ダイナースにETCカードは存在する?その発行方法とメリット

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj



ダイナースにもETCカードは存在します。年会費・手数料ともに無料。カードデザインは、ブルーのグラデーションでダイナースクラブのロゴも入っています。ここでは、ダイナースETCカードの発行方法や特徴について他のハイステータスカードと比較しながら紹介します。

ダイナースETCカードの発行方法

ダイナースが発行しているETCカードは1種類のみで、ダイナースのクレジットカードを所有していることが発行の条件となっています。すでにクレジットカードを持っている人であればWebの申し込みフォームから手続きをすることができますが、持っていない場合はまずクレジットカードを作成する必要があります。

また、ダイナースのETCカードはクレジットカードと一体型になっているタイプではないため、クレジットカードとETCカードの2枚持ちという形で使用することになります。 なお、所有していてもETCカードを作成できない種類のカードもあります。その点については下記にて詳しくご説明します。

ダイナースETCカードが作れるカードと作れないカード

ダイナースカードの中には、持っていればETCカードを作ることができるものとそうではないものが存在します。 ETCカードが作れるカード・作れないカードに分けて以下にご紹介します。

ETCカードが作れるダイナースカード

リボルビングカード 以前はクレジットカード1枚につき複数枚のETCカードを作成することや、その活用方法次第で料金を抑えることなどが可能だったのですが、現在はカード体系が変わっています。

ETCカードはダイナースクレジットカードの追加カードという形で発行され、料金支払いも1回払いのみの扱いとなっているため、リボルビングカードに付帯させるという形でETCカードを作成することはできません。

ダイナースクラブカード1枚につき1枚のみ発行可能

このように、ダイナースのETCカードは<ETCカードが作れるダイナースカード>でご紹介したクレジットカード1枚につき1枚作成することが可能となっています。 クレジットカードの家族カードを所有せず、ETCカードのみを家族用に追加作成することはできません。家族カードを所有していない家族の分もETCカードの発行を希望するのであれば、クレジットカードの家族カードとETCカードを同時に申し込むという方法があります。

家族カードには年会費として5,000円が発生しますが、ETCカードは家族分も無料で作成することができます。

ダイナースが発行するETCカードの特徴

ETCカードはクレジットカードの追加カード(付帯カード)という扱いなので、ダイナースクラブへ入会することのできる、27歳以上で且つ必要審査を通過した人のみが所有できます。

ダイナースクラブカードについて、詳細はこちらをご参照ください。
ダイナースクラブカードの概要はこちら
ダイナースクラブカードの使い方はこちら

それでは、他の代表的なETCカードと一覧で比較してみることにしましょう。

  年会費 利用限度額 発行手数料 発行日数 申込み方法 ポイント
ダイナース 無料 なし(※2)   約2週間 Web 100円につき1ポイント
アメックス 1枚につき500円 なし(※2) 再発行時のみ必要になる場合も 約10日 電話もしくはWeb 100円につき1ポイント
レクサス 無料 なし(※2) 発行・再発行とも無料 約1週間~3週間(申し込み方法によって異なる) 郵送もしくはWeb 1,000円につき20ポイント
都市銀行A
(SuMi TRUST CLUBプラチナカード)
無料 申し込み時に案内   最短3営業日   通常100円につき4ポイント
地方銀行B
(SURUGA Visaインフィニットカード)
無料 利用状況・個人によって異なる   - 銀行からのインビテーション なし(キャッシュバック)
信販系(AJゴールドカード) 無料 なし(※2) 無料   Web 1,000円につき7ポイント
航空会社系(JAL MasterCard CLUB-Aゴールドカード) 無料 なし(※2) 1枚につき1,080円   Web なし(JALマイル)

アメックスゴールドとダイナースはどちらがいいか?

ハイステータスブランドカードの代表格と言えば、ダイナースの他にアメックスゴールドを挙げることができます。こちらの2つについて、審査基準や年間費、クレカ付帯サービスなどについて比較してみましょう。

ダイナースクラブカードが27歳以上・年会費22,000円であるのに対し、アメックスゴールドカードは25歳以上・年会費29,000円となっています。クレジットカードとの一体型は存在せず、ETCカードが別途発行されるという点では共通していますが、ダイナースのETCカードが年会費無料であるのに対し、アメックスのETCは年会費が500円となっています(※3)。

クレジットカード自体の付帯サービスとしては、ダイナースがレストラン・スポーツクラブ・ガソリンスタンドなどと多岐に渡っているのに比べ、アメックスは空港・旅行関係にほぼ特化している印象です。

※3:初年度無料・2年目以降も年度内に1度以上利用すれば無料。

ダイナースが発行するETCカードのまとめ

今回はダイナースETCカードの発行条件や特徴についてご紹介させていただきました。ハイステータスブランドカードの一つとされるアメックスや他の会社のETCカードとの比較も踏まえ、ご自分にぴったりのETCカード選びの参考にしていただければと思います。



ダイナースクラブカード

年会費

22,000円(税抜)

還元率

0.42%

発行期間

カード到着まで2~3週間ほど

ETCカード

無料

初年度年会費 海外保険 国内保険
22,000円(税抜) 最高1億円 最高1億円
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 電子マネー カード到着まで2~3週間ほど 一律の制限無し
  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj