オリコカードでApple Payを利用する時の3つの注意点


今さら聞けない!iPhoneの「Apple Pay」とは

Appleが提供しているサービス「Apple Pay」は、iPhoneやApple Watchをおサイフケータイとして電子決済できるというものです。

Apple PayサービスをiPhoneで利用するために必要なのは、Apple Payが利用できる端末とApple Payに対応する電子マネーカード(Suicaなど)クレジットカード、そして、最新バージョンのiOS(iPhoneの場合)Apple IDです。

iPhoneで支払いを行うには、まずカードを登録する必要がありますが、そのやり方は簡単です。

1 「Wallet」アプリを開いて「+」をタップし、画面の案内にそって決済に使いたいカードを選択および追加します。
2 クレジットカードの場合はカメラが起動されるので、表示された枠内にクレジットカードを当てはめます。ここで、カードの確認に必要な情報が不足している場合は、直接入力のページへと進んで追加しましょう。
3 銀行またはカード発行会社によるカードの確認が終わったら、これで Apple Payを使い始められます。
ここに注意!
Apple Payを利用するには、端末購入時に初期で入っている「Wallet」というアプリを使います。

Apple Payに登録できるクレジットカードは限られています。そのため、事前に対応しているクレジットカードであるか、確認することが必要です。

Apple Payに対応した主要クレジットカード

Apple Payというサービスで支払いは一元化されるものの、登録カードによっては電子マネーiDを使うか、QUICPay(クイックペイ)を使うのかは異なってきます

覚えておきたいのは、Apple Payを利用する際は、店舗に「Apple Pay」の表記がなくても、「iD」や「QUICPay」の表記があれば使えるという事です。

Apple Payについては最低限以上を知っていればOKです。続いて、年会費無料で電子マネー利用でもポイントが貯まるオリコカード ザ ポイント(Orico Card THE POINT)とApple Payの関係性を知りましょう。

オリコカード ザ ポイントのApple Pay利用でもポイントが貯まる?

オリコカード ザ ポイントの還元について

オリコカード ザ ポイントとはどんなクレジットカードなのでしょうか?

まず注目したいのが、ポイント還元率が1%ということ。つまり、5万円のクレジット支払いで500円相当のポイントが、10万円では1,000円相当のポイントが還元されるのです。これは他のクレジットカードと比べて高い還元率だといえます。

しかも、入会後6ヵ月間はポイント還元率が1%から2%にアップするので、10万円のクレジット支払いなら2,000円ものポイントが貯まります。年会費無料ということを考えると、ポイント還元率の点で大きなメリットのあるカードだといえるでしょう。

なお、ポイントサイトのオリコモール経由でAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、Apple公式サイトなどでお買い物すると、優待で0.5%のボーナスポイントが加算され、オリコカード ザ ポイントではさらに0.5%が特別加算されて常時2%のポイント還元率となります。

さらに詳しく!
入会後6ヵ月間中なら、特別加算1%+通常ポイント1%+オリコモール経由0.5%+オリコカード ザ ポイント特別加算0.5%=合計3%のポイント還元を受けられます。

オリコカードのQUICPay利用でもポイントが貯まる

Apple Payとの関連で言うと、オリコカード ザ ポイントは電子マネー利用でもポイントが貯まるので、電子マネーQUICPayとして決済を行うApple Payで使ったときにもしっかりポイントが貯まっていきます。これは大きなメリットです。

QUICPayの利用手段は全部で3つ

ちなみに、オリコカードでQUICPay支払いする手段はApple Payだけではありません。他にもクレジットカード一体型カード型(QUICPay専用のカード)があり、Apple Pay(モバイル型)と合わせると3種の方法でQUICPay支払いができます。

年会費 無料
国際ブランド JCB、Mastercard
電子マネー iD、QUICPay
発行期間 最短8営業日
入会資格 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)

Apple Payでオリコカード ザ ポイントを利用する時の注意点

オリコカード ザ ポイントのさまざまなメリットを挙げましたが、その逆に注意したいポイントもいくつかあります。Apple Payにオリコカード ザ ポイントを登録して利用する時の3つの注意点を次にまとめてみました。

1. QUICPay対応店舗でしか使えない

先に説明したように、Apple Payでクレジットカードを使う場合は電子マネーiDかQUICPayとして決済されることになります。

どちらの決済になるかはカード会社により異なりますが、オリコカード ザ ポイントの場合はQUICPay決済となり、その対応店舗でしか使えません。

コンビニやスーパー、デパートなど、比較的QUICPayを使える店舗も多いのですが、飲食店や全国チェーンではない店舗などではQUICPayが使えない所も少なくありません。

そのほかのジャンルでも、クレジット支払いはできてもQUICPay決済ができない店舗はまだまだ多いので、Apple Pay利用時には注意が必要です。

2. 1回の支払いの上限額が2万円

QUICPayは1回の支払いの上限額が2万円に設定されているため、Apple Pay+オリコカード ザ ポイントの組み合わせで決済する場合、1回に2万円までの利用しかできません。

後から限度額設定を変更することもできないため、高額商品の購入には使えないというデメリットがあります。

3. Suica利用ならビューカードが高還元

JR各社や地下鉄、私鉄各社の改札をタッチだけで通れるSuicaをApple Payに登録する場合、ビューカードからSuicaへチャージするのがお得です。

その理由は、ビューカードがJR東日本グループが発行するクレジットカードであり、Suicaチャージによるポイント還元率が1.5%と、オリコカード ザ ポイントよりも高いためです。

また、ビューカードには、Suicaへのオートチャージができる数少ないクレジットカードだというメリットもあります。

Suicaへのチャージはポイント付与対象外となるクレジットカードが多い中、オリコカード ザ ポイントでは通常のお買い物と同じく1%のポイントが貯まります。

それでもビューカードのポイント還元率には届きませんので、もしApple PayでSuica利用がメインとなる場合には、ビューカードの方がお得です。

ただし、ビューカードはSuicaへのチャージなどJR関連以外の通常のお買い物などは0.5%の還元率となるので、使用比率によってはオリコカード ザ ポイントの方がトータルなポイント還元ではお得になります。

Apple PayのSuica利用も通常のお買い物も多いなら、当記事後半でご紹介するオリコカード ザ ポイント プレミアムゴールドがおすすめです。電子マネー利用は1.5%、基本のポイント付与も1%とおいしいとこ取りできます。

オリコカードにApple Payが登録できない時や認証コードが来ない時

おサイフケータイ機能がないスマホなので登録できない

オリコカードがApple Payに登録できない時、また認証されない時には様々な理由が考えられます。

例えば古いスマホを使用している場合、おサイフケータイ機能が付いていないため、スマホがApple Payに非対応かもしれません。

基本的な話になりますが、Apple PayはApple製品ならではのサービスのため、Andoroid端末では使えないので注意しましょう。

また、最新バージョンのiOSにしておかないとエラーが発生して登録できない時があるため、事前にアップデートしておきましょう。

それから、有効期限が切れたクレジットカードも登録できませんので、クレジットカードの券面などで有効期限を確認しましょう。

認証コードが届かない

SMS(認証コード)が届かない時は以下の原因が考えられます。

  • SMS送信センターが混雑しているため、センターから端末への送信に時間がかかる
  • 電話番号の入力間違いにより、違う携帯電話にSMS送信されている
  • SMSの受信拒否設定

上記を確認した上で認証コードが届かない場合は、音声による認証コードの案内(着信)の方法もあるので困った時に利用できます。

またApple Payに登録し、電話で必要項目を入力した上で登録されていなくても、電話での本人確認の場合はしばらく時間がかかることがあります。

家族カードをApple Payに登録したい場合

オリコカードなら家族カードでもApple Payが使える

オリコカードは家族カードでも電子マネーの「iD」と「QUICPay」を搭載しています。

本会員同様に、家族カードでも電子マネー利用でポイントを貯めることができ、利用額は全てのオリコカードの利用額とまとめた支払いになります。

もちろん、家族カードでもApple Payの登録が可能です。

家族カードをApple Payに登録できない時の対処方法

まず、家族カードをApple Payに登録する方法は本会員の場合と同じですが、ご本人以外のカードを登録するのは厳禁です。母親のカードを子どもがApple Payに登録して利用する、といったことはしないようにしましょう。

次に、家族カードをApple Payに登録する際は、オリコカードに登録している本会員の携帯番号にSMSで認証コードが送信されますので、本会員の同意が必ず必要です。

それから、家族カードの支払い内容はApple Payも含めて本会員とのご利用代金明細書に一括されます。ご利用限度額も本会員と合わせた額であることには変わらないので、使い過ぎには注意しましょう。

以上のことが問題がなくApple Payに家族カードを登録できない場合は、通常の会員登録と同じ視点で考えてみてください

OricoCard THE POINTの入会キャンペーンとお得情報!

現在OricoCard THE POINTは入会キャンペーンを実施中です。

また、入会直後のお得な情報もあるのでぜひチェックをしてください!

新規入会で最大7,000ポイントプレゼント

OricoCard THE POINTに入会をした方は最大7,000ポイントがプレゼントされます。

キャンぺーン期間は2021年10月1日~2022年03月31日までとなっていますが、カードの発行に時間がかかることもあるので、できるだけ早めに申し込みをするのがおすすめです。

OricoCard THE POINTキャンペーン画像

カードショッピング5万円(税込)以上ご利用のうえ各条件を満たしていくと、キャンペーン期間終了後2ヶ月後にポイントが付与されます。

入会後6ヶ月は最大で還元率が更にアップ!

OricoCard THE POINTは元々還元率高いクレジットカードですが、入会してから6ヶ月間は更に還元率が上がり、ポイント還元が2%になります。

会員専用のオリコモール経由でAmazonの買い物をすると還元率は2.5%になり、他の大手ECサイトも同様に還元率が1%以上高くなるので、OricoCard THE POINTを作ったタイミングで大きな買い物をすると一気にポイントを貯めることができます。

公式サイトから入会特典に申し込む

オリコカード ザ ポイント プレミアムゴールドならApple Payがもっとおトクに

ポイント加算という特別待遇がある!



年会費 1,986円(税込)
還元率 1%~3%
国際ブランド Mastercard、JCB
電子マネー iD、QUICPay
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(自動付帯)

Apple Payで使うクレジットカードとしてもう1つおすすめなのが、ワンランク上のカードにあたるOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)です。

基本となるポイント還元率は1%と通常のオリコカード ザ ポイントと同じですが、年会費は1,986円(税込)とゴールドカードの中では非常に安く、特別加算ポイントが多いので、使い方によってはオリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドの方がお得かもしれません。

電子マネー利用だと還元率が0.5%アップ

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドなら、電子マネー利用で0.5%のポイントが加算されるので、電子マネーQUICPayの決済扱いとなるApple Payでの支払いでは合計1.5%のポイント還元率となります。

これなら、Suicaへのチャージでもビューカードと同等の高還元率となります。

QUICPayの限度額は2万円までですが、もうひとつ電子マネーiDは限度額がクレジットカードと同額になるため、両方活用していくのがポイントをたくさん貯めるコツです。

オリコモールの利用で1.0%の特別加算

Apple Pay以外にも、いろいろな利用シーンでポイント還元率がアップするのも、オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドの大きなメリットです。

たとえば、オリコモールの利用では、モール利用のボーナスポイント0.5%に加え1%のポイント特別加算となります。

ショッピングリボ払いで1.0%+0.5%

さらに、ショッピングリボ払いの利用で0.5%のポイント加算となります。

もしオリコモールでリボ払いを選択すると合計3%のポイント還元です。

上記の他にも、入会後6ヵ月間は基本のポイント還元率が2%になるので、かけ合わせれば超高還元率となります。

SuicaへのチャージとQUICPay対応店舗での支払いで毎月2万円、クレジットカードで毎月2万円支払いした場合
20,000円×1.5%+20,000円×1%=500P
※4ヶ月で年会費以上、年間で6,000円相当のポイントが貯まる計算になります。

家族カードの年会費は無料

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドの家族カードは年会費無料です(最大3名まで)。

ゴールドならではのサービスには以下のようなものがあり、家族会員も本会員とほぼ同様のサービスが使えます。

  • 会員制クラブ「Orico Club Off」の会員として、宿泊施設やレジャー、スポーツ、ショッピング、育児・介護サービス等が優待価格で利用できます。
  • 海外旅行をより充実させる「Mastercard優待特典」サービス
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円が自動付帯

今回のおすすめポイント

Apple Payで使うクレジットカードとしておすすめな2つのオリコカードですが、どちらを選ぶかは、クレジット支払いの年間総額やサービスの必要性などを考慮して決めるといいでしょう。





クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介