東京ガスのお得な支払い方法を解説!クレジットカード払いがおすすめな理由と注意点

東京ガスのお得な支払い方法を解説!クレジットカード払いがおすすめな理由と注意点

「東京ガスを利用しているけど結局お得な支払い方法は何?」
「東京ガスのガス代を節約したい!」

公共料金の支払いの中でも、ガス料金の支払いに頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。

プロパンガスに比べて値段の安い東京ガスを利用していても、冬には明細を見てびっくりしてしまう人も少なくないはずです。

そこで本記事では、東京ガスの支払い方法でお得なクレジットカード払いや、他の支払い方法についてもあわせてご紹介します。

クレジットカード払いがおすすめな理由や注意点なども解説しますので、あなたの支払いがお得になるかぜひ確認してみてください。

この記事でわかること

・東京ガスでお得に支払うならクレジットカード
・東京ガスの支払いにクレジットカードを利用するメリット・デメリット
・口座振替割引とどちらがお得か比較シュミレーション
・東京ガスの支払い方を変更する方法
・東京ガスの支払におすすめのクレジットカード

 
東京ガスの支払いにおすすめのクレカ2選
JCB CARD W 三菱UFJカード
VIASOカード
年会費 無料 無料
ポイント還元率 1,000円=2ポイント
(ポイント還元率1%~5.5%)

※最大還元率はJCB PREMO(or nanacoポイント)に交換した場合
0.5%
申し込み資格 18歳以上39歳以下で、本人または
配偶者に安定継続収入がある方。
または18歳以上で学生の方。
(高校生を除く)
(※40歳以降も継続して所持が可能)
18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
申し込み

東京ガスには支払方法が3つある

東京ガスには支払い方法が3つある

東京ガスの支払方法には「口座振替」「払込み」「クレジットカード」の3通りあります。

それぞれ具体的にどう支払うのか、1つずつご紹介します。

口座振替

口座振替は、毎月指定の口座から自動的にガス代の料金が引き落とされる支払方法です。

東京ガスでは、「ガスと電気セット」または「ガスのみ」で契約している場合、口座振替割引制度が適用され、ひと月55円(税込)割引になります。

また、指定日口座振替サービスで毎月のガス代を任意の日に指定して支払うことができます。

給料日後に指定して余裕を持って支払うこともできますし、割引もあり、お得な支払方法の1つです。

払込み

払込みはスマートフォンアプリによるお支払い、コンビニエンスストアや金融機関等の窓口で支払いする方法です。

毎月「払込書」という請求書が届き、スマートフォンの場合、アプリを利用し払込書に印字されているバーコードを読み取ることで、ガス料金・電気料金等を支払いできます。

こちらは割引がなく、さらに払込書を紛失すると再発行しなくてはならないというデメリットもあります。

クレジットカード払い

クレジットカード払いは、東京ガスへのガス料金の支払いをクレジットカード会社に建て替えてもらう仕組みになっています。

デビットカード、プリペイドカード以外の数多くのクレジットカードを利用することができます。※利用可能なクレジットカードは下記の通りです。

 
東京ガスで利用可能なクレジットカード
 

クレジットカード払いは利用するカードによって違いがあるものの、ポイントが貯まる所が魅力です。

次に東京ガスの支払いでクレジットカードを利用する場合の魅力と注意点を詳しく説明していきます。

東京ガスの支払いでクレジットカードがおすすめの理由と注意点

東京ガスの支払いでクレジットカードがおすすめの理由と注意点

本記事のタイトルにもあるように、クレジットカード払いが東京ガスの支払い方法としてお得でおすすめですが、場合によっては口座振替の方がお得になる可能性もあります。

ここからは、なぜクレジットカード払いがおすすめなのか、どういった場合に口座振替の方がお得になるのか見ていきましょう。

東京ガスの支払いにクレジットカード払いがおすすめな理由

おすすめな理由は、クレジットカードの多くはさまざまなお買い物や支払いの際にポイントが貯まるサービスがあるからです。

具体的なポイントのメリットはカードによって様々ですが、中にはポイントをそのまま買い物に利用できたり、ある程度ポイントがたまると商品券に交換することができたりと、利用者のお財布に還元されるものもたくさんあります。

それではクレジットカードの支払いに変更した場合、どれくらい得することができるのかについて考えていきましょう。

公共料金支払いの場合、還元率は0.5%(1000円で5ポイント還元)のカードが多く、高いものだと還元率1.0%のものもあります。

総務省の家計調査(2023年1~3月期) による1か月の平均ガス代と平均電気代からそれぞれのポイント還元率でシミュレーションしてみましょう。

平均ガス代 6723円/月 平均電気代 14,646円/月
還元率0.5% 30% 73pt 106pt
還元率1.0% 67pt 146pt 213pt

特に、1か月の平均ガス代6723円を還元率1.0%で計算すると67ポイント、さらに東京ガスで電気も契約している場合、平均電気代14.646円を計算すると146ポイント、合わせて1か月あたり213ポイント分もお得になります。

振り込みの手間が無くなり、支払額が「カードご利用代金明細」にも記載されるので、家計簿代わりになって便利な点もクレジットカード払いの魅力といえます。

クレジットカード払いのここがオススメ!
・ポイントが貯まる
・振り込みの手間がない
・「カードご利用代金明細」が家計簿の代わりになる

東京ガスの料金をクレジットカード払いにする際の注意点

クレジットカード払いでお得になることが分かりましたが、よりお得に支払うために注意するべき点があります。

それは口座振替払いで毎月55円割引になるため、クレジットカードのポイントを1ポイント1円とすると、毎月55ポイントより多く還元がなければクレジットカードがもっともお得とは言えないという点です。

では、いくら以上支払う場合にクレジットカードポイントがお得になるのでしょうか。

支払金額 還元率0.5% 還元率1.0% 口座振替
5000円 25pt 50pt 55円割引
5500円 27.5pt 55pt
6000円 30pt 60pt
11000円 55pt 110pt
12000円 60pt 120pt

クレジットカードの獲得ポイントが55円割引分を超えるのは、還元率1.0%のとき支払額が5500円より高い場合、還元率0.5%のとき支払額が11000円より高い場合となります。

おすすめの理由で出てきた平均ガス代・電気代と合わせて考えてみると、還元率1.0%のカードをご利用の方はガスだけの契約でも口座振替よりお得になると考えられます。

しかし、還元率0.5%のカードをご利用の場合は電気代も合わせなければ口座振替よりお得にお支払いするのは難しいかもしれません。

ガス・電気代は世帯人数、季節などによって異なります。

ぜひ、ご自分のこれまでの支払額とクレジットカードの還元率を確認してみてください。

クレジットカード払いのここに注意!
口座振替払いで毎月55円割引になるため、獲得ポイントによっては口座振替のほうがお得になる。

東京ガスの支払いをクレジットカード払いに変更する方法

東京ガスの支払いをクレジットカード払いに変更する方法

インターネットによる手続き

東京ガス公式サイトからインターネットによる手続きが可能です。

事前に以下の書類を手元に用意することでとスムーズに進められます。

  • ガスご使用開始に伴う作業結果のお知らせ
  • 検針票
  • 領収証等お客さま番号(メーター設置場所番号)がわかるいずれかの書類

申込書による手続き

東京ガス公式サイトから申込書の取り寄せが可能です。

申込書は取り寄せから1週間から10日ほどで手元に届くので、必要事項を記入の上返送し、書類受領後10日程度で手続き完了です。

クレジットカード払いが利用できるプラン

ガス:一般ガス供給約款契約・家庭用選択約款契約・ずっともガス・小型空調契約・小型空調パッケージ契約・ずっともガスビジネス
電気:基本プラン・ずっとも電気1、1S、2、3

東京ガスでお得に支払うならこの2枚!JCB CARD Wと三菱UFJカード VIASOカード

東京ガスでお得に支払うならこの2枚!JCB CARD Wと三菱UFJカード VIASOカード
 
JCB CARD W 三菱UFJカード
VIASOカード
年会費 無料 無料
ポイント還元率 1,000円=2ポイント
(ポイント還元率1%~5.5%)

※最大還元率はJCB PREMO(or nanacoポイント)に交換した場合
0.5%
申し込み資格 18歳以上39歳以下で、本人または
配偶者に安定継続収入がある方。
または18歳以上で学生の方。
(高校生を除く)
(※40歳以降も継続して所持が可能)
18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
申し込み

還元率を重視するならJCB CARD Wがおすすめ

JCB CARD Wは高いポイント還元率が特長です。

ポイントは1,000円=2ポイントで還元され、1ポイント=5円相当で計算をした場合のポイント還元率は1%となり、クレジットカードの中でも高水準のポイント還元率といえるでしょう。

またJCB CARD WはETCカードが無料でJCBカードの中のORIGINAL SERIESというカテゴリに当てはまり、昭和シェル石油(ガソリン)をはじめ、特別な優待特典を受けることができ、カード利用時の獲得ポイントが最大10倍になります。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー Amazon
スターバックス
セブンイレブン
一休.com
セシール
トレンドマイクロ
※上記はORIGINAL SERIESパートナーの一部です。

公共料金・通信料金などの定期的な支払いにJCBカードが利用できるサービスも数多くあります。詳しくはこちら

ここがオススメ!
・ポイント還元率が高い!
・JCB ORIGINAL SERIESパートナーでの利用で獲得ポイントが最大10倍

1つ注意点として、JCB CARD Wの入会資格は「18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方」です。

ただし39歳までにカードを作ってしまえば、40歳以降も年会費無料のまま継続して利用できますので安心ください。

ポイント還元率が1.0%ありますので、東京ガスでの契約がガスのみの方も、電気とセットで契約している方にもおすすめです。

ここに注意!
申込資格は「18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方」
※ただし39歳までにカードを作れば、40歳以降も年会費無料のまま継続して利用できます。
JCB CARD W
JCB CARD W
年会費 ETCカード 発行期間
永年無料 無料 最短5分でカード番号を発行
還元率 電子マネー ブランド
1%~5.5% 電子マネー 電子マネー 電子マネー icn-menu-jcb
カードの詳細ページを見る
注釈(※)の詳細はこちら 【1】 9:00AM~8:00PMでお申し込み。(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)
※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはHPをご確認ください
【2】 顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード
最大還元率はJCB PREMO(or nanacoポイント)に交換した場合

公共料金の支払い用なら三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJニコスが発行している三菱UFJカード VIASOカードのポイントは、貯まったポイントが1年ごとに指定口座へ自動的にふり込まれる「オートキャッシュバック」というシステムになっています。

ポイント交換の手続きやポイントの有効期限を気にしなくて良いのも魅力と言えます。(ただし、たまったポイントが1,000ポイントに満たない場合はポイント蓄積期間終了後に自動的に消滅してしまうので、注意が必要です)

ETCカード、プロバイダ、電話料金支払いで還元率が2倍(1%)になるのも、注目しておきたいポイントです。

ちなみに三菱UFJカード VIASOカード、申し込み資格の基準が「18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)」を対象にしており、幅広い方が作成可能です。

また最短の発行日も郵便発行型のクレジットカードとしては最速の、申し込みの翌営業日であるなど様々な長所も備えています。

クレジットカードで公共料金を一元管理したい方、東京ガスの料金の支払い申し込みと同時にクレジットカードの発行を考えている方は、三菱UFJカード VIASOカードを選ぶことをおすすめします。

ここがオススメ!
・オートキャッシュバック機能でポイントを失効する心配がいらない
・ETCカード、プロバイダ、電話料金支払いで還元率が2倍(1%)
・最短申込翌営業日発行
ここに注意!
ポイントが1000ポイントに満たない場合、自動で消滅してしまう
三菱UFJカード VIASOカード
三菱UFJカード VIASOカード
年会費 ETCカード 発行期間
永年無料 年会費無料
新規発行1,100円
最短翌営業日
還元率 電子マネー ブランド
0.5%~1.0% 電子マネー 電子マネー 電子マネー 電子マネー icn-menu-mastercard
カードの詳細ページを見る

三菱UFJカード VIASOカードとJCBカードを比較!ポイントを利用したい方にはJCBカードがおすすめ

三菱UFJカード VIASOカードの注意点

三菱UFJカード VIASOカードはオートキャッシュバックが特徴のクレジットカードですが、知っておくべき注意点も2つあります。

オートキャッシュバックの注意点

1.オードキャッシュバックは入会日の1年後の翌月年1回

2.入会から1年後までに累積ポイント1,000ポイント以上に限る

オートキャッシュバックは、入会から1年後の翌月に1回だけとなり、1,000ポイント以上が貯まっていないとキャッシュバックとはなりません。

1,000円につき5ポイント付与となるので、1,000ポイントを貯めるには20万円の利用が必要です。

年間20万円以上の利用予定があり、ポイントを貯めるのが面倒という方にはおすすめな三菱UFJカード VIASOカード。

もし年間20万円以上の利用は考えていないという方は下記のクレジットカードの方がお得になります。

年間20万円以下の利用ならJCBカードがおすすめ

JCBカードW、JCB カード W plus Lは年会費が無料でポイントがいつでも2倍、スターバックス、amazon、セブンイレブンの優待店で4倍以上のポイントが貯まります。

キャッシュバック交換には1ポイント=3円として、1ポイント以上から利用できるのもよいところ。

1,000円で1ポイント付与でも、特約店の利用があるならポイントも貯まりやすいでしょう。

年に1回、気が付いたときにまとめてキャッシュバックへ回せば手間という負担も減ります。

JCBカードを利用してみませんか。

カードの詳細ページを見る





Pick Upコラム

shinsa_top
どうしても審査を
通過したい方に
shinsa_top
すぐにお金が
必要な方に
mobit_top
とにかく早く
カードが欲しい方に
shinsa_top
複数の支払いを
まとめたい方に

クレジットカードの選び方

当サイトでよく読まれているコラム

クレジットカードの審査が不安な方
とにかく早く発行出来るカードを紹介
カード支払いをまとめて一本化する方法
クレジット機能がないETCカードの作り方
当サイト厳選の10枚のクレジットカード
現在キャンペーン実施中のおすすめカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
マネー研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club

監修ファイナンシャルプランナー紹介

クレジットカード研究Labでは、アフィリエイトプログラムを利用し、 アコム株式会社、株式会社JCBより委託を受け広告収益を得て運営しております。