるサービスなどがあればいつでも金額を確認できるので便利ですし、確認をすることでポイントを稼げたりできたらとても得です。

最近ではレシートをもとにアンケートに答えることでクレジットカードのポイントが貰えるなど、お金をかけずにポイントを稼いで行ける方法もたくさんあります。

電気代でも同じようにお金をかけずにポイント稼いで行ければとても効率的でしょう。

そこで、中部電力の「カテエネ」のサービスを利用すればお金をかけずにポイントを稼ぐことができ、三井住友カードの利用でさらに得にポイントを貯めて行くことができるのです。

「カテエネ」は電気やガスの使用量をいつでも確認することができるWEBサービスで、確認することで電気代にも充当することができる「カテエネポイント」を貯めることができ、利用するだけで光熱費の節約にも繋がります。

そして、「カテエネ」での電気代の支払いを三井住友カードで行うと「カテエネポイント」とは別にVポイントが貯まり、このポイントは「カテエネポイント」に移行することもできるのです。

「カテエネ」は中部電力だけでなく東京電力を利用している方も使うことができるので、東京電力を利用している方にとっても必見でしょう。

「カテエネ」と三井住友カードを利用すれば賢く電気代を節約できます。

「カテエネ」は電気やガスの使用量を確認することができるWEBサービスで「電気代に充当できる「カテエネポイント」も貯まる

「カテエネ」は中部電力が行っているサービスで電気代やガスの使用量を確認したり、「カテエネ」に投稿されているコラムを読むことで「カテエネポイント」を稼ぐことができるWEBサービスです。

貯まった「カテエネポイント」は中部電力の電気代やガス代に充当でき、ポイントはJALマイルやTポイントなどにも移行することができます。

「カテエネポイント」は200円→1ポイントで獲得できるようになっていて、利用すれば日々の光熱費の支払いでポイントをたくさん稼ぐことができるでしょう。

そして、「カテエネ」を利用するであればおすすめのクレジットカードがあり、三井住友カードを利用することでVポイントを貯められ、このポイントも電気代浮かせることに繋がるのです。

「カテエネポイント」を貯めて行くのであれば「カテエネポイント」に交換できるVポイントも貯めて行くと良いでしょう。

「カテエネ」を利用するなら三井住友カードのVポイントを貯めて「カテエネポイント」に交換レート100%で移行しよう

「カテエネ」を利用して電気代を支払うことで貯まる「カテエネポイント」は電気代を浮かせることに繋がりますが、三井住友カードで貯まるVポイントも「カテエネポイント」に交換することができるので、Vポイントでも電気代を節約できます。

Vポイントの「カテエネポイント」交換レートは100%となっているので、5Vポイント→5カテエネポイントにすることができるのです。

Vポイント付与率は三井住友カードの利用200円→1ポイントなので、200円→1ポイントの「カテエネポイント」で換算すると交換レートは100%になります。

「カテエネ」と三井住友カードの利用を合わせればかなりの電気代・ガス代節約に繋がりますし、本気で電気代を節約して行きたいと考えているのであれば「カテエネポイント」とVポイントは欠かせません。

そして、Vポイントをもっとたくさん稼ぎたいと言う方にはネットショッピングの利用もおすすめで、ポイントUPモールを利用すれば最大ポイント付与率20倍でVポイントを稼ぐこともできます。

少しでも早く電気代・ガス代を節約したいのなら「カテエネ」への登録を早めに済ませましょう。

「カテエネ」と三井住友カードを併用して賢く「カテエネポイント」貯めて行ってください。

三井住友カードの基本情報とVポイントの仕組みについて

三井住友カードの魅力はVポイントシステムと言ってもいいほどで、Vポイントは使い道が豊富な今注目のポイントシステムなのです。

「カテエネポイント」に100%の交換レートでVポイントを移行できるのもとても魅力的ですが、この他にも今話題のふるさと納税の利用やマイル移行・ポイント移行とポイントの利用方法はたくさんあります。

そして、景品交換でのポイント利用も人気でカタログから商品を選べるようになっているのですが、カタログもランク分けされていて50,000円相当のカタログとポイントを交換すると温泉旅行などの体験型の景品もありとても好評なのです。

ポイント付与率も200円→1ポイントと貯まりやすいので、発行したらポイントを貯める為にもメインカードとして使って行くことをおすすめします。

しかし、三井住友カードにはたくさん種類があり、アーティストとコラボしたものやゴールドカードと利用者の用途に合わせていろいろと発行されていますが、三井住友カードを発行するのが初めてなのであれば一番ノーマルな三井住友カードが最適と言えるので、クラシックカードの基本情報について確認して行きましょう。

<年会費>

年会費初年度無料(オンライン入会)、その後は1,375円(税込)発生しますが、前年度に300万円以上のカード利用があれば、年会費はずっと発生しません。

この他にもマイ・ペイすリボへの登録または年間100万円以上の利用で年会費半額のサービスなのでもあるので、合わせて利用すると年会費は無料になります。

※2021年2月年会費お支払い分からは「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いが必要となります。

<申込資格>

申込資格は18歳以上の方であれば申込可能です。

<国際ブランド>

カードは国際ブランドのVISA、MasterCardです。

<支払日>

支払日は毎月15日締めの翌月10日払いか毎月月末締めの翌月26日払いかのどちらかを選択できます。

<支払い方法>

1回・2回・分割・ボーナス一括払い・リボ払いから選べるので便利です。

<海外旅行傷害保険>

海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで付帯しています。

三井住友カードを発行したらVポイントを使いこなして行きましょう。

中部電力「カテエネ」は東京電力の方でも利用することができる得な電気サービス

電気代を節約したいのであれば最適の利用方法は「カテエネ」に登録をして電気代の支払いを済ませて行く方法が一番最適で、一度「カテエネ」を利用してしまうと、もう「カテエネ」なしでは電気代の支払いができないと言っていいほど「カテエネ」の代わりになるものがありません。

「カテエネ」は中部電力が提供しているサービスですが東京電力の方も利用することができ、200円→1ポイントで付与される「カテエネポイント」で、どちらでも電気代を浮かせることができるので魅力的でしょう。

また、コラムや電気代・ガス代を確認するだけでポイントを稼ぐことができますし、今の時代、電気代もポイントで支払えるようになったのです。

そして、「カテエネ」を利用するのであれば三井住友カードの発行は欠かせず、200円→1ポイントで貯まるVポイントを100%の交換レートで「カテエネポイント」に交換できるのも電気代節約に繋がります。

「カテエネポイント」とVポイントを合わせれば相当の額の電気代を浮かすことができるでしょう。

電気代を節約すなら「カテエネ」と三井住友カードの併用はおすすめです。



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club